【葛城奈海・海幸山幸の詩 #15】麻あって日本あり~人生に欠かせなかった麻文化[桜H28/7/20]

【葛城奈海・海幸山幸の詩 #15】麻あって日本あり~人生に欠かせなかった麻文化[桜H28/7/20]

2016/07/20 に公開

Tag:麻*中山康直*医療大麻  comment:0 

2014年 ケンタッキー州ではタバコ農地から「産業ヘンプ農地」へ/元タバコ農地で 水やり・施肥を一度も行うことなく迎えた収穫

新・ほんとうがいちばん より【転載】
14・10・5ほ
2014年 ケンタッキー州ではタバコ農地から「産業ヘンプ農地」へ/元タバコ農地で 水やり・施肥を一度も行うことなく迎えた収穫
2014/11/05
drying-photos2.jpg
転載元:ASAFUKUさんのブログより
2014/8/29
【続報】ケンタッキー州 タバコ農地から産業ヘンプ農地へ

当ブログでは以前からケンタッキー州の5つのヘンプ試験栽培プロジェクトについてご紹介してきました。
関連記事一覧はこちら
その中の「ケンタッキー州東部でヘンプ栽培プロジェクト*1」が、つい先日、収穫を迎えたとのニュースが舞い込んできましたのでご紹介します。

なんと2ヶ月で収穫!4メートル以上に!さらに驚くことに…
ABC系列の地元ニュースによると、今回のヘンプ栽培プロジェクトは、今後のヘンプ栽培にもつながるような、非常に幸先のよいスタートとなったようです。
プロジェクトに参加した農家のマイク・ルイスさんは、想像以上のヘンプの成長力に特に驚いたようです。
DEA(麻薬取締局)・税関がヘンプ種子の輸入を妨害した」ことによって種まきの時期が2週間ほど遅れてしまったにもかかわらず、なんと、たったの60日間で高さ約4m(14フィート)ほどにまで成長したというのです。

さらに驚くのは、天候にも恵まれたおかけで、なんと
水やり・施肥を一度も行うことなく収穫を迎えることできたということです。
drying-photos2.jpg
ケンタッキー州に戻ってきたヘンプ栽培
元タバコ農地で栽培に挑戦した
たばこ農地から麻農地へ
既に過去のブログ記事でもお伝えしてきたように、ケンタッキー州は葉タバコの大産地であるのですが、世界的な嫌煙ムードによるタバコ需要の減少もあり、「産業ヘンプ」栽培への切り替えることを大きな狙っています。州の官民学一体となって今回のプロジェクトをここまで推し進めてきました。
今回、マイクさんがヘンプを栽培した今回の農地は元々タバコ栽培農地だったとのことで、タバコ栽培からヘンプ栽培への切り替えは難しくないようです。(もちろん、ケンタッキー州は戦後までヘンプの大産地でしたから、当然といえば当然です。)
マイクさんは今回の大成功を通して、ケンタッキー州でのヘンプ栽培は確実に広がっていくと確信しており、タバコ農家がヘンプ栽培に切り替え、土地を守りながら十分な収入を得ていくことができるだろう、としています。
別のニュース記事によると、マイクさんは今後、ヘンプの二期作(一年間で同じ作物を同じ耕地で2度栽培する事)に挑戦する予定だそうです。こちらも続報が気になりますね。
(中略)
参考記事
abc 36 http://www.wtvq.com/content/localnews/story/Progress-Report-Hemp-Is-Looking-Good/zl8NkfOeD0aZQjOkzmj0tg.cspx
wlky.com http://www.wtvq.com/content/localnews/story/Progress-Report-Hemp-Is-Looking-Good/d/story/zl8NkfOeD0aZQjOkzmj0tg
(転載終了)

Tag:麻*中山康直*医療大麻  comment:0 

ヘンプがスーパー蓄電装置に!?「ヘンプ炭素シート」がつなぐ明るい未来

新・ほんとうがいちばん より【転載】
14・10・5ほ
ヘンプがスーパー蓄電装置に!?「ヘンプ炭素シート」がつなぐ明るい未来
2014/11/05
転載元:ASAFUKUさんのブログさんより
ヘンプがスーパー蓄電装置に!?「ヘンプ炭素シート」がつなぐ明るい未来
65265627_c0074961-graphene-spl.jpg
近い将来、『ヘンプの蓄電装置(≒バッテリー)』を積んだ携帯電話や電気自動車が世の中で活躍する日がくるかもしれません。。。
BBCニュースから、超高性能バッテリー「スーパーキャパシタ」の重要な材料である「グラフェン」よりも「ヘンプ繊維」のほうが優れているかもしれないというニュース記事が飛び込んでまいりました。

