ジョージKavassilasは闇、ニビルと2012年の恐怖の3日間について語る

ジョージKavassilasは闇、ニビルと2012年の恐怖の3日間について語る

アップロード日:2012年2月21日
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
人間はマインドコントロールから抜けるhttp://oserhumanosaindodomindcontrol.blogspot.pt/
(3日間の闇について、ジョージ・カバシラス氏の推測)
多くの人々が3日間の闇について語ってきましたが、私も子供達が小さかった頃にあるビジョンが目に浮かんだのです。そのビジョンとは、子供達は既に大人になっており、皆で窓の外を眺めていたのですが、日中にもかかわらず外は真っ暗なのです。私はそんな未来まで生きているかどうか分かりませんでしたのこのビジョンには現実味がなく、3日間の闇は起きないだろうと思いました。しかし数日間考えた末に、ニビルの接近とニビルの後部から光が射していることが分かったのです。ニビルはやがて地球と太陽の間に入り、太陽の光を遮ることになるかもしれません。これが3日間の闇の原因となるのかもしれません。地球の回転が逆回りになるために闇が訪れると言う人もいますが、それには同意できません。ニビルは現在、太陽の後ろにいます。非常に大きな惑星です。以前、私は時間を超えて2つの月を見たことをお伝えしたことがあります。夜空に浮かぶ2つの月を見えたのです。新たに見えた月は慣れ親しんだ月よりも地球からの距離はかなり離れてる(引力の違いを感じたため距離が非常に遠いことが分った)のに、私達の月よりも少しだけ大きく見えており、血のように赤い色をしていました。このように過去に浮かんだニビルや光のイメージがもうじき起きようとしていることが分ってきました。
(日本や世界や宇宙の動向より抜粋)

Tag:ジョージ・カヴァシラス  comment:0 

プロフィール・ジョージ・カヴァシラス

ジョージ・カヴァシラス ~ アセンション ~ より【転載】
6・30J

プロフィール
7・10j私はジョージ・カヴァシラスといいます。 私は2003年にした宇宙次元の旅を含め、様々な範囲に及ぶ経験をし、地球の生活が一体何なのかを再び発見しました。 皆さんが信じ込まされていることより遥かに重要です。

皆さんは想像されるより遥かに重要で素晴らしい存在で、宇宙規模に関わるもっと大きな計画に携わっているのです。 私は桁外れた経験から得た知識と知恵を皆さんに共有したいと願います。 その経験は様々な善意的および悪意的な宇宙人との接触を含みます。

私はアセンション過程についても包括的に理解していて、その理解はDNAがホモ・イルミナス/ヒューマンに変化する二つの主要段階のタイミングとそれを数値関係で示すハーモニックスを含みます。

私が所属するスピリチャル・ハイヤラーキーと光の銀河評議会は、光の銀河連盟と名乗るグループではないことを理解してください。 2004年に講義をした当時、私も光の銀河連盟に操作されていたのです。 しかし、大半の情報は有効です。 私の情報を理解していただくと、この区別が皆にとって重要になります。


日本や世界や宇宙の動向 より【転載】

2011年01月21日19:26
人類に何が起こるの?

ジョージ・カバシラス氏によると、地球がアセンション
すると同時に、5次元の入口が開き、人々がその入口
を通り抜けて、地球といっしょに5次元の世界へ進む
らしい。それって、死なずに、身体がこの地上から消える
ってことかな。なんだか、3次元で生きてきた私にとって
想像しがたいことだけど、実際に起こると断言してた。
http://www.youtube.com/watch?v=yCc05SkWHqE&feature=related
白馬栂池・水芭蕉

xyakoさんが 2007/08/15 にアップロード
6月中旬、栂池自然園の水芭蕉祭りの初日。ここは日本で最も遅く水芭蕉が見られるのだとか...。
残雪の白馬三山がとても雄大だ。


2011年01月20日13:37
アセンションに関する世界中の情報

私はある意味、ラッキーかもしれない。
海外にも在住し、英語に親しんできたので、
英語がわかる。いや、たった日本語と英語だけ
しか分からないけど。。。宇宙人の言葉は無理だし。
で、私がよく観るのはYoutube。世界中の情報が
目白押し。なので、いろんな情報を集めて、自分なり
に解釈して、心で感じて、まとめている。
どれが正しい情報か、分からなくなることもあるけど、
自分の心に訊いてみるのが一番いいと思う。
ここ最近、アセンションに関しての動画は、日本語の
字幕が付けられているのが多くなったので良かった。
多くの日本人が観ることができるし。。。。
わたしのお勧めの動画は、オーストラリアの
George KavassilasさんとアメリカのKiesha Crowtherさん
のです!
http://www.youtube.com/watch?v=YjY5fNOVZFw&feature=related
http://www.youtube.com/watch?v=hKYMcfZMHNo


2011年01月19日21:07
今のうちに自然を存分に味わおう!

