平成25年(行ケ)99号(東京選管)不正選挙訴訟の訴状と被告の答弁書です。

『文殊菩薩(ブログ版)』 より【転載】   2013-10-11

 平成25年(行ケ)99号(東京選管)不正選挙訴訟の訴状と被告の答弁書です。

Richard Koshimizu's blog 2013/10/11 09:20
人気ブログランキングへ

平成25年(行ケ)99号(東京選管)不正選挙訴訟の訴状と被告の答弁書です。

板橋区開票所の開票終了をうむを言わせず翌日まで引き伸ばし、産経の新聞記事にも登場し、選管職員を震撼させたRK独立党猛者の出番です。法廷ではRKの出番すらないでしょう。乞うご期待。

http://yahoo.jp/box/pdRAA4

日時:10月22日(火) 午前11時00分

事件番号:平成25年(行ケ)第99号 東京高裁第16民事部ハB係:書記官;小倉さやか

原告代表者:手塚秀明 他2名(輿水正、坂本哲也)

法廷の番号:808号法廷(8階)

案件の詳細:投票用紙再確認のため板橋区保管の投票用紙の再開票、および結果如何により東京選挙区の結果無効との判決を求める 

Tag:文殊菩薩(ブログ版  comment:0 

アエラが報じた計数過程の恣意的操作による不正疑惑  先住民族末裔の反乱

『文殊菩薩(ブログ版)』 より【転載】2013-10-11
先住民族末裔の反乱
 アエラが報じた計数過程の恣意的操作による不正疑惑

先住民族末裔の反乱

 先の首相側近である衛藤晟一候補は高松市で得票がゼロであった問題に関し、高松選管内部から、「衛藤候補の票がゼロになったのは、この計数の段階だった」と暴露されている。ここでアエラは、

「そうなると有力になるのは、計数機にかける際、他の比例代表候補の票に衛藤氏の票が紛れ込んだという説だ。」とするものの、故意過失の判断を敢えて避けている。
しかしこれは明らかに恣意的な改竄があったものと考えられる。ある候補の200の束をばらけて機械に挿入力し、500の束になって出力されるわけだから、ここで人為的なミスで得票数が消滅する可能性はない。ただし、ここで作業にあたった選管職員が、A候補とB候補の投票用紙の束を同時に計数機に入力し、出力されたものをA候補の得票の束と誤認したとも考えられなくはないが、最終的に500束を選管がチェックして、バーコードを添付する手順となっていることから、その誤謬が最終段階まで見逃される可能性は皆無に近い。だが、「投票ゼロ」の生じた理由に関するアエラ誌の主張は、
・選管作業員が複数の候補者の投票用紙を混合し、それを一候補者のものとして処理し、以後ノーチェエックで開票へ

 仮にこれが事実であれば、選管の重過失によって、選挙結果が歪められたことは明白であり、アエラ誌のいう「真相は藪の中」では許されない。速やかに真相の究明にあたり、その事実と責任の所在及び処分を明記した上で、その結果を住民に開示する必要がある。

 私は実はこの記事は、不正の実体を煙に巻くための仮想ダミー記事ではないかとも疑っている。なぜなら本事案が問題となったNHKの報道では、ムサシの読取機内の登録漏れが指摘されていたからだ。これは想像の域を出ないが、読取機に事前に登録されていない候補者の投票用紙は無効票など別途出力され、それを投票数の帳尻併せのため、特定候補の投票の束とともに計数機にかけ、実体と乖離した特定候補500束を誕生させたのではないかと思われる。

 いずれにせよ、実名入りで選管サイドから、誤った処理の指摘がなされているのだから、選管及び当事者の責任を追及し、その誤りの実体を明らかにするよう住民と関係者は強く求めるべきであり、このまま風化させてはならないと思う。

