豊洲移転問題どう語る? 石原慎太郎元知事が記者会見

豊洲移転問題どう語る? 石原慎太郎元知事が記者会見

8 時間前にライブ配信

Tag:いま知って欲しいこと  comment:0 

【夜桜亭日記】第41回「認知症は治る!」精神科医の銀谷翠さんをお招きしました[桜H29/2/11]

【夜桜亭日記】第41回「認知症は治る!」精神科医の銀谷翠さんをお招きしました[桜H29/2/11]

2017/02/10 に公開

Tag:いま知って欲しいこと  comment:0 

【動画】 内海聡&由井寅子トーク≪緊急提言≫ 今こそ、有事にそなえる 食、心、命 そして「医」

【動画】 内海聡&由井寅子トーク≪緊急提言≫ 今こそ、有事にそなえる 食、心、命 そして「医」

2014/10/08 に公開

Tag:いま知って欲しいこと  comment:0 

甲田光雄「小食健康法」1〜6/6

甲田光雄「小食健康法」1〜6/6
>
2011/12/10 にアップロード

Tag:いま知って欲しいこと  comment:0 

大往生したけりゃ、医療とかかわるな 中村仁一先生と船瀬俊介先生対談 (3:37:42)

大往生したけりゃ、医療とかかわるな 中村仁一先生と船瀬俊介先生対談 (3:37:42)

2012/11/15 に公開
http://www.amazon.co.jp/dp/4883206165/
2012年8月の対談です。横暴に荒れ狂う"医猟"犯罪の惨状を語って頂きました。
http://funase.info/
第7章 輸血不要論 内海聡
●出血時の代案とその概念について
●リンガーの名を世界に知らしめる論文
●リンゲル液の効能
●抗凝固剤がない、というメリット
●血液製剤の有用性やヘモグロビン理論の嘘
●2.5リットルの血を抜いた人
●千島学説について
●医学不要論=輸血「不要論」
●心筋梗塞、脳梗塞など梗塞性疾患の急性期
●くも膜下出血、潰瘍出血、ガンからの出血など、出血の急性期
●産婦人科分野
●海外における無輸血手術の流れ
第8章 医学理論を覆すカントンの犬の衝撃 船瀬俊介
●犬の血液を希釈海水と入れ替えた実験!
●犬は実験前より活発になった
●より「過酷」な第2の実験
●「新たな体液」の中で血球成分は増殖する!
●第3の実験・白血球は海水中で生きる
●生命は「母なる海」から生まれた
●フランスのダーウィンへの反目
●細菌病因論を根底から覆すカントン理論
●「症状」は「病気」が治る治癒反応
●カントンの海水療法のめざましい効果
●海洋診療所は、世界各地に広まった
●カントンの遺志を受け継ぐ人々
●塩水・リンゲル液では効果が弱まる
●千島・森下学説と「カントンの犬」
●女性が男性より長生きする理由
●瀉血療法+海水療法......未来医療革命へ
●輸血に替わる究極の未来療法を証明する「カントンの犬」
●「輸血しないと死にますよ!」と言われたら...
●海水療法とホメオパシー医療
●現代に受け継がれるカントン医療
●末期乳ガンを縮小させた「海水療法」
●微量元素の調和が健康のカギ
●生理食塩水、リンゲル液の限界
●厳選ポイントで採取活きた海水
第9章 吸血ビジネスの大崩壊が始まった 船瀬俊介
●「カントンの犬」の教訓
●近代医学を支配するロックフェラー財閥
●国際医療マフィアの企て
●ロックフェラー一族は薬を信用しない
●「9割の医療は慢性病に無力だ」
●死の教会の4つの毒水
●まったく進歩していない輸血の基本思想
●血液代用の「生理食塩水」の発明
●血液型の発見で「型が合えば安全だ!」
●近代医学は、野戦病院の医学
●ロックフェラー研究所と輸血利権
●血液型発見という血液ビジネスにとっての曙光
●愛国者を利用して稼ぐ
●戦争が加速させた血液ビジネス
●B型、C型肝炎、そしてエイズ......
●輸血ビジネスの表向きの目的と真の目的
●GVHDより危険な副作用
●発症メカニズムはいまだ不明
●わが身、わが子なら同意するか?
●輸血崩壊を決定づける論文
●輸血を多くすると2倍死ぬ
●黄色い血とヘモグロビン仮説の崩壊
●「カントンの犬は初耳」厚労省
●水分とミネラル補給の代替療法を!
●「輸血に見解を述べる立場にない」(赤十字社広報)
●他の選択があるなら輸血はナンセンス
●儲かるから使っている?
●美智子様が名誉総裁で最高位
●スイスのアンリ・デュナンが創設
●赤十字の医療奴隷をつくる罠
第10章 国際赤十字の闇、日赤利権の闇 内海聡
●赤い楯と赤い十字
●国際赤十字のシステム
●オモテは崇高な人道的団体
●献血は国家を挙げての大事業
●皇室と表裏一体となっている組織
●国内の吸血ビジネスの総本山・日赤
●日赤と天皇家の関係
●戦争ビジネスのための赤十字
●赤十字の手口
●マッチポンプで金集め
●赤十字社や日赤の本当の正体と目的
●国際赤十字の闇
●血液製剤と「レンダリングプラントの共食い」の共通点
●この世界の構造とはどんなものか?
エピローグ 「新医学」の未来に向けて 船瀬俊介
●「カントンの犬」「千島学説」「エホバの証人」
●WHO「ワクチンは生物兵器」
●人類の60億人を処分する
●金儲けと人殺しの陰謀
●現代医療の究極目的とは?
●近代主義の正体は帝国主義