もうじき地球が変わってしまう。
だから、今のうちに自然を存分に味わいたい。
日本の山が大好き。
なんて、きれいなんだろう。
母なる大地を感じるひと時。
http://www.youtube.com/watch?v=9xG6GXPkAAo&feature=pyv&ad=6314373722&kw=%E7%99%BB%E5%B1%B1
Relaxing〜scenery in Japan 癒しの秋景色 北海道 上富良野

okanokumoさんが 2010/12/02 にアップロード
Kamifurano Hokkaido Japan Oct.
手前に黄色く波打っているのはアスパラガスです、余り知られていませんがアスパラガスは秋になると鮮やかに黄色く紅葉します。 北海道 上富良野 10月中旬
My all uploaded are
http://www.youtube.com/user/okanokumo/videos?view=pl
UPしたすべてはこちらです
http://www.youtube.com/user/okanokumo/videos?view=pl

Tag:ジョージ・カヴァシラス  comment:0 

集合集団意識の罠10月 29, 2011 ジョージ・カヴァシラス

ジョージ・カヴァシラス アセンションとその彼方 より【転載】
6・30J

集合集団意識の罠10月 29, 2011 投稿者 spiritualessence
スピリチャル界で頻繁に耳にするワンネス(一体感)という言葉。  果たしてワンネスとは一体どの様なことを指すのでしょうか。  何故なら、現在スピリチャル界で広く浸透しているのはワンネスを偽った集合集団意識だからです。  集合集団意識を説明する前にまず集団意識が何か理解する必要があります。  集団意識とは、分かりやすく言えば、群れ意識というものです。  同じ思想の下、群れを統一するリーダーをトップに団結するという構造です。 群で行動することで群れ意識が芽生え、個別行動より団体行動を優先するようになります。 アリやハチなどの昆虫社会もそうですし、人間社会もそうです。  団結しているので一見するとワンネスに見えますが支配組織です。  それでは集合集団意識とは何か。 それは集団意識の集まりです。  下の絵をご覧ください。
7・8j1
つまり、いくつもの集団意識を束ねたものです。 人間社会を例に挙げて見ると、国という枠組みにはまず市町村があり、それを都道府県が支配し、それを国家が支配します。 更に国家は国連という枠組みに支配されてます。  会社もそうです。 各部署があり、それを束ねるのが会社です。 ピラミッドのような権力構造が浮かび上がるのがお分かりでしょう。  私たちは知らない内に様々な集合集団意識に同化されているのです。

さて、この構造をそのまま宇宙規模に当てはめて考えてみてください。  地球を国連未加入の独裁国家に例えれば、外から文化思想・社会システム・スピリチャル哲学を売り込もうとする4次元宇宙人らは資本主義を売り込もうとする欧米諸国といった所です。 独裁国家の国民からすれば欧米諸国は自由でパラダイスに見えますが、国連自体が支配組織であることには変わりありません。  従って、彼らが言うワンネスとは4次元集合集団意識への同化を意味し、実はワンネスではないのです。
7・8j2
真のワンネスはどちらかと言うと個別主義です。  何故なら、私たちはハイヤーセルフを通して全ての生命に繋がっているからです。  私たちは皆それぞれ異なる旅をしてきた訳であり、違いがあって当然です。  スマップの曲で「世界で一つだけの花」というのがあるのをご存知ですよね。  あの歌詞の素晴らしい所は、人の違いを花に例えている点です。  仮に集合集団意識とワンネスを花に例えるならば、全ての花を同じ種類に統一し、同じように植えたのが集合集団意識です。 人工的で味の無いのが分かるでしょうか。  一方、様々な種類の花が伸び伸びと咲き、周囲と見事に調和して美しい景色を作り上げている状態がワンネスです。  つまり、真のワンネスとは個別主義を維持しつつ周りの生命と調和した状態を言うのであり、同じ考えや思想の元で群れを成す集団意識とは違いますので注意してください。 

Tag:ジョージ・カヴァシラス  comment:0 

宇宙次元構造 10月 25, 2011

ジョージ・カヴァシラス アセンションとその彼方 より【転載】
6・30J

宇宙次元構造
10月 25, 2011 投稿者 spiritualessence
ジョージの講義やスケッチを元に宇宙次元の構造図を作成しました。 お役に立てば幸いです。
7・8j
(補足説明)
全体(13次元): 次元に分離していない宇宙全体です。 
9次元: 魂養成所と呼ばれる所。 この次元からこの宇宙の中に入り、旅を開始。 魂 / 私は存在するものがあるのもこの次元です。
9-8次元: 魂 / 私は存在するものが管轄する領域。
虚空間: エネルギー次元と物理構造次元を仕切る防御壁の役割。
7次元: 物理構造最高次元。 無性別の魂 / 私は存在するものはこの次元で男性と女性に分離します(ツインフレーム)。
7次元-5次元: ハイヤーセルフが管轄する領域。
5次元: 一般的に「天国」と呼ばれている場所がここです。 低宇宙の旅を計画した次元。
虚空間: 高宇宙(5次元から上)と低宇宙(4次元から下)を仕切る防御壁の役割。
4次元: 物理最大次元。 拡大・分離が最も進んだ次元です。 この次元から闇と光(偽の光)に分裂し始める。 宇宙規模の争いが絶えず、オリオン星雲で起こったオリオン戦争は有名。 又、宇宙次元を偽った多層波動領域が存在する。
3次元: 私たちが現在いる次元です。 圧縮・ワンネスへの道。  地球の経験は、宇宙規模のカルマを惑星レベルに圧縮したものであるため、2元性が最も熾烈で過酷。 魂のハーバード大学。

