劇場版 ATARU

劇場版 ATARU

2015/08/07 に公開

Tag:半沢直樹*【HD】下町ロケット*ATARU  comment:0 

ATARU Ep 07

ATARU Ep 07

2015/08/06 に公開

Tag:半沢直樹*【HD】下町ロケット*ATARU  comment:0 

ATARU Ep 06

ATARU Ep 06

2015/08/06 に公開

Tag:半沢直樹*【HD】下町ロケット*ATARU  comment:0 

ATARU Ep 04

ATARU Ep 04

2015/08/06 に公開

Tag:半沢直樹*【HD】下町ロケット*ATARU  comment:0 

ATARU Ep 04

ATARU Ep 04

2015/08/06 に公開

Tag:半沢直樹*【HD】下町ロケット*ATARU  comment:0 

ATARU Ep 03

ATARU Ep 03

2015/08/06 に公開

Tag:半沢直樹*【HD】下町ロケット*ATARU  comment:0 

ATARU Ep 02

ATARU Ep 02

2015/08/06 に公開

Tag:半沢直樹*【HD】下町ロケット*ATARU  comment:0 

ATARU Ep 01

ATARU Ep 01

2015/08/06 に公開

Tag:半沢直樹*【HD】下町ロケット*ATARU  comment:0 

「下町ロケット」半沢と似て非なる熱狂の裏側 TBS常勝チームのキーマンがすべてを明かす

MSN ニュース より【転載】
2015:11:22
「下町ロケット」半沢と似て非なる熱狂の裏側 TBS常勝チームのキーマンがすべてを明かす
BB
© 東洋経済オンライン 10月中旬にスタートした連続ドラマ『下町ロケット』が絶好調だ
 TBSテレビ系「日曜劇場」(毎週よる21時放送)の枠で、10月中旬にスタートした連続ドラマ『下町ロケット』が絶好調だ。先週11月15日(日)に放送された第5話の平均視聴率は20.2%と大台に乗り、瞬間最高視聴率は26.0%を記録した(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同じ)。
 原作は第145回直木三十五賞を受賞した池井戸潤さんの同名小説。阿部寛演じる主人公の佃航平は、宇宙開発の研究員だったが、自身の開発したエンジンを載せたロケットの打ち上げ失敗の責任を取らされ退職し、父親の遺した中小企業の「佃製作所」を継ぐ。大企業とのせめぎあいなど、いくつもの苦難に直面しながらも、それを乗り越え、夢に向かって突き進むというのが主なストーリーだ。
 平均視聴率は初回16.1%で好発進した後、第2話が17.8%、第3話は18.6%、第4話こそ裏番組に「世界野球プレミア12」の日韓戦(テレビ朝日系)が放送された影響で17.1%にとどまったものの、第5回で見事に右肩上がりの結果を出した。初回の視聴率をその後に超えられないテレビドラマが大半を占める中、大健闘している。
 この現象は2013年に同じTBS日曜劇場の枠で放送された『半沢直樹』を彷彿とさせる。半沢直樹は全10話の平均視聴率が28.7%。最終回は42.2%と驚異的な大ヒットとなったが、実は初回の平均視聴率は19.4%だった。半沢直樹ほどではないにしても、下町ロケットも前評判で集めた注目を、さらに視聴者の関心に変え、メディアでの報道や口コミなどで好循環を生むという流れに入ってきている。
 その半沢直樹も下町ロケットも、2014年に同じく日曜劇場で放送された『ルーズヴェルト・ゲーム』(平均視聴率14.5%)も、原作者は同じ池井戸さん。さらには、いずれもTBSテレビの同じ制作チームによってテレビドラマ化されている。下町ロケットのヒットはいかにして生み出されたのか。半沢直樹、ルーズヴェルト・ゲームに続いて下町ロケットの演出を手がける(映画でいうと監督にあたる)TBSテレビの福沢克雄氏に裏側を聞いた。

 ――2011年に直木賞を受賞していた下町ロケットを、このタイミングでドラマ化したのは、やはり半沢直樹のヒットがあったからでしょうか。
 *いや、もともと半沢直樹を手がける前から『俺たちバブル入行組』などの半沢直樹シリーズ『ルーズヴェルト・ゲーム』『下町ロケット』の3シリーズはすべてまとめて、原作者の池井戸さんにドラマ化の了承を取り付けていました。