Hemp fibres ‘better than graphene’(BBCニュース)
聞きなれない言葉が多数並んでおりますが、『これはスゴイことに違いない!』と思い、当方でがんばって調べた内容をご紹介します。詳しい方がいらっしゃいましたら、補足(誤りあれば指摘)いただけますと嬉しいです。

●スーパーキャパシタとは?
スーパーキャパシタ-281x300
マツダ車に利用される スーパーキャパシタ
まずは、「スーパーキャパシタ」については以下をご覧ください。
急速な充電・放電が可能。
充放電を何度繰り返しても、ほとんど劣化しない。(リチウムイオン電池は数千回程度で劣化)
既に、電気自動車・ハイブリッドカーなどの「回生ブレーキ(詳細記事はコチラ)」の充放電に利用されている。
(詳細記事:10秒チャージで電装品が1分以上動く、新型「アテンザ」搭載の「i-ELOOP」
また、スーパーキャパシタは重金属を使用しないため環境への負荷が少なく、資源枯渇の心配もないことも注目される理由に挙げられます。(詳細記事:「炭素とアルミと塩水でも作ることができる」


●スーパーキャパシタ の課題は?
この素晴らしい「スーパーキャパシタ」ですが、デメリットもあります。大きな課題がこの2つ。
A.蓄電量が少ない
B.高い
これらを象徴する分かりやすい事例として、『一般的なスマートフォンに使われている3.7V・2,000mAhのバッテリーをスーパーキャパシタで再現するとどうなるのか?』を検証した記事があります。
30秒で電池を充電できる?「スーパーキャパシタ@25,000円」
なんと! 45万円必要との結果が..!!
とにもかくにも、蓄電量を増やしつつリーズナブルな価格にしていくことが要求されている訳です。

●グラフェンとは?
現行の「スーパーキャパシタ」の性能には、「グラフェン」という素材が鍵を握っています。
graphen_thebest1.jpg
スーパーキャパシターにはグラフェンを用いる
(転載)グラフェンスーパーキャパシター(独立行政法人物質・材料研究機構)

「グラフェン」とは、原子レベルの薄さで結合した非常に薄い炭素のシートのことです。グラフェンは「次世代ディスプレイ・半導体・太陽電池」などに応用できる夢の素材とまで期待され、世界中で研究が行われています。
65265627_c0074961-graphene-spl.jpg
「グラフェン」のイメージ図(丸いのが炭素原子)
このグラフェン、なんと鉛筆の芯の材料(黒鉛)からつくれるそうです。
graphane_pencil-300x253.jpg
グラフェンは鉛筆から
(転載元)炭素原子が1原子厚さで蜂の巣状に結合した構造
炭素1つから構成されます。ちなみに、炭素1つのサイズは1000万分の3メートル((≒0.3nm:ナノメートル))だそうです。
『グラフェンの科学(静岡大学名誉教授 相原 惇一著)』よりグラフェンのメリットを以下のとおり引用させていただきます。
*************************************************************:
(1)現在知られている物質のなかで,室温の電気伝導度と熱伝導度が最大である。電子の移動度が最も大きい物質の1つで,電子移動に伴うエネルギーの損失がごくわずかであるので,配線材料や放熱材料として最適である。
(2)現在知られている物質の中で最も軽く,最も丈夫な物質である。同じ厚さの鉄のシートに比べて約 100 倍もの強度があり,1m2 のグラフェンシート(0.77 mg)でハンモックをつくれば,約4kg のネコを支えられる勘定になる。
また,適当なプラスチックにグラフェンを混入すると,強度の大きな導電性プラスチックが製作できる。
(3)単層グラフェンは,可視光に対してほぼ透明(透過度 98%)なので,液晶パネル,タッチパネルなどの透明電極として利用できる。
(4)半導体グラフェンは,シリコン(ケイ素)をしのぐチャネル(電子の通路)材料として,超高速トランジスタや高密度集積回路の製作に利用でき,すでにいくつかの試作品も報告されている。
*************************************************************:
このグラフェンは2004年に発見され、発見者のガイム氏、ノボセロフ氏は2010年にノーベル物理学賞を受賞しています。
グラフェンの層(枚数)を増やし・表面積を広くすることが、より蓄電量を増やしていくのにポイントとなるそうです。
graphene_image2.jpg
グラフェン層・イメージ
●「ヘンプ」から高性能なグラフェン状のシートの開発に成功!
そんな中、カナダのアルバータ州立大学の研究グループが、ヘンプ産業の廃棄物を利用し、ヘンプ繊維からグラフェン状の炭素シートを作ることに成功したそうです。
そのつくり方はこうです。(非常にざっくりですが)
hemp_tukurikata.jpg
ヘンプ炭素シートの製造法
ヘンプ繊維を24時間にわたって180度の熱水に浸し水の中で圧力を加える。ヘミセルロースとリグニンを取り除くようです。そして、水酸化カリウムに晒して「炭素シート(10~30nm厚の無数に穴が空いた炭素シート)」を作り出す。
(参考)
Who Needs Graphene? Canadian Engineers Are Making Nanomaterials From Hemp
Hemp-derived carbon nanosheets help build cheap, high-performance supercapacitors
こうしてつくったヘンプ炭素シートをグラフェンの代替としてスーパーキャパシタに利用。その性能が通常のグラフェンとほぼ同等との試験結果が出たので、大きなニュースになった訳です。
たしかに!! この技術が商用化されれば凄まじいインパクトがあります!!!