Tag:ジョージ・カヴァシラス  comment:0 

アセンションへの道筋 3月 9, 2011

ジョージ・カヴァシラス アセンションとその彼方 より【転載】
6・30J

アセンションへの道筋
3月 9, 2011 投稿者 spiritualessence

ビデオを見ても2元性の概念が分からないという人たちのために簡潔に説明いたします。

闇(テクノロジー)
一般的に知られている悪で、闇勢力が支配する枠組みです。 テクノロジーで人々を誘惑します。

偽の光(条件付きの愛)
実はこれも闇勢力が支配する枠組みで、光と愛とポジティブを強調したがります。 光と言っても、闇とネガティブを拒絶する「条件付きの愛」です。 表裏逆というだけで、闇と同一レベルです。 独善的な考え方で、善か悪か、愛か恐怖か、ポジティブかネガティブか、正か誤かというように、この枠組みに捕らわれた者は二者択一の観点から物事を見てしまいます。 二者択一している段階で既に条件付きの愛になっている事に気付いてください。 条件付きの愛は相手に条件を突きつけて束縛する、一種の支配エネルギーです。 宗教、グル、チャネリングなどが存在しますが、スピリチャルの教えの9割超はこの枠組みです。 条件付きの愛を使って人々を誘惑します。

真の光(無条件の愛)
闇と光を統合した光です。 地球で2元性を経験している理由がここにあります。 2元性に捕らわれず、中立的な観点から物事を見れるため、無条件の愛になります。 神は差別・批判いたしません。 一元性が分離して2元性が生まれた訳ですから、一元性に戻るには2元性を統合する必要があるのです。  私たちがいる宇宙は波形宇宙と呼ばれ、下の正弦波の図でも分かるように、2極性の特徴を持った構造をしているのです。 
7・7j
つまり、2元性のどちらを選択しても、2元性サイクルから出れないのです。 同じような出来事が過去何度も繰り返し起こっているのはそのためです。 ネガテイブを拒絶しても無くなるどころか、逆に大きく反発して戻ってきます。 エネルギーのバランスを保とうとするからです。 ネガティブはポジティブと統合することで分解され、中性になります。 これがジョージが言うゼロ点や中心を見つけるということです。

Tag:ジョージ・カヴァシラス  comment:0 

わあ、現在時間が早く進んでいる気がしませんか。心からのメッセージ – 2010年8月

ジョージ・カヴァシラス アセンションとその彼方 より【転載】
6・30J

心からのメッセージ – 2010年8月
3月 4, 2011 投稿者 spiritualessence
こんにちは、素晴らしき人たち

わあ、現在時間が早く進んでいる気がしませんか。 人生がいかにお手上げで、どうにもならない状態であれ、皆さんは大きな変化の最中、時空を超えて進んでいるのです。 外から見たこの現実には驚きます。 宇宙にいる生命の大半は、どうしたら一箇所にこれだけのエネルギーが集まるのか、開いた口がふさがらないほど驚いているのです。

しばらくお話したいと思っていた特定のテーマがありましたが、今朝まで話す気分になれませんでした。 今日私は直感に導かれ、宇宙にいる生命の大半が呼ぶ、条件付きの愛の白い光について語りたいと思います。 今までこのテーマについてお話するのを躊躇してきたのは、大半の人がこの波動に属する手法や模範の範囲で活動するグループにつぎ込んでいるからです。 インターネット上あちこちで見ます。 一種の産業になっていて、人々はこの波動レベルで活動するこれらの黙想やチャネリング等のグループに入り、自分以外の者に力を与え続けているのです。 とても残念です。

又、グルと特定の宇宙人が一体感(ワンネス)について語るのを聞きます。 彼らが語る一体感は、宇宙意識と本質的に繋がることではありません。 彼らの語る一体感とは、集合集団意識を意味し、人々は松果腺を通して同化されるのです。 これらの集合集団意識は、時間をかけて成長し、他の生命を食い物にし、膨大な知識を吸収し、強大に成長しました。 集合集団意識に繋がった者は、幸福感を感じ、膨大な知識にアクセスすることが許されます。 精神やアストラル・トラベルを通し、3次元と4次元にある集合集団意識に繋がることも可能で、これらに繋がった者は神と一体化したと錯覚するのです。 信じ難いかも知れませんが、真実です。 グルを通してこれらをすでに体験した人がいるのを承知しています。

しかし、世界中から瞑想やチャネリング等のグループについての問い合わせのメールをたくさん頂いています。 そして、見せかけの愛・光・一体感の話ばかりで何か変だと感じている方も多くいるのにも気づきました。 人々の中には反応して、「ちょっと待ってください。 何故愛に関することが良くないことなのですか。」と思う方がいるのを承知しています。

私たちは今、偽愛謀略を見破る時期に来ているのです。 以前これを共有したのですが、特定のグループから強烈に非難されました。 この偽愛に関する私の見解は、低次元の二元性概念を超越した観点から来ているのです。 それがどういう意味かを説明しましょう。