 2013/10/9(水) 午後 10:09

 以前から話題となった不正選挙疑惑について、ここでもう一度振り返ってみよう。
不正疑惑は次の各段階で指摘されている。
1.投票箱の摩り替え(特に期日前投票)
2.開票段階での読み取り機での候補者名書き換え
3.投票用紙の束と一致しないバーコードを添付し、結果を改竄
   大きく分けると上記の各段階での不正が疑われているが、実は本ブログではもう一つの可能性を指摘していた。それは開票し立会人チェック後の候補者ごとに束ねられた200束程度を再度、計数機を用いて500束に束ね直す過程である。そもそも200を500に組みなおすことは、費用対効果や効率性の観点から、その意味は乏しく逆にそこに何らかの細工がなされているとネットで指摘する声もあった。

 今回のアエラの記事は、正に其の疑惑を再燃させる内容のものだ。
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20131009-00000005-sasahi-pol
投票したはずが… 高松市で「得票0」の奇怪〈AERA〉
dot. 10月9日(水)11時39分配信 

 今夏の参院選、首相側近である衛藤晟一候補は高松市で得票がゼロだった。市民は開票中に数百票が消えたと疑う。こんな重大事を放置していいのか。
 高松市に住む自営業、亀山巧さん(63)は最初、新聞の間違いだろうと気にも留めなかった。7月の参院選で比例代表への1票を自民党の衛藤晟一(せいいち)候補(大分県出身)に投じたが、地元紙には高松市内の衛藤氏の得票が「0」と書かれていたのだ。
 念のため、8月の後半になって高松市選挙管理委員会に問い合わせてみた。すると、やはり衛藤氏の高松市内の得票は、ゼロではないか。驚いて仲間の支持者3人に相談し、投票用紙を再点検するよう、8月30日付で市選管に抗議文を提出した。
 ところが、市選管は抗議を一蹴した。再点検するには、選挙期日から30日以内に、市選管を相手取り、所轄の高等裁判所(この場合は東京高裁)に提訴する必要があるという。
 間違いなく「えとうせいいち」と書いて投票箱に入れた票が消え、亀山さんは、「ゼロが正式記録として残る。それは衛藤さんに投票した一人として許せない」と、憤る。結果的に衛藤氏は、自民党の比例代表候補で10番目に多い20万4404票を集めて当選した。高松市での無得票は当落に影響を与えなかったが、公設秘書は残念がる。「支持者の票が無為になった」
 なぜこんな怪現象が起きたのか。市選管の説明をもとに、開票作業をたどってみる。
 市内には71カ所の投票所がある。7月21日の投開票日には、すべての投票箱が市香川総合体育館に集められ、午後9時過ぎに開票が始まった。投票箱は一斉に開かれ、投票用紙は開披台にのせられた。市職員らが用紙を集め、6台の投票用紙読み取り分類機にかけた。この機械は平仮名、漢字に関係なく、候補者名を幅広く認識できる。ここで票が消えることは考えにくい。
 次に投票用紙は、枚数を数える計数機にかけられた。市選管側は「衛藤候補の票がゼロになったのは、この計数の段階だった」(選挙課の岡弘哲(ひろのり)課長補佐)とみている。高松市民が疑いの目を向けているのも、この辺の動きだ。
 もし票を誰かが抜き取れば、投票者数と計数結果が合わなくなるが、今度の場合、この差は6票しかない。そうなると有力になるのは、計数機にかける際、他の比例代表候補の票に衛藤氏の票が紛れ込んだという説だ。
 故意か過失かは分からない。故意だとしたら何のためなのか。衛藤氏を落選させるためなのか。それとも、応援する候補の得票を増やすためなのか。高松市民の間で様々な噂(うわさ)が飛び交うが、真相は藪(やぶ)の中だ。
※AERA 2013年10月14日号

Tag:文殊菩薩(ブログ版  comment:0 

小沢捜査のあの捏造検事が優良企業に再就職していた (日刊ゲンダイ)

『文殊菩薩(ブログ版)』 より【転載】 2013-10-11
①阿修羅掲示板 
小沢捜査のあの捏造検事が
優良企業に再就職していた
    (日刊ゲンダイ)