Tag:いま知って欲しいこと  comment:0 

「脳とことばの不思議な関係」-ことばで脳はよみがえる

「脳とことばの不思議な関係」-ことばで脳はよみがえる

2011/03/17 にアップロード

Tag:いま知って欲しいこと  comment:0 

絶食療法の科学

絶食療法の科学

2013/01/21 に公開
バイカル湖畔にあるロシア・ゴリアチンスク病院では、50年前から絶食療法を実施して­いる。アレルギーやぜん息などの患者に対し医師が説明を行ってから、10日から3週間­にわたって絶食を行う。期間中、口にするのは水だけ。三日ほどで空腹感は無くなるが、­頭痛や倦怠感が生じるため、医師が検査を行い、場合によっては絶食を中断する。 絶食療法は1950年代モスクワで精神病患者の治療として取り入れられた。その過程で­高血圧や内臓疾患にも効果があることが判明。1970年代に大規模な研究が進み、絶食­で体にストレスが加わることで、人間本来の抵抗力や治癒力が高まることが分かってきた­。
 その後、ぜん息治療でも絶食が活用され効果を上げている。ロシアでは絶食療法が医療の­一部として認知されているという。 また、ドイツでは国民の2割が絶食療法を経験している。各地の病院では医師の監督のも­と3週間程度の絶食治療コースを提供。肝臓の肥大や機能低下が回復した例などが多数、­報告されている。 ロシア、ドイツ、フランス、アメリカでの"絶食の科学"の最新研究を追う。
ロシアのブリアート共和国、バイカル湖の近くの温泉地、ゴリアチンスク診療所では19­95年以降絶食療法が行われている。国の保険が適用される。
水だけで平均12日間から21日間絶食が医師の監視下で行われます。絶食2・3日目か­ら薬を止めます。15年間で1万人が療法を受けました。糖尿病・喘息・高血圧・リュウ­マチ・アレルギーなどの患者の3分の2の症状が消えました。
絶食を始めるとアシドーシス(体が酸性に傾く)が起きて疲労感・吐き気・頭痛になりま­すが24時間から38時間で治まります。
肝臓のブドウ糖は1日で消費されその代わりにタンパク質が分解されてブドウ糖を供給し­ます。また脂肪から肝臓によってケトン体に変えられ脳へと供給されるように代謝が変化­します。
このことを発見したのは今から60年ほど前、モスクワ第一医科大学精神科のユーリ・ニ­コラエフ医師でした。切っ掛けは食事を拒絶する患者によってでした。ニコラエフ医師は­試みに患者の思うままにそのままにしたことでした。
5日目には起き始めた。
10日目で歩き始めました。
15日目でジュースを飲みました。それから新しい人生を開始しました。
この患者の臨床を多くの患者に適用したところ、統合失調症・鬱病・恐怖症・強迫性障害­などの精神疾患の多くに効果があるだけでなくその他の慢性疾患に大きな効果があること­が判明しました。同時に尿・血液・ホルモン・脳波などの生化学的な検査が行われました­。
ワレル・グルビッチ精神科医(モスクワ精神医学研究所)によるとニコラエフ医師は80­00人の患者に同様の治療を行い、70%が回復、6年後も47%が健康を保ちました。­社会に復帰し結婚した元患者もいたそうです。その他に高血圧・喘息・皮膚炎・関節炎に­も良好な結果が出ました。
旧ソビエト政府保健省はその結果をにわかには信じられずに、1973年検証プロジェク­トを行いました。
軍医だったアレクセイ・ココソフ教授(パブロフ生理学研究所 呼吸器科)、ワレリ・マスモフ教授(ロシア医学アカデミー 胃腸科)がその検証に携わりました。ニコラエフ医師の患者数千人を調べ絶食療法が適し­ている疾患、そうでない疾患を選びました。
良好な疾患:気管・心臓・血管・胃腸・内分泌・消化器・関節・皮膚などの疾患
適合しない疾患:がん・結核・Ⅰ型糖尿病・慢性肝炎など
ココソフ氏言:絶食によって起こるストレス状態が体の回復メカニズムと普通の生活習慣­のせいで眠っている自己調節力を目覚めさせるのです。
以下参考:http://blog.livedoor.jp/ohayooohayooo...
注意:絶食に熟知した医師の元で行うことが必要で個人で行わないこと。アシドーシスで­は症状が再燃する可能性がある。特に頭痛・喘息・アナフィラキシーショック、精神症状­がある人。

