ハリー山科_これが一厘の仕組み

ハリー山科_これが一厘の仕組み

2015/06/18 に公開

Tag:神一厘の仕組み*ハリー山科  comment:0 

ハリー山科_一厘の秘密

ハリー山科_一厘の秘密

2015/06/29 に公開.

Tag:神一厘の仕組み*ハリー山科  comment:0 

宇宙エネルギーについて学ぼう!

神一厘の仕組み より【転載】
11・2・S
宇宙エネルギーについて学ぼう!
2013-10-24

現在、光の勢力の拡大に伴って、水面下でNESARA発布に向けての改革が着々と進んでいるように思います。スイスでは、ベーシックインカムの導入とともに、豊穣化資金の分配が始まっているそうです。これまで、一握りの権力者たちだけが握っていた富が、豊穣化資金として世界中の人たちに分配されることを期待します。

「自分さえ良ければ他者はどうでもよい」という「エゴ」に基づいた世界観から、「分かち合い」と「利他」に基づいた世界観へとシフトしています。この動きに伴って、これまでの古い「人工ピラミッド社会」や「弱肉強食型金融システム」が一変するとともに、世界中の貧困問題が解決されることになるはずです。(まぁ完全に行き渡るまでには、数十年の時間が必要になるかもしれません。)

今まで知らないうちに人々がお金の奴隷にされ、苦しんできた弱肉強食(弱い者いじめ)の世の中が終わり、弱者救済、貧富の差のない世界が実現していきます。さらには、フリーエネルギーや反重力などの宇宙テクノロジーが公開されることになれば、人々の暮らしが益々豊かになっていくことでしょう。

これらの高度な技術を、戦争利用ではなく、正しい目的のために使いこなすためには、私たちの意識レベルをさらに向上させていかなくてはなりません。戦争が生み出される背景には、他者への恐怖心と猜疑心があります。これからはそうではなく、愛と思いやりの波動を出していきましょう。

皆がワンネスの意識に目覚めることができれば、恐怖心などのネガティブな感情を払拭することができると思います。そうすれば、おのずと核兵器をはじめとするすべての武器が廃棄されることになり、ゆくゆくは世界平和を実現させることができるのです。

さて、その後は本格的な宇宙時代の幕開けとなります。ディスクロージャー(宇宙情報の開示)が公式に行われ、宇宙ファミリーとのファーストコンタクトも行われあとは、宇宙ファミリーとの正式な交流が始まることでしょう。

そのためには、宇宙人への恐怖心を払拭し、地球に飛来してきている宇宙人は、地球人に対して極めて友好的な存在であるという正しい認識を身に付ける必要があります。あるいは、宇宙法則についても学んでいかなくてはなりません。

すなわち、私たち人類の意識レベルを、物質次元の3次元レベルから、宇宙レベルの5次元レベルへと昇華させていく必要があるのです。目に見えない世界である多次元世界への理解を、より一層深めていく必要があると言えるのです。
           宇宙構造
        【宇宙の構造】 (深野一幸著 『宇宙エネルギーの超革命』より)
この図は、「宇宙の構造」を表しています。まず、下位の円は、私たちが住む「物質世界(現象界)」を表しています。この世界は変化や葛藤が多いことが特徴であり、幼い魂やひねくれた魂、あるいは、それらの幼い魂を救いながら、自分自身も学びを得るために転生してきた魂など、さまざまです。低次の魂から高次の魂まで、あらゆる魂が混在している世界と言えるのです。もちろん、目的は人間性(霊格)を向上させるための場として作られました。物質世界とは、人間の欲望を満たすための場ではなく、魂修行のための学校なのです。

なお、幼い魂の特徴として、「プライドが高く怒りやすい」、あるいは「知恵よりも知識を重視する」という点が挙げられます。知恵とは神様から送られてくるインスピレーションなのであり、自分自身が神の子であるという自覚がない人には、優れた知恵を授かることはありません。

もちろん、知識を得ることも重要ですが、それよりも重要なのが知恵の方なのです。現代社会の本質とは、知恵のある人を軽んじ、知識人間だけを重視した、「行き過ぎた学歴社会」のなれの果てと言えるかもしれません。

さて、話を戻したいと思います。物質世界の上位に位置しているのが「多次元世界(実在界)」です。すでに、地球は5次元に突入し始めたとも言われています。よって、現在の多次元世界は、6次元以上が相当してくるのかもしれません。

この世界は波動の世界であり、下層の世界は波動が粗く、低周波の波動を放つ世界です。一方、上位の世界に行けば行くほど、波動が微細になり、高周波数を放つ世界となります。多次元世界の構造とは、私たちの世界でも「類は友を呼ぶ」と言われる通り、似たレベルの魂たちが集まっている世界なのです。なお、高周波を放つ魂というのは、魂の純度が高いということであり、幼な子のような素直な心を持った魂のことです。

かつての神界戦争では、神界に住まう正神(龍神)に歯向かったレプティリアンが、最低次元である幽界に落とされたと言われています。このため、地球全体がレプティリアンからの低周波の波動に影響されてしまい、これまで戦争が絶えず、原発の恐怖に怯え続けなければならない、阿鼻叫喚社会を形成してきました。