★阿修羅♪ 掲示板 赤かぶ 日時 2013 年 10 月 09 日 21:20
http://www.asyura2.com/13//msg/741.html

小沢捜査のあの捏造検事が優良企業に再就職していた
http://ch.nicovideo.jp/nk-gendai/blomaga/ar363500

http://asumaken.blog41.fc2.com/blog-entry-10010.html
2013/10/9 日刊ゲンダイ

 生活の党の小沢一郎代表が無罪となった陸山会事件で、デッチ上げ調書を作った田代政弘元検事(46)の周辺がまた騒がしくなってきた。東京第1検察審査会が9月下旬、田代に対する新たな審査申し立てを受理したのだ。

 田代は陸山会事件の捜査報告書捏造により、虚偽有印公文書作成・同行使罪で市民団体に告発されたが、不起訴に。検察審でも不起訴不当となり、強制起訴を免れた。ところが、同じ罪で田代を告発していた元大阪高検公安部長の三井環氏が検察の不起訴を受け、改めて検察審に申し立てを行ったのだ。

 今ごろ、田代も「もういい加減にしてくれ」と頭を抱えているのだろうが、しっかり「第2の人生」を歩んでいる。昨年6月、検事を辞職後、すぐに大手化学メーカー、三菱化学の子会社「三菱化学メディエンスに再就職していた。

800臨床試薬の製造、販売会社で、年商約800億円、従業員は約2800人の大企業です。毎年10億~60億円の黒字をたたき出す優良会社で、国内で唯一、ドーピング(禁止薬物使用)の検査、分析機関でもある。7年後の東京五輪でも、ドーピング検査を担う中核と目されています」(経済ジャーナリスト)

田代は現在、総務部の「嘱託職員」。それにしても、なぜ、調書捏造の問題検事を採用したのか。三菱化学メディエンスは「在籍の有無も含めて社員の個人情報の公開は控えさせていただきます」(総務部)と回答した。

「田代元検事に再就職先を紹介したのは、検察上層部でしょう。親会社の三菱化学の監査役は代々、検事長クラスの天下りポストです。田代は法曹資格を剥奪されておらず、ほとぼりが冷めたら弁護士に転身するはず。それまでの腰掛けみたいなものだから、身分が嘱託なのだと思う」(検察担当記者)

小沢が裁判に縛りつけられていなければ、現在の政治状況も変わっていただろう。調書や捜査報告書を捏造してまで、政権交代の立役者を葬り去ろうとした男が、優良企業に転身なんて許されるのか。

Tag:文殊菩薩(ブログ版  comment:0 

北国新潟36度と露電子偵察機が米原潜マーキング、対米貿易・債権世界一の中軍がカリフォルニア上陸、追い込みである。

『文殊菩薩(ブログ版)』 より【転載】2013-10-12
①阿修羅掲示板
 北国新潟36度と露電子偵察機が米原潜マーキング、対米貿易・債権世界一の中軍がカリフォルニア上陸、追い込みである。

ポスト米英時代 日時 2013 年 10 月 11 日 15:51
http://www.asyura2.com/13/cult12/msg/349.html
(明るく憂える者)

昨日は心底気象兵器と実感したがくそじじいは日照時間という事を計算に入れていなかったようだが昨日も地球は自転も公転 も正常で真夏のような気温なのに日没は平常通りという日本だけ不自然に温めているのがバレバレである。

私も夏休みの宿題を全くせずに31日を迎え苦肉の策で最初と最後だけやっておっちょこちょいの先生を騙そうとした事が あったが当然廊下に立たされて来年は真ん中もやろうと正しく反省する事ができたが教師というのは子供に大事な事を教えて くれるものである。

しかしくそじじいは恩師に恵まれなかったようでいつもどうでもいい所に力を入れてここは手抜きしちゃ駄目だろうという所 を抜くから変に細かい日本人にはすぐバレてしまう訳である。

その上ロシアにこの下で米原潜が核を仕込もうとしてるぞー先月ジョイデス号が掘削してた所だぞー後よろしくーという感じ で月光仮面のように去り自衛隊のスクランブルも呼び込み大騒ぎにして海底の連中にやる気をなくさせるとはスマートである。

311の後に世界スケートを引き継いでくれた時もくそじじいへの怒りを表現したようなイキジビションや銀盤に人工地震の 波形と震源地を映し出すという私で言えば白紙の宿題ノートを校長室の前に貼り出されるみたいな事をするあたりが粋である。

