2016年、5/29メモ ・アラフォーママの日記 より

アラフォーママの日記 より【転載】
2016-05-29
2016年、5/29メモ

米国大統領の歴史的な広島訪問は賛否両論あれど、
このおじいちゃんたちの喜びの笑顔を見てたら、政治的なことなどどうでもよく、
積年の思いを抱えた被ばく生存者や、すでに異世界へと旅立った数多くの魂など
特に見えない世界に大きな影響を与えたのではないかと想像する。
無題 ---無題 (2)
これまで決して広島を訪れることのなかった米国の今回の変化は
今後、更に大きく世界の変化へと繋がっていくのだろうか。

・オバマ大統領 宇宙における米国の敵に対する秘密報告を準備
http://jp.sputniknews.com/us/20160527/2205176.html#ixzz4A1dGIqoC
オバマ大統領は、宇宙空間における敵の抑止に関する報告書を議会に提出した。
この報告書は、すぐに米国政府の複数の省庁で検討に付される。
報告書につけられた書簡の中で、オバマ大統領は「米国とその同盟国の宇宙空間でのリスクを低減する政策導入のためには、あらゆる省庁の長期間の努力が必要だ」と指摘した。
なおこの政策の目的は、宇宙空間における米国の行動の自由を擁護し保持することにある。

宇宙における米国の敵とは…?
これまで米国のみならず、超国家において世界を牛耳り、
戦争を作り出しては金儲けし、核を開発しては様々な実験を行い、
地球を破壊してきた勢力のことだろうか?
それとも、また別の何か?
↓こういうことをしている敵について言っているのだろうか?

・【衝撃動画】国際宇宙ステーションがミサイルをぶっ放していた!? 宇宙から地球を攻撃か?
http://tocana.jp/2016/05/post_9844.html
■ISSから謎の物体が発射された!
しかし今月、このライブストリーミング中継に信じられないような光景が映り込んでいた。なんと、ISSが地球に向けて“ミサイル”のような物体を発射していたというのだ。ISSは人類史上比類なき規模の「平和目的」の国際共同プロジェクトだったはず。それが地球に攻撃を加えることなど、あってよいはずがない。いったいISSで何が起きているのか!?

最近、立て続けに起きてるこれらの事故も、もしや宇宙から攻撃された?
怪しいマレーシア航空機行方不明事件に続き、またエジプト航空機が不可解な事故。

・不明のエジプト航空機、A320は普通は落ちない-専門家
http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2016/05/a320.php
エジプト航空機の消滅から15時間後、何故かパイロット2人とも居眠りをするという
不可解な事件も起きている。。
・フランスからクウェートへの航空機パイロット、操縦室で居眠り
http://jp.sputniknews.com/incidents/20160521/2175390.html#ixzz4A1m4H0gd
パイロットは二人とも居眠りしており、航空機は自動操縦に任されていた。

同じく5月19日には、グアムで核搭載型爆撃機も墜落してるんだな。

・5/19、グアムで米軍B52爆撃機が墜落し炎上 けが人はなし
http://news.line.me/issue/overseas/274750bb3b81
米領グアムのアンダーセン空軍基地で19日、米軍のB52戦略爆撃機が離陸に失敗し、滑走路上に墜落、炎上しました。乗員7人は脱出し、全員無事といいます。
B52は核兵器の搭載が可能ですが、事故当時、核兵器を積んでいたかどうかは不明。

そして、サミット開催の27日には大西洋でも。

・5/27、米海軍F/A-18が2機、大西洋に墜落
http://jp.sputniknews.com/incidents/20160527/2201840.html#ixzz4A1mbjlza
沿岸警備隊によると、は、米海軍のF/A-18が2機、ノースカロライナ州沖で墜落した。
F/A-18は、米国のマクドネル・ダグラス社が開発した戦闘攻撃機。

これらの事故は、果たして偶然か?
27日の羽田空港での大韓航空機エンジン炎上事故も、
何かの予定を操作するための偶発事故に見せかけたテロの可能性も否めないな。。
豪華な表のサミットの裏側では、まだ水面下で争いが続いてるんだろうか。
複数人が、実弾数十発も発射とはね…「誤って」

・訓練中に誤って実弾発射 自衛隊員2人けが
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160524/k10010532881000.html

一方で、こんな噂も流れている。
ロス茶が降伏?

・ロスチャイルド降伏情報、これは真実か? 2016年5月26日
略(生きる力ゲンマイ【転載】済みにより)
http://2012nasu.blog.fc2.com/blog-entry-15910.html#comment
竹下氏も、この情報に間違いなし?
https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=111968
ロスチャイルドが敗北し、“書面での降伏を申し出た”という情報です。以前のコメントで、“彼の計画は完全に暴露されており、おそらく白龍会に協力せざるを得なくなるだろう”としましたが、やはり思った通りの展開になりました。この情報は間違っていないと思います。 (竹下雅敏)

こんな買収案が浮上してきたということは、あの悪徳企業も相当傾いてきたか?

・独バイエル、米モンサントに総額620億ドルでの買収を提案http://jp.reuters.com/article/monsanto-m-a-bayer-idJPKCN0YF09V

数年前にはまだ絵にかいた餅にすぎなかったベーシックインカム制度が
ここへ来て、急速に複数の国で実現に向かい始めている。
やはり、これまで1%のエリートのみに集中していた詐欺金融システムから回収された富が
市場に戻されてくるということなのか?

"ベーシック・インカム"必要最低限の給付をオランダで実験「幸福度が増す」
http://www.huffingtonpost.jp/2015/07/12/dutch-basic-income-experiment_n_7782056.html

2016年1月から、オランダ・ユトレヒトで300人を対象に実験が行われた。
実験結果は、今後の他国の国民投票等への影響を考慮して公開していないようだ。

・5/12、スイス、ベーシックインカム導入の可否を決める国民投票を6月5日に実施へ
http://business.newsln.jp/news/201605121050300000.html
この国民投票の結果、導入が決定した場合には、スイスの全成人の居住者に対して1カ月2600ドル(約28万3400円)の最低所得が保証されることとなる。この給付金は、所得税の対象外ともなっており、スイスの成人は、給付金の全額をそのまま生活費に充当することも可能となっている。
・3/15、ニュージーランド労働党、ベーシックインカムの導入の政権公約化で検討入り
http://business.newsln.jp/news/201603150339460000.html
・3/7、カナダのオンタリオ州政府、ベーシックインカムの試験的支給で準備入り
http://business.newsln.jp/news/201603072050050000.html
この法案が議会を通過した場合、州民全員に対して、家賃、食費など(用途には制約はなし)に利用することができる小切手が支給されることになる予定となる。
・フィンランド、国民全員に800ユーロ(約11万円)のベーシックインカムを支給へ
http://business.newsln.jp/news/201512071631370000.html
ベーシックインカムの導入の最終決定は2016年11月までに行われることとなる見通し。

しかし、このベーシックインカム導入の動きと同時進行で
人工知能の導入の動きが急速に拡がっているのも気になるところ。
世の中の仕事の大半を人工知能が占めることになると、
ベーシックインカムで生活の保障を与えられた人類は一体どう変わっていくのか?
人工知能に管理され、脳みそ退化したロボット人間になるか、
管理されない超人になるかのどちらかなのか。。?

・日本 2020年までにドライバー不在のタクシー登場か?
http://jp.sputniknews.com/japan/20160520/2168321.html#ixzz4A1Zu0TmC
金曜日、日本政府は、2020年までにドライバーのいないタクシーの利用を認める決定を下した。
NHKの報道によれば、自動運転で走行し、運転手を必要としないタクシーは、メーカーが一連の条件をクリアし、会社がしかるべく管理監督する場合、早ければ2020年東京で開かれる夏季五輪・パラリンピックの際にも、利用されることになる。
・【2013年】「自動運転」は破壊者か 攻めるグーグル、悩むトヨタ
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK21016_R20C13A3000000/
「究極の自動車」ともいえる自動運転車の開発に、世界の企業が取り組み始めた。
意外なのは、自動車開発とは無縁に思える米グーグル(Google)が先頭を走っていることだ。スマートフォン(スマホ)関連事業で成功したビジネスモデルを、自動車の世界に持ち込む狙いが透けて見える。自動車メーカーはグーグルを警戒しつつ、開発のアクセルを踏み始めた。

すべてをコンピューターに任せるって、怖すぎないか?

・フランス、コンピュータの故障で7000人が列車で一夜を過ごす
http://jp.sputniknews.com/incidents/20160529/2212346.html#ixzz4A1ZYTaGT
鉄道員フィリップ・モリ氏によれば、転轍標識の故障のため列車がその区間を通過できなくなった。フランスではこのような事故は史上初。




Tag:アラフォーママの日記  comment:0 

NASAの特許技術公開と太陽系惑星の遺跡調査

アラフォーママの日記 より【転載】
2016-05-17
NASAの特許技術公開と太陽系惑星の遺跡調査

パナマ文書経済テロの次は、どんなリークが出てくるのか楽しみでもある今日この頃。
最近、NASAが50以上の特許技術を公開したらしい。
今後、金融革命と同時に、一気に技術革命が加速しそうだ。宇宙時代に向けて。
・NASA、50以上の特許取得技術を公開
http://jp.sputniknews.com/science/20160508/2099918.html#ixzz489GF3Wxq
米航空宇宙局(NASA)は技術開発分野の民間企業を助ける目的でこれまで特許で保護されていた56の技術を公開した。
「これらの技術を公開することで、私たちは民間企業がNASAの技術を使い、新たな形で量産・利得を実現することを奨励したい」とNASA公式サイトのプレスリリースで発表された。
公開された特許技術の中には、宇宙空間で人間が生活や仕事をする際に発生する危険なガスを減少させる技術や、宇宙船が音速で飛行する際の周囲の空気の流れをコントロールする技術、燃料注入システムに関連した発明などがある。

NASAについて、矢追さんの興味深いお話。

②矢追さんに、NASAも熱望、ナチス驚愕のUFO開発技術を伺いました!

③矢追さんに、NASAとナチスの関係を聞いてみました!総集編

・ブルッキングス研究所(米シンクタンク)のブルッキングスリポートは宇宙人の存在を前提に書かれている。
・月、金星、火星に宇宙人の遺跡を発見するだろうと予測されている。
・アポロ計画は、それらの遺跡発掘が目的か。
・公にすると、主に科学者と宗教家の間でパニックが起こるだろう。
NASAの特許技術公開は、宇宙に踏み出す今、その公開の時期に来たということか?

この本にもいろいろと興味深いことが書かれていた。
ァ1
ペンタゴン特定機密ファイル
[謎の遺物・古代の核戦争・失われた文明]
アメリカ情報機関の極秘調査
CIAがNSAが国防総省が、膨大な国費を投入して追った文明・宗教・歴史を揺るがす謎米国政府が隠す秘密! !