●なぜヘンプ繊維が良かったのか?
ただ、この「ヘンプ炭素シート」は、必ずしも「グラフェン」と同じような分子構造にはならず、しわくちゃで穴が不規則な形状になるようです。
graphane_bunshi-300x212.jpg
グラフェンの分子構造
graphene.jpg
ヘンプ炭素シート
ただ、この形状が、逆にスーパーキャパシタ最大のデメリットである、蓄電容量を増やすことに貢献できるかもしれない。つまり、シートを重ねた時に各層が密着することを防ぎ、表面積を広くすることにつながるかもしれない、と。(表面積が広いほど蓄電量が増えるため)

●ヘンプ繊維(生)の多孔質性とグラフェンの原子分子サイズを較べてみる
下図はヘンプ繊維の拡大写真です。
hemp_kakudai.jpg
ヘンプ繊維(縮尺線(2μm)の 6666分の1が炭素原子サイズ)
粒上になっているのは、無数の穴です。この穴がたくさん空いていることを「多孔質性」と呼びます。
ヘンプは、植物の中でも最高レベルに多孔質性に優れています。
2μm縮尺線をご覧ください。髪の毛が80~200μmなので、その30~40分の1の細さになります。2μm線で 100万分の1メートル。1μm=1000nm(ナノメートル)なので、2μmは2000nm。グラフィンの炭素原子1つが約0.3nmなので、2μm線の6666分の1のサイズが炭素原子1つの大きさになります。
んーん、この写真ではわかりませんね。。。ただ、生の繊維状態で、これだけの多孔質性を誇っています。しかるべく加工すればたしかに可能性はありそうです。

●明るい麻の未来も待っている
この技術では通常廃棄されるヘンプの繊維・靭皮の屑などを利用できるそうなので、非常に安価に、また無尽蔵に製造できる日がくるかもしれません
グラフェンを使用したスーパーキャパシタは非常に高価で蓄電量も少ないですが、今回のこの研究結果(=ヘンプ炭素シート)によって、高性能スーパーキャパシタが安価に製造できる可能性が生まれました。ヘンプ業界にとっても更なる大きな未来ができたといえましょう。
この動向に目が離せません。
(転載終了)

Tag:麻*中山康直*医療大麻  comment:0 

NY州知事、医療用マリフアナ合法化の方針発表(報道)

ほんとうがいちばん より【転載】
7・10S3 
NY州知事、医療用マリフアナ合法化の方針発表(報道)
<< 作成日時 : 2014/01/09 16:43 >>

画像
AFP BB News|2014年01月09日 10:38 発信地:ニューヨーク/米国より引用

NY州知事、医療用マリフアナ合法化の方針発表
【1月9日 AFP】米ニューヨーク(New York)州のアンドリュー・クオモ(Andrew Cuomo)知事(56)は8日、州内での医療用マリフアナの利用を認可する方針を発表した。実現すれば、同州は米国で医療用マリフアナが認められる21番目の州となる。