これまでの地球社会では、レプティリアンたちの謀略によって、正神が悪神として封印され、逆にレプティリアンを正神に仕立て上げることによって、これまで人間たちを騙し続けてきました。人類の悲劇は、この時から始まっていたのです。しかし、今年をもって、多くの人がこのような洗脳から解放されたことでしょう。水面下では、「神観革命」が始まっているのです。

地球と人類の次元上昇とともに、幽界は消滅しつつあると言われていますが、これから私たちの集合意識としてネガティブな感情を克服し、意識レベルを向上させることができれば、幽界とともにレプティリアンも消滅するのです。

「己の心に巣くうてる悪の身魂が恐いぞ。」 (富士の巻・第七帖)

「そなたの心の中にいる獣(けだもの)、言向けねばならん。善きに導かねばならん。一生かかってもよいぞ。それが天国に行く鍵であるぞ。マコトの改心であるぞ。愛と、智慧が主の座におらねばならん。物は愛から生れるぞ。」 (黄金の巻・第八十六帖)


さて、多次元世界は、私たちの意識の世界とも直結している世界であり、本質の世界のことです。あるいは、「あの世」とも言われ、私たちが死んで霊魂になった後、向かう世界でもあります。
                   霊魂
この図は「人間の構造」を表しています。私たちが肉体の死を迎えた後は、肉体(右側)を脱ぎ捨て、霊魂(左側)の状態となり、「あの世(多次元世界)」へと帰っていきます。ゆくゆくは、私たちの大元の魂である「類魂」の下へと帰っていくことになります。

また、当ブログでも何度もお伝えしましたが、多次元世界には、無尽蔵の宇宙エネルギー(フリーエネルギー)が充満していることが分かっています。一例を挙げますと、磁石から発せられる「磁気エネルギー」が考えられます。磁石には、鉄などの鉱物を吸いつける力が備わっていると思います。この磁気エネルギーこそが、宇宙エネルギーでもあるのです。

あるいは、ヨガなどで行われる、ゆっくりとした呼吸法とイメージングを行うことで、「プラーナ」と呼ばれる宇宙エネルギーを体内に取り込むことができます。ヨガや腹式呼吸がチャクラの開発や健康に良いとされているのは、このためです。
                ヘミシンク
                  【ヘミシンク(内なるガイドにつながる)】
上記はヘミシンクの瞑想CDですが、ヘミシンクに限らず耳から高周波の音楽(宇宙エネルギー)を取り入れることによって、身体の健康や精神状態を改善できると言われています。

多次元世界の話に戻しますと、この世界には、宇宙の開闢(かいびゃく)以来から現在までの情報と、これからの未来の情報を記録した「アカシックレコード」と呼ばれるデータベースが存在しています。今後、私たちが変容を起こし、DNAが進化を遂げると、このアカシックレコードにアクセスすることができるようになります。

さらに、多次元世界の頂点には、「神」あるいは「創造主」と呼ばれる存在に行き着くことになります。この創造主は、「愛と調和」の波動によって存在しています。私たち一人ひとりの魂の奥深くでは、この創造主とも繋がっているのです。

創造主の目から見れば、すべての魂は兄弟なのであり、善人も悪人もありません。すべての魂は創造主の分け身魂なのであり、地上界で「悪」と呼ばれている魂だけが、進化の途上でプライドが芽生えてしまい、ひねくれてしまったというだけなのだと思います。

「人の心から悪を取り除かねば神に通じないぞと教えているが、それは段階の低い教えであるぞ。大道でないぞ。理屈のつくり出した神であるぞ。大神は大歓喜であるから悪をも抱き参らせているのであるぞ。抱き参らす人の心に、マコトの不動の天国くるぞ。抱き参らせれば、悪は悪ならずと申してあろうが。」 (秋の巻・第一帖)

今までの科学では、多次元世界のような目に見えない世界を完全に否定してきました。すなわち、物質世界という極めて狭い枠組みの中で発展してきたのが、現代科学なのです。

しかし、地球が5次元に突入し始めた現在、そのような古い秩序は、もはや終わったと言えます。これからは、従来の「物質科学」と「多次元科学」とを融合させた、「統合科学(あるいは宇宙科学)」が主流になってくるのです。この流れに伴って、今まで通用してきた科学の法則が、通用しなくなる場合も出てくるでしょう。これから科学界における「一大パラダイムシフト」が起こるのです。

さて、この宇宙エネルギーを活用すると、どのような効力があるのでしょうか?具体例を挙げて考えてみたいと思います。
・電気として利用 (フリーエネルギー)
・反重力
・放射能の無害化
・病気や精神病を治療
・動植物の成長を促進
・水の活性浄化
・周波数の上昇
・超能力の発現


宇宙エネルギーを活用すると、さまざまな働きが可能なのです。では次に、どのような物体から宇宙エネルギーが放出されているかを考えてみたいと思います。五芒星や六芒星などの図形からは、宇宙エネルギーが放出されていることが分かっています。
             ヤントラ