巨大台風24号も気象兵器対決で潰してくれたようだが連中はしつこくも26号でも狙ってくるようだから日本中のオバタリ アンを差し出しますのでどうか今回もお助け下さいという感じである。

そんな訳でショックドクトリンの方はバシッと手を打ったが借金踏み倒しの方も報道ではデフォルトちょっと先送りという 流れのようだがその一方で旧ドル拒否というデノミ詐欺より酷いもろ踏み倒しも考えていそうで中国も堪忍袋の緒が切れて とうとうカリフォルニアに軍を上陸させたようでナニワ金融道で言えば追い込みである。

それも当然で紙屑の国債を押し売りしといて旧ドルで払おうとしたらそれは駄目だぴょーん元が欲しいピョーンみたいな事を考えていそうで多重債務国というのはとにかくふざけた事を考えるというのがお約束で信用ならない訳でつべこべ言わずに マグロ漁船に乗りやがれと脅さないと私から買ったあなたが悪いとか逆ギレする訳でノルマンディー上陸作戦的装備で取り立て をしないとああたらこうたら言い訳したり泣き落としに出たりあらゆるテクを使うので我慢の限界を超えた中国軍の実力行使は 当然で私で言えば家庭訪問の日に脇に座らされて泣きながら宿題をやらされたのと同じで私もブラックな小学校に入学した為に サービス残業を強いられた過去があるからこそ氷河期世代の気持ちがよく分かる訳だが多重債務国にはそれぐらいやらなければ 駄目で今回は米国の経営権が中国に移りつつあるようだが対米債権国で割譲して偽ユダヤの乗っ取りをした方が数段ましだが 日本も破綻したデトロイトとかを譲り受け東日本からの避難先にすべきである。

世界最高水準の自発的秩序を身に付けている日本人の移住はどこの国も大歓迎であり表裏官民合わせれば二千兆円とも言われる 対米債権を持つ日本は泣き寝入りなどせず中国やロシアの取り立ての後ろに隠れて一緒に担保を分取って一息つく事である。

最近老人の輸出が欧米で問題になっているようだが日本も昔シルバーコロンビア計画で叩かれたが日本の高齢者は通帳とハンコ を持参すれば大歓迎されるのだから北米大陸を老人ホームだらけにしてしまいそうすれば子供も孫も通帳目当てに移住してくる から大丈夫である。

最近福島の事を書く機会がないがやはり芸ノー人の急逝や仕事のキャンセルが後を絶たないようで東京五輪どころではなく移住 先を作らなければ東日本はゆっくり全滅でチェルノブイリ3年目と同じ措置が必要である。

日露平和条約締結で極東への移住話もまとまると思うが中高年が大好きな米国にも巨大な日本人村が必要である。

Tag:文殊菩薩(ブログ版  comment:0 

10月10日 "小沢検察審起訴議決は架空だった"と分かる"10のブログ"!

『文殊菩薩(ブログ版)』 より【転載】 2013-10-12
一市民が斬る!! [Civil Opinions Blog] 
 10月10日 "小沢検察審起訴議決は架空だった"と分かる"10のブログ"!

一市民が斬る!! [Civil Opinions Blog] 2013年10月10日 (明るく憂える者)

 3年間、小沢検察審の疑惑を調べ続けた。
 膨大な資料と情報を集めた。思考も重ねた。
 その結果、小沢検察審議決が"架空"と判明した。
 このことをブログで発信し続けた。発信も400件を超えた。
 本(「最高裁の罠」)も上梓した。 
  だが、一市民Tの声は国民になかなか届かない。

 そこで、「小沢検察審起訴議決が架空」と分かる最近のブログを抜粋してみた。
 ぜひお読み頂き、小沢問題について考えて頂きたい。
 拡散もお願いします。

 <"小沢検察審起訴議決が架空"といえる根拠>
 9月8日付6紙一斉報道は、"9月14日の小沢起訴議決は架空"と言っているようなものだ!
 http://civilopinions.main.jp/2013/10/106986914.html (10月6日)
 「検察官の起訴議決後検審説明」も、"9月14日の小沢起訴議決は架空"の証し!
 http://civilopinions.main.jp/2013/10/108914.html (10月8日)
 小沢検察審の1回目審査も、「架空」と判断した理由!
 http://civilopinions.main.jp/2013/10/1021.html (10月2日)