これまで医療用マリフアナの導入に反対してきた民主党所属の同知事だが、州内の病院20か所までに限定し、試験的なプログラムとして医療用マリフアナの処方を認める考えを明らかにした。

知事は、嗜好(しこう)用として違法に、しかし幅広く利用されているマリフアナが「がんなどの重病患者の疼痛管理と治療を助け得る」ことが研究によって示されていると指摘。「医療用マリフアナの使用に関する体制の実現性評価によってその有効性を判断するため、プログラムを監視していく」と説明した。

同州での医療用マリフアナの合法化はこれまでに4度にわたり、州議会の支持を得られず頓挫しているため、クオモ知事は行政命令で医療用マリフアナ合法化を進めるとみられる。なお、知事は昨年、15グラムまでのマリフアナ所持の合法化についても支持する考えを示している。(c)AFP
(引用終了)
画像 
大麻を正しく考える国民会議より引用
動画で見る医療大麻
医療大麻で末期ガンを克服

合法で大麻栽培を行っている、メディカルカンナビスインフォメーションセンター。
再生中に右下の長方形のアイコン(歯車マークの左)をクリックすると日本語訳の字幕を表示させることができます。

■米コロラド州 元旦にマリファナ販売合法化-1年で約6700万ドル税金収入見込み、資金はまず学校建設へ
<<作成日時 : 2014/01/07 21:01
http://mizu888.at.webry.info/201401/article_26.html
画像
Photo: EPA

Tag:麻*中山康直*医療大麻  comment:0 

2012/09/27 宇宙会議Vol.2 中山康直@宇宙☆食堂 (2:04:13)* 宇宙放送局 宇宙語メッセージ 宇宙巫女・神代&マナカ(中山康直)*宇宙語メッセージ 宇宙巫女・神代さん

日曜日はゆっくり動画をご覧下さい (管理人)
4・6S4


2012/09/27 宇宙会議Vol.2 中山康直@宇宙☆食堂 (2:04:13)

公開日: 2012/11/20

宇宙放送局 宇宙語メッセージ 宇宙巫女・神代&マナカ(中山康直)

公開日: 2012/07/22

宇宙語メッセージ 宇宙巫女・神代さん

アップロード日: 2011/05/15

Tag:麻*中山康直*医療大麻  comment:1 

麻 アサ/ヘンプの生産制限は大企業既得利益を脅かすため 

麻 アサ/ヘンプの生産制限は大企業既得利益を脅かすため #keizai

公開日: 2013/03/26
★2013年5月29日鳥取で大麻栽培が復活
http://tenkataihei.xxxblog.jp/archive...

Tag:麻*中山康直*医療大麻  comment:0 

合法で大麻栽培 - Selling Weed Legally

合法で大麻栽培 - Selling Weed Legally

公開日: 2013/01/15
VICEは、カリフォルニアにあるアザーサイドファームズを訪問。隠されたドアの向こ­う側には、なんと栽培中の大量マリファナが......。ここの社長、チャドの熱心な­話に耳を傾けてみよう。
We went to Otherside farms, one of California's premier medical marijuana shops. They showed us how they use pot to help patients cope with serious illnesses the natural way, all while dodging the feds.
VICEチャンネル登録: http://www.youtube.com/subscription_c...
VICEビデオ・リスト: http://www.youtube.com/user/VICEjpch/...
公式ウェブサイト: http://vice.com/jp
Facebook: http://fb.com/vice
Twitter: https://twitter.com/VICEJapan

Tag:麻*中山康直*医療大麻  comment:0 

大麻栽培者免許証をわずか55日間で取得

天下泰平 より【転載】
http://tenkataihei.xxxblog.jp/archives/51861240.html

大麻栽培者免許証をわずか55日間で取得

001
※大麻栽培者免許証を55日間のスピード取得をした上野俊彦さん(右)

 ちょっと前に【鳥取で大麻栽培が復活】という記事でご紹介しましたが、鳥取県に移住をされた上野俊彦さん(33歳)という方が、大麻栽培者免許証を新規で取得したことが話題となりました。