つまり、私たちはこの惑星で負エネルギーを長い歳月をかけて浴びてきました。 今何が起こっているかと言うと、二元性のもう片方のエネルギーがこの現実に降り注いでいるのです。 エネルギーのバランスを保つため、正エネルギーが注入される必要があるからです。 負エネルギーの期間と比べ、正エネルギーの期間は極端に短いため、条件付きの愛の白い光はとても強烈である必要があるのです。 私たちは、長い歳月の間無条件の愛を剥奪され続け、分離の旅の過程で無条件の愛がどういう感じだったのかを忘れてしまったとことを考慮することが重要です。 私が「我らの旅と大謀略」の講義で言った通り、人々は、まるでキャンディーを渡された子供のように、この低次元版の愛に落ちるでしょう。 もちろん、愛は愛なのですが、限られた愛なのです。 何故なら、それは二元性の片方に過ぎないからです。

実質的にチャネリングは全て条件付きの愛の枠組みです。 この枠組みとエネルギーに巻き込まれた宇宙人種族が多くいます。 体外から光や色を取り入れる瞑想手法には気をつけてください。 特にクラウン・チャクラ(上頭部)を通してです。 私が以前、4次元は精神次元だと述べたことがあるのを覚えているでしょうか。 4次元上層部にいる生命は、こうして私たちを操るのです。 松果腺を再開花して行う彼らのアセンションは旧プログラムです。 彼らの限られたアセンションについて警告しましたが、悲しいことに、その第1ステージをインターネット上のあちらこちらで見かけます。 私たちの中には、生命の本質的な愛・光・知識が全て存在するのです。 体外から何も取り入れる必要はないのです!!! 私が生涯かけて接触してきた自然な光の生命と宇宙人は、これらの生命や黙想手法のように、体外から光を取り込むように頼んだりすることは決してありません。 決してないのです! 彼らは私たちの自己主権に対して敬意の念を持ち、エネルギーの自然の流れと周りの生命との交流について指摘してくれるだけです。

もし光を使って瞑想するのであれば、意識を内光がある胸腺の位置に集中させ、外にむかって浸透させ、体全体を覆うように素晴らしい内光を放出させてください。 それで、光を誰にでも何にでも送ってもかまいません。 この方法に気が進まないようであれば、自尊心の問題があるかもしれません。 光を取り入れるように頼む、所謂、アセンデット・マスターや天使という者たちは、あなたの自己主権に対し敬意の念を持たず、まるで助けを必要とする子供を見るように、あなたより上の目線から見ているのです。 こうすることで、あなたが自尊心を損なうように仕向けるのです。 あなた自身の偉大さを思い出して下さい。 転生サイクルを卒業して宇宙創造主になるため、あなたは勇敢にも全ての力を放棄し、地球に転生したことを思い出して下さい。 彼らはあなたが何者で、これから何になろうとしているかに嫉妬しているのです。 それを妨げるため、彼らは、あなたは何も出来ない子供で、彼らの方法と光のみ安全であるという見解をこれからも強要し続けるでしょう。

これは遥かに大規模な、「問題・反応・解決」謀略であることを分かって下さい。 銀河レベルも超越し、宇宙レベルなのです。 闇勢力の共通アジェンダは、人類から真の愛と知識を長い歳月の間剥奪し、私たちに真の愛がどういった感じだったかを忘れさせます。 そして転生サイクル終盤になると、混乱を引き起こすと同時に彼ら独自の愛を売り込み、彼らの愛が人々の目に触れる唯一の安全標識になるように仕向けるのです。

彼らの天才ぶりに一定の評価をしてあげてください。 しかし、私たちのハイアーセルフの力と認識力には到底及びません。

私は、皆さんにこれらの枠組みから退き、世界で何が起こっているか調べてみるよう頼みます。 愛の最初の兆候に群がる程躍起にならないでください。 辛抱強く構え、近い将来あなたの覚醒が容易かつ優雅な形で自動的に起こることを分かってください。 無理に何かする必要はないのです。 そして、あなた自身が何者なのか、何処から来たのか、何処に行くのか、本当の力がどれ程強大なのかが分かるでしょう。

このメッセージが皆さんの更なる見解を理解する手助けになり、したがって判断力向上に役立てることを願います。
愛、解放、勇気 ジョージ・カヴァシラス

Tag:ジョージ・カヴァシラス  comment:0 

こんにちは、素晴らしき人たち・心からのメッセージ – 2010年7月

ジョージ・カヴァシラス アセンションとその彼方 より【転載】
6・30J

心からのメッセージ – 2010年7月
3月 4, 2011 投稿者 spiritualessence
こんにちは、素晴らしき人たち

やっとコンピュータを手に入れ、インターネットに接続しました。 控えめに言えども、興味深い経験だったと言えます。 インターネット環境が整ったことで、皆さんともっと容易かつ優雅にコミュニケーションを取ることが可能になりました。

もっと定期的に私たちの知恵を掲載するつもりです。 何故私たちの知恵と言うかというと、私は皆さんに何一つ新しいことを教えていないからです。 私はただ、既に皆さん一人一人に秘める偉大な唯一の事実を思い出す手助けをしているだけです。 ただそれだけです。 私は、皆さんが奥底に存在する自身の本質と接触し、私たちが何者なのか、何処から来たのか、ここで何をしているのかを再び発見し、思い出すように促すことで、さらに探求する引き金を提供しているのです。