<"小沢抹殺"と"架空議決の手口はこれ>

 司法の正義などない日本!最高裁による小沢抹殺の汚い手口!
 http://civilopinions.main.jp/2013/07/723_1.html (7月23日)
 「検審架空議決」はやろうと思えば簡単です!空の「検察審査会」新設すればよい!
 http://civilopinions.main.jp/2013/08/821.html (8月21日)
 最高裁の「罠」は凄い!小沢検審9か月前「審査員のいない東京第五検審」を新設して待機!
 http://civilopinions.main.jp/2013/09/9299.html (9月30日)

<審査会議が開かれた如く見せかける偽装工作(トリック)>

 小沢検察審が開かれた如く見せかける偽装工作(トリック)乱発に、国民は騙された!
 http://civilopinions.main.jp/2013/09/921.html (9月21日)

<"小沢抹殺"に絡む「鳩山偽装献金事件」、「二階議員西松献金事件」も検審架空議決?>
 最高裁・検察は「鳩山偽装献金事件」を小沢抹殺に利用か?(その1)東京第四の鳩山検審も架空議決?
 http://civilopinions.main.jp/2013/10/103.html (10月3日)
 「鳩山偽装献金事件」を小沢抹殺に利用か?(その2)鳩山氏に「小沢幹事長にも職を辞して頂きたい」と言わせた司法当局?
 http://civilopinions.main.jp/2013/10/105.html (10月5日)
 「小沢検審を架空議決」と結論付けた理由その7 東京第三検審「二階西松献金事件」も架空議決!
 http://civilopinions.main.jp/2013/04/427_1.html (4月27日)

Tag:文殊菩薩(ブログ版  comment:0 

ドラマ「半沢直樹」はなぜ大ヒットしたのか

『文殊菩薩(ブログ版)』 より【転載】 2013-10-11
■神州の泉

 ドラマ「半沢直樹」はなぜ大ヒットしたのか

神州の泉 2013年10月 9日 (水)

 ← クリックお願いします!

神州の泉関東圏で40%を超える驚異的な視聴率を得たテレビドラマ『半沢直樹』が、老若男女の垣根を越えて、一気に日本人の娯楽的関心を惹きつけた。
これは池井戸潤の人気小説『オレたちバブル入行組』と『オレたち花のバブル組』を原作とするドラマである。

“倍返しだ!”とか“百倍返しだ!”などという決め台詞がポンポン出てきて、歌舞伎の見得(みえ)を髣髴させる様式美も随所にあった。
バブル期に安定成長の筆頭株と言われていた大手都市銀行に入行した主人公・半沢直樹(堺雅人)が、眼前に立ち現れる敵たちと戦い、正攻法や裏の奇手を使ったり、半沢の人柄を見込んだ人物たちに助けられたりして、次々と難関を切り抜けて行く。

バンカー世界のエンターテインメントである。
神州の泉も全編を見たが、掛け値なく面白いの一語に尽きた。
ひさびさに面白い物を見せてもらったと言ってしまえば、それでおしまいのことである。

テレビドラマは一過性の娯楽と言い切ってしまえるものだが、自分も含めて、このドラマに魅入られていた人々が圧倒的にいたという事実は、別の意味で大変興味深い。
それは、異常な高視聴率をとったこのドラマに、現代人が置かれている何らかの深刻な状況が反映しているのではないかという思いである。

続きを読む moreをクリック
  ↓

...more

Tag:文殊菩薩(ブログ版  comment:0 

<陰謀家・電通会長の高嶋と官房長官の菅?>

『文殊菩薩(ブログ版)』 より【転載】2013-10-11
12・7文8 
<陰謀家・電通会長の高嶋と官房長官の菅?>
 善戦する日刊ゲンダイ  公明党も原発輸出に賛成