 ――そんなに早くから?
 *そうです。半沢直樹が爆発的なヒットになった後、競合のテレビ局はどこも池井戸さんの原作をドラマ化するために動きました。それでも下町ロケットを今のタイミングでTBSテレビが制作できているということは、先にドラマ化の権利を獲得していたからです。

 ――最初から日曜劇場のシリーズとして立て続けにドラマ化する前提だった?
 *そこまで考えていたワケではありません。ただ、この3シリーズだけは作中に出てくる銀行名が一緒で、時代背景が同じなんですね。たとえば下町ロケットで主人公の佃航平が、半沢直樹が働いている東京中央銀行に融資を依頼する場面があります。共通して出てくるのは白水銀行。そんな設定が面白いと思って、3シリーズすべてについてのドラマ化を池井戸さんと交渉して、その権利をいただきました。下町ロケットのドラマ化が今のタイミングになったのは、私が原作を読むのが遅かったのもあるし、先にWOWOWが2011年にドラマ化していたこともあります。

 ――下町ロケットの原作としての魅力は?
 *原作を読んで「これは面白い」と。どんどん突き進むし、爽快感がある。何といっても普段はあまり日の当たらない日本の技術者たち、それも町工場の人たちが主役だというのがいい。そういう作品って、実はあまりないんですね。
 2007年のTBS日曜劇場で、銀行を主な舞台にした『華麗なる一族』をドラマ化した時に、原作者の山崎豊子さんに「日本は裕福だというけれど、なぜだかわかっていますか?」と聞かれたことがあります。魚がそれなりに取れるぐらいで、石油をはじめ資源はほとんどない。「銀行が偉そうな顔していても、結局は技術者の人たちが作ったモノを売って、それで海外から入ってくるおカネで日本は潤っている。だから、この技術者の人たちを疎かにしてはいけない」と。
 私も確かにそうだと思いました。だからそういう人たちにスポットを当てたドラマを日曜の夜に見てスカッとしてもらいたい。日曜の夜は他局も含めておカネをかけた番組が並んでいますが、だからこそ普段はテレビも見ない人にも目に触れる。「いつもはテレビドラマなんて見ない」という男性視聴者に見てもらいたい。

 ――小さな工場も含めて技術者が日本を支えている。
 *銀行員の半沢直樹もそういう人たちを応援している。池井戸さんのスタンスが基本的にそうですね。

 ――今回の下町ロケットの物語は、半沢直樹と同じように、善悪の対立軸がはっきりした勧善懲悪の構図が明快な点が支持されているといわれています。
 *見るからに悪いヤツが出てくる。「この人は悪い」ということを説明するために、別の登場人物AとBがそのことについて話しているような、普通のドラマにある余計な説明のシーンは入れていません。「初めから悪役って一目でわかる」とインターネットで批判されているようですが、大事なストーリーを置いておいて、人の説明に時間を取られていると、視聴者が作品に入り込めませんから。

 ――物語のスピード感にもつながりますね。
 *おカネを払って観る映画は途中がつまらなくても見るかもしれませんが、テレビは面白くなかったらすぐにチャンネルを変えられてしまう。だからテンポはとても大事です。
 池井戸さんの原作が持つ世界観も、やっぱり継承しなければなりません。1つの場面を1ページくらい使って細かく表現する小説家もいらっしゃいますが、池井戸さんの原作にはそういうところがいっさいない。
 下町ロケットの作中でも、ロケット開発をしている帝国重工という大企業の年商や従業員数、拠点網などを延々とセリフで説明していたら、視聴者は疲れてしまう。だから一発で「すごいんだ」というところを見せるような映像をつくっています。

 ――そうしたわかりやすさを重視しつつも、リアリティについてはこだわりがある印象を受けました。
 *ロケットを作る現場は、実際に見学に行きました。とてつもなく大きな工場で、たとえばエンジンは、私たちが入れないような真っ白なクリーンルームの環境でつくっている。真っ白なのは汚れが目立つようにするためなのですが、だったらドラマでもリアリティを出すために、本当に真っ白な工場を再現しました。
 ほかにも佃製作所が帝国重工を相手に精巧な技術力を見せつけるシーンがあります。あまり細かいところまではやれないものの、ねじ1本だけでも穴を開ける技術はスゴいことなんだというところは、見せ方を工夫しました。「それは実際にないだろう」というシーンはなく、事実に即しているところで視聴者がひと目でわかるように映像化していっています。

