♯65 報道特注【政治評論家、加藤清隆参上!②】*【楽屋裏】『報道特注(本)』サイン会取材!

♯65 報道特注【政治評論家、加藤清隆参上!②】

2017/11/22 に公開

【楽屋裏】『報道特注(本)』サイン会取材!

Tag:「報道特注(右)」  comment:0 

青山繁晴【アメリカ国の真実!? 新トランプ大統領の権力が実はゼロだったwww他にも米国の裏が続々と明らかにwww青山繁晴が徹底解析だ!!】 *速報! 超驚愕(続)トランプ大統領 海兵隊員によるCIA本部の奇襲 爆撃 ディープステートと全面対決 世界情勢が変わるか!?*他

青山繁晴【アメリカ国の真実!? 新トランプ大統領の権力が実はゼロだったwww他にも米国の裏が続々と明らかにwww青山繁晴が徹底解析だ!!】

2017/02/04 に公開

【 世界 】 風雲急を告げる情勢

2017/11/23 に公開

世界政治情勢:新勢力と旧勢力の闘争激化~本源意識とイデオロギーの対決へ~

2017/11/15 に公開

速報! 超驚愕(続)トランプ大統領 海兵隊員によるCIA本部の奇襲 爆撃 ディープステートと全面対決 世界情勢が変わるか!?

2017/11/23 に公開

【暴露!】 米CIAと線上の森友問題とは

2017/03/29 に公開

Tag:知りたい情報  comment:0 

【DHC】11/24(金) 上念司・大高未貴・居島一平【虎ノ門ニュース】

【DHC】11/24(金) 上念司・大高未貴・居島一平【虎ノ門ニュース】

1 時間前にライブ配信開始

Tag:虎ノ門ニュース*あさラジ*その他  comment:0 

【総理お手柄】そうりゅう型潜水艦で日本を裏切った親中派の豪総理 心変わりさせた安倍総理のお手柄外交*NASAがついに決断!日本にすべてを委ねたい!世界中のメディアが日本の凄さを痛感した光景【海外の反応】 *他

【総理お手柄】そうりゅう型潜水艦で日本を裏切った親中派の豪総理 心変わりさせた安倍総理のお手柄外交

2017/01/17 に公開

NASAがついに決断!日本にすべてを委ねたい!世界中のメディアが日本の凄さを痛感した光景【海外の反応】

2017/11/11 に公開

大統領に全米が期待!日本の驚異的なシステムを導入すべきだ!世界中のメディアが日本の凄さを痛感した光景【すごい日本】海外の反応

2017/11/10 に公開

日本人が知らない仰天ニュース 韓国への謝罪を要求していた日本の大物政治家 産経新聞が暴露した真実

2016/12/04 に公開

Tag:知りたい情報  comment:0 

Vol.576 イエスの十字架 光文書(ヒカリモンジョ)

精神学協会 より[転載]
logo1.gif
top1s.jpg
http://www.godbrain.com/gb/letter/page/1/

光文書
(ヒカリモンジョ)
Vol.576

イエスの十字架

暗黒の中世が、なぜ、キリスト教に改宗したヨーロッパ圏で到来したのかという人間的な疑問を持つ、多くの人間がたぶん受け入れられないことを、今回は開示することにします。
ローマの属州のユダヤ人の地、エルサレムでイエスは十字架という残虐な刑死をとげました。

西暦五百七十一年に、日本の宇佐の地に顕現した八幡大神は、はじめ、五人行けば三人殺し、十人行けば五人殺すという、強烈な祟り神でした。日本神界の伝達によれば、応神天皇は、聖母マリアの子としてのイエスに対応する存在として、母を神功皇后、父を住吉の神とする存在として神話に登場し、不思議なことですが、現在の皇統は、この第十五代の天皇である応神までは、溯ることができるように日本の歴史はつくられているということです。
もし、この応神天皇であると主張した祟り神が、イエスの現実の姿に重なるとすると、イエスは人類の罪を背負って去った、許すものであり、愛するものであるという、キリスト教文化圏でのイメージとは対極にあることになります。
ここで、イエスの刑死後のユダヤ王国や、ローマ帝国がどんな運命を辿ったのかの歴史を、俯瞰してみてください。
ユダヤ人は国なき民として世界に散らされ、ローマ帝国はキリスト教徒をはじめは弾圧し、やがて、キリスト教を国教にすることによって、ギリシア・ローマの神々を捨て去りました。
こうしてはじまったキリスト教のヨーロッパは、どんどん貧しくなり、やがて、多くの民が文字すら読めぬ、それこそ、羊飼いに従う羊のような存在になりさがりました。

異端の者は火あぶりにされるという、暗黒の中世という時間がそこに存在したのです。私は、それを、イエスの父、または、イエス自身、さらには精霊としての諸存在が、十字架という神殺しの罪に対して地上に下した鉄槌であったのではないかと考えています。このことは、いく度も、天に問うてきましたが、天は常に無言でした。ところが、今回の宇佐八幡での秘密の開示の後に、私の頭に、そのことを光文書に記すという思いが芽生えました。この仮説を記すことの是非を改めて、天に問うと、私個人のひとつの意見としてならば、可という答えを得たのです。

私のもとに集まっている、古代イスラエルや古代ユダヤの情報を集約すると、日本列島には、失われた十支族だけでなく、イエスの十字架後も、次々と、ユーラシア大陸を横切って、移り住む民がいたということになります。
いまでも、東大寺のお水取りの行事に先立って、お水送りの行事をしている若狭湾の遠敷の地には、白村江の敗北の後に日本列島に移住した、レビ族の伝承があり、それは口伝として伝えられてきましたが、精神界の解禁によって、私の許に情報開示されたという事実があります。
すると、宇佐八幡の神が、東大寺の大仏建立に協力したというストーリーも、約二千五百年前に仏陀が出て、人間は神々の上位の存在になれることを実証したことで、イエスの十字架の物語が地上に降ろされたという「最終知識」に記されたプログラムの発動が、この日本でも再現されたという説明が可能になるのです。

歴史は、読み解かれるまで、同じテーマの事象がくり返されるというのが精神学を学んだ人間の視点なのですが、ヨーロッパのキリスト教にプロテストして生まれた人造国家であるアメリカは、約千五百年前に、イエスの教えに近い、君民共治のみくにの原型となるはずだった、日本を、原爆を落とすことで征服し、私がいうところの属州としたのです。これは、あのローマ帝国の行為がくり返されたと、考えるべきでしょう。

日本の皇室が、もし、精神文化だけではなく、イエスの何か、または、モーゼの何かを継承しているとするなら、これから何が起きるかは、歴史が示していることになります。ただ、宇佐に顕現した祟り神は、日本での時間のなかで、学び、祟ったり、復讐したりする存在ではなくなっています。
それが日本の仕組みの一部だとしたら、約束ははたされるということも実感できるでしょう。

二千十七年十一月二十三日 積哲夫 記

Tag:精神学協会   comment:0 

生きる力 ゲンマイ
見出し
2016年1月1日 新年を迎え、日本に生まれた幸せをかみしめ、日本人で有る事の誇りを持ち、 生きる喜びを持ち続けたいと願いました。
カレンダー

カテゴリ
新鮮な野菜と果物・ゲンマイそしてPCの山暮らしです
2011・2012この凄まじい年を生きている。幻想の世界が終り2013より今現在考えの及ばない 世界に入ると云われている。*私達の力がどれ程強いか、自己主権を持った者であり自由であるそれが現実です。意識が自由になって初めてそれが外に現れると。本当の自分を思い出す時が来た(ジョージ・カヴァシラス)