エジプトのピラミッドが空中浮揚で造られたと断定するペンタゴン文書
P.83~
空中浮揚(レビテーション)とピラミッド
古代エジプトの反重力

…かいつまんで言えば、ここで紹介する驚愕の理論は、太古の時代に巨石ブロックを持ち上げて設置するのに重力の操作と無力化、すなわち反重力が用いられたとするものだ。
これは「音響浮揚」という革新的な技術を使ったもので、慎重に方向を合わせた音波を利用して、
物質を空中につりさげて操るという技術だ。
マリー・D・ジョーンズとラリー・フラックスマンは、音響浮揚について
「向きが逆の二つの周波数を誘導して干渉波を発生させ、共鳴域を作り出すことで空中浮揚(レビテーション)を起こす方法」だと説明している。
「浮揚した物体を動かすには、理論的には、二つの音波を変化させて、たわませてやるだけでよい」(Jones and Flaxman,2009)

さらに衝撃的なのは、アメリカ軍がまさにこの問題と考え方に、強い、しかも証明可能な関心を示してきたことだ。そればかりか、ペンタゴンは、こうした否定しがたい非主流課題を研究する中で、古代の宇宙飛行士に関する分野の著作を密かに研究し、多くのインスピレーションを得てきている。
しかし、こうした議論百出の水域に踏み込む前に、まずは、歴史上のさまざまな例に関してその背景を確認しておくのがいいだろう。

続きを読む moreをクリック
  ↓
...more

Tag:アラフォーママの日記  comment:0 

4/24メモ ・アラフォーママの日記

アラフォーママの日記 より【転載】
2016-04-24
4/24メモ

2年前に話題になったこの本だけど、
世界支配層が実際にロス茶なのかどうかは別として、一部のヴィジョン(計画)は益々合致してきてるな。
パナマ文書もこのシナリオの一部だったんだろうな。
アラ11
・世界支配層は富裕層の違法な蓄財を次々に摘発し始めた。
・バチカン、ロシア、中国の資産家、マフィア、日本の暴力団、巨大宗教団体などが撲滅作戦の標的、
マネーロンダリング、タックスヘイブンも禁止。
・不正マネーの粛清が始まった 世界政府樹立への環境づくり


・「中国高官、隠し財産まだまだある」専門家、パナマ文書を分析
http://www.epochtimes.jp/2016/04/25523.html
・ついに課税対象…「上納金」の摘発に怯える暴力団
http://dailynewsonline.jp/article/982329/?page=all
・創価学会が「パナマ文書」に登場!
http://blog.livedoor.jp/jlj001/archives/52136121.html

これらの他にも、近年FIFAやオリンピック、各種スポーツ界の八百長マネーや賭博マネー、
世界各地の大企業もパナマ文書で暴かれ追いつめられている。
つい最近、表に出てきた三菱自動車の燃費不正問題も、追加納税が目的の不正マネー摘発なのか?

・<三菱自>エコカー減税、追加納税へ…100億円超か
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160423-00000006-mai-bus_all

しかし、これらのリークや追いつめ活動に関係してるのかいないのか、
世界各地で原因不明の不可解な現象が多いな。

・世界最大の柏崎刈羽原発で発煙
http://jp.sputniknews.com/japan/20160421/2003339.html
新潟県の柏崎刈羽原子力発電所で21日、6号機、7号機の地下にある放射性使用済み燃料の処理施設から発煙。
発煙現場は25台の蓄電器のある熱交換建屋。おそらく蓄電器のひとつから希釈硫酸が流れ出し、それが発煙の原因になったとの見方がなされている。
同原発では6人の職員が喉の痛みを訴えた。
東京電力が確認したところ放射性物質は漏れ出しておらず、煙もしばらくの後、消えた。
東京電力と地元消防は発煙の原因究明を行っている。

神戸とリオで地震も風もないのに、建設中の橋桁や自動車道が崩落。

・神戸市北区で120mの橋桁崩落
http://jp.sputniknews.com/japan/20160422/2008464.html
神戸市北区で建設中の道路の橋桁120メートル分が崩落、少なくとも2人が死亡、約10人が負傷した。
・リオで自転車道が崩落、2人死亡 五輪に合わせ建設
http://www.afpbb.com/articles/-/3084878?cx_part=topstory
ブラジルのリオデジャネイロ(Rio de Janeiro)で21日、リオデジャネイロ五輪に向けた都市改善プロジェクトの一環として建設された高架式自転車道路の一部が崩落し、2人が死亡した。
自転車道路は、1260万ドル(約13億8000万円)をかけて建設され、1月に開通したばかり。
南米初の五輪を8月に控えたリオデジャネイロにとって新たな痛手となった。
市当局は、事故原因は現在も調査中だとしたうえで、自転車道路が「強力」な高波で押し上げられ崩落した可能性があると説明している。

高波で崩落する道路?ないでしょ。
宮城の停電も未だ原因不明?

・宮城県内で大規模停電 9市町で6万戸余
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160421/k10010492161000.html

これらも原因不明だよな。何かの振動共鳴でも起こってるのか?

・JR武蔵野線、窓ガラス破損で運転見合わせ
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG21H4R_R20C16A4000000/
・スペインの人気リゾート島でビル倒壊、5人死亡
http://www.afpbb.com/articles/-/3084223

そして、速度超過の列車事故の多いこと。

・4/22、韓国南部で列車が脱線、転覆 速度超過か
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160422-00000520-san-kr
報道によると、現場は線路の変更区域で、制限速度は時速45キロだったが、事故当時、列車は時速100キロを超える速度で走行していたという。
・【2013年】スペインで脱線事故 速度超過が原因か?
http://newsphere.jp/world-report/20130726-2/
同国メディアは捜査関係者の話として、運転士の1人が、制限速度の2倍以上の約190kmで走行していたことを認めたと伝えている。
・【2013年】原油輸送列車が脱線、町に突っ込み大爆発 カナダ・ケベック州、5人死亡40人行方不明
http://www.huffingtonpost.jp/2013/07/08/lac-megantic_n_3559790.html
貨物列車が謎の暴走
・【2015年】アムトラックが脱線事故 フィラデルフィアで少なくとも5人死亡
http://www.huffingtonpost.jp/2015/05/13/amtrak-train-crash-philadelphia_n_7271558.html
米アムトラック脱線 専門家「福知山線脱線事故と符合」指摘
http://www.sankei.com/west/news/150514/wst1505140042-n1.html
全米鉄道旅客公社(アムトラック)列車脱線事故は、列車が現場カーブに差し掛かる際に制限速度を2倍も上回るスピードを出していた。
・【2015年】TGV脱線事故、死傷者多数-フランス高速鉄道・速度超過が原因か
http://daily-news.jp/2015/11/15/tgv-derailment-accident-excessive-speed-is-the-cause/
・【2016年】ドイツ 時速100キロで正面衝突か 鉄道事故10人死亡
http://mainichi.jp/articles/20160210/k00/00m/030/122000c

これらの速度超過事故は単なる事故か?
ほとんどの事故が制限速度を倍以上も超える速度で暴走している。
ハッキングや遠隔操作の可能性はないのだろうか?
それとも、太陽フレアの影響か?
飛行機トラブル多発に限らず、電車や車の暴走が近年増えてる気がするが…。
そして、数年前から連続している石油系や化学系工場の爆発事故がまたもや起こっている。

・4/21、石油化学工場で爆発、13人死亡 メキシコ南東部
http://www.cnn.co.jp/world/35081625.html?tag=cbox;world
・4/22、中国・江蘇省の化学製品倉庫で爆発
http://www.cnn.co.jp/world/35081662.html?tag=cbox;world
・4/4、中国の化学工場で爆発 山東省
http://jp.sputniknews.com/incidents/20160404/1895878.html

これまで水面下で起こされていた見えない戦争が、徐々に浮き彫りになってきているのか?
未だ、収束する気配のない九州の地震も、
人工地震などありえない、と言ってしまえばそれまでだが、
ただの自然現象とも思えないデータも出てきているから謎は深まるばかり。

・熊本地方⇒自衛隊高遊原分屯地~阿蘇地方⇒自衛隊湯布院駐屯地が震源地っておかしいだろう!?
http://ameblo.jp/64152966/entry-12151195271.html
・「熊本地震」:熊本の地下から「謎の放射能」が出ているデータが登場!?
http://quasimoto2.exblog.jp/22729487/?frm_id=v.mypage-external-service--article----2
@cmk2wl 4月16日
九州西側と山口で線量が上昇しています。
原発と関係あるか、風向きと見比べています。

アラ8
地震の後、なぜか九州だけが線量上昇。
やはり、何かあるのか?
川内原発に何かあったのか?
アラ2
それとも、(新)日本の黒い霧氏の言う、九州核開発ネットワークとやらに何か起きたのか?

・JAL123便墜落事故-真相を追う-123便事件と川内原発(4)
http://blog.goo.ne.jp/adoi/e/60e7d54921ebaa4f1068e442e96e480c?fm=rss
実は、その可能性に加えてもう一つ阿蘇地方の放射線値が高い理由が考えられるのです。それは、南阿蘇の地下壕内に原子力発電施設が作られているというものです。なぜそのような考えに至るのか、一つには高森町など南阿蘇は地下水源が豊富な土地であり、原子炉の冷却に必要な水の確保に適していること。
南阿蘇周辺の橋やトンネルが崩落したのは本当に地震によるものなのか、外地から派遣された自衛隊員が本当に災害救助だけを目的とした部隊なのか、現地にいる方は彼らの動きに注視する必要があるでしょう。

そういえば、南阿蘇の水力発電所が崩落していた。

・南阿蘇村の水力発電所「黒川第1発電所」も崩落・土砂崩れで流されていたと明らかに…
http://ringosya.jp/minamiaso-kurokawadai1hatudensyo-houraku-25644
アラ9
その前後には、不可解な事故も起きているし。

・6人全員の死亡確認=鹿児島の空自機墜落―防衛省
http://news.yahoo.co.jp/pickup/6197110
アラ10
なぜか防護服。。

@tv_asahi_news
“オレンジ色の光”情報も 自衛隊機消息不明


そして、熊本へ向かう車両や、帰途の車両が横転。

・4/19、熊本地震の災害派遣に向かう自衛隊のタンクローリーが横転する事故
http://news.livedoor.com/article/detail/11431821/
・4/20、熊本から帰途の新潟県警車両が横転 2人けが
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160420/k10010490261000.html

何なんだ一体? 内戦中なのか?
近年、不可解な停電も多発してるけど、すでに配備されてるという小型EMPの実験でもしてるのか?

アラ1
まさか、原因究明しても解明できない既存科学の認識レベルを超えるような
地球製のこういうのが暗躍してるんじゃないよな??

よく、災害時や核絡みの時には現れるUFOが、今回もまた現れたようだ。

@jumpilikeyou
熊本地震直前UFO出現
発生2時間前
震度7益城町上空に謎の発光体
オレンジ色の2つの光が点滅繰り返す
エクアドル地震でも発光情報
(大スポ2016年4月23日号)

アラ6
@hiyamuta 4月22日
北海道十勝にて
4月13日に現れた巨大な物体
FBで友人がアップしてたので
写真を拝借
一昨年 富山で見た奴に似ているよ

アラ7
十勝に現れた母船のような巨大UFOは、去年インドとマレーシアに現れたものとそっくりだな。

・インドとマレーシアで1日違いで目撃されたと報じられた「巨大な半透明UFO」を巡るいくつかの考察(In Deep)
http://indeep.jp/see-through-ufo-india-malaysia/
アラ3
.アラ5
しかし、一番不思議なのは、アベさんが熊本を訪れた23日には震度3~4の地震がピタリと止み、
東京に戻った24日にはまた地震が復活したってことだな。
何でだ?調整可能なの?
これが一番摩訶不思議なのだ。。
アラ4
もし、人類資金が存在するなら、
一刻も早く、住む場所を失った人たちの再建に出し惜しみせず使ってほしいね。

Tag:アラフォーママの日記  comment:0 

リブート前のバグ&フリーズ中

アラフォーママの日記 より【転載】
2016-04-12
リブート前のバグ&フリーズ中

☆今日のメモφ(.. )
パナマ文書というショックドクトリンも
戦争で破壊しては新しいインフラを作るのと同じように、
新しい金融システムに切り替える前の大規模大掃除なんだろうな。
まるで、PCが連続フリーズでいうこときかなくなって
クッソーもぅーヾ(▼ヘ▼;)って強引に強制シャットダウンさせるみたいな心境に似てるような…
影響はジワジワと拡大中だな。
タックスヘイブンが合法かどうかという屁理屈こねてる間にも、
世界中の99%の人類の不満と怒りは益々拡がっていくばかり。

・オフショアスキャンダル、今度は英国へ。英首相、関与を認める
http://jp.sputniknews.com/politics/20160409/1929384.html#ixzz45aXZEotE
・ロンドンで「パナマ文書」スキャンダルにより英首相の辞任を求めるデモ
http://jp.sputniknews.com/politics/20160409/1932428.html#ixzz45abJurE1