              ヤントラ
                    【ヤントラ】 (拝借元:「Naomi Angel」

ヤントラは、古代インドの時代に用いられてきました。あらゆる図形が組み合わさって出来ています。古代インド人は、図形がパワーを出すことを知っていたのです。なお、このような図形の付近に飲料水を置いておくと、宇宙エネルギーの影響で水が活性浄化し、甘みが出てきます。

次に、地球上に存在する天然の宇宙エネルギーを考えてみたいと思います。(深野一幸著 『地球文明の超革命』)


森林浴・・・樹木が宇宙エネルギーを放射しているので、健康によいとされています。身近に自然があれば、植物から放出されている宇宙エネルギーをもらうことができるので、健康にとてもよいのです。

温泉・・・地球の内部は宇宙エネルギーで満ちており、温泉には医療効果があることが知られています。温泉のお湯から作った「湯の華」なども、宇宙エネルギーで満ちています。

漢方薬・・・漢方薬は、あらゆる薬効のある薬草を組み合わせて作ります。じわじわ効いてくるのが漢方薬の特徴です。漢方薬に医薬としての効果があるのは、宇宙エネルギーが含まれているためです。

微生物・・・微生物は、極めて小さな生命体ではありますが、宇宙エネルギーを放出する力は強いと言われています。特に、発酵菌などの微生物は、それが強いと考えられています。発酵食品や乳酸菌が体によいとされているのはこのためです。放射能を無害化するほどの力も秘めています。

自然食品・・・現在の一般栽培で作られた穀物や野菜は、農薬や化学肥料が使われているため、極めて宇宙エネルギーが乏しい食品になっています。さらに、それらの穀物や野菜に農薬が残留し、人間の体内に蓄積されてしまうため、ガン、発達障害、アレルギー、アトピーなど、さまざまな病気の原因になっていると考えられます。

農薬や化学肥料を使わずに作った自然食品には、宇宙エネルギーが極めて豊富であることが分かっています。したがって、それだけで健康食品になりえるのです。また、海水には宇宙エネルギーが満ちているため、海水から取れる天然の塩には、宇宙エネルギーが豊富に含まれています。

強精食品・・・スッポン、まむし、うなぎ、蜂蜜、ローヤルゼリーなどには、宇宙エネルギーが豊富に含まれています。蜂の巣は六角形の集合構造を成しているため、蜂の巣自体が宇宙エネルギーを強力に集積するのです。

鉱物・・・水晶、めのう、電気石、麦飯石、磁鉄鉱などからは、多量の宇宙エネルギーが放射されています。これは、鉱物が立方晶系や六方晶系などの規則的な結晶構造をしていたり、あるいは分子自体が、六角形や八角形などの幾何学構造を成していることが主な理由なのです。(ピラミッドから放たれるパワーも、同様の原理が働いています。) また、磁鉄鉱が宇宙エネルギーを放出するのは、磁気が宇宙エネルギーの一種であるからに他なりません。
                 水晶
                         【水晶】
クロップサークル・・・幾何学的な図形であるクロップサークルからは、宇宙エネルギーが放射されていることが分かっています。宇宙次元と共振しているためです。このクロップサークルを眺めたり、あるいは近くに行くことで、私たちのDNAの覚醒が早まるとも言われています。

                   クロップサークル


最後に、知人のブロガーであるharuさんから送られてきた絵をご紹介したいと思います。(ブログ「春の訪れ」より)
            クジラ
                          【うちに帰ろう】
haruさんが書かれた絵からは、高周波の波動が放たれており、観る人の心を和ませます。創造主とも話せるというharuさん。彼女のブログの方にも、創造主からのメッセージが綴られています。私の今生の使命なども教えてもらいました。

なお、haruさんの話では、私の守護神は八大龍王であるとのことでした。この八大龍王は、幣立神宮の湧き水が出る泉などに鎮まっています。この神のルーツは、ムー時代にナガ族が崇拝していた龍神「ナラヤナ」にあると考えています。(ムー大陸を脱出したナガ族らが最初に辿り着いた地が、熊本の幣立神宮界隈でした。) このナラヤナは、ムー帝国の守護神であり、「太陽神・ラー」を守る門番の役割を果たしていました。
              金龍
                               【金龍】

Tag:神一厘の仕組み*ハリー山科  comment:0 

生きる力 ゲンマイ
見出し
2016年1月1日 新年を迎え、日本に生まれた幸せをかみしめ、日本人で有る事の誇りを持ち、 生きる喜びを持ち続けたいと願いました。
カレンダー

カテゴリ
新鮮な野菜と果物・ゲンマイそしてPCの山暮らしです
2011・2012この凄まじい年を生きている。幻想の世界が終り2013より今現在考えの及ばない 世界に入ると云われている。*私達の力がどれ程強いか、自己主権を持った者であり自由であるそれが現実です。意識が自由になって初めてそれが外に現れると。本当の自分を思い出す時が来た(ジョージ・カヴァシラス)