「ジャーナリスト同盟」通信 本澤二郎の「日本の風景」(1426) 2013年10月11日

<陰謀家・電通会長の高嶋と官房長官の菅?>
 政治が不安定になると、さまざまな野心家・陰謀家が跋扈するようになるが、信頼できる官邸筋から新たに、東京五輪招致で官房機密費を大量に悪用した主役の存在が「判明した」と連絡があった。官房長官に悪智恵を授けた悪役は、電通会長の高嶋達佳という初めて聞く名前だ。興味のある読者は、彼の正体を洗うといいかもしれない。陰謀家だ。住まいは菅の選挙区らしい。一介の広告屋が日本をコントロールしている、というと、大げさに聞こえるが、確かに新聞テレビの内情を知らないと、正確に理解できない事柄である。

<新聞テレビを支配した電通の暴走>
 ネット社会に入って、その被害者は新聞テレビである。読者が離れている。この20数年来の不況で広告費も激減している。メディアがその影響をまともに受けている。

 新聞テレビを真実の報道と勘違いしている日本人は、家庭で新聞テレビを、読んだり、見たりしている老人・主婦らが、その影響を今も受けている。各種の世論調査は、彼ら彼女らを中心に実施されるため、おかしな結果が出る。それが世論として、政府に都合のよい数字として独り歩きしている。

 その新聞テレビ、正確にはNHKを除いてなのだが、電通の言い分に屈するしか、生きられなくなっている。電通の暴走は今に始まったことではないが、勢いを増しているため、始末が悪い。もはや産経や読売のように他も同様である。

 戦前の日本は、国教にした神社神道と神である天皇で、人々の心を独占支配した。その上に新聞を侵略戦争の宣伝に駆り立てることで、恐ろしい蛮行を繰り広げたものである。神社神道・天皇の本山が、靖国・伊勢・出雲ということになる。無知で愚かな日本人は、今もそれを信じ込んでいるらしい。称してカルトの世界だ。恐ろしい戦争には、必ず宗教が重要な役割を果たしている。

 同時に為政者は、世論操作のために新聞テレビ、最近ではネットを悪用して、人々を惑わすことになる。いまや電通が悪役の頂点に立っている、ということになろう。

 官邸筋は、その秘事を伝えてきたものである。

続きを読む moreをクリック
  ↓
...more

Tag:文殊菩薩(ブログ版  comment:0 

「7.21参院選不正選挙画像集」です。

『文殊菩薩(ブログ版)』 より【転載】2013-10-12
12・8文3 
「7.21参院選不正選挙画像集」です。

Richard Koshimizu's blog 2013/10/11 09:28

人気ブログランキングへ
画像

画像

「7.21参院選不正選挙画像集」です。
マスコミは嘘をつく1号氏の力作です。訴訟の証拠物件としてそのまま使えそうです。情報感謝。

こんばんわ、
7.21参院選不正選挙画像集ラミネートチラシ
犬丸さんからこのラミネートチラシは説明するのに使いやすいので欲しいとメールがきましたので、犬丸さんに送りました。

それから、7.21参院選不正選挙画像集ラミネートチラシの画像に高松市の衛藤氏の画像を入れたらもっと拡散に効果的と思い新しく作ってみました。
7.21参院選不正選挙画像集-5高松市追加分.png
このラミネートチラシをたくさん作るように準備をしています。ラミネートチラシができあがったら送ります。

マスコミは嘘をつく1号

Tag:文殊菩薩(ブログ版  comment:0 

米デフォルト問題は、FRBというドル印刷会社兼押し売り会社の株主である英国・バカチンの保証人・スイスからの回収問題である

『文殊菩薩(ブログ版)』 より【転載】2013-10-11
12・7文3
米デフォルト問題は、FRBというドル印刷会社兼押し売り会社の株主である英国・バカチンの保証人・スイスからの回収問題である


★阿修羅♪ 掲示板 ポスト米英時代 2013 年 10 月 10 日 16:44
http://www.asyura2.com/13/cult12/msg/345.html

米国というのはFRBが刷った紙屑を他国に額面で売り捌くのが役目でただのトンネル合衆国である。
そのトンネル合衆国の借金を肩代わりすべきは対米債権国ではなく紙屑を額面で引き取らせたFRBであるべきである。