・ウクライナのヤツェニュク首相 辞任を表明
http://jp.sputniknews.com/politics/20160410/1936320.html#ixzz45aWNKQzI
ウクライナのヤツェニュク首相が10日、辞任を表明した。
ヤツェニュク氏は、毎週行っているテレビ演説で、「私はウクライナ首相の全権を返上することに決めた。12日(火)、決定は最高議会に提出される」と発表した。
・ブラジル下院特別委、ルセフ大統領への弾劾手続き承認
http://www.cnn.co.jp/world/35081038.html?ref=rss今週末は政権支持派と反対派がそれぞれ国会周辺でデモを実施するとみられている。
警察はすでに首都ブラジリアの政府施設周辺などにバリケードを配置している。
・デリー首都圏首相 記者会見中に靴を投げつけられる (動画)
http://jp.sputniknews.com/life/20160410/1936617.html#ixzz45aVKZHrR
インドのデリー首都圏首相のアルビンド・ケジリワル氏の記者会見中に、男が首相に向かって靴を投げつけた。
男は、役人の横暴に不満を抱いていたという。

・米首都で「政治とカネ」に抗議の座り込み、400人超逮捕
http://www.cnn.co.jp/usa/35081013.html?tag=top;topStories
政治に対するカネの影響力に抗議するキャンペーン「民主主義の春(Democracy Spring)」は2日にフィラデルフィアで始まり、参加者はワシントンへ向けて約240キロをデモ行進。「腐敗した選挙資金集め制度や不当な投票制度」への関心を高める狙いで、1週間にわたって抗議運動やイベントを計画していた。

捜査もあらゆるところで、さらに拡大か。

・スイス警察、UEFA本部を捜索 「パナマ文書」リーク受け
http://www.cnn.co.jp/showbiz/35080776.html?tag=cbox;showbiz
・BBCで新たに道徳的な不祥事が発覚
http://japanese.irib.ir/news/latest-news/item/63519
イギリスの公共放送局BBCでの道徳的な不祥事が続く中、新たに司会者2人による児童の性的虐待が明らかにされました。
プレスTVが9日土曜、報じたところによりますと、BBCの68歳の男性の司会者はその妻と共に、 数人の児童に性的な虐待を行なったことで疑われています。
・米国最大の銀行、虚偽申告で12億ドルの罰金
http://jp.sputniknews.com/us/20160409/1931936.html#ixzz45aassO6v
米最大手銀行のひとつウェルズ・ファーゴの大銀行は米当局により12億ドルの罰金を支払うことを義務付けられた。米司法省のウェブサイトより。
・スウェーデン当局がノルデアなど4大銀調査、「パナマ文書」問題で
http://jp.reuters.com/article/panama-tax-sweden-idJPKCN0X70XE
・タイ政府、「パナマ文書」掲載の16人を調査
http://jp.reuters.com/article/panama-tax-thailand-idJPKCN0X50DG
・「パナマ文書」の法律事務所、各国のスパイも利用 独紙報道
http://www.afpbb.com/articles/-/3083669?cx_part=topstory
独日刊紙・南ドイツ新聞(Sueddeutsche Zeitung)は12日、複数の国の情報員が、世界中に衝撃を与えた「パナマ文書」の流出元となった法律事務所モサック・フォンセカ(Mossack Fonseca)を通じ、情報活動の「隠れみの」として利用するペーパーカンパニーを設立していたことが分かったと報じた。事務所の顧客には米中央情報局(CIA)の「仲介役」として密接に協力していた人物も複数含まれていたという。

モサック・フォンセカから流出した1150万点に及ぶ内部文書を入手し、世界各国の要人や著名人らが資産管理にオフショア企業を利用していた事実を明らかにした同紙によると、事務所の顧客には、1980年代のイラン・コントラ(Iran-Contra)事件の「関係者数人」が含まれていた。
同事件では、米政府高官らが、イランに対する極秘裏の武器売却と、ニカラグアの反政府武装勢力コントラ(Contra)に対する資金提供を手引きしていたことが明らかになった。

同紙はさらに、モサック・フォンセカの顧客にはサウジアラビア、コロンビア、ルワンダの少なくとも3か国の「情報機関の現高官や元高官」も含まれていることが、パナマ文書から判明したと報じている。
そのうちの一人は、サウジアラビアの元総合情報庁長官で、1999年に死去したカマル・アドハム(Kamal Adham)氏で、1970年代の中東における「CIAの主要仲介人の一人」だったと、同紙は伝えている。(c)AFP

こっちの捜査も進んでるのかな?

・ビルダーバーグ会議 スイスの銀行家の証言 --------------------
http://ameblo.jp/0405ryu-i-s3017/entry-11047201694.htmlhttp://ameblo.jp/0405ryu-i-s3017/entry-11047201694.html
2011年5月30日のウィアーチェンジによる著名なスイス銀行家とのインタビューで、
スイスの銀行の高いレベルの経営陣と、ビルダーバーグ・クラブの間の
深く相互に結びついた関係が暴露されています。
ビルダーバーグが、資金洗浄活動、政府征服への資金供給、
殺害と国を破産させることのために、スイスの銀行を使うことが明確になります。

「これらの活動の大部分は帳簿外です。
それは公式に申告されることの数倍です。
監査はなく、どんな税金もなく起こります。
関係している数字には、多くのゼロがあります。
それは莫大な金額です。
もっと、何兆も完全に無監査、非合法で税制から外れています。
基本的に、それは皆からの強盗です。」

-----------------------------------------------------------------------------
そして、そろそろシャットダウン開始?

・アナリスト:米国はデフォルトの危機に直面する
http://jp.sputniknews.com/us/20160409/1930431.html#ixzz45aaVq1ub
米国経済は間もなく「巨大な波」に襲われる。企業がデフォルトを起こし、景気後退はほとんど不可避だ。ソシエテ・ジェネラル銀行のアナリスト、アルバート・エドワーズ氏が述べた。
8日、ニュースポータル「ビジネスインサイダー」が報じた。

再起動に向けての準備も万端か?

・キャメロン英首相、税法強化を発表 海外領土による情報開示など
http://jp.reuters.com/article/panama-tax-britain-idJPKCN0X82QW
首相は、バージン諸島やケイマン諸島を含む英国の海外領土や王室属領の大半が、透明性拡大のため、今後は英法執行機関と税務当局に対し、企業の所有に関する情報をすべて開示することになると述べた。
また、従業員が課税逃れ方法を顧客に指示することを企業が防止できない場合、犯罪行為とする法案を年内に提出すると表明。英政府の対策としては税金の抜け穴をふさぐ最も強力な措置の一つになると述べた。
・独政府、タックス・ヘイブン利用企業の税優遇撤廃検討=報道
http://jp.reuters.com/article/germany-tax-haven-idJPKCN0X51ZP

日本はまだ他人事の反応のみ。

・為替への「必要な措置」、G20合意内容に沿って行える=麻生財務相
http://jp.reuters.com/article/aso-idJPKCN0X904X
麻生太郎財務相は12日の閣議後会見で、為替の動向に関し「一方的に偏った投機的な動きが見られれば、場合によっては必要な措置を取る」と語った。

5年後にはすでに現金は姿を消す予定らしい。

・マスターカード幹部「5年後には現金は流通から姿を消す」
http://jp.sputniknews.com/business/20160411/1942703.html#ixzz45aUVApi2
MasterCard(マスターカード)の英国及びアイルランド担当責任者を務めるマーク・バーネット氏は「5年後には、英国及びアイルランドにおいて、現金というものは事実上、姿を消すだろう。
そして30年後には、荷馬車につないだ馬のように時代遅れな存在になるだろう」と述べた。

プロジェクト資金の放出、本当にされてる?

・アメリカ各地で最低賃金を時給1680円に引き上げ。なんと日本の倍!
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160402-00010000-bfj-int
・ランダ世界会議ハイライト・・・GCR/RVの開始 2016年4月6日
http://www12.plala.or.jp/gflservice/GCRRVHasStarted160406.html
http://inteldinarchronicles.blogspot.jp/2016/04/landa-global-cc-highlights-for-4-6-16.html
Landa Global CC Highlights for 4-6-16
4/06/2016 04:05:00 PM Conference Call, Intel, Landa Global
GCR/RVのシーケンスが開始され、今進行中である。
ある取引が完了し、又別の取引が進行している。このプロセスはゆっくりしている。
プロジェクト資金は放出されつつある。資金支払いは最終段階にある。
資金放出は今週中に完了するだろう。
・国際平和研究所「各国の防衛費を一割削減すれば、全世界の貧困が撲滅可能」
http://www.epochtimes.jp/2016/04/25504.html
ストックホルム国際平和研究所(SIPRI)が4月5日に発表した研究結果によると、世界各国が各々の防衛費を1割削減すれば、世界が15年以内に撲滅すべき貧困と飢餓の目標を達成できるという。
「このデータは人々にある視点を与える。それは軍事費がかなり多くの機会と資金を食いつぶしているということだ。各国が軍事費を1割削減することはあまり期待していないが、何らかの議論を呼ぶだろう。このことは各国の政治的な問題だ」

このパナマ文書ショックと同時進行で何かが裏で動いてるんだろうか?

・北朝鮮の情報機関幹部、韓国に亡命
http://www.cnn.co.jp/world/35080994.html
・今年3カ月間で北朝鮮から韓国へ342人が逃げ込む
http://jp.sputniknews.com/asia/20160412/1945467.html#ixzz45bLpwo1q
・日本人3人が在日ロシア大使館に亡命申請
http://japanese.irib.ir/news/latest-news/item/63495-
在日ロシア大使館が、日本人3人から亡命の申請があったことを明らかにしました。
ロシア・スプートニクによりますと、在日ロシア大使館は、8日金曜、日本人3人が大使館を訪れ、政治亡命を申請し、反米の立場を理由に日本政府から圧力をかけられていると訴えたとしました。

北主導で統一することに朴さんが同意してるらしいけど、
そのシナリオ通りに動いているのかいないのか…?

99%の覚醒が始まったら、いろんなことが一気にひっくり返っていくのかな?

Tag:アラフォーママの日記  comment:0 

月の裏側から聞こえる音楽

アラフォーママの日記 より【転載】
2016-02-25 11:42:14
月の裏側から聞こえる音楽

これも新たな宇宙情報公開の一部かもしれない。

・宇宙飛行士 月の裏側で奇妙な音を聞く
http://jp.sputniknews.com/science/20160225/1673417.html#ixzz418XSDOAC
米国の月への有人宇宙飛行計画の「アポロ10号」ミッション中に、宇宙飛行士たちが月の裏側で音楽のような奇妙な音を耳にした。
これは、公開された宇宙飛行士たちの会話を録音したものによって証明されている。
宇宙飛行士たちは飛行中に約1時間にわたって地球と連絡ができなかった。飛行士たちは、その地球との通信が途絶えていた時に奇妙な音を聞いたという。
飛行士たちは「音楽」について、奇妙な音であり、どこから聞こえるのか突き止めなければいけないと指摘し、互いに話をしている。1人の宇宙飛行士は、音について「遠い宇宙からの音楽」だと述べ、別の飛行士はヒューヒューという音と似ていると語った。「レンタ.ルー」が伝えた。
宇宙飛行士たちは地球との通信が回復する直前までこの音について指導部に伝えるべきか否か話し合った。1人の宇宙飛行士は「誰も私たちのことを信じてくれないだろう」と指摘した。飛行士たちは、奇妙な現象は自分たちの精神障害によるものとされて、再び宇宙へ出発する可能性を奪われることを危惧した。
なお奇妙な音の原因は、荷電粒子だったのではないかと指摘されている。荷電粒子が無線の電波干渉を引き起こしたという。(探査機カッシーニでも土星周辺で同様の現象が起こった)。
一方で月には大気がないため、月がこの粒子の発生源であることは不可能だという。また宇宙飛行士たちが聞いた「音楽」は、2つのモジュール間で通信する際の通常の雑音によって生じた可能性もあるという。

0:35辺りから聞こえる「Whooooooo」という音がそれらしい。
ヒューヒューというよりも、遠くで鳴るパトカーのサイレンのようにも聞こえるし
オオカミの遠吠えにも似てるような感じだな。
月の裏側に並ぶ廃墟?に、何かが住んでるのかもね。





地球のマトリックスも急激にシフトしはじめたし、
これから月の住人の存在も明らかにされていくのだろうか?

