日本人なら思わず涙する日本はすごい国・日本人のすごいところ * 【KSM】もしも日本が消えたなら、世界の至る場所であらゆる分野でパニックになる :* 【KSM】誇りある「大和魂」を目覚めさせる言葉集。こんなにも日本は愛されている

日本人なら思わず涙する日本はすごい国・日本人のすごいところ

2014/06/18 に公開

【KSM】もしも日本が消えたなら、世界の至る場所であらゆる分野でパニックになる

2014/06/26 に公開

【KSM】誇りある「大和魂」を目覚めさせる言葉集。こんなにも日本は愛されている

2014/07/02 に公開
誇りある大和魂を目覚めさせる言葉集。こんなにも日本は愛されている
まだ、日本は悪い国だと騙され続けている人はいないでしょうか。
東南アジアに行ってみればいい、それが嘘であることが証明されます。
日本が悪いのではなく、中国や朝鮮が貶めている国なのです。自国の問題から目をそらす­ために反日行動をしたり、他者を誹謗中傷することによって、自分が優越感に浸れればい­いという特亜三国の言うことは全くの嘘ばかりです。日本人は真実を学ばなければならな­い

Tag:美しい日本の心  comment:0 

東京裁判 パール判事【Tokyo Trial】(美しい日本の心part⑨)

東京裁判 パール判事【Tokyo Trial】

TheHadashi さんが 2010/08/27 にアップロード
極東国際軍事裁判(東京裁判)において判事を務め、同裁判の11人の判事の中で唯一、国際法で学位をとった判事であり、被告人全員の無罪を主張した「意見書」(通称「パー­ル判決書」)の作成者として知られている。パール判事は、東京裁判終了後、国際連合の国際法委員会委員長として就任、国際的な権威を持つ法学者であった。
「戦争に勝ち負けは腕力の強弱であり、正義とは関係ない。」(パール判決書)
ウィキペディアより

Radhabinod Pal was one of the judges at the International Military Tribunal for the Far East (the "Tokyo Trials") held in Japan in 1946 to judge those Japanese officials and officers charged by the Allies as Class-A War Criminals. Pal, unlike his colleagues on the bench, was a specialist in international law. Unlike his colleagues, Pal questioned the very legitimacy of the trial itself, and found himself forced to conclude, "I would hold that each and everyone of the accused must be found not guilty of each and everyone of the charges in the indictment and should be acquitted of all those charges."

新・世界は日本をどう見ているか

ytanpopo さんが 2012/03/20 に公開
★8分半で自虐史観の洗脳が解ける魔法の動画

前作「世界は日本をどう見ているか」からの変更点
・字幕が大きく見やすい書体になりました
・字幕の変わるスピードがゆっくりになり、読みやすくなりました
・音楽と映像も、さらにグレードアップ

先の大戦で、私たちが<本当に失ったもの>を取り戻そう!
拡散&コピー大歓迎

Tag:美しい日本の心  comment:0 

親日国 『真実はどこに』 特攻隊 ノチノ日本二栄光アレ (美しい日本の心part⑩)

親日国 『真実はどこに』 特攻隊 ノチノ日本二栄光アレ

ducatiTT2さんが 2010/06/21 にアップロード
【転載】 original 作者不明 http://nandakorea.sakura.ne.jp/media/sinjituwadokoni.swf

「所感」~或る特攻隊員の遺書

WillOfKamikazePilotさんが 2011/08/14 にアップロード
「所感」
上原良治 著
特操二期 第五六振武隊、陸軍少尉
生年月日:大正11年(1922年) 01月27日
出身地:長野県
出身校:慶応義塾大学校経済学部
昭和20年(1945年) 05月11日、
陸軍特別攻撃隊として出撃、
沖縄県嘉手納湾にて米国機動隊に突撃し、戦死。
享年22歳。
投稿者より:
以前投稿した動画の内容に間違いがありましたので、
修正したものを再投稿させていただきました。

Tag:美しい日本の心  comment:0 

大日本帝国が世界で始めて提案した『人種差別撤廃案』(美しい日本の心part⑦)

大日本帝国が世界で始めて提案した『人種差別撤廃案』

mrmorokoro2さんが 2010/12/10 にアップロード


東京裁判で戦犯とされる者を弁護する米国弁護士+神風特別攻撃隊+珍事

okuhiraさんが 2009/11/24 にアップロード
第二次世界大戦後のリンチ裁判に風穴を開けたアメリカ人弁護士を知って下さい。編集技術未熟ですがご了承下さい。

