ヘラクレイオン 海に沈んだ古代エジプト都市

ヘラクレイオン 海に沈んだ古代エジプト都市

2015/07/21 に公開

Tag:歴史の記憶*元禄忠臣蔵*映画  comment:0 

昭和天皇が国民に語りかけた「もうひとつの玉音放送」*昭和天皇が過ごしたボロボロの御所 *【天皇陛下と日本国民の絆】GHQを驚かせた占領下「皇居勤労奉仕」誕生秘話 *【涙腺崩壊】昭和天皇の涙 *昭和天皇 広島行幸 *昭和天皇 激動の半生 大正10年(1921)欧州ご訪問~平成元年(1989)大喪の礼

昭和天皇が国民に語りかけた「もうひとつの玉音放送」

2015/11/17 に公開

昭和天皇が過ごしたボロボロの御所

2015/12/17 に公開

【天皇陛下と日本国民の絆】GHQを驚かせた占領下「皇居勤労奉仕」誕生秘話

2015/12/17 に公開

【涙腺崩壊】昭和天皇の涙

2014/05/17 に公開

昭和天皇 広島行幸

2015/06/26 に公開

昭和天皇 激動の半生 大正10年(1921)欧州ご訪問~平成元年(1989)大喪の礼

2015/01/06 に公開

Tag:歴史の記憶*元禄忠臣蔵*映画  comment:0 

その時歴史が動いた 「忠臣蔵 父と子の決断 赤穂浪士討ち入りの時」 (2002年)*歴史ミステリー 忠臣蔵の真相

その時歴史が動いた 「忠臣蔵 父と子の決断 赤穂浪士討ち入りの時」 (2002年)

2015/08/28 に公開

歴史ミステリー 忠臣蔵の真相

2014/12/22 に公開

松田定次監督『赤穂浪士』 橋蔵と錦之助と大川恵子さん

2014/12/05 に公開

松田定次監督が描く「刃傷松の廊下」

2014/04/23 に公開

松田定次監督が描く「大石 東下り」

2014/04/21 に公開

松田定次監督が描く「南部坂 雪の別れ」

2014/03/29 に公開

Tag:歴史の記憶*元禄忠臣蔵*映画  comment:0 

『忠魂義烈 実録忠臣蔵』

『忠魂義烈 実録忠臣蔵』

2013/02/27 に公開
総指揮: マキノ省三
監督: マキノ省三
監督補: 秋篠珊次郎
脚本: 山上伊太郎 西条照太郎
撮影: 田中十三
撮影補: 藤井春美

昭和3年(1928年)製作、マキノ省三(牧野省三)監督による日本のサイレント映画­、剣戟映画である。牧野省三生誕50周年を記念した、320作目の監督作である。

Tag:歴史の記憶*元禄忠臣蔵*映画  comment:0 

新喜劇2015 || コメディ映画 ||

新喜劇2015 || コメディ映画 ||

2015/11/17 に公開

Tag:歴史の記憶*元禄忠臣蔵*映画  comment:0 

多くの日本人は知らない by 吉田繁治

さてはてメモ帳 Imagine & Think! より【転載】
2009-02-22
遙かな国トルコ(2):経済と文化のコンチェルト  吉田繁治
http://archive.mag2.com/0000048497/20090221181555000.html より抜粋

多くの日本人は知らない by 吉田繁治
歴史の記憶
日本人の添乗員嬢は、留学経験から「トルコが大々々好き」と言う。「トルコは、とても親日的です」とも言う。
そう言えば、同行の60代に見える旅行者が、イスタンブールの歴代の王(スルタン)の居城だったトプカブ宮殿で、トルコ人の若い女性数人から「一緒に写真をとってくれ」と頼まれ、戸惑いながら、カメラに収まっていました。
旅行者である日本人が「一緒に写真をとって」と頼まれる国は、他にはないかもしれない。6年前の、日韓主催のワールドカップで日本がトルコに負けたせいか。トルコは南米に似て、サッカーに熱狂する国です。そうではない。
大学で日本語を勉強したという、30代後半に見えるトルコ人のガイドが、バスの中で言った。彼は、その静かな話しぶりから高校の教師風に見えました。
(注)トルコ語の文法は、日本語に語順が似ていて、彼の日本語は巧みでした。お店の店員も、ハワイや韓国以上に日本語を話します。