地球のマトリックスも急激にシフトしはじめたし、
これから月の住人の存在も明らかにされていくのだろうか?

・仮想通貨を「貨幣」認定 金融庁、法改正で決済手段に
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGC23H0N_T20C16A2MM8000/
金融庁が国内で初めて導入する仮想通貨の法規制案が23日わかった。
今までは仮想通貨を単なる「モノ」と見なしたが、法改正で「貨幣の機能」を持つと認定することで、決済手段や法定通貨との交換に使えると正式に位置づける。
仮想通貨の取引所は登録制とし、金融庁が監督官庁になって、仮想通貨の取引や技術の発展に目を光らせる。
今通常国会に資金決済法の改正案を提出し、成立を目指す。
・日銀の政策、何でもありの世界へ(ウォールストリートジャーナル)
http://jp.wsj.com/articles/SB11454509995580524165004581560013349707474
現代の中銀には、現金の廃止についてさえも金融当局上層部が真剣に議論するなど、タブーとされる政策はほとんど何もない

もう何でもありの世界になるようだ^^
(略)
またグッドタイミングで大金鉱が発見されるし(笑)

・北カフカスのカバルダ・バルカル共和国で大金鉱が発見
http://jp.sputniknews.com/russia/20160224/1664803.html#ixzz413ZZNJ2Q
北カフカスのカバルダ・バルカル共和国で、トゥイルヌィアウズにあるタングステンとモリブデンの鉱山の北の端で金の鉱脈が発見。
北カフカス連邦管区地下資源利用課のアリベルト・エムクジェフ副課長によれば、新たに見つかった金鉱はロシアのヨーロッパ地域では最大規模。
埋蔵の金鉱石は予測ではおよそ200トン。
金含有率は平均で1トンあたり2.5グラムで産業用の開発には十分高い。
前提的な地質調査と経済学的評価では、高い採算性が示されており、部分的には露天掘りが行われているゾーンもある。

大統領が秘密のエージェントだったとか、これから他にもゴロゴロ出てくるのかな。

・ワレサ前ポーランド大統領、実は秘密のエージェントだった?
http://jp.sputniknews.com/europe/20160223/1662997.html#ixzz413aptxOP
ポーランドの国家記銘院は、ポーランド第2代大統領を務めたワレサ氏が保安庁のエージェントであったことを示す機密資料が見つかったことを明らかにした。AFP通信が報じた。
国家記銘院はポーランド国民に対する犯罪を告発する特別権限を有した国家組織。
AFP通信は機密資料は、1981年から1990年まで内務相を務めた故チェスラフ・キシャク将軍の自宅から発見されたと報じた。国家記銘院の調べでは機密資料の中にはワレサ氏のコードネームが署名された協力への合意文書が見つかっている。
2008年、ポーランドでは『保安庁とレフ・ワレサ』と題された本が発表され、大きなスキャンダルを呼んだ。本の著者である国家記銘院の2人の歴史家のスラヴォミル・ツェンツケヴィチ氏とピョートル・ゴンタルチク氏は、「連帯」の創始者として伝説的なワレサ氏がすでに1970年代に保安庁にリクルートされており、ボレクの偽名で6年にわたって活動していた事実を証明しようと試みた。
ワレサ氏がポーランドの社会主義特務機関と協力していた事実は、2010年に事故死したカチンスキ大統領も主張していた。
労働者の権利を支持したことでノーベル平和賞まで受賞したワレサ氏は、自分に向けられる非難を今まで何度も否定しており、2000年には裁判を通じて、そうした非難が事実無根であることを公式的に証明してきた。

2010年のカチンスキ大統領の事故死も怪しいな。
これまで、どれだけの要人が暗殺されてきたんだろう。。
近年、あちこちで4次元幽界が消滅するとかしたとか言われている。
そのせいかどうか知らないが、最近悪魔払いのエクソシストが不足してるらしい。
ローマ法王が死刑の停止を呼びかけたのは、これ以上憑依する側の悪霊を増やさないようにするためだろうか?

・ローマ法王フランシスコ、1年間の死刑停止を呼びかけ
http://www.cnn.co.jp/world/35078229.html
・あなたも悪魔に憑依されている!? 4つの質問テストと、深刻な「エクソシスト不足」の実態
http://tocana.jp/2016/02/post_8909_entry.html

まぁ、人間の世界にも、可視領域外の異次元周波数帯域にも、
我こそが神だ、我こそが真実だ・・・と主張する者がいろいろと出てくるんだろうな。
今3次元物質界は、相当なカオス状態なのかもしれない。
エイエイアン vs プレデター vs ゴジラ vs モスラ vs 貞子 vs 伽耶子
vs エクソシスト並みの。。(笑)
無題vs無題 (2)
vs
無題 (3)
vs
無題 (18)
「暴力はダメだよ…」
無題 (19)

Tag:アラフォーママの日記  comment:0 

バグが起こり始めた世界

アラフォーママの日記 より【転載】
バグが起こり始めた世界
2016-02-15
まるで機械のように同じことを繰り返す様々なメディア(笑)
メディアを支配すれば国民を操作できる証拠映像


o0350020213568314861.jpg
これまで重宝してきたこれらのマシンも、そろそろあちこちでバグが発生しはじめているようだ。

・マトリックスの統治システムが崩壊し始めているのは、真実追求者が勝ってきている証拠
http://ameblo.jp/wake-up-japan/entry-12128490623.html
(略)
・イランが、イエメン危機の収束を目指す国連の努力を支持
http://japanese.irib.ir/news/latest-news/item/62273
イラン外務省のアミールアブドッラーヒヤーン・アラブアフリカ担当次官が、国連のイエメン問題担当特使の努力に対する支持の継続を強調しました。
ァールス通信が13日土曜、報じたところによりますと、アミールアブドッラーヒヤーン次官は、国連のシェイクアフマド・イエメン問題担当特使との電話会談で、イエメン危機の収束を目指す国連の努力に対するイランの支持を表明するとともに、この問題の政治的な解決法を見出すためのさらなる行動や、戦争の終結、イエメンの各関係勢力同士の対話の開始の必要性を強調しています。
また、「軍事攻撃の継続やその破壊的影響によるイエメンの人道状況が日々、懸念すべきものとなっており、イエメン南部ではテロ組織も拡大している」と語りました。
一方、シェイクアフマド特使も、テロとの戦いや政治的なプロセスに対するイランの建設的なアプローチ、およびイエメン人同士の対話に対するイランの支持を歓迎し、イエメンは困難な状況を抱えているとして、「イエメン人同士の政治的な対話に向けた国連の新たな努力が開始されており、この対話はまもなく再開されるだろう」と述べています。
・米大統領、シリア穏健派への空爆停止要請 ロシア大統領と電話会談
http://jp.reuters.com/article/mideast-crisis-syria-idJPKCN0VO06J
オバマ米大統領は14日、ロシアのプーチン大統領とシリア情勢について電話会談し、ロシアがアサド政権支援のために行うシリア反体制派の穏健派組織への攻撃を停止するよう、あらためて訴えた。
・米国務省、トルコにシリアでの攻撃をやめるよう呼び掛ける
http://jp.sputniknews.com/politics/20160214/1610306.html#ixzz40DW2vXGZ
・バイデン副大統領 トルコにシリア北部への砲撃を停止するよう求める
http://jp.sputniknews.com/middle_east/20160215/1612848.html#ixzz40DTX0qqO
バイデン米副大統領は、トルコのダウトオール首相と電話会談し、トルコに対してシリア北部への砲撃を停止するよう求めた。リア・ノーヴォスチ通信が14日、報じた。
・米国の支援を受けたシーア派組織、アサド大統領側に転じる
http://jp.sputniknews.com/middle_east/20160214/1611186.html#ixzz40DUuXItF
少なくとも3つの部隊がアサド大統領側に転じ、米国と同盟関係にあるシリア蜂起軍に対する軍事行動を開始している。
アサド大統領軍側にいるロシア軍やイラン軍などが彼らを支援しているという。

ドラッグマネー、マフィアマネーも世界規模で着々と抑えられているようだ。

・メキシコ麻薬カルテルの王、エル・チャポ逮捕。しかしその影響力は強い
http://hbol.jp/77718
エル・チャポは1980年代から麻薬の密売を始め、現在メキシコで最大の麻薬カルテル「シナロア」をイスマエル・サンバダ=通称マーヨ=と共同で仕切っている。32あるメキシコの州の半分にあたる17の州に密売組織を持ち、その内の5つの州を完全支配しているという。また米国市場をコントロールし、麻薬をカナダ、オーストラリア、ヨーロッパ、アフリカ、アジアに送り、毎月2tのコカインと1万tの大麻を取り扱える能力を備えているという。大麻だけではない。メタンフェタミンやヘロインも生産し、メキシコを始め世界に流通させている。
この組織の密売規模は30億ドル(3600億円)と言われている。
・日本の警察 覚醒剤100キロを所持していたとして暴力団組員を逮捕
http://jp.sputniknews.com/japan/20160212/1595214.html#ixzz40DakGg9s
12日、福岡県警は、末端の闇市場価格で約70億円に相当する覚醒剤100キロを所持していたとして、10日に犯罪シンジケートのメンバー(ヤクザの組員)4人を逮捕した、と発表した。
・中国発のブラパッドから1000億円相当の覚せい剤、豪シドニー
http://www.afpbb.com/articles/-/3076934?cx_part=topstory_2
マイケル・キーナン(Michael Keenan)司法長官は、押収されたメタンフェタミンは末端価格で12億6000万豪ドル(約1020億円)相当に上り、使用量にして360万人分だと説明。液状メタンフェタミンの摘発事例では、オーストラリア史上最大規模の押収量だと述べた。
 
あがいてもあがいても、たどり着けないのだ・・・

o0275018913568337325.gif
o0320018013568337327.gif
o0400022513568337326.gif
o0320018013568336533.gif
o0320018013568336532.gif
o0320018013568336531.gif

Tag:アラフォーママの日記  comment:0 

パラダイムシフトは突然に…

アラフォーママの日記 より【転載】
パラダイムシフトは突然に…
2016-02-09 20:27:59
CIAのUFO情報が機密解除されると、
YoutubeにUPされるUFOやエイリアンに関する動画もこれまで以上に放出されるんだろうな。
このワクワクをどうにかしてくれ…クスッ(σ・∀・)σ
居住スペース付きの、でーーーーっかいUFOもいるのさっ♪










矢追さん曰く、ロシアがロシア国内に住んでる宇宙人情報を暴露するかも。

さらに、「株は売った方がいい」
あと、債券類も全部売った方がいいかもね。
全部ただの紙くずになっちゃうかもしれないからね。
まるで、ロケット発射が何かの合図のように
突如、盛大な金融崩壊祭りが始まるのだった。。。
この祭り、3月末くらいまで続くのだろうか?
_t02200137_0600037413562694983.jpg
・ドル114円台・株900円超下落、長期金利はG7初のマイナスに
http://jp.reuters.com/article/k-tamaki-idJPKCN0VI0EX
・日経平均VI先物取引全限月の売買を停止、サーキットブレーカー発動=東証
http://jp.reuters.com/article/nikkei-vi-idJPKCN0VI05Z
・米マスメディア 北朝鮮の衛星は軌道上で「宙返り」!?
http://jp.sputniknews.com/politics/20160209/1576181.html#ixzz3zf02HJ00
新しい北朝鮮の人工衛星は、軌道上で「宙返り」をするなど、正常に稼働していない。月曜日、米国の複数のテレビ局が、米国防総省職員の情報を引用して伝えた。

以前から泳がせておいた?元野球選手の逮捕が今月になって突如踏み切られたのも、
すでに入手ルートを抑えたからなのか?
それとも、これから抑えるぞ!っていう警告か?
ロケット発射の見て見てパフォーマンスからの経済措置。
何かの段取りか?(?_?)
国家 vs 国家では見えない構図で、水面下の攻防戦が繰り広げられているのだろうな。

・東京で北朝鮮のスパイ活動のリーダー逮捕か
http://jp.sputniknews.com/japan/20160203/1544466.html#ixzz3zYTmlTK9
サンケイ新聞が伝えたところでは、警察庁公安部は、パク氏は、北朝鮮の諜報機関の一つ、所謂「225局(対外工作機関)」のリーダーだったと見ている。
警察の説明によれば、パク氏は、2000年にリクルートされ、現在に至るまで日本から、韓国でのスパイ活動を指揮していた。特に、韓国での協力者のリクルートや反政府組織及び運動作りを担当していた、との事だ。また彼は、自分の組織と、インターネット上のコード化されたメッセージを通じて、コンタクトを取っていた。
なおこれまでパク氏は、朝鮮民主主義人民共和国と密接な関係を持つ、在日朝鮮人組織、朝鮮総連の様々なポストで働いてきた。


t02200155_0691048713562692273.jpg
これから、国内汚染ルートから繋がるなぞなぞの国へのガサ入れが始まるのだろうか…?