これが私の精神です。
皆さんに更なる見解を共有する機会を楽しみにしています。

愛、解放、勇気 ジョージ・カヴァシラス

Tag:ジョージ・カヴァシラス  comment:0 

エホバや”天使”たちの騙しテクニック2012年05月30日(カバシラスさんのメッセージ)

日本や世界や宇宙の動向 より【転載】

2012年05月30日15:31
エホバや”天使”たちの騙しテクニック

ジョージ・カバシラスさんのインタビューから:
創造主として崇められてきたエホバには注意が必要だそうです。エホバは長い間、宗教の頂点に君臨しており、そのエホバを信じてやまない人々が世界にはたくさんいますが、エホバに関わることは危険であると言っています。私も以前から宗教は、支配者が人間を支配するために創った道具だと言ってきました。何も知らずに宗教の教えを信じて、宗教の狭い世界(牢獄)の中に閉じ込められて、自由を知ることなく、そのような牢獄で一生を終えるなんて、なんて不自由でつまらない人生なのでしょうか。もちろん、宗教の教えがあろうがなかろうが、世の中で悪いことをしてはいけません。ところで、ある本に書いてありましたが、人間は、これまでいろんな存在として転生した経験があるそうです。地球創世記の水や大気、惑星や星、魚やロボットにも生まれ変わっているそうです。
さて欧米のニューエイジ・ムーブメントなどでは盛んに天使的な存在や高次元的な存在とチャネリングする人がいますが、怪しいものがたくさんあります。その多くは4次元領域での創り話の主人公でしかないのです。
以前、ネイティブ・アメリカンのロバートモーニングスカイさんがこんなことを(ビデオで)言っています。人間が死ぬと、みな光のトンネルに導かれて行くが、そのままついていくのではなく、向きを変えて、広い宇宙のかなたに目を向けなさいと。そこには真の光の世界がありますと。自分で進む道は自分が選べるのです。。。右へ行けと言われても左に行けるのです。
http://www.youtube.com/watch?NR=1&v=IcH62LGSHdg&feature=endscreen
指示通りに動くだけなら、人間は永遠に4次元領域から出られずに何回でも同じ領域で転生を繰り返すことになりますね。
天使のような優しい言葉をかける存在でさえ、気を付けなければいけませんね。

http://www.youtube.com/watch?v=u8yg6vEho9Y&feature=related
エホバジョージKavassilas
http://www.youtube.com/watch?v=u8yg6vEho9Y&feature=related
RKseekeroftruth さんが2012年5月19日に公開