Tag:美しい日本の心  comment:0 

敵兵を救助せよ。海の武士道(美しい日本の心part⑧)

敵兵を救助せよ。海の武士道 前編.wmv

samuraiDD107さんが 2012/02/09 にアップロード

海の武士道 後編.wmv

samuraiDD107さんが 2012/02/09 にアップロード

★★★ 一般人である管理人の一言 ★★★
最近アップロードされている一連の動画は知らされていなかった一面を
現代人に・少しでも多くの人に知ってほしいと云う心からアップされています。
私は(美しい日本の心の)一連の動画を観て涙が止まりませんでした。
戦前の日本人は強い意志を持ち貫いていた。
そんな素晴らしい魂を私達日本人は受け継いでいるのだと。
日本に生まれ、日本人であることの誇りと・勇気を再認識しました。

私達は知らされない又は隠されていた真実を知り心に止め、
どう生きるかと問われている・・・・。
日本人は再三の悲劇の中で普通の生活・生き方がどれ程大切か身を持って体験し、
最悪の中でもシブトク、強く生きている。
これぞ日本魂

今、日本は滅亡の一途を辿っているとしか思えない現状。
そして人類が反省もなく地球を破壊し続けているので地球自ら変わろうとしているのです。
私達人類がこの素晴らしい母なる大地 地球に生きていけるように
母なる大地 地球に私達がしている事を反省し、無償の愛に感謝して、
新たな母なる大地 地球に生きられる事を祈るばかりです。

時代は変わろうとしている。
新たな目(思考)をもって心から幸福に生きる人生へと・・・。
日本→世界→地球→宇宙へと心を向けて!!!!!。

美しい日本の心の一連の動画に出会えたことに感謝しています。
有難う御座いました。
          ★★★

Tag:美しい日本の心  comment:0 

大東亜戦争【不屈の武士道精神】 (美しい日本の心part⑤)

大東亜戦争【不屈の武士道精神】

llllZEROllllさんが 2010/04/26 にアップロード
歴史の「事実」と「真実」は必ずしも一致するとは限りません。
大東亜戦争で先人達が成し遂げた「偉業」は、「武士道精神」の賜であり、我々の中にはその精神が引き継がれている。
大東亜戦争 第二次世界大戦 太平洋戦争 神風特攻隊 学徒出陣 沖縄戦 原爆 武士道精神


8・2美


アジアが愛した日本 アジアを愛した日本 歴史の真実

ducatiTT2さんが 2010/06/07 にアップロード
【転載】 戦後65年間 メディア・教育に騙され続けた日本人・・そろそろ目覚めませんか?

Tag:美しい日本の心  comment:0 

特別攻撃隊<最後の手紙> 右も左も 関係ありません。善も悪も知りません。ただ英霊に感謝するだけです。 (美しい日本の心part⑥)

特別攻撃隊<最後の手紙>

sakuranohanabira77さんが 2008/05/17 にアップロード
探したのですが、youtubeに見当たらなかったのであげさせて頂きます。右も左も 関係ありません。善も悪も知りません。ただ英霊に感謝するだけです。議論する気はあり ません。

【神風特攻隊】特攻―空母バンカーヒルと二人の神風(ケネディ著)より

810cojpさんが 2010/07/19 にアップロード
http://www.810.co.jp/book/ISBN978-4-89295-651-5.html
書籍『特攻 空母バンカーヒルと二人のカミカゼ』より

1945年5月11日、沖縄――。
米任務部隊旗艦、空母バンカーヒルを
戦闘不能に陥れた
2機の零戦による壮絶なる特攻。
その全貌を"日米"当事者への取材で描く
迫真のドキュメンタリー。

本書の著者マクスウェル・テイラー・ケネディ氏は、ロバート・ケネディ元司法長官の息子であり、ジョン・F・ケネディ元大統領の甥にあたる。その著者が注目したのが、沖縄­戦で特攻機の突入を受けた米空母バンカーヒルの物語である。

著者ケネディ氏は、日本の「特攻」について、次のように述べている。
「 彼らの最後の望みは、未来の日本人が特攻隊の精神を受け継いで、
  強い心を持ち、苦難に耐えてくれることだった。
  私たちは、神風特攻隊という存在をただ理解できないと拒絶するのではなく、
  人々の心を強く引きつけ、尊ばれるような側面もあったのだということを、
  今こそ理解すべきではないだろうか 」