Tag:いま知って欲しいこと  comment:0 

「子どもたちを救った奇跡の食育物語」 『給食で死ぬ!!』 大塚貢先生

「子どもたちを救った奇跡の食育物語」 『給食で死ぬ!!』 大塚貢先生

2013/03/12 に公開

Tag:いま知って欲しいこと  comment:0 

~痛くない・刺激しない・触れない整体治療~ENNインタビュー・木村仁さん

ENNインタビュー・木村仁さん

2014/03/16 に公開
ENNスペシャルインタビュー 木村仁さん
『 国民皆医をめざし利他に生きる
~痛くない・刺激しない・触れない整体治療~ 』
ゲスト 木村仁(キムラ・ヒトシ)さん むつう整体 創始者
1974年鍼灸治療院開業。
カイロプラクティック治療、ホメオパシー療法の研究を経て、91年無刺激・無接触(波­動)によるむつう整体治療を始める。現在、銀座中央治療室をはじめ、全国30ヵ所以上­むつう整体院がある。
主な書籍に『ゼロ波動の癒し 入門編』『0波動の癒し 実践編』 祥伝社刊、『ゼロ波動健康法』たま出版刊がある。
http://www.mutsuu.com/
----------------------------------------­-----------------   
インタビュア 根本佳代子
----------------------------------------­-------
取材:幸塾TV
http://www.saiwaijyuku.gr.jp/
提供:ENN(エヴァ・ニュース・ネットワーク)
http://www.evahtv.com/

Tag:いま知って欲しいこと  comment:0 

ENN・「いま知って欲しいこと」 飛谷ユミ子さん

ENN・「いま知って欲しいこと」 飛谷ユミ子さん

2012/10/11 に公開

Tag:いま知って欲しいこと  comment:0 

生きる力 ゲンマイ
見出し
2016年1月1日 新年を迎え、日本に生まれた幸せをかみしめ、日本人で有る事の誇りを持ち、 生きる喜びを持ち続けたいと願いました。
カレンダー

カテゴリ
新鮮な野菜と果物・ゲンマイそしてPCの山暮らしです
2011・2012この凄まじい年を生きている。幻想の世界が終り2013より今現在考えの及ばない 世界に入ると云われている。*私達の力がどれ程強いか、自己主権を持った者であり自由であるそれが現実です。意識が自由になって初めてそれが外に現れると。本当の自分を思い出す時が来た(ジョージ・カヴァシラス)