 ――絶妙な配役だという評価も聞きます。
 *何といっても役者さんですね。監督がいくら良くても役者がダメなら絶対面白い作品はできません。

 ――主人公・佃航平に阿部寛さんを選んだ理由は?
 *阿部さんは佃航平と年齢が近くて愛嬌があります。何より背が高く体が大きくて迫力があります。佃航平は原作でも、突然怒ったかと思えば、急にしょんぼりすることもある。そこは阿部さんが得意とするところです。

 ――佃航平は魅力のある人物として描かれていますね。
 *そこに人がついてきます。半沢直樹は自分の強烈な力で突き進んで行きますが、佃航平の場合は周囲から助けられるんですね。たとえば、ライバルメーカーに特許裁判で訴えられたときも、離婚した元妻の真矢ミキさん演じる和泉沙耶さんが、恵俊彰さん演じる神谷修一弁護士を紹介してくれる。その神谷弁護士も一度はさじを投げかけますが、佃航平や佃製作所で働く人たちの頑張りを見て、助けてくれる。

 ――確かに佃航平だけでなく、周囲の人たちのキャラクターも丁寧に描写している。
 *立川談春さん演じる、佃製作所の経理部長である殿村直弘さんのキャラクターがいい味を出しています。最初は銀行から出向してきて、ボソボソしているし、「研究開発はやめてほしい」などとうるさいことを言う嫌なヤツだなぁという感じなのですが、実は会社のことをちゃんと考えているいいヤツだったという。原作でも感動したシーンでした。そういうとこをちゃんと描いていっています。

 ――その立川談春さんのように、今回は、落語家の方が多く出演されている印象もあります。
*テレビではよく見ても、芝居は見たことないような人が出ると、視聴者としてはそこだけでも楽しみがあります。落語をやっているからといって、役者ではないとは言えません。落語だって1人で何人も演じています。歌舞伎もそうですね。あと、おかげさまで半沢直樹が大ヒットしたこともあり、下町ロケットに出てみたいという人が多く、それがうまくいっている要素でもあります。半沢直樹のときは個人的なツテを頼って、何とか出てもらったということもあったぐらい苦労しましたから。

 ――半沢直樹以前は「男性はテレビドラマを見ない」「企業モノは視聴率が取れない」という傾向があったようですが。
 *最近は変わったと思いますね。半沢直樹は放送開始されたとき、競合の他局はすべてノーマークだったんですね。絶対当たらないと、全テレビ局が踏んだと思います。悲しかったですけどね(笑)
 そもそも、やはりテレビドラマは女性が見るものなんです。「F2」「F3」といって、35歳以上の女性をターゲットにするんですが、その人たちがかかわっていないモノ、わからないモノ、難しいモノを出さずに、わかりやすくすることが重要という考えになる。そこで、刑事モノとか、医者モノとかが増えていくんですが、つくっているほうとしてはつまらなくなるわけですよね。
 半沢直樹は銀行モノの中でも、やっぱり、原作読んだ時に「面白い」と思ったし、ダメでもやってみようかということで進めたんです。始まる前から数字はどうでもいい、女性が見なくても仕方がないという感じでした。
 でも、お客は私たちよりも一歩も二歩も上に行っていました。難しくても、それ以上に純粋に「面白い」モノを望んでいました。半沢直樹は女性視聴者がまず飛びついて観てくれて、男性視聴者がそれについていったという感じですね。

 ――下町ロケットの全体の雰囲気や空気感、演出の方法などは半沢直樹と似ています。ヒットの型は確立したのでしょうか。
 *視聴者の方々が何を求めているかなんて、全然わかりません。逆に「どういう作品を見たいですか?」と聞いても、答えていただくのが難しいとも思います。そういう何ともモヤモヤしているところに求められているものがあり、それにはまる何かが出てきた時に、「あ、見てみようか」となるのではないでしょうか。
 半沢直樹、ルーズヴェルト・ゲーム、下町ロケットの3シリーズは、同じ時代背景の中にいるという前提ですが、半沢直樹と下町ロケットはテンポの良さなどの撮り方が一緒でも雰囲気は全然違います。