一方で、難関である大麻栽培者免許証をどのようにして取得、それも移住者としての立場でといった点が不明なままとなっていましたが、以下のネットラジオ「旅をする種」のインタビューによって、その辺の事情が明らかになっていたのでご紹介しておきます。

ネットラジオ「旅をする種」のインタビューはこちら

要点を簡単にまとめると、上野さんが鳥取県へと移住をしたのは、どうやら東日本大震災以降であり、それまでは群馬県の農場で麻栽培などの仕事に携わっていたようです。
しかし、2011年3月11日に東日本大震災が発生し、その後の原発事故によって大きく人生の方向性が変わったようです。
福島原発で爆発が発生した直後、その群馬県の農場長が持っていたガイガーカウンターのメーターが振り切れてしまうという事態が発生したようで、当時、まだ上野さんの子どもは1歳だったこともあり、震災から4日目の2011年3月15日には地元である関西へと一時避難をされたようです。

そこでしばらくは福島原発や群馬の放射能の状態も静観していたようですが、結局収まる様子もないため、そこから新天地を探すことに気持ちを切り替えたそうです。
群馬の農場には、まだ働いて1年ほどであり、これから麻の勉強と活動を本格的に始める矢先のことだったので、後ろ髪をひかれる気持ちもあったようですが、子どもの安全を考えると迷いはなかったと。
当初は、和歌山や徳島に移住先を探していたようですが、たまたま鳥取県の智頭町に子どもの環境に良さそうな幼稚園があることを知って智頭町に訪れると、思いの外、その町自体を家族で気に入ってしまい、最終的にそこへと移住先を決めたようです。
それから1年も経たないうちに、突如大麻の話が周囲から舞い込んで来て、気づけば大麻栽培者免許証を取得したそうです。それも県庁の窓口にプレゼンをしてから、55日に取得許可を得たという超スピード取得です。

その最初のきっかけを与えたのは、移住した地域の集落の長老(88歳)の方であったそうです。
ある日、その長老と山の中で話をしていたら、昔に地元の人々が、ここで大麻の栽培をして生活の様々な場面で活用していたと聞き、そこで以前に自分自身も麻免許のある方のもとで大麻に関わって働いていたことを話したら、「それなら、ここでやりなさい」という展開になったそうです。
しかし、その長老は現在の麻栽培の事情などは一切知らないので、上野さんが詳しく免許の必要性の話などをしたところ、「では、まずは免許をとろう」という方向性へと向かったようです。

長老は、上野さんが県庁の窓口に提案に行く前に、過去にこの地域で大麻がどのように活用されていたか、いかに大麻が重要な植物であるかなどを書いた直筆の手紙を持たせ、また、上野さんも地元の神社に出向き、宮司さん達から大麻の必要性などの証言を得て、それらに加えて海外での大麻の産業実績や大麻の真実の情報をまとめて県庁の窓口へと提案したそうです。
当初、窓口の人は、「大麻=麻薬」という認識を持っていたそうですが、そういった昔に実際に大麻を活用していた地元の人々の声や海外の真実の情報などを知ると「あっ、そうなんですか?」と反応が変わったようで、その件についてインタビューでも上野さんは「窓口の人も正しい情報を知ることで態度が変わる可能性が十分あることがポイントです」と強調しています。

そして、一度目の提案時には「大麻の免許など簡単にとれるものではないですよ」と窓口の方は断固厳しい反応だったようですが、二度目は「監視カメラや柵などを準備しなければいけないですが、その辺りは心得ていますか?」と態度が少し変わってきて、三度目の協議の際には「免許を出すので、必要な準備をしておいて下さい」という話になったそうです。
このようにして、2013年3月5日に最初のプレゼンをして、4月30日に正式に許可の電話が入り、5月2日には実際に免許が届くという、超スピード免許取得が実現したようです。

この嘘のような本当の夢物語は、まさに天の導きを感じさせる特殊な事例のようにも感じますが、ただ、いくつか重要なポイントを我々にも残してくれていると思います。
まず、当然ながら大麻栽培の免許が今でも十分に取れる可能性がるという点が第一ですが、それに加えて、取ろうと思えば2ヶ月以内に取得できることや移住者でも取得ができること、そして、何よりも窓口の方が正しい情報を知ることで、意外にも味方(?)にもなってくれるということです。