(カバシラスさんのメッセージ)
私は、エホバは土星の意識体と認識しています。エホバは太陽から太陽系の支配権を奪い取ろうと争いを繰り返しています。土星は光輝く星である太陽に嫉妬しています。しかし太陽に嫉妬している遊星がもう1つあります。それは二ビル星です。エホバは非常に支配欲が強く、誠意を偽ることに長けています。彼はどのようにして愛の仮面をかぶるかも熟知しています。人々が天使のような存在や高次元の指導者と関わりを持つときは注意をしなければなりません。エホバは大宇宙の中にもう一つの宇宙を創り、その中にこれらの生命体を創造したからです。つまり、大宇宙のバブルの中にもう一つの宇宙のバブルを創造したということです。
土星などの惑星意識体は、物質的にも霊的にも存在します。最初に肉体を持って地球に降りてきて、遺伝子操作で人間を創りました。現在、物質的には惑星として機能しています。彼等は銀河系宇宙の巨大な4次元領域内に存在しています。この4次元領域は非常に巨大であり、内部にはいくつもの層があります。一番高い層では神界のような光の世界を演出しています。そこから現れる生命体は、光の存在と同様に見え、人間の前には光輝く神として現れます。しかし、人々は本当にそれらの存在に注意をしなければなりません。なぜなら、これらの4次元の存在は、4次元や3次元の低次元宇宙に非常に長い間(何十億年と)生き続けており、多くの進化を遂げてきましたので、彼等は彼等独自の光の世界を創造できるようになったのです。そしてその中には何万もの宇宙種族が生存しています。そして、彼等は星座や銀河系なども創り、自分たちは天使、高次元の指導者、神などと名乗ります。彼等はこのようなことを非常に賢くやってのけます。
私は人々に恐怖を植え付けようとしているのではありません。むしろ、人々に勇気をもってもらいたいのです。どうかナイーブにならないでください。我々はネガティブなエネルギーに非常に長い間、晒されてきましたから、ネガティブな宇宙の存在には気を付けなければなりません。自分のハートの奥に感じるものを信じてください。7つのチャクラのうちのハートチャクラではありません。自分自身の真のハートの一番深い部分です。真の’愛’や’エネルギー’という部分です。
エホバは宇宙の全てを創造した創造主と呼ばれていますが、それは全くの誤りです。これはエホバのエゴであり我々を騙しているだけです。私が最近この銀河系宇宙内を旅したときに、実際にエホバのエネルギーと遭遇しました。彼は4次元領域の最上階に君臨していました。エホバは聖書でさえも、非常にネガティブで嫉妬深く憎むべき存在だと書かれています。
この宇宙には、我々全員が集まった”集合体”よりも偉大な存在はありません。我々の存在は永遠に続くのです。ですから、この宇宙には我々以上に優れた存在はありません。大宇宙を創造した真の創造主は、我々は宇宙の全てであり、永遠の存在であると言います。この宇宙の構造には気をつけなければなりません。何しろ、この低次元の宇宙には完全に分離した層(領域)がいくつも存在し、お互いの領域を認識することができません。しかし、実際は分離していません。そのように思い込みをさせられているのです。この宇宙の支配者達は、低次元に長い間存在し続けていますが、彼等自身が目を覚まさない限りは永遠に低次元に留まるでしょう。
彼等の中には、特に長い間この低次元の宇宙に存在し続けたものもおり、我々に乗り越えるべき課題を与えてきました。その点では、私はエホバが私に与えてきた試練、苦しみ、悲しみにも感謝をしたいです。お陰で私はいろいろな事を学ぶことができました。
東洋の哲学や宗教でよく用いられる”集団意識”という言葉には気を付けてください。集団意識は蜂の巣やアリの巣と同じように機能します。彼等は、私たちは一つであり、みな平等であると言います。もちろん、その通りなのですが、彼等が言う集合意識は彼等に都合の良い意味が含まれています。彼等はハートの中心に集中する技を知っていますが、それはむしろ精神的概念にすぎません。彼等は、我々は一つであると言いますが、霊と肉体しか考えておらず、自分自身(魂)のアイデンティティがありません。これは非常に危険なことです。アイデンティティとは、自分自身を分ることです。それはエゴではありません。自分のアイデンティティを取り除いてしまったら、自分自身の存在が消えてしまいます。つまり、このような集合意識に自分自身のアイデンティティを完全に手渡してしまうことなのです。これは創造された大宇宙の機能に反します。大宇宙の創造主の意にも反します。
もちろん、我々はお互いが繋がっており、宇宙の一部であり、みな一つではありますが、自分のアイデンティティを失ってはいけません。アイデンティティがなければ、あなた自身は存在しません。宇宙の支配者たちは、あなた方のアイデンティティを剥ぎ取ろうとしているのです。そして、自分が”無”であると信じさせるのです。自分が無であると思いこむことは危険です。4次元と5次元の境、そして7次元んと8次元の間にあるもう一つの境を通り過ぎると、我々は、自分自身を認識し、自分は永遠の存在であることを理解するのです。我々は、元々は高次元の魂であり、人間として低次元に降臨した時、この銀河宇宙を真の創造主とともに創り上げたのです。ですから、我々は星であり、惑星であり、それぞれが宇宙なのです。例えばあなたは銀河系や星です。私は惑星です。なせ、私が惑星かというと、銀河系が魅力的であり、その銀河の惑星になりたいからです。
我々はこの銀河系の波動と一致しており、魅力的に感じたからここに存在するのです。自分の創る銀河系の投影がこの銀河系です。この銀河系で経験する必要があったからここに存在するのです。其々、銀河系はユニークであり、あなた方もそれぞれユニークな存在です。星も惑星も一人の人物と同じです。全てが意識体であり、全てが生命体です。我々はお互いに繋がっています。そして我々は他の多くの次元にも同時に存在しています。この宇宙の支配者達は、我々はタダの人間であり、霊体であり、人間として経験を重ねているだけだと教え込みます。そのため、死後は再びタダの霊体となるだけです。それ以上の大きな存在にはなれません。彼等は我々を4次元の領域だけに閉じ込めておきたいのです。これは太陽系が物体を重力で引き付けているようなものです。この宇宙の支配者達は、様々な最先端テクノロジーを使って、我々を騙してきました。彼等は彼等が創ったこの低次元の宇宙に、できる限り多くの人間を閉じ込めておきたいのです。なぜなら、我々は彼等にエネルギーを供給しているからです。ですから、今後、彼等は最も洗練されたプログラムで我々を騙し続けます。
太古から長い宇宙の時代を経過して進化させた彼等の最も優れたテクノロジーをこの宇宙や地球で使いながら、我々を騙すのです。このような警告に対して(せっかくポジティブな存在が現れたのになぜ悪者扱いをするのだ、と)反論する人がいますが、そのような人に伝えたいです。長い間、我々は、完全なネガティブエネルギーの宇宙の中で生かされてきており、支配者達に騙されてきたのです。このようなネガティブエネルギーに晒されてきてきた我々が、突然、愛だの光だのと言う存在を知った時にすぐに信用すべきでしょうか。そのようにナイーブになることは危険です。そのような優しい呼びかけを信じて、厳しい世界から現実逃避をすることは危険です。すぐにそのような存在を信じるのではなく、一歩下がって眺めてください。そのような存在については自分で何回も精査してください。自分の真のハートの奥深くまで見つめて感じてください。最後に決めるのは自分自身です。

Tag:ジョージ・カヴァシラス  comment:0 

今日のメッセージは、実は私がイエスの言葉を否定しているというコメントに対する返信レターです

ジョージ・カヴァシラス アセンションとその彼方 より【転載】
6・30J

心からのメッセージ – 2009年6月
3月 4, 2011 投稿者 spiritualessence
こんにちは、素晴らしき人たち。 私が前回メッセージを書いてからかなり経ちますね。 生活のあるゆる方面で激しさが増し、永遠の生に向けたサイクルが終わりを遂げる中、この素晴らしい惑星にいることに心躍る気分です。