しかしそのFRBも偽イスラエルのフロントに見せ掛けただけのトンネル会社であり株主は英国バビロンとバカチンで両者の連帯保証人はスイスバビロンで連中がドルを始めとした全ての紙屑の価値を勝手に決めて好き放題にしてきてとうとうドルのデフォルト詐欺と大恐慌詐欺と第三次世界大戦詐欺の大勝負に出て総取りにかかってきたがシリア戦争詐欺で蹴躓いてアトラクションの天体詐欺と宇宙人詐欺がパッとせずデフォルト詐欺だけがクローズアップされてしまい貨幣詐欺のカラクリが世界にばれてしまいトカゲの尻尾切りをしようにも車のエンジンと同じでコンピューター制御の為昔の車みたいに尻尾だけ切り落とす訳にもいかず尻尾も必死で食らいついてくるから無理心中するか適法に処理されるかを選ばざるを得ない所まで追い込まれたという事である。

考えてみれば社会人は日々の仕事で連中の詐欺システム構築とメンテ以上に難しく気を使う仕事を毎日しているのであり仕事でヘトヘトになって飲み屋や家に帰ってとりあえずビールの前に5分でも仕事レベルで連中の詐欺のカラクリを考えれば散らかった部屋みたいにややっこしくて面倒だが非常にシンプルな詐欺である事が分かり今回のデフォルト問題を誰が責任を取ればいいかも簡単に分かる訳である。

そしてお化けみたいな秘密結社詐欺やエコノミックヒットマン詐欺もただの恐喝と買収に過ぎない事が分かれば誰がおにゃん子ナンバーいくつかとかAKB48の誰が誰かなど知る必要がないのと同じで連中が組織プレーで何を目的にどういう行動をしているかという生態だけ分かれば十分でそうするとあれもこれもそれも連中の仕業である事が分かりその飼い主も米英仏イいずれかである事が分かりその上司がバカチンである事も分かり結局首謀者はいつもスイスバビロンという事が分かり全ての通貨と全ての預金を牛耳れる立場にある訳だから当然だわなという事になる訳である。

八百長賭博がばれれば賭場を開いた胴元が御用になるのは江戸時代の常識だがそれに当たるのがスイスバビロンでありサイコロに細工したFRBがどうだとか壺振りのオバカがどうだというのは枝葉の問題であり貨幣資本主義という賭場を開いたスイスバビロンに解散命令と今まで巻き上げた金を返せと平成時代もするのかしないのかプラウトだかベーシックインカムだか無料化社会に移行するのかしないのかというのが本質である。

もう米英仏イバビロンだのイエズスミナティだのメーソンカイダだのバカチンカイダだのというキャラは人類が飽き飽きしておりお前はどうしたんだと泣き虫先生のようにスイスバビロンに問い掛けている訳だがエレベーターにおならをしに行きたくなったので以下省略である。

Tag:文殊菩薩(ブログ版  comment:0 

公職選挙法204条  ひょっとこ談義 

『文殊菩薩(ブログ版)』 より【転載】2013-10-11
ひょっとこ談義 
 公職選挙法204条

ひょっとこ談義 2013年10月05日

10月4日、大阪高裁で、全国同時多発不正選挙追及訴訟の火蓋が切って落とされました。

①10.4大阪高裁不正選挙裁判:被告からはこんな答弁書が出てきたりします。
richardkoshimizu's blog
http://richardkoshimizu.at.webry.info/201310/article_34.html
②大阪高裁、 平成25年(行ケ)第11号 選挙無効請求事件
richardkoshimizu's blog
http://richardkoshimizu.at.webry.info/201310/article_38.html

「被告から」の「答弁書」は、上記①に掲載されておりますが、以下に魚拓をとりました。

答弁書画像1:http://urx.nu/5gXU
答弁書画像2:http://urx.nu/5gXX
答弁書画像3:http://urx.nu/5gXY
答弁書画像4:http://urx.nu/5gXZ
答弁書画像5:http://urx.nu/5gY1

この被告の答弁書の中で、原告は「本件選挙区選挙」については公職選挙法第204条の「選挙人」にあたらないから選挙無効をもとめる原告適格を有しない旨が主張されています(答弁書画像1を参照)。要するに、資格がないからそもそも「訴え」になってない、だから裁判所は原告の訴えに耳を貸すことなく門前払いせよ、ということをいっているわけです。