もちろん、今回のケースは、地元の支援や過去の実績といった部分が大きく免許取得の可否に影響を及ぼしていたこともあるのかもしれませんが、それでも実際に申請を出すという行動を起こすことで、行政の人々にも大麻に関する正しい情報が伝わり、それがきっかけで思わぬ展開へと発展する可能性があるように思えます。
ここ数年、気づいた人々の間では大麻の重要性は急速に広まり、日本での大麻栽培の復活を願う人々の数は年々増えていますが、そこから次のステップへと進むためには、やはり願うだけでなく、実際に行動に移すということが最も重要であると思います。

誰かがやってくれる、国や法律もいずれは変わってくれると願っているだけでは、この国も自分自身も変わらず、例え規制緩和などが今後起こったとしても、いつまでも他人任せのスタンスでいる限りは、いざという時にも何かしらの理由をつけて実際には動けないものです。
これは大麻のことに限らず、何ごとに共通することで、自分の環境や現実、未来を変えるのは自分自身であり、頭であれこれ考えているうちは何も変わらず、まずは行動に移すことが最も大切だと思います。
もちろん自分自身がそれを完全に出来ているとはいえないので、自分で言っておきながら耳が痛い点もあるのですが、いずれにしても、今回の上野さんのサクセスストーリーは、すべては自分の信じた決断によって行動を移したところから始まっており、このスタンスは改めて刺激になりました。

とはいえ、まだまだ始まりという段階であるとも思うので、今後の上野さんのご活躍を期待するのと、支援できることは全面的に支援しながら、自分自身も行動に移していきたいと思います。
それにしても、3月15日に放射能の危険性と子どもの安全性を考えた上で避難したというのは、まったく同じ動機とタイミングであり、そして、そのまま移住をするというのは面白い共通点だと思いました。上野さんも子どもの導きがあったのかもしれませんね。

Tag:麻*中山康直*医療大麻  comment:0 

NHKで大麻草栽培を報道 2013年06月18日08:11

天下泰平 より【転載】
http://tenkataihei.xxxblog.jp/archives/51861423.html

NHKで大麻草栽培を報道 2013年06月18日08:11

31 

大麻草栽培 智頭町で復活(NHK 鳥取県のニュース)
(すでに元記事(リンク先)は削除されているようです)06月20日
============================
戦前は主要な農作物として全国で栽培されていながら、現在は規制されている大麻草の栽培を復活させて、茎や種子を衣服やみその原料に活用しようという取り組みが、智頭町で始まりました。

59
大麻草は、戦前は主要な農作物の1つとして全国で栽培されていましたが、麻薬として使われるおそれがあるため、現在は栽培が規制されています。

25
去年、群馬県から智頭町に移り住んできた上野俊彦さんから、大麻草の栽培を復活させて、茎からとれる繊維で神事の道具や服を作ったり、種子でみそを作ってはどうかとの提案があり、県が審査した結果、ことし4月に上野さんに栽培者の免許が与えられました。

02
大麻草は、智頭町八河谷の2000平方メートル余りの畑で、産業用に開発された有害成分の少ない品種が育てられ、10月中には種子を収穫してみそ作りの原料の一部に活用されるということです。

14
智頭町では、大麻草の栽培を町民に周知するとともに、活用法を検討するなどして支援していくことにしています。

39
県医療指導課によりますと、一般の農家が大麻草を栽培するケースは、中国地方では近年、みられないということです。

03
大麻草を栽培する上野俊彦さんは「大麻草は悪いものという偏見を払拭(ふっしょく)し、さまざまな活用法があることを知ってもらいたい」と話していました。(転載終了)

============================
 前回の大麻話の続きになりますが、鳥取県のNHKでも、ついに大麻栽培者免許証を取得した上野さんのことが紹介されていたようです。

今まで大麻がNHKのニュースで取り上げられているとしたら、違法に大麻草をベランダなどで栽培していたとか、芸能人や有名人が大麻草を吸引していたなどと、どちらかといえば麻薬としてのネガティブな報道が多かったと思いますが、今回は産業用大麻の可能性についてをしっかりと打ち出したポジティブな報道でした。
鳥取県の行政もそうですが、NHKを始めとしたメディアも少しずつ地方を中心に変化が訪れているのかもしれません。