今日のメッセージは、実は私がイエスの言葉を否定しているというコメントに対する返信レターです。 返信ではありますが、皆さんに忘れられた知識を共有する機会でもあります。 したがって、読んでいただく方にさらなる見解を共有できるかと思います。 又、宗教といった特定の問題に対し、私の明確な立場を示す手助けにもなります。 私の立場をもっと詳しく知りたいと思う方がいらっしゃるのは承知しています。

こんにちは、ポールさん
そのようなコメントに対し返信する機会をいただきありがとうございます。 こういったコメントには元気と自信を付けられるような気がします。 又、謙遜・慈悲・寛大な心を持って誠実で断固に返信出来るかを私に教えてくれます。

私はイエスの言葉を否定するのではなく、嘘と言語教義を何千年という長い歳月にかけて普及させてきた聖職者階級と教会の言葉を否定しているのです。 彼らは、今でも聖体と呼ばれる神聖な儀式を装った肉と血の儀式で人々を騙しつづけています。 私が知るイエスはテーブルを教会の外に放り出した際に激怒していました。 何故なら、両替商が民衆の弱みに付け込み、聖職者階級の代理人たちが教会の中で行う肉と血の儀式用に動物を売り買いしていたからです。
現在の儀式がいかに洗練されたものだとは言え、良い行いにはなりません。 又、どうのように偽装し、正当化し、象徴化したところで、所詮、
肉と血の儀式であることに変わりないのです!!!!!!!!!!!!!

皆さん、どうか目を覚ましてください。 私たちは2元性の世界にいるのです。 表裏入れ替わる時期が来たのです。 それでは、一体誰が教会を運営していると思われますか。 暗黒期から現在にかけて書かれた聖書や文書の中にもこの謀略が記載されているものが多くあります。 この幻想の洗練さを侮らないでください。 彼らの振る舞いに騙されないでください。 当時と同じグループが現在も教会を運営していないという単純で浅はかな考えは持たないでください。 彼らは当時イエスを迫害し、再び彼を迫害するつもりです。 ただ、今回教会は彼を反キリストと公然と名指するでしょう。 彼らは彼ら独自のイエスを推進させることしか興味がないのです。

彼らは300年かけて紀元後325年にニカイア信条で言語教義を再作成したのです。 それが所謂、聖書と呼ばれるものです。 それ以降、その教義を人々の心理に強要してきたのです。 又、彼らは翻訳で言葉を巧みに操り、それぞれの時代にあった言葉に合うように編集してきたのです。 それは、人々を特定の見方へと徐々に導き、真の光に向けた自然な道筋に軌道を合わせ、クライストスの愛へに向けてアセンションする人々を出来るだけ多く妨げるのが狙いです。

神の言葉は紙に書かれたインク文字ではありません! 神の言葉はロゴス(logos)*です。 つまり、波動、周波数、エネルギーといったもので、全ての生命から浸透・共鳴する存在なのです。 言語教義を使う教会の目的は、何層の歪んだ真実を人々の意識に植え付け、真のロゴスから切断し、彼らの魂を破壊・縮小させ、自分以外の者に力を与えるように仕向けることです。 

私が知るイエスは、人々に謙遜な祈祷式を通して服従的な奴隷のように跪き、救済を懇願することを決して望みません。 彼は単に私たちに自己主権、自己本質、宇宙創造である自由で自己主権を持った霊という認識を持ってもらうことを望んでいるだけなのです。 それは神の計画に沿った生命の流れと調和の取れたものです。 しかし、教会はこれを奪うことに躍起になっています。 教会を支配する宇宙人はあなたを所有物と見なしています。 あなたを所有したいと思っているのです。 グルやマスターと呼ばれる人の大半がそうであるように、彼らはあなたの力を食い物にする必要があるのです。

私が知るイエスは、かつて地球でクライスト・ソフィアとしてマグダレンという人物に転生した女性を尊重していました。 又、私が知るイエスは、名誉を重んじる男で、自身の魂の分身でもあるソウル・メイト及びツインフレームの妻を愛し、大切にしていました。
エッセネ派の平和福音書に書かれているイエスの引用は以下の通りです。 他の何百の文書や福音書と同じく、都合よく編集されずに残されていました。

「地球の母の天使たちは皆、汝に仕えるであろう。 汝の息、血、肉体は、地球の母のものと一つになり、汝の魂も天の父のものと一つになるであろう。 実を言うと、地球の母を通り抜けない限り、誰も天の父にたどり着けないだろう。」

講義で言ったように、「私が信仰しているのはキリスト教であり、教会教ではありません。」
私が何故これらのことを知っているかと人々は聞きます。 皆さんがご存知の通り、並外れた経験がある他、ハイアーセルフを通して自身の本質と繋がりがあるのです。 つまり、まだ限られているとはいえ、宇宙意識と繋がっているのです。 それからキリスト教総大司教の隠された血統の一つに転生したことがあり、時代はビザンチン帝国時代から使徒パウロ時代にまで遡ります。 カヴァシラスという名はカヴァラ管区から来た聖人シラスに由来します。 パウロがクライスト・ソフィアの知識と真の光に覚醒した後に彼の元を去ったのがシラスです。 それからシラスは男性愛国主義教会を設立するためにピーターの信奉者らと共にギリシャから中東に向けて旅をしたのです。 それ以降、ピーターの信奉者らは女性を迫害してきたのです。