新 共和国の最新の状況 2016年2月7日
http://www12.plala.or.jp/gflservice/NewRepublicUpdate160207.html
http://www.ascensionwithearth.com/2016/02/an-update-of-where-things-stand.html#more
Sunday, February 7, 2016
An update of where things stand - February 7, 2016
ヘイ、皆さん!!
非常に多くの良いことが起きている。私たち人民の政府、新共和国の形成が大きく進展している。主流メディアではまだ見られていないって?少なくとも今まで は、適当なタイミングがなかっただけだ。暫定大統領の、統合参謀本部議長である、ジョセフ・ダンフォードと副大統領、及び内閣のメンバーが選定された。国連は新共和国に100%の信任を与え、昨日、金曜日現在で、最高裁判所の9人のすべての裁判官が新共和国の下に就任した。この、人民の、人民のための政府 はすでに数年間機能していて、この時点で頂点に達するに至り、私たちは真の見直しの時期にある。これは、今では何ら価値がない不換通貨である、連邦準備制 度通貨の置換をも意味する。

100年以上前に憲法を塗り替えて開設されたユナイテッド・ステーツ株式会社(The United States, Inc)は この国をひざまずかせ、ほとんど後戻りができない状態にした。この支配下で、私たちはさるぐつわをかまされ、何を考えるべきか、何を買うべきか、受け入れ 可能なこと、言えること、言い方を強制されてきた。私たちの両手は縛られ、支配者に逆らう言葉を吐かないように脅迫されてきた。私たちには子供の育て方が 強制され、支配者に言えること、言えないことを押し付けられ、もし従わなければ罰金や監獄行きを課された。このようなことは数え上げきれないが、あなた方 もよく分かっていると思う。選挙で選ばれた者たち、とくに大統領は、これまで数期に亘って、逃れたいと私たちに呻かせるように法と政府を支配してきた。
私たちが要求することからかい離した一連の法を彼らは運用したので、彼らは犯した罪に対する責任を負わなければならないと思われる。最近の8年間、私たちは 行政命令と呼ばれる大統領命令に支配されてきたが、これらの”法”は私たちの正規の法的プロセスをバイパスして作成された。すべての者は、”誤っている” と叫んだが、それについては何も対策は打たれていないように思われる。

さて、潮目は変わりつつある。今では、この企業政府は破産し、消滅を宣告され、非合法になっている。憲法が再発行され、土地法とコモンローが戻ってきてい る。所有権は人民の手に戻っている。この暫定政府は、すべての人々を代表するものであり、任についている者は私たちを憲法/コモンローに回帰させるように 十分な訓練を受けている。私たちは大きい”連邦”政府の解体を見ることになるであろう(すでに進行している)。政府、銀行、財務関係のあらゆるレベルの犯 罪者たちには刑罰(少なくとも数年)が課せられ、単純な法と裁判システムが取り戻されるだろう。私たちのスキルに合致した富と自由が人民の手に戻ってく る。これはすでに進行中で、世界通貨改革と世界的な通貨価値変更が行われる。本来の憲法では”賃金には税は課されない”のであり、より単純な国家政府が形成される。各州は独立し、市民が治める。これが可能かどうか考えられようか?均一の税が最近の選挙では叫ばれ、ロン・ポールは連邦準備制度の解体を要求してきた。これもすでに進められている。

既にしばらくの間これは起きているのだ。これを進める助けをしている著名なリーダー達が米国外にもいる。なぜか?なぜなら、私たちは世界の舞台で大きい存在であり、経済的に大きい部分を占めているからだ。私たちの失敗は世界の人々の利益にならない。私たちはその実現の地点に達しているのである。そのようなことは聞いていない?そう、今がその機会だ。進歩がなされ、新共和国が既に機能しており、古い連邦政府はすでに解体されている。”主流メディア”は再建され つつある国に人民が早く追いつけるように、緊急放送システムの利用に合意している。この全ては最高裁の祝福と権威付けの下に行われている。2008年に突 然、銀行が停止し、空が落ちてきたとのTVスクリーンが見られたことを思い出してほしい。私たちが長い間待ち望んでいて、夢が実現するというニュースを放送するカメラの前の非常に有名な人から声が聞けるようになるだろう。

暫定大統領・暫定政府?それは専横の乗っ取りなのだろうか?そうだ、そうだ、そしてそうではない!企業がコースをたどり、私たちは国を取り戻し、実際には存 在していたのに、言われたことがないアメリカの再建が行われたのだ。今は共和国の設立の時なのだ。政府が人々によって、選挙で選ばれるのは憲法で規定され ている。それゆえ、この暫定グループは当初計画されたように共和国になる道を歩みはじめている。選挙はまだ続く。ある者たちの名前と顔は変わるだろう が・・・。
私たちは非常に歴史的な、ワクワクの時を過ごしていると言おう。私たちにはその答えと取り戻しの一部になる機会がある。多くの点で私たちの国は誕生のプロセスにあり、これから先の10年間には必要な真の変化を行うために多くの仕事がある。
私たちは宣言を待っているところだ。これには大きい圧力がかかっていて、月曜日には実施されるだろう。あなた方には、備えはいいか、とお尋ねしたい。

すべてデータや数値で予測できると思ったら痛い目に遭う。
by モルダー捜査官

o0350051313560648955.jpg

Tag:アラフォーママの日記  comment:0 

宇宙時代のはじまり

アラフォーママの日記 より【転載】
宇宙時代のはじまり
2016-01-31
旧概念の古い世界が崩壊しはじめると、その裏では次に来る新時代への布石が着々と敷かれている。
人類の意識へのショックドクトリンも次の段階へと進む。
地球は丸かった。地球は回っていた。そして、地球は大宇宙のほんの一部分にすぎなかった。。
宇宙への進出を目論み始めた地球人には、まず知っておかなければいけないことがある。
地球は地球人類だけのものではないということを。
今、その段階に来たということだろうな。
・米CIA、エイリアンやUFOに関する報告書を機密解除 
http://www.cnn.co.jp/fringe/35077105.html?ref=rss
・CIA UFOに関するアーカイブの一部を公開
http://jp.sputniknews.com/science/20160126/1496972.html#ixzz3yXtMnqnL
米中央情報局(CIA)は、UFOに関する数百の文書や写真を機密解除し、公開した。
CIAは、「宇宙人を保護している」、「地球外知的生命体の証拠を隠蔽している」などとしてよく非難されるが、今回サイトに1978年の調査のアーカイブを掲載した。
陰謀論の支持者たちにとっては思いがけないことだったが、CIAはUFO目撃の歴史的事実だけでなく、異常現象の分類を記したたくさんの書類も公開した。
CIAは、その任務と同時に、1947年から、世界中で起こった空飛ぶ円盤と関連した出来事も追ってきた。
掲載された写真の大多数は、1940年から1950年代のもので、CIAの電子図書館「電子閲覧室」が提供したもの。これらの文書は、現役諜報員本人から直接入手したものや、謎の出来事に関する様々な国のマスコミ報道から集めたもの。
1978年末、CIAは地方裁判所の決定にしたがい、UFOに関する文書の存在を認め、原告にUFOに関する文書900ページ以上を渡すことを余儀なくされた。
なおCIAは、ページ数不明の57の文書については、国家安全上の理由から引渡しを拒否した。裁判所は、非公開会議でCIA代表者らの論拠に同意した。
・ Take a Peek Into Our “X-Files”
https://www.cia.gov/news-information/blog/2016/take-a-peek-into-our-x-files.html
.t016702000167020013553102818.jpg--t017002000170020013553102819.jpg
ナスカの地上絵も、旧概念からようやく宇宙視点で解釈される方向にシフトするのか?

・ペルー、ナスカの地上絵をNASAの無人機が新たに撮影
http://jp.sputniknews.com/science/20160128/1506662.html#ixzz3ycNVlaoN
空飛ぶ巨大なレーダーともいえるNASAの無人機UAVSARがペルーの有名なナスカの地上絵の新たな映像を捉えた。石を並べて描かれた地上絵は仮説では異星人であれば宇宙から見ることのできるもの。
ナスカの地上絵とは、砂地の高原に70キロにわたって、動植物を表した30を越す巨大な絵だが、数百の抽象的な幾何学模様や1万3千にもおよぶ線によるこの絵は、今日学者らは、多くは宇宙からしか見ることができないと考えている。
ナスカの地上絵は、地球外の知的生命体にむけた地球と人類についての情報として金属盤に入れられ、無人惑星探査機「ボイジャー」に乗せて宇宙空間に打ち上げられている。
NASA代表らは、現在地球上にはこれらの形全体を写したカタログが存在していないととらえており、NASAはペルー政府との協力、合意に基づいて、この地上絵を撮影し、カタログ化するプロジェクトを立ち上げた。

ついに、ヒラリー・クリントンまでもがエイリアンの存在を語り始めたか。
・ヒラリー・クリントンが超爆弾発言 「エイリアンはすでに地球にいる」
http://tocana.jp/2016/01/post_8538_entry.html

これまで、数々の要人たちがET発言をしてきたにもかかわらず、
大手メディアが取り上げない限りは、ただのネット上の噂レベルに終わっていた。
今回のCIAのリークがTVのニュースで取り上げられたということは、
本格的に公表する段階に入ったということになるのだろうか。

・エイリアンはそこにいる! by カナダ前国防大臣
http://ameblo.jp/0405ryu-i-s3017/entry-11743211153.html

・英国人政治家「プーチンの背後に異星人あり」
http://japanese.ruvr.ru/news/2015_02_23/pu-chin-uchuujin/
英労働党のサイモン・パークス氏によれば、
プーチン大統領にウクライナ侵略をそそのかし、米国と戦わせるために「地球外の」兵器を与えたのは、「ノルディックエイリアン」たちである。
「クロニクル・ライヴ」が報じた。
同氏によれば、ウクライナ東部の軍事紛争は異星の文明の介入によって始まった。
「プーチンは以前は爬虫類を諮問役としていたが、ノルディックエイリアンらがやって来て、対抗的提案をなした。
彼らがプーチンに供与している技術は、米国のそれと同等である」とパークス氏。
米国との対立へとプーチンを赴かしめたのは他ならぬ「ノルディックエイリアン」であると同氏。
サイモン・パーク氏は以前にも自分の本当の父親は異星人だと発言したことがある。
5歳で異星人らと交わって童貞を失った、とも。
・1月 14日に全世界で報道されたエイリアン支配説(2014)
http://ameblo.jp/0405ryu-i-s3017/entry-11751092308.html
・中国のメディアがオバマによるUFOディスクロージャーの可能性について報じていた?
http://ameblo.jp/0405ryu-i-s3017/entry-11626916015.html