 ――具体的には?
 *半沢直樹は主人公と同期の3人が突き進んで行った話ですが、下町ロケットの佃航平は社員を抱えていて、社内の構図とかいろいろなものがある。その中に感動もあり、挫折もあり、裏切りもある、ということを丹念に描いていくというところの違いなどですね。

 ――ロケットをテーマにしてきたストーリーは第5話までで終了し、11月22日(日)放送の第6回からは「ガウディ計画編」と呼ばれる新展開を迎えます。
 *話はこれからガラッと変わって、宇宙から人体の中に入っていきます。まったく雰囲気変わると思います。佃航平は前半こそ自分の夢のために突き進みましたが、後半は人のために動く。
 少しだけ紹介すると、小さい心臓人工弁がないために死んでいく子どもたちを助ける。手作業でやらなければならないような、すごく細かい、宇宙のバルブシステムの技術が、たまたま人工弁に活きる。ただ、ここで佃航平は医療界を相手にして大変な目に遭います。

 ――下町ロケットも半沢直樹と同じく、視聴率は回を追って上昇傾向ですね。
*いやいや、変に数字を狙ったりすると、いいことないんですよ。ここで数字を取るんだ! っていう気持ちも必要ですけど、すべては、見てるお客様に楽しんでもらうためにやらなきゃいけない。「面白かった!」と思われるもの、というだけで作っていこうという気持ちが大切かな、と。
 難しいところなんですよ。同じものを作るのに、「数字を取るぞ!」と思って作るのと、「いいものを出そう! これで感動してもらおう!」と、そこだけの気持ちで作るのとでは、色々な細かい点が、変わってきます。すべては見ていただいているお客が、楽しんでいただくためにやらなければなりません。
 もちろん数字はとても気になりますけどね(笑)数字がよくないと、スタッフに苦労をかけてしまうし、キャストの人たちの活気も落ちてしまいますから。数字はいいに越したことはありません。

 ――半沢直樹は最終回で40%を超える平均視聴率を出しましたが、下町ロケットもこれからラストにかけて、その数字を超える手応えはありますか。
 *全く! 超えるワケがないと思います(笑)半沢直樹のときは、世の中の変な勢いがついてしまったんです。実力以上に、周りが大騒ぎになった。あと、やっぱり子どもたちにも見てもらったのも大きかった。半沢直樹の決めセリフの「倍返しだ!」を真似したりして。そういう意味では下町ロケットは、子どもが見て面白いドラマではないですよ。

 ――下町ロケットには、わかりやすい決めセリフはないですね。
 *これで決めセリフつくったら、それこそ品性を疑われますよ。半沢直樹の「倍返しだ!」は原作を読んで、スカッとするなあと思っただけで、あそこまで流行るとは思っていませんでした。下町ロケットの場合は、何か決めセリフを考えようかという気も起きません。
 それよりもちゃんと、ロケットを忠実に描くのはどうするか。あの工場を描くのはどうするか。燃焼実験のシーンはどうするか。などのほうに頭を使っています。ただ、池井戸さんには、半沢直樹と佃航平が手を結ぶ、そういう作品を作ってくれ!とは言っています。本当に佃製作所が困ってしまったときに、半沢直樹がやってくるような。池井戸さんには「いつかね」って言われていますけど。
(撮影:梅谷 秀司)

Tag:半沢直樹*【HD】下町ロケット*ATARU  comment:0 

【HD】下町ロケット - 第3話 *第4話*第5集

【HD】下町ロケット - 第3話

2015/11/14 に公開

【HD】下町ロケット - 第4話

2015/11/14 に公開

下町火箭 第5集 Shitamachi Rocket Ep5
me>
2015/11/19 に公開

Tag:半沢直樹*【HD】下町ロケット*ATARU  comment:0 

生きる力 ゲンマイ
見出し
2016年1月1日 新年を迎え、日本に生まれた幸せをかみしめ、日本人で有る事の誇りを持ち、 生きる喜びを持ち続けたいと願いました。
カレンダー

カテゴリ
新鮮な野菜と果物・ゲンマイそしてPCの山暮らしです
2011・2012この凄まじい年を生きている。幻想の世界が終り2013より今現在考えの及ばない 世界に入ると云われている。*私達の力がどれ程強いか、自己主権を持った者であり自由であるそれが現実です。意識が自由になって初めてそれが外に現れると。本当の自分を思い出す時が来た(ジョージ・カヴァシラス)