<トルコの教科書には、オスマン帝国のフリゲート艦(エルトゥールル号)[Ertuğrul Fırkateyni]が、和歌山県の南端、串本町の沖で難破したことが、書きて、あります。(表現のママ) 1890年(明治23年)に台風に遭(あ)って難破し、日本へのトルコ使節団587人が、暗い海に沈み、死にました。>
596
<陸に流れ着いた生存者はわずか69人でした。真夜中に灯台までの断崖をよじ登った。灯台守からの知らせを受けた大島村(現串本町)の村民は、救助に当たりました。海が荒れ、何日も漁に出ることができず、食べるのに事欠いていた村民は、乏しい衣類、卵、さつまいも、そして非常用の蓄えであるニワトリも出して炊き出しをし、遭難したトルコ人を助けました。>
<明治の政府はこれを知り、援助して、翌1891年10月5日には、海軍の船で、イスタンブールに生存者を送りとどけるため、出港しました。このトルコ使節団の遭難と、村の人たちの献身と犠牲は、トルコで大きく報じられ、遠い日本を、好きになるきっかけになりました。小学校の歴史の教科書には、書かれてあり(ママ)、トルコ人なら、子供でも全員、このことを知っています。>
私は知らなかった。多くの日本人は知らない。ガイド氏は続ける。歴史は、その100年以上も後の、イラン・イラク戦争。

<1985年、イラン・イラク戦争のとき、イラクのフセイン大統領は、イラン上空を飛ぶ飛行機の、無差別爆撃を宣言、ありました。イランには、日本人のビジネスマンと家族が残されて、ありました。人々は日本大使館に集まり、パニックになって、いました。>
<日本政府は、自衛隊の派遣はできず、日本航空も、危険があるとして救助のために民間機を使うことに反対、ありました。日本は、対応が遅れました。>
<困ったイラン大使館の野村大使は、トルコのビルレル大使(イラン駐在)に頼みました。『わかりました。ただちに本国に求め、救援機を派遣させます。トルコ人は、エルトゥールル号の遭難のとき、貴国の大島村の人たちから受けた恩義を、知っています。ご恩返しを、させていただきます。』>
<イラン空港に集まっていた日本人215名は、派遣されたトルコ航空機に乗って、トルコ経由で、日本に帰国しました。救援は、フセインによる、イランの爆撃開始1時間半前でした。トルコ人は、だれでも、今も、エルトゥールル号遭難のとき受けた恩義を、忘れてはいません。>

ここまで聞いたとき、後方に座っていたバスの観光客から、自然な拍手が起こった。私は不覚にも、こみあげるものを抑えることができず、窓の外の、数十軒の家が並ぶ農村の景色を見ました。子供たちが数人、庭に集まり、遊んでいました。子供がまだ多かった1970年代の日本の農村のようだった。

トルコの7000万人の国民と政府は、村民がトルコ人を助けたエルトゥールル号の恩義を、民族の記憶にしています。献身は、金額ではない。自分たちが食べるものにも事欠く村民が、食物を集め、供出した。(世界の宗教は、共通にこれを説くことではあります)
かつて日本の村落共同体には「もやい(分け与える:人を助ける)思想」があった。人は、自己を犠牲にするとき、美しい。そういえば、愛も、自分より、相手のことを優先して考えることでしょう。
持てるものは、持たざるものを助ける。村では、共同作業をする。日本の村には、一軒もカギがなかった。当時、日本に来た西欧の、キリストの愛を説く宣教師は、これらを見て驚き、日本は天国のような理想郷だと言った。

当時、ヨーロッパ世界では、略奪や強盗が普通でした。今の日本は、村を封建の思想として、村八分(村の掟に反したものを追放する)は教えますが、美しい「もやい(連帯の思想)」は教えない
(以下略)
465
633>

Tag:歴史の記憶*元禄忠臣蔵*映画  comment:0 

決闘!高田馬場*市川亀治郎 にほんごであそぼ 「本朝廿四孝」 *坂東玉三郎 「藤娘」 Tamasaburo "Wisteria Maiden" part 1

決闘!高田馬場

2008/05/04 にアップロード

市川亀治郎 にほんごであそぼ 「本朝廿四孝」

2010/05/13 にアップロード

坂東玉三郎 「藤娘」 Tamasaburo "Wisteria Maiden" part 1

2006/11/07 にアップロード

Tag:歴史の記憶*元禄忠臣蔵*映画  comment:0 

The Loyal 47 Ronin: Part 2 / 元禄忠臣蔵 後篇 (1942)

The Loyal 47 Ronin: Part 2 / 元禄忠臣蔵 後篇 (1942)

2014/05/14 に公開
Subscribe to our channel!
Asian movies with subtitles!