・UFOディスクロージャーで世界支配の仕組みがバレてしまう…
http://ameblo.jp/0405ryu-i-s3017/entry-11555394736.html

米海軍だけじゃなく、英海軍の駆逐艦も出力喪失で航行不能になるとはね。
これは彼らによって無力化されてるからじゃないのかな。
・米海軍の最新鋭艦2隻、相次ぐ故障で航行不能に
http://www.cnn.co.jp/usa/35076825.html?ref=rss
・新型駆逐艦の全隻が航行で出力喪失 英海軍、対策に躍起
http://www.cnn.co.jp/world/35077114.html?tag=top;topStories
英国国防省は31日までに、同国海軍が保有する最新型の駆逐艦6隻の全てが海上を航行中、出力喪失の不具合に見舞われ、対策を講じていることを明らかにした。
この問題は英BBC放送が匿名の海軍将校の情報を基に最初に報道。
同将校は電気系統の全面的なトラブルが同艦上で通常起きていると明かしていた。

火種はすべて阻止されるのだろうな。

・特別ISIS細胞がヨーロッパとロシアでテロ攻撃を計画と ロシアの国家対テロ機関
http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2016/01/isis-1f92.html
トルコ経由で、シリアに出入りするテロリストの流れを阻止すべくロシア国境警備隊と治安機関は最善を尽くしていると、プルジェズドムスキーは述べた。100人以上のIS参加希望者を参加する前に逮捕し、800人以上の戦士がロシアに向かう途上で逮捕されたと彼は述べた。連中の中には、22人のテロリスト募集担当者がいた。
取り組みで、ロシア国内でのいくつかのテロ攻撃を防いだと、彼は述べた。
Sitara と Dickに よる世界改革 2016年1月26
http://www12.plala.or.jp/gflservice/GlobalReset160126.html
http://sananda.website/global-reset-by-sitara-and-dick-january-26th/
Global Reset by Sitara and Dick, January 26th

古代の中国ファミリー(長老)は、古代のヨーロッパの君主たちとともに、長い間大規模な物理的資産を惑星地球上に幾世紀にも亘って備蓄し、いまだに手の内にしています。
この雄大な富は種々の場所に、種々の信託資金として、保持され、世界に戦略的に分散されていますが、保安上の理由からほとんど知られていません。総称としてそれらは世界担保資産として理解されています。
これらの世界担保資産はこれらを自分たちのものではなく、人間のための資産として監視し、保護する心からの守護者たちによって守られています。これらの守護者たちは世界中にいて、保安上の理由で一般大衆には知られていません。
これらの世界担保資産は近代の銀行システム中で、あらゆる形の債権、通貨、債務証券に書き換えられていて、例外なく普通の人が作り出せるいかなる債権をも凌駕する大きさです。
これらの世界担保資産は1700年後半以来常に攻撃を受けてきた、進歩した制御システムによって守られてきました。
現在の西側の銀行エリート(東ヨーロッパ、米国、日本、サウジアラビア、ウクライナ、トルコ、イスラエルなど、すなわちカバール政府)は戦争、背信行為、殺 人、および汚職を通じてこの世界担保資産を盗もうとしてきました。実際400年以上に亘って、世界担保資産の制御メカニズムを横領しようとする企みが行わ れてきました。
今私たちが目撃しようとしていることは失敗に終わっている攻撃の公共的な拒絶であり、大多数の独立国家は今彼らの不換通貨ベースの負債銀行システムの終焉とその永久的な金の裏付けに基づく価値の維持が可能なシステムへの代替を求めようと一体化しています。
これらの真の国際的な連合は単一の通貨発行機関(中国に位置する)を中国の長老とヨーロッパの尊厳あるファミリーの両方の制御下に置くことを署名をして受け入れました。

西側の不換銀行システムはそれ自体が付いていた嘘の重みで崩壊しつつあり、苦痛に満ちた追加証拠金支払いによって静かに解体されようとしています。これにはBIS(国際決済銀行)、世界銀行、国際通貨基金(IMF)、中央銀行システム、連邦準備銀行、英国銀行、金属取引市場、米国株式会社、カバール政府などが含まれています。
アジア投資、インフラストラクチャー銀行(AIIB)は中国の長老が作ったものであり、中国、ロシアを含むあらゆる政府から分離独立していることに注意してください。
しかし、BRICS連合も中国の長老とヨーロッパの君主たちの金融原則に従う約束をする独立国家の集合としての認識のための集まりとして形成され、これに従うと誓約をした者は、世界担保資産に基づく実物資産ベースのローン/基金の社会的恩恵を受けられます。
中国長老/ヨーロッパの独立金融原則を守らないすべての独立国家は、AIIBには参加することを許されず、したがって世界担保資産の利用から除外されます。
独立国家はAIIBの正式メンバーではない国家と銀行活動において取引を許されません。国家は中国の長老とともに歩むかそうでないかです。ここ70年間プレーされていたゲームが終わったので、もはや中間的なゲームは存在しないのです。
世界の金融構造ははじめは中国の長老たちによって導入され、第二次世界大戦中の1944年にニューハンプシャーのブレトンウッヅで合意に至ったものです。しかし、このシステムは現在の西側銀行システムに見られるように劣化し、世界は今暴利の溝から抜け出そうとしている最中です。
全ての独立国家は中国長老/ヨーロッパの独立金融原理を守ることに合意すれば、いつでも参加できます。誰も除外されません。
上記の事実に基づいて、AIIB/BRICS連合と協調するすべての独立国家は、2016年1がつ1日現在、(バラク・フセイン・オバマを企業スポークスマンである操り人形とする)米国株式会社を承認していません。
また、全てのAIIB/BRICSと協調する独立国家は、2016年1月1日以降、米国株式会社の不換通貨である米ドルを有効であると認めていません。

AIIB/BRICSと協調する独立国家は、全てが、2016年1月1日現在で、ペンタゴンの闇帽子が制御する軍事作戦をアメリカ合衆国の市民の自由意志を代表するものとは認めていません。
日本は、秘密裏にAIIBに加わり、この事実は北京で1月16日~18日に開かれる次のAIIB会議でその参加が告知されることになっています。
2008, 2015 及び2016年の市場崩壊は既存の西側銀行システムファミリーによる、かつて実現されたことがない、金融支配幻想維持のためのたくらみでした。この努力は失敗に終わりました。
2001, 2003, 2005, 2009, 2012, 2014, 2015年のすべての軍事紛争も、中国の長老・ヨーロッパの君主ファミリー/世界担保資産の支援なしにはどの政府も収めることができない、非世界担保資産ファミリーによる軍事支配という幻想維持のためのたくらみでした。この種のたくらみも結局うまくは行きませんでした。
こうして、金融紛争であれ、戦争であれ、全ての紛争は、人間のリセットとすべての文化に関して、今中国の長老/ヨーロッパの君主ファミリーによって公に解決され、モラル上の基礎的な具体的な資産の裏付けがある基礎的な基盤に基づくものに戻りつつあります。
非世界担保資産/西側銀行ファミリーが一般大衆をメディアサービスを通じて彼らの好きなように、印刷機の発明以来ずっと、一般大衆に影響を及ぼしているのですから、マスメディアを通じて読み、聞き、見る言葉、文字をその通りには信じないようにしてください。

そろそろ、いろんなことが反転しはじめるようだ。
これまで隠されたり潰されたりしてきた、あんなことやこんなことも。。
「宇宙人はいます!」
「STAP細胞はあります!」
にシフトかな。
・これが小保方STAP細胞で崩壊される、世界全体から見たら1万分の1くらいの利害関係人です(≧∀≦*)
http://sayuflatmound.com/?p=1776
↓スタップ細胞が実現したら数年でこれがぶち壊れます ヽ(○´w`○)ノ
~以下転載~
ガン死の80%は三大療法(手術、抗がん剤、放射線治療)による。岡山大学付属病院のインターンの学生が調べてみると、80%がガンの三大療法(手術、抗がん剤、放射線治療)で死んでいた。その発見を論文にしようとしたが、握りつぶされた。
年間のガン利権は15兆円、国防費の3倍
抗がん剤は0.1g 7万円

o0500028013553063623.jpg

Tag:アラフォーママの日記  comment:0 

世界同時多発解散テロ

アラフォーママの日記 より【転載】
2016-01-19 20:41!
世界同時多発解散テロ
年明け早々、ビュンビュン飛ばすね(σ・∀・)σ
嘗て、エンタメニュースでこれほど世間の注目を浴びたことがあっただろうか。
しかも、なぜかそれは国内のみならず、世界同時多発的なのだった。
t02200129_0639037413544863221.jpg
・ワン・ダイレクション解散へ 米誌報道
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160114-00000015-nksports-ent
英人気ボーイ・バンド「ワン・ダイレクション」が解散すると、同バンドに近い情報筋が米USウィークリー誌最新号に明かした。
t02200147_0500033413544858795.jpg
・KARA解散、ギュリら3人が専属契約切れ離脱
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160115-00000053-dal-ent
韓国の女性4人組グループKARAが事実上解散することが明らかになった。
15日、所属するDSPメディアが、メンバーのギュリ、スンヨン、ハラとの専属契約終了を発表した。

t02200141_0324020713544860049.jpg
これだけの騒ぎになるのだから、もしSMAPの解散が実際に行われるとすれば、
クーデターが起こってもおかしくないだろうな(笑)
今、この国では、
政府:消費税上げます  → 多くの国民:(;^_^A へぇ~ ちょっと嫌だな…
政府:法案変えます   → 多くの国民:(・_・)... ふぅーん よくわかんない??
有名タレント:解散します → 多くの国民:Σ(=°ω°=;ノ)ノヽ((◎д◎ ))ゝヽ(*'0'*)ツ
                       たいへんだーーー!絶対だめーーーー!!
てな感じの反応になってるからな。
世間の注目を集める最高の話題がエンタメなのだな。
長年の3S政策が効いてるね。
しかし、これだけの注目を集められるなら、スマップが政治家になって国家に赴けば
国会中継の視聴率爆上げになるだろうな(笑)
そりゃぁカネと欲に塗れた汚いおっさん連中よりも、きれいな方がいいだろう。。
.無題
2016年のスタートと共に一斉に動き出したこれら一連の騒ぎだが、
もしかすると、これらもシナリオ通りなのか?
o0550041713544877596.jpg--_t02200294_0336044913544885011.jpg
かと言って、すべてが偽旗とも思えない。
恐らく、注目を浴びたタレント本人たちは何も知らないだろう。
動かしているとすれば、エンタメ業界のしのぎ先の黒幕か?
どこからか仕入れている情報を元にシナリオを作り出してる?
その情報漏れはどこから?
今や、どこからでも可能だろうな。
最近話題になっていたASKA氏のブログの内容にもあったように、盗聴の可能性も否めない。
・ASKA、覚せい剤事件経緯をブログで発表。削除された全文を公開。
#ASKAのブログ

http://matome.naver.jp/odai/2145240122997841101
長年の3S政策が効いてる純粋ピーポーは、
ちょいと偉い人が「それは統合失調症だ」と言えば、すぐに信じちゃうけれど、
ASKAブログの中で亡くなった飯島愛さんが言ってたような内容は実在するようだ。
・CIAが日本統治に利用し始めた「ある宗教団体」
http://8729-13.cocolog-nifty.com/blog/2015/11/cia-84ae.html
マイナンバー、スマホ、携帯などを通して行なわれること
飛鳥(昭雄):  
アメリカはあの手この手を駆使して、見えないところで日本の統治を強化していきますね。住基ネットを作ったメーカーの人間から直接聞いたんですが、住基ネットの最終目的は、1人1人を集中管理して、ICカードも統合して、誰がどこにいてどういう行動をとったかというデーターも、全部そこに放り込むということらしい。
それをまとめてアメリカに献上する。国民総背番号制とドッキングさせてね。
GPS(全地球測位システム)もそうですが、アメリカのNORAD(北米航空宇宙防衛指令部)が全部情報を押さえていて、日本人の誰がどこにいるかということを全部把握することになる。今やGPS機能はスマホのアプリにもなっていて、自分がどこにいるかをリアルタイムで教えてくれます。しかも同時に同じ情報が、アメリカの軍事用GPS衛星からアメリカ本土に流れている。
多くの日本人は、位置情報は日本製のGPSから得ていると思っているけれどそうではない。これは軍事衛星の補佐に過ぎず、これは準天頂衛星といいます。しかもNSAは、その携帯電話の会話を盗聴するシステムを持っており、それがエシュロンと呼ばれるものです。もちろん日本にも世界最大級のエシュロンが、青森県の三沢基地に存在している。
池田:   
それこそ、この会話だって盗聴できますね。
飛鳥(昭雄):  
その通りです。
このスマホも電源をOFFにしない限り(盗聴のための)マイクロフォンです。さらに最近では、OFFにしても完全に電源が落ちなくて、ある回路だけは生きている機種が出始めている。(略)本来、携帯(電話)は何もしなくても、毎秒200~300回も基地局と電波を交信しています。それが電波状況を良好にしているわけですが、裏を返せば、アメリカは我々の位置をリアルタイムで監視できる。これほどのプライバシー侵害はないでしょう。