元々教会はピーターではなく、マグダレンの手に託されていたのです。 ピーターと彼の信奉者らは当時存在していた司祭職の影響をかなり受けていました。 そして、ピーターを通して司祭職は、当時の地球十二の評議員会に侵入することに成功したのです(イエスと十二の使徒のことで、イエスが十二の評議会第十三目の議員。宇宙構造のフラクタル)。 私が今共有している情報は教会によって過去二千年の間厳重に守られてきた秘密であることを理解してください。 暗黒期から中世期にかけて何百万人もの無実の人が迫害・拷問・処刑されてきたのは、教会が真実を隠し、独自の現実を民衆に強要するためだったということを考えてみてください。

いいですか、この知識は私の血管の中を駆け巡っているのです。 それは細胞記憶を浸透・反響し、私には男性支配のキリスト教のエネルギーを変化させる義務があるのです。 私はこれらの言葉を体現しているので、信頼性という立場から説得力をもって何を言うべきかをお話することが出来るのです。 以前講義で言った通り、「私はこれらの出来事を実際に経験しているのです。」 又、以前講義で言った通り、黙示の時が来たのです。 つまり、善霊から知識が共有され、真実が明らかになり、謀略が暴露される時が来たということです。

映画「ダヴィンチ・コード」の飛行機のシーンでは、シラスは愛国主義男性修道僧で、女性がする息は全て罪であると言っているように描かれているのを知って興味深く感じるかもしれません。結局、あれは当時の教会と秘密のアジェンダを正確に描写していることになります。特に、女性がマグダレンとイエスの血統直系の子孫であることから。

さて、ポールさん、私が今日共有したことがあなたとこの文章を読むかも知れない方たちの判断力向上のお役に立てることを願います。 私が書いた内容の中には、賛否両論を呼ぶと感じる方もいるかも知れません。 幻想に没頭している人にとって真実は痛々しいはずです。 しかし、他の人は真実を聞いて共鳴し、解放的に感じるでしょう。
結論はどうであれ、あなたとこれを読んでくださる方たちに愛・解放・勇気を共有します。
ジョージ・カヴァシラス

Tag:ジョージ・カヴァシラス  comment:0 

心からのメッセージ – 2009年3月次の分岐点は私たちにとって意味深い時期である

ジョージ・カヴァシラス アセンションとその彼方 より【転載】
6・30J

心からのメッセージ – 2009年3月
3月 4, 2011 投稿者 spiritualessence
こんにちは、みなさん。

最近あまりメッセージを書けなくて申し訳ございませんが、私がコンピュータを持っていなく、現在大きな変化を経験している最中であることを分かって欲しいのです。 その結果、私の人生は今大きな移行時期にあるのです。

次の分岐点は私たちにとって意味深い時期であることをお伝えしようと思い、このメッセージを書いています。 この日のエネルギーは、控えめに言っても重要です。 私の次の講義が何故この日に行われる理由が分かります。 2009年3月21日に私たちは共同で黙示を発動させるのです。 この日から丁度4年後に、聖なる母地球は惑星光体を発動させて次元上昇し、地上に残る私たちを黄金時代に導き、新種の人類を誕生させます。 そして私たちは、キリスト、ブッダ、クリシュナと呼ばれるような人物と同等の存在になるのです。

ハイアーセルフから得た理解によると、この分岐点を境に多くの人がエネルギー・ワークや聖なる光の儀式を行うということです。 私の認識では、私たちは意識的に又は無意識のうちに、黙示を共同で発動させるということです。 ベールが剥がされ、真実が明らかにされる時がついに来たのです。

黙示に向けたこの勢いは私の次の講義に向けてつながっています。 私は皆さんだけでなく、支配層エリートと闇政府にも重要なメッセージがあるのです。 信じてください、彼らも私の言うこと聞きたいと思うはずです。

講義はビデオに収録し、出来るだけ早くネットに公表したいと思います。 私たちが過去の存在とその行い全てに対して責任を取っていることを思い出してください。 そして、これまで創造してきた存在を全て統合し、現時点で宇宙の進化は最高潮に達していることを覚えておいてください。 かつて偉大なテレンス・マックキーナが言ったように、「私たちがイベントの目玉です。」

愛、解放、勇気 ジョージ・カヴァシラス

Tag:ジョージ・カヴァシラス  comment:0 

生きる力 ゲンマイ
見出し
2016年1月1日 新年を迎え、日本に生まれた幸せをかみしめ、日本人で有る事の誇りを持ち、 生きる喜びを持ち続けたいと願いました。
カレンダー

カテゴリ
新鮮な野菜と果物・ゲンマイそしてPCの山暮らしです
2011・2012この凄まじい年を生きている。幻想の世界が終り2013より今現在考えの及ばない 世界に入ると云われている。*私達の力がどれ程強いか、自己主権を持った者であり自由であるそれが現実です。意識が自由になって初めてそれが外に現れると。本当の自分を思い出す時が来た(ジョージ・カヴァシラス)