1945年5月11日、沖縄沖の米艦隊を目指して、多数の特攻機が鹿児島の鹿屋基地を飛び立った。そして安則盛三中尉(兵庫県上郡町出身)と小川清少尉(群馬県八幡村出身­)の搭乗機がバンカーヒルに突入、この空母は甚大な被害を受け、650名以上が死傷した。本書は、その日の激闘を中心にして、そこに至る経緯、そしてその後を描いたノンフ­ィクションである。

著者は、あくまで日米双方の視点でこの戦いを描くべく、何年にも及ぶ綿密な調査研究を行い、元特攻隊員を含む多数の日米両国の生存者とその家族に、精力的な取材を行ってい­る。取材のための来日は3度にわたった。

本書は、日本の若き特攻隊員の置かれた立場やその心境を丹念に追いつつ、何が軍部を特攻作戦に駆り立てたのか、隊員たちは、いかにしてそれを受け入れ、実行することができ­たのかを探ってゆく。そして、空母バンカーヒルの乗員たちの知られざる英雄的な行為──水兵とパイロットが力を合わせ、命がけで救助を行い、最終的に艦を守り抜くまでの一­部始終──を描き、極限の戦いの中でそれぞれの国のために尽くした男たちの真実の姿が明らかにした。

これまで、日本側の資料では、特攻における実際の場面を「当事者」の視点で描くことが難しかったが、アメリカ側の詳細な資料と、元乗員たちから集めた数多くのナマの証言を­基にした本書は、米兵を震え上がらせた特攻の「実際」を、克明に、そして残酷に描き出している。

著者マクスウェル・テイラー・ケネディについて
1965年、ニューヨーク生まれ。ロバート・F・ケネディ元司法長官の息子であり、ジョン・F・ケネディ元大統領の甥にあたる。ハーバード大学、バージニア大学法科大学院­を卒業後、ボストンカレッジで環境学を教え、フィラデルフィアでは3年間、検察官を務めた。現在はブラウン大学ジョン・カーター・ブラウン図書館の研究員として、海洋史の­研究に打ち込んでいる。

Tag:美しい日本の心  comment:0 

国旗の重み マンガール村の日の丸(美しい日本の心part③)

国旗の重み マンガール村の日の丸

unhagemay さんが 2010/08/05 にアップロード
前回の題材が壮大すぎたので、相対的にショボく感じるかもしれません。
まあ普段の私はこんなものです。
あんなに動画素材に恵まれた題材はそうそう無いもので...
このエピソードは、外務省ホームページ内の「ODAちょっといい話」から
仕入れてきました。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/hanashi/index.html

ポーランド孤児と大日本帝国

mrmorokoro2 さんが 2010/12/10 にアップロード

Tag:美しい日本の心  comment:0 

日の丸とパラオの国旗の由来(美しい日本の心part④)

日の丸とパラオの国旗の由来

shirai shouji さんが 2011/10/01 にアップロード
我々日本人が母国に 自信が持てるようになればと切に願います

オランダに350年支配されてたインドネシアを、日本軍が9日間で解放

kimigayo2011さんが 2011/09/03 にアップロード
にこにこ動画より http://www.nicovideo.jp/watch/sm15438924 既出だったらすいません。
『さて左翼はよく「アジア解放なんて後付けだ!」と主張するけどそれがなんなんだろう?? 自国防衛のつもりで、インドネシアにてオランダ軍を追い払ったら、現地インドネシア人達が感謝してくれただけだ。日本の防衛戦争が、アジア解放にも繋がってる事を、途中で­気付いたんだよ。それのなにが悪いんだか・・・ 』
八紘一宇は大東亜戦争前からの日本の国是でした。なので、国際連盟に人種差別撤廃を最初に提案したのは日本でした。杉原さんも東条閣下もユダヤ人を助けました。インドネシ­アにペタという組織を作って軍事訓練もさせました。ただ支配するために攻撃したなら、ここまでするか?足りない頭でよく考えろ、ブサヨめ!!

Tag:美しい日本の心  comment:0 

生きる力 ゲンマイ
見出し
2016年1月1日 新年を迎え、日本に生まれた幸せをかみしめ、日本人で有る事の誇りを持ち、 生きる喜びを持ち続けたいと願いました。
カレンダー

カテゴリ
新鮮な野菜と果物・ゲンマイそしてPCの山暮らしです
2011・2012この凄まじい年を生きている。幻想の世界が終り2013より今現在考えの及ばない 世界に入ると云われている。*私達の力がどれ程強いか、自己主権を持った者であり自由であるそれが現実です。意識が自由になって初めてそれが外に現れると。本当の自分を思い出す時が来た(ジョージ・カヴァシラス)