Genroku Chûshingura
47 Samurai
Loyal 47 of the Genroku Era
Los leales 47 Ronin
A Vingança dos 47 Ronin
La venganza de los cuarenta y siete samuráis
La vengeance des 47 rônins
Les 47 ronins
I 47 ronin ribelli
The Treasury of Loyal Retainers of the Genroku era
元禄忠臣蔵 後篇
The Loyal 47 Ronin: Part 2
Director: Kenji Mizoguchi / 溝口 健二
Year: 1942
Duration: 106 min

Genroku Chushingura, also known as The Forty-Seven Ronin of the Genroku Era, or in the case of Kenji Mizoguchi's two-part, 220-minute adaptation, The Loyal Forty-Seven Ronin (1941-42), is one of Japan's great historical legends. Retold in countless theatrical versions and perhaps several dozen films, Ronin tells the story of a band of masterless samurai (ronin) who exact revenge for the death of their beloved master and then commit hara-kiri. In her book Mr. Smith Goes to Tokyo: Japanese Cinema Under the American Occupation 1945-1952, Kyoko Hirano notes, "It is said that whenever a film studio fell into financial distress, it would produce a film based on this story, for a guaranteed hit."
In fact, Mizoguchi's 220-minute black-and-white version reversed that trend. The film was not only not a hit, but it broke one studio — Koa, where part one was filmed — and nearly bankrupted a second — Shochiku, which took over the production of part two. The film is also a curious one for the director, whose career is more notable for sweeping historical works (Sansho the Bailiff) and grim women-centered melodramas (The Life of Oharu) than for action-oriented samurai movies. And indeed, there's surprisingly little action in his version of a story noted for its violence, betrayal, suicide, and social upheaval. The project was more or less forced on Mizoguchi and his studios by a government that was taking increasing control of film production and mandating a cinema that would inspire loyalty among the people as the country sank deeper into World War II. Ronin was an ideal project for this purpose, with its powerful images of loyalty at any cost and the heroic pleasures of self-sacrifice to a greater good, and Mizoguchi responded enough to the more contemplative, downbeat elements to make it one of his most intriguing pictures.
The Loyal 47 RoninThe story opens in 1701, with Lord Asano of Ako Castle attending formal ceremonies at Edo Castle. Unaware of certain proprieties, he responds to insults by Lord Kira by drawing his sword and slightly wounding him, an act that brings a death sentence on Asano. After he's forced to kill himself, his lands and buildings are taken, his family is ousted, and his samurai are forced into the lowly status of ronin. The remainder of this complex tale explores the decline and spiritual redemption of these men as they plot to take revenge on Lord Kira and reinstate their honor, and the honor of their house, before joining their master in committing ritual suicide.
Perhaps not unexpectedly for anyone aware of Mizoguchi's style, but unsatisfactorily for Japan's mass audiences who knew the tale well and no doubt had their own expectations, his Ronin subjugates swordplay and bloodshed to contemplation and emotion. The only obviously violent scene occurs when Lord Asano attacks Kira, but even that is only shown briefly. Key events like the death of Asano, the attack on Kira's castle, and even the mass suicide that ends the film are not shown but only tantalizingly led up to with Mizoguchi's trademark stately framing and elegant tracking shots; in a masterful ellipsis, the final assault on Kira's castle is only revealed by a message read by Lady Asano. Throughout, the director concentrates on the ronin's emotional anguish and overwhelming sense of loss, powerfully imparted in bitter long-take dialogue exchanges, scenes in which the ronin are literally laid low with grief, or the simple tracking of a character moving with slow solemnity through an empty garden. The director's treatment of an early suicide by one of the ronin, who takes his son along with him, typifies the film's air of tragic poignancy.
(http://brightlightsfilm.com/26/ronin....)