51beQCEMQNLSL250_.jpg
そういえば、最近爆破予告も世界中で多発してるな。
先月は、アメリカで航空機等にあったが、今日は都内23区すべての役所とか。。
・ネットに書き込み、23区全ての区役所に爆破予告
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20160119-00000036-jnn-soci
・米アップル欧州拠点で一時避難騒ぎ、非常警報発動
http://sp.m.reuters.co.jp/news/newsBody.php?urlkey=idJPKCN0UW1O820160118
そして、年明け早々バスや海や空で事故も多発。
・東京湾で重油タンカーの衝突事故、重油漏れ
http://jp.sputniknews.com/japan/20160116/1443550.html#ixzz3xToYrGtH
16日にかけての深夜、東京湾で重油を積んだタンカー(92トン)が砂利の運搬船と衝突。重油が流れ出している。NHKが報じた。流出した重油の量はあきらかにされていない。
事故でタンカーは沈みかけ、船首のみが水上に出ている状態。タンカーは全長32メートル。事故当時、船内には3人の乗員がいたものの、救助され、無事。現場では海上保安部が作業を行っている。

・米海兵隊員12人が行方不明、輸送ヘリ2機が衝突か ハワイ沖
http://www.cnn.co.jp/usa/35076312.html
米沿岸警備隊は15日、ハワイのオアフ島沖で14日夜に訓練飛行していた米海兵隊のヘリコプター2機が衝突し墜落した模様だと述べ、搭乗していた海兵隊員12人が行方不明となっていることを明らかにした。
CNN系列局のKHONは、海上で大きな音が聞こえ、空が一瞬光ったとの目撃者の話を伝えた。

なぜか、有毒物質発生事故もあちこちで。
・米議会建物で8人が有毒物質による中毒
http://jp.sputniknews.com/us/20160116/1443929.html#ixzz3xTnxQ8hR
米国議会の建物のひとつで不審な有毒物質による中毒が発生。これによって8人が病院に搬送された。
ワシントンポスト紙の報道では、事件が起きたのは下院の使用する建物。
医療関係者は豚肉にあたったのではないかとの見方を示している。
地元警察は事件発生後、有毒ガスの雲が発生する恐れがあるとして、数箇所の通りを封鎖したものの、現在の公式的な情報では建物からそうした物質は発見されていない。
NBCニュースTVは、この建物にあるカフェテリアの厨房では数週間にわたって建設作業が行われた事実を指摘している。

・毒煙が大量発生、約100人が体調不良 ブラジル
http://www.afpbb.com/articles/-/3073391
ブラジル・サンパウロ近くの沿岸都市グアルジャにある倉庫で火災が起き、有毒な煙が発生、約100人が体調不良を訴えた。
当局が15日、明らかにした。また、火災はほぼ鎮火したと伝えている。

一点に光を当てたら、それ以外は暗くて見えにくくなる。
その暗闇では何が起こっているのか?
・フランスの経済・社会部門は非常事態―オランド大統領
http://jp.sputniknews.com/europe/20160118/1452357.html#ixzz3xfIYFpG9
オランド大統領によれば、今、全世界が「大規模な変転を迎えている。
その規模に対しては、誰もが自覚的であらねばならない」。

・ベネズエラ 非常経済事態体制を導入
http://jp.sputniknews.com/business/20160116/1444181.html#ixzz3xTmvUstQ
ベネズエラのマドゥロ大統領は、国内に60日間の非常経済事態令を敷くと宣言した。
また非常経済体制導入の理由について、経済担当大臣は「そうなれば、政府が必要な措置を迅速に取る事ができるようになる」と簡潔に説明し、具体例として、社会領域に追加予算を拠出すること、民間及び国営企業に対し増産を求めることなどを挙げた。

60日間の非常経済事態令か。
スタンチャートが人民銀から外為業務の停止命令をしたのも、3月末までだったな。
春までが山場なのだろうか?
・英スタンチャート、中国人民銀から一部外為業務の停止命令=関係筋
http://jp.reuters.com/article/stanchart-chinacurrency-idJPKBN0UK13Z20160106
英銀行大手スタンダード・チャータード(スタンチャート)(STAN.L)が昨年末、中国人民銀行(中央銀行)により一部外為業務を今年3月末まで停止するよう命じられていたことが分かった。
原油の動きも激しいな。
・カナダ原油価格 1バレル14ドルまで暴落
http://jp.sputniknews.com/business/20160116/1443310.html#ixzz3xTqJhkSr
金曜日、基本的な原油銘柄の価格が軒並み、1バレル30ドルを割り込んだが、最も安い銘柄の一つ、ウエスタン・カナディアン・セレクトは、1バレル14ドルにまで暴落した。
・イランの制裁解除、貯蔵原油が市場へ 原油価格さらに下落か
http://www.cnn.co.jp/business/35076421.html?tag=top;mainStory
イランは、タンカーの貯蔵原油を輸出することで、原油生産量の引き上げを待たずとも、すぐに資金を増やすことが出来るようになる。しかし、原油市場はすでに供給過剰の状態にあり、国際市場にとってイラン産原油の流入は良いタイミングとはいえなさそうだ。
・日本 40年ぶりに米国産原油の輸入再開
http://jp.sputniknews.com/business/20160119/1455069.html#ixzz3xfda9jze
報道によれば、日本のコスモ石油は、まず手始めに、テキサス州イーグルフォード産のシェール・オイルを含め、総額10億円分の米国産原油を買い付けた。
米国産、品質は大丈夫なのだろうか?
・ノースダコタ産原油の価格、ゼロ以下に
http://jp.sputniknews.com/us/20160118/1452769.html#ixzz3xfeX72jq
フリント・ヒルズ・リソーシズ社は、もし1バレルあたり0.50ドルを支払えば、ノース・ダコタ・サワー銘柄の原油を買うことに同意している。これは硫黄を多く含む極めて低品質な品種で、その加工には特別な機器が必要だ。しかもこの品種は貨物および鉄道輸送で運び込まねばならず、格段に費用がかさむ。
‏@KarenHudes
Scam of US debt ended; US is in interregnum:

米国借金の詐欺は終わった;米国は空位期間にある
https://s3.amazonaws.com/khudes/Twitter1.16.16.1.pdf
・アジア・インフラ投資銀行 公式に開業
http://jp.sputniknews.com/business/20160116/1443154.html#ixzz3xTtoSKSu
土曜日、世界57カ国が参加する、中国主導の新たな金融機関、アジア・インフラ投資銀行が正式に、その作業をスタートさせた。
世界中であがきの騒動を起こしているのは、貨幣制度の番人帝国の崩壊を隠したいのか?
野球にサッカーに相撲、そしてテニスもか。
ヤクザマネーが追いつめられると、あちこちからほころびが出てくるな。
・テニスで八百長横行と英BBC
http://jp.reuters.com/article/idJP2016011801001182
ウィンブルドン選手権を含むトップクラスのテニスの試合で八百長が横行していると17日、英BBC放送(電子版)が報じた。男子ツアーを統括するATPが07年に実施した八百長に関する調査文書などをBBCが入手。
・テニス=ジョコビッチ、過去に八百長誘われるも「すぐ断った」
http://jp.reuters.com/article/djokovic-matchfixing-idJPKCN0UX07X
ロゴだけじゃなさそうだ。
・”五輪招致で日本側 国際陸連に協賛金” IOC事実確認へ
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160116/k10010373471000.html
IOC=国際オリンピック委員会は、15日、WADA=世界アンチドーピング機構の第三者委員会が、2020年夏のオリンピックの東京への招致に関連し、日本側が国際陸上競技連盟に協賛金を支払ったと指摘していることについて、事実確認のため、WADAに資料の提出を求めました。
まだまだ出てきそうだな。
・東京地検、独禁法違反の疑いで舗装各社を強制捜査へ 震災復旧談合
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160119-00000014-san-soci
東日本大震災で被災した東北地方の高速道路復旧工事をめぐる談合事件で、東京地検特捜部と公正取引委員会は18日、独占禁止法違反(不当な取引制限)容疑での立件に向け、近く道路舗装各社の強制捜査に乗り出す方針を固めたもようだ。道路の復旧工事には巨額の国費が投下されている。談合は震災前から行われていたとされるが、公取委は「早期復旧」の名の下に、業界で利益を分け合っていた悪質性の高い談合だとして刑事責任を問う必要があると判断した。
0450043713544837049.jpg
廃棄食品横流しの行方も気になるところ。
消費期限切れよりも、汚染食品、汚染泥や灰の行方を徹底的に調べる必要があるな。
そして、ついに農林中金にもメスが入るのか?
・農林中金いらない…小泉進次郎氏、融資姿勢批判
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160114-00050048-yom-bus_all
小泉氏は、自民党が今秋に策定する「農林水産業骨太方針」で、日本農業の構造改革を示す必要があると指摘。「構造の一つにはお金の回り方もある」と述べ、農林中金は農業への融資を増やす必要があるとの考え方を示した。
【しつこく参考】
・農林中金の問題の裏にはモンサントの陰謀がある”郵政民営化の後は農協改革だそうです。”
http://www.asyura2.com/11/bd60/msg/318.html
・年金資金の不正流用に関する事実を証言する前に殺された
http://m-ken.blog.eonet.jp/weblog/2011/10/post-415e.html
(以下、M研さんのところから一部転載)
この消えた年金は貨幣制度の番人がすでに吸い取っていた。
実はその埋蔵金とは本当は年金であったのです。
この消えた年金問題は農林中金とも深い関係があった。
農林中金は、サブプライムローン問題で危険さが浮き彫りになった証券化商品や米政府支援機関(GSE)債を大量に買い込んできたからだ。その金額はなんと10兆円を超える。
農水大臣が次々にスキャンダルに巻き込まれ、死人続出

1兆5000億円損失農林中金 それでも経営者責任取らない不思議
http://www.asyura2.com/09/bd55/msg/125.html
キーワードは・旧農林省が管理していたもの・農林中金とサブプライム・厚生省と農林水産省が統合・消えた年金・売国奴・郵政民営化・真実を知っていた大臣や官僚が死ぬ・
消えた年金と豊田商事と同じような事件
http://www.asyura2.com/08/bd54/msg/468.html
この年金とは官僚が築き上げたネズミ講そのものである。
その消えた年金がどのように吸い取れたを知っていた山口次官が殺害された。
しかも、国会承認喚問で証言する前に
事業仕分けで未払いの年金問題がマスコミがプロパガンダをかけ大問題へとなり自民党の汚点と突付きまくり民主党が政権を獲った。

国会年金証人喚問を恐れた勢力から消された年金担当事務次官
http://asyura.com/08/senkyo56/msg/273.htmlより
農林水産省と防衛省に貨幣制度の番人の影
http://www.asyura2.com/08/bd54/msg/218.html
マスコミが報じない農林中金と米GSE債
http://www.asyura2.com/08/bd54/msg/246.html
アメリカにただで売り渡す
http://www.asyura2.com/08/bd54/msg/219.html

Tag:アラフォーママの日記  comment:0 

最後のクリスマス?