いずれにしても、やはり表のメディアの影響、特にNHKの持つ国民への影響力は計り知れないものが未だにありますので、是非とも今後も真実の情報を多く報道して欲しいと思います。
そのためにも、我々も行動をし、真実の報道が出来るネタを多く生み出していくことも大事だと思いました。

23
※大麻草オイルは、ガンの特効薬
ところで、先日に知人から教えて頂いた話ですが、どうやら大麻に関しては、まだまだ本当の意味での真実の情報や力というのは封印されているようです。
冒頭のニュースでもあるように、現在日本で栽培が許可されているのは「有害成分の少ない品種」に限定されており、いわゆる幻覚成分である「THC」が少ない品種だけが栽培可能な大麻となっています。

しかし、海外では、この大麻にとってのタブーである「THC」がまったく別の形で使用されていることが注目されており、どうやらこの「THC」には、ガンを中心とした、あらゆる病気を治癒する驚きの効果が認められているようです。

これについてカナダ人の「リック・シンプソン」という人物が、自らが大麻を使って皮膚ガンを4日で完治させたり、その驚異的な治癒効果や医療用大麻の可能性についてをまとめた動画があるので、以下に紹介しておきます。

RUN FROM THE CURE - Full Version(英語)



「RUN FROM THE CURE - Full Version」は、そういった大麻情報のドキュメンタリー映画ですが、今は日本語訳がないので、英語がわかる人は是非ご覧ください。

癌を治療する大麻油~リック・シンプソンと証言(日本語訳)



「癌を治療する大麻油~リック・シンプソンと証言」は、また上記のドキュメンタリー映画とは別のものですが、これだけでも十分に医療用大麻についての詳細がわかりますので、こちらは日本語訳があるので是非一度ご覧下さい。

この医療用大麻で使われているのは、いわゆる「大麻油」と呼ばれているものであり、これは今まで紹介してきた「麻の実オイル」とはまったく別のもので、産業用大麻とは違う「THC」の入った大麻草から抽出したオイルです。

実は、大麻の中で最もタブーとして規制をされている幻覚作用の「THC」にこそ本当に大麻を封印しなければならない秘密が隠されているようで、これが全面的に医療に使用されると、今の医療業界は崩壊してしまうほどの驚異的な治癒効果があるようです。
特に「THC」は、ガン細胞の増殖を抑える効果が高く、ガンの治療には劇的な実績をあげているようです。
とはいえ、まだ日本でもしっかりとした臨床データをとらないと何ともいえませんが、もしこれが真実であれば、大麻の今後の可能性はさらに広がり、また一方で日本での本当の大麻の封印が解けるには、免許の部分だけでなく、栽培する品種の部分も今後の課題になってきます。

そういった意味でも、まだまだ「日本の麻開き」までの道のりは長いですが、一方でますます大麻の封印が解ける時の楽しみが増えてきました。

Tag:麻*中山康直*医療大麻  comment:0 

3・4/4 新産業:大麻プロジェクト:講演『日本人が大人になる時』武田邦彦 教授

3/4 新産業:大麻プロジェクト:講演『日本人が大人になる時』武田邦彦 教授

アップロード日: 2011/12/03
新産業創出シンポジウム  産業用 大麻 の可能性を探る 
『日本人が大人になる時』 武田邦彦 教授 (中部大学) 講演 3/4
産業クラスター研究会オホーツク 大麻 プロジェクト 提供
北海道 北見 麻プロジェクト 製作
2009年2月24日

4/4 新産業:大麻プロジェクト:講演『日本人が大人になる時』武田邦彦 教授



1/4 http://www.youtube.com/watch?v=lJ6omK...
2/4 http://www.youtube.com/watch?v=Mzea3l...

Tag:麻*中山康直*医療大麻  comment:0 

生きる力 ゲンマイ
見出し
2016年1月1日 新年を迎え、日本に生まれた幸せをかみしめ、日本人で有る事の誇りを持ち、 生きる喜びを持ち続けたいと願いました。
カレンダー

カテゴリ
新鮮な野菜と果物・ゲンマイそしてPCの山暮らしです
2011・2012この凄まじい年を生きている。幻想の世界が終り2013より今現在考えの及ばない 世界に入ると云われている。*私達の力がどれ程強いか、自己主権を持った者であり自由であるそれが現実です。意識が自由になって初めてそれが外に現れると。本当の自分を思い出す時が来た(ジョージ・カヴァシラス)