Tag:歴史の記憶*元禄忠臣蔵*映画  comment:0 

The Loyal 47 Ronin: Part 1 / 元禄忠臣蔵 前篇 (1941)

The Loyal 47 Ronin: Part 1 / 元禄忠臣蔵 前篇 (1941)

2014/05/14 に公開
Subscribe to our channel!
Asian movies with subtitles!

Genroku Chûshingura
47 Samurai
Loyal 47 of the Genroku Era
Los leales 47 Ronin
A Vingança dos 47 Ronin
La venganza de los cuarenta y siete samuráis
La vengeance des 47 rônins
Les 47 ronins
I 47 ronin ribelli
The Treasury of Loyal Retainers of the Genroku era
元禄忠臣蔵 前篇
Director: Kenji Mizoguchi / 溝口 健二
Year: 1941
Duration: 107 min

Mizoguchi is best remembered for his historical and poetic epics. Films like Sansho the Bailiff and Ugetsu have helped shaped his image as a filmmaker whose talents lie in that of his virtuoso camera movements. This wasn't always the case, though, as for my money, his best work is the less expressive social dramas like Gion bayashi and Sisters of the Gion. By 1940, he was better known for the latter, though the release of Story of Last Chrysanthemums in 1939 was an excellent showcase for his talent with the camera. His next film, this two part epic, seems to have been the most visible shift in his style, taking a well known tale in Japan and making it unrecognizable through his distinct personal vision. It's an impressive film from a technical standpoint, but it's lacking in other fields.

Lord Asano seeks Lord Kira of the Shogun court for advice, but because Asano isn't aware that he's suppose to bribe Kira beforehand, he isn't given substantial advice. Upset by Kira's dismissive attitude, he attacks him, which ends up with Kira being wounded. The attempt at murder, especially against such a high-ranking official as Kira, within the court is punishable by an order to commit suicide. Asano's retainers, following the protocol of bushido and general loyalty, attempt to seek vengeance against Kira. They are surprised to find that their cause is actually supported and condoned within the system, even as those supporting individuals cannot publicly express this.

There is an awhile lot of subtext in this story, and it would be wise for one to familiarize themselves with the story of the 47 Ronin. Additionally, the film's production could also use some context. The intentions of adapting the story was definitely nationalistic, even as the end product might not have shown such a stance (more on this later) and while part one lost an enormous amount of money, the Shochiku company was pressured by the military to distribute part two. This was brought on by Shochiku's notable lack of national policy films at the time. This seems like a lot of red tape I'm going through without even getting to the meat of the film, but it's important. While Seika Mayama's adaptation of the story (which Mizouchi's films is based on) is fairly revisionist, it was still seen as a suitable source of national pride.

The film was intended to evoke bushido, "the way of the warrior" in the public and thus, remind them of their country's military that they needed to support. One can't blame Mizoguchi for wanting to ignore the military's intentions for the film, but his disinterest doesn't exactly subvert the theme of loyalty. As is the case, this film is technically dazzling but ideologically, at its best, it's convoluted. One could argue it's downright detestable, but that might be going too far. Shochiku had to make this movie or the military would have shut them down. It's odd, though, because the film itself almost made the company go out of business with all the money it lost. A fascinating film, none the less, that's a must for any Mizoguchi fan, but not one that should be a priority for anyone trying to familiarize themselves with the director.
(http://cinematalk.wordpress.com/2013/...)

Tag:歴史の記憶*元禄忠臣蔵*映画  comment:0 

生きる力 ゲンマイ
見出し
2016年1月1日 新年を迎え、日本に生まれた幸せをかみしめ、日本人で有る事の誇りを持ち、 生きる喜びを持ち続けたいと願いました。
カレンダー

カテゴリ
新鮮な野菜と果物・ゲンマイそしてPCの山暮らしです
2011・2012この凄まじい年を生きている。幻想の世界が終り2013より今現在考えの及ばない 世界に入ると云われている。*私達の力がどれ程強いか、自己主権を持った者であり自由であるそれが現実です。意識が自由になって初めてそれが外に現れると。本当の自分を思い出す時が来た(ジョージ・カヴァシラス)