アラフォーママの日記 より【転載】
2016-01-13
最後のクリスマス?
☆今日の気になリストφ(.. )
これは気になるねー
ローマ法王とエリザベス女王が揃って2015年が最後のクリスマスだと。。


・ローマ法王とエリザベス女王の気になる発言 ヨハネの黙示録=行動計画書より
http://golden-tamatama.com/blog-entry-2210.html

女王の2015年クリスマスのメッセージ: あなたの最後のクリスマスをお楽しみください
BBCが年次クリスマスメッセージを撮影している間、女王はこのような爆弾発言をしました。BBCインサイダーいよると、ダイアナ皇太子妃の殺人に対する心からの遺憾の意を示しました。
明らかに困った様子で女王は言いました、「彼女は、あまりにたくさん知り過ぎた」と。
女王は、王家を残すために単純に必要なことをして欲しいと彼女に頼みました。
上級BBC生産スタッフと宮殿アドバイザーは取材をキャンセルしようとしました。
しかし、女王が恐れを表明する以前に、悪意のある力(彼女が持つ力よりずっと強い力)がヨーロッパに蔓延しているので、これが地球上の最後のクリスマスになる可能性があるでしょう。
BBCスタッフが、宮殿アドバイザーからの厳しい命令の下で、取材をキャンセルして、初期の昼食会に下級スタッフを送る前に、「私は、あなたが最後のクリスマスを楽しむことを望みます」と、彼女は苦々しく言いました。

教皇いわく、わたしたちのクリスマスは最後のものになるだろう
フランシス法王は、このクリスマスが人類のための最後のものであるかもしれないと聖ピーターのスクエアで群衆に話しました。厳しいスピーチで、世界の現在の混沌とした情勢が「終わり時代」の初めの印であり、そして、来年の今頃は、世界が混とんとしているであろうと、法王は言いました。
フランシス(その人は第3次世界大戦の始まりを以前に発表しました)は、今月の始めに、カーサ・サンタマリア号のミサで、今年のクリスマスを、見せかけであると言いました。

なんだろな、そろいもそろって。
そういえば、年末にメモしておいたサンタクロース死亡っていう記事があったな。
やはり、これは何かの暗号だったのだろうか?


・ノルウェー紙、誤ってサンタクロースの死亡記事を掲載
http://jp.sputniknews.com/life/20151205/1275670.html#ixzz3tRnEccpr
ノルウェー最大の有力紙のひとつアフテンポステン紙は近日催行されるサンタクロースの葬儀に関する記事を掲載したことにつき、謝罪を行った。ガーディアン紙が報じた。
死亡記事にはこうある。「1788年12月12日生まれの親愛なるクリスマスおじいさんは今月3日、ノルドカッペ(ノルウェー最北端)で死亡した」。
告別式は28日に北極のチャペルで執り行われる、とのことだった。
死因は明記されていない。記事執筆者は「全世界」とされた。
同紙編集部は「記事はコンピューターの誤動作によるもの」とし、謝罪を行った。
同紙には死亡記事について厳格な規則があり、この記事はそれを満たしていなかったという。

コンピュータの誤動作でこんな記事が書けるか?
ひょっとして、ラストクリスマス発言は
ローマ法王やエリザベス女王等の信仰する宗教内での問題か?
それとも、所属する秘密結社内で何か大きな変化でも?


・スペイン王女、裁判所に出廷
http://jp.sputniknews.com/europe/20160109/1415144.html
スペインのクリスティナ王女が王室メンバーとしてはじめて裁判に出る。
クリスティナ王女はフェリペ王の姉。脱税や横領の容疑がかけられている。夫のイニャキ・ウルダンガリン氏とともに犯行に関わったと見られている。

これまでの常識を覆す現象が続々と起こってきている。
恐らく、これからもっと加速していくのだろう。
古い概念のままだと、確実に振り落とされるな。


・「重力波検出」のうわさ、科学界に波紋広がる
http://www.afpbb.com/articles/-/3073018?cx_part=txt_topics
もし、重力波が発見されたとなると、アインシュタインが100年前に一般相対性理論で示した予測の中で、残っていた未解明の最後の部分が検証されることになるだろう。
重力波の発見は、宇宙誕生のプロセスについてのわれわれの理解において、大きな空白部分を埋めると思われる。
・現実になった「シュレーディンガーの猫」! やはりこの世界はふたつの現実が重なっていた!
http://tocana.jp/2016/01/post_8476.html
先月23日、「Nature」に掲載された研究論文によると、ミクロの世界で起きている量子の「重ね合わせ」という状態が、われわれが認識できるレベルの大きさでも起きることが判明したようだ。

いろいろと、形が変わっていく2016年になるのか?

・アメリカの29の州の住民がアメリカからの独立を要求 (2014.3)
http://japanese.irib.ir/news/latest-news/item/44110-%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E3%81%AE%EF%BC%92%EF%BC%99%E3%81%AE%E5%B7%9E%E3%81%AE%E4%BD%8F%E6%B0%91%E3%81%8C%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E3%81%8B%E3%82%89%E3%81%AE%E7%8B%AC%E7%AB%8B%E3%82%92%E8%A6%81%E6%B1%82
・カタルーニャ州、スペインからの分離独立プロセス開始へ(2015.11)
http://jp.reuters.com/article/catalonia-vote-idJPKCN0SY1PR20151109

そして、また新たな独立問題が。。
何でこの時期、このタイミングでNHKまでもが報じるエンタメニュースが出てくるかな。
まだ確定してない状況らしいが、しばらくこのネタでメディアを賑わすのだろうな。


・SMAP消滅で業界混乱…29年目5人の衝撃的決断
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160113-00000029-nksports-ent
o0550030613539863028.jpg
その裏では、粛々と事態が進行しているようだ。
・米国の最大手投資銀行5行、原油価格下落と中国の生産低下で損失
http://jp.sputniknews.com/business/20160112/1427361.html#ixzz3x7jPI3qZ
・世界経済についての大ニュース:内部告発者は警告している。”通商は停止している。”
http://www12.plala.or.jp/gflservice/CommerceHasStopped160112.html
Monday, January 11, 2016
バルチックドライインデックスの崩壊はほとんどの者に無視され続けている。このほかにNetflixgaがあるからさ、と。しかし Dollar Vigilante'sのジェフ・バーウイックは世界の”真の”経済は停止している、と述べている。
先週、私は世界で富裕なシッピングファミリーの友人からニュースを受け取った。彼が言うには、船舶の運航チームが赤字なので、今現在外洋には船は運航されていない、とのことである。
今週末には全く同じことを述べているニュースが回覧されている。つまり、北太西洋ではほとんど、もしくは全く貨物船が運航されておらず、貨物船は碇を下して停泊している。動いておらず、荷は空である。これについてのレポートは以下に見られる。それによると、
”ヨーロッパと北米の間の取引は文字通り停止されている。北米とヨーロッパの間の北太西洋で運航中の貨物船はない、ゼロである。数百隻の貨物船は碇を下して外洋または港湾内で停泊している。何も動いていない。”
このようなことはいまだかつて起こったことはない。これは恐ろしい経済的兆候であり、通商が文字通り止まっている証拠である。

VesselFinder.comを調べてみると、世界中で貨物船はどこでも、一隻も運航されていないように見える。
MarineTraffic.comも調べてみたが、同じだった。貨物船は、一隻も運航されていない。
もし本当なら、これは世界貿易にとって破滅的である。真実ではないとしても、別の指標では、貨物船はほとんど死んでいる。バルティックドライインデックス(BDIY)は、海洋経由の主要原料の移動価格を示すが、先月はさらに低下し、特に先週には大幅に低下した。今日はBDIYは415にまで低下した。
工場は購入せず、小売り業は在庫を増していない。米国の在庫対売り上げ比率はこれに関する指標である。この比率が高かったのは、2008年の大不況の時だった。
ヘイ、ミズ・イエレン(FRB理事長)、どうやって回復させるんだ?経済は急速に水面下に沈降しつつあるんだぞ!
嵐は実際、しばらくの間発達しつつある。遠くない以前に世界の自動車製造業者は、自動車が売れず、世界中で出荷が行われていないと悲鳴を上げていた。

ZeroHedgeは、以下のように報道している:
”過去数年の間に、この報道で詳細に述べられていたことは、需要の停滞と末端消費者売り上げの低下をごまかす手品の氾濫だった。これは特に米国の自動車メーカーによって利用され、ジェネラルモータースは特に罪が重く、ディーラー在庫が記録的に積み上がっていた。”
世界経済は深刻なトラブルに陥っているように思われる。繁栄は印刷して作れるものではない。あなた方が行っていることは経済に穴を掘っていることだ。経済は乾ききっている。遅かれ早かれ、経済は空っぽになり、危機と混沌がやってくるだろう。
中国が在庫の爆発を封じ込めようとして躍起になっているのは、偶然ではない。報告では、銀行は米ドルの購入を禁じられ、数多くの中国の億万長者が行方不明になっていると言われている。月曜日には市場が開いたが、また再び大きく価格を失っている。

The Dollar Vigilante には世界経済の崩壊の現実について特集を組んだが、主流メディアの嘘を信じてはならないのは、このためなのだ。
しばらくの間、この出荷の物語に注目していてほしい。これは本当であり、世界の出荷が絶望的に底をついている。スーパーマーケットの棚が空になるまでにはそう時間はかからないだろう。
商品とサービスの供給停止、特に最も大きい問題は食品で、2008年の大不況の時にこれが起こりそうになった。出荷企業が商品の受け取り手の銀行信用に問題がないかどうか確認するためにほぼ3日間、船積みが停止された。
この危機は大量の紙幣印刷によって回避された。これは刑の執行の一時停止で、タイタニックからコーヒーカップで水を汲みだして、沈没させないようにするようなものだ。しかし、2016年にはもっと大規模な事態になるかもしれない。
船長は船出が安全かどうか、天候を見極める。投資家は経済天候を同じように見極める。
しかし、我々は非常に大きい嵐の中に向けてすでに船出をしてしまっているのだ。
・オバマ大統領、最後の一般教書演説 「明るい未来」を強調
http://www.cnn.co.jp/usa/35076155.html?tag=cbox;usa
オバマ氏は冒頭で「最後となる今回は今年1年だけでなく、5年、10年、さらにその先へ目を向けたい。我々の未来に注目したい」と述べ、「我々は大きな変化の時代に生きている」と指摘した。
o0500034013531740782.jpg

Tag:アラフォーママの日記  comment:0 

生きる力 ゲンマイ
見出し
2016年1月1日 新年を迎え、日本に生まれた幸せをかみしめ、日本人で有る事の誇りを持ち、 生きる喜びを持ち続けたいと願いました。
カレンダー

カテゴリ
新鮮な野菜と果物・ゲンマイそしてPCの山暮らしです
2011・2012この凄まじい年を生きている。幻想の世界が終り2013より今現在考えの及ばない 世界に入ると云われている。*私達の力がどれ程強いか、自己主権を持った者であり自由であるそれが現実です。意識が自由になって初めてそれが外に現れると。本当の自分を思い出す時が来た(ジョージ・カヴァシラス)