ところで、その公職選挙法第204条はこんな規定です。こういう行政法の類は、カッコ書きが多すぎ、かつカッコの文章も長くて、極めて読みにくい悪文です(もちろん国民に理解させないように、ということでしょう)。ですから、カッコ書きはフォントを小さくしています。

公職選挙法 第204条
(衆議院議員又は参議院議員の選挙の効力に関する訴訟)
衆議院議員又は参議院議員の選挙において、その選挙の効力に関し異議がある選挙人又は公職の候補者(衆議院小選挙区選出議員の選挙にあつては候補者又は候補者届出政党、衆議院比例代表選出議員の選挙にあつては衆議院名簿届出政党等、参議院比例代表選出議員の選挙にあつては参議院名簿届出政党等又は参議院名簿登載者)は、衆議院(小選挙区選出)議員又は参議院(選挙区選出)議員の選挙にあつては当該都道府県の選挙管理委員会を、衆議院(比例代表選出)議員又は参議院(比例代表選出)議員の選挙にあつては中央選挙管理会を被告とし、当該選挙の日から三十日以内に、高等裁判所に訴訟を提起することができる。

単に「選挙人」としか書いていません。選挙人の資格についてはなんら定めがありません。
選挙人名簿に登録された選挙区における選挙についてしか選挙無効の訴えができない、あるいは選挙人名簿に登録されていない選挙区については選挙無効訴訟を起こしてはならない、などという趣旨の規定は、どこを探しても書いていません。

この点については、リチャード・コシミズさんが、原告側の主張を、ブログ記事(上記②)にまとめておられます。

大阪高裁、 平成25年(行ケ)第11号 選挙無効請求事件
richardkoshimizu's blog
http://richardkoshimizu.at.webry.info/201310/article_38.html より一部転載
「奈良の住人でないから選挙人には当たらない。」に反論。「選挙人」の定義に「当該選挙区の住人である」要件などないと指摘。「酷似筆跡票の写真を撮らせなかった事実はない」に何度も何度も何度も写真を撮るなと念を押され威圧されたと反論。

「奈良以外の酷似筆跡票の証拠」の提出について、「全国で酷似票が見つかっている。よって、奈良でも間違いなく酷似票が存在する。不正選挙である。」と堂々と主張。

被告側からは答弁書記載事項以外に発言なし。裁判長は、このまま結審させようとしたが、K子国士が、まだ、新たな証拠があると主張し、11月1日に再度公判決定。100日ルールがあるから….と裁判長が言ったが、あくまでも「原則」の話。裁判が終わらないのに終了させるわけにはいかない。
(転載終わり)

なお、公職選挙法施行規則にも、公職選挙法施行令にも、公職選挙法第204条の「選挙人」の資格についての定めはありません(もっとも、公職選挙法施行規則や公職選挙法施行令は選挙運動や不在者投票等についての詳細を定めた法令ですので、そんな「定め」があるわけないのですが)。

ですから、“原告は「本件選挙区選挙」については公職選挙法第204条の「選挙人」にあたらないから選挙無効をもとめる原告適格を有しない”旨の被告側主張は、理由になっていないわけです。

Thot Diary
2013/10/5
http://thot-diary.cocolog-nifty.com/gukumatz/2013/10/204-494a.html

Tag:文殊菩薩(ブログ版  comment:0 

生きる力 ゲンマイ
見出し
2016年1月1日 新年を迎え、日本に生まれた幸せをかみしめ、日本人で有る事の誇りを持ち、 生きる喜びを持ち続けたいと願いました。
カレンダー

カテゴリ
新鮮な野菜と果物・ゲンマイそしてPCの山暮らしです
2011・2012この凄まじい年を生きている。幻想の世界が終り2013より今現在考えの及ばない 世界に入ると云われている。*私達の力がどれ程強いか、自己主権を持った者であり自由であるそれが現実です。意識が自由になって初めてそれが外に現れると。本当の自分を思い出す時が来た(ジョージ・カヴァシラス)