4 ブッダ 大いなる旅路 第4回 「タイの僧院にて~生きている仏教」

ブッダ 大いなる旅路 第4回「タイの僧院にて~生きている仏教」~

2014/02/21 に公開
 「タイの僧院にて~生きている仏教」~ 初回放送:1998.07.19 放送時間:49分 VTS 12 1

Tag:ブッダの生涯   comment:0 

ブッダ 大いなる旅路 第3回「仏像 誕生と流転~ガンダーラ・バーミヤン」(1/4)

ブッダ 大いなる旅路 第3回「仏像 誕生と流転~ガンダーラ・バーミヤン」(1/4)~ 初回放送:1998.06.07 放送時間:49分

2014/02/21 に公開
(2/4)

(3/4)

(4/4)

Tag:ブッダの生涯   comment:0 

ブッダ 大いなる旅路 第2回「黄金のパゴダ~ミャンマー・祭りと葬送の日々」(1・2・3/3)~ 初回放送:1998.05.10

ブッダ 大いなる旅路 第2回「黄金のパゴダ~ミャンマー・祭りと葬送の日々」(1/3)~ 初回放送:1998.05.10

2014/02/20 に公開
(2/3)

(3/3)

Tag:ブッダの生涯   comment:0 

ブッダ大いなる旅路 「インド・輪廻する大地」(1〜4/4)~仏教盛衰の2500年1999年1月1日-3日放送

ブッダ大いなる旅路 「インド・輪廻する大地」(1/4)~仏教盛衰の2500年

2014/02/20 に公開
(2/4)~1999年1月1日-3日放送

(3/4)~仏教盛衰の2500年 バングラデシュのベンガル人仏教徒
.
(4/4)~仏教盛衰の2500年

Tag:ブッダの生涯   comment:0 

ブッダの生涯 (BBC) 3・4/5

ブッダの生涯 (BBC) 3/5

アップロード日: 2011/12/30
BBC制作の、The life of the Buddha に日本語字幕を付けました。日本には、仏教関係の本や資料は豊富にありますが、仏典類には難解な漢字も多く、下手に専門書を手にしても歯が立たない感があります。
この動画は、仏教国ではないイギリスが制作したため、ブッダとその宗教の内容と歴史についての概観を、とてもフランクかつ平易に描いてくれています。まさに、英語圏文明の­­持ち味という感じです。
もしあのとき、一人の人間がすべてを捨てて真理探究の道に踏み出さなかったら、私たちを囲む文明の闇は、今よりどんなにか重く、暗かったことでしょう。
2500年前にブッダが灯した真理の火は、この動画を見る方のハートにも灯らんとしています。

ブッダの生涯 (BBC) 4/5

アップロード日: 2012/01/05
'12/01/05, 字幕、修正しました。
何であれ、ここ一番というとき、不退転の気持ちで事に臨むことが、何より肝心ですね。
自分の想いが、宇宙と一つであるならば、恐れるものなど何もない。
ブッダはそう教えてくれています。

Tag:ブッダの生涯   comment:0 

ブッダの生涯 (BBC) 1・2/5

ブッダの生涯 (BBC) 1/5

アップロード日: 2012/01/05
'12/01/05, 字幕、修正しました。
もしあのとき、一人の人間がすべてを捨てて真理探究の道に踏み出さなかったら、私たちを囲む文明の闇は、今よりどんなにか重く、­暗かったことでしょう。
2500年前にブッダが灯した真理の火は、この動画を見る方のハートにも灯らんとしています。

ブッダの生涯 (BBC) 2/5

アップロード日: 2011/12/30
BBC制作の、The life of the Buddha に日本語字幕を付けました。日本には、仏教関係の本や資料は豊富にありますが、仏典類には難解な漢字も多く、下手に専門書を手にしても歯が立たない感があります。
この動画は、仏教国ではないイギリスが制作したため、ブッダとその宗教の内容と歴史についての概観を、とてもフランクかつ平易に描いてくれています。まさに、英語圏文明の­­持ち味という感じです。
もしあのとき、一人の人間がすべてを捨てて真理探究の道に踏み出さなかったら、私たちを囲む文明の闇は、今よりどんなにか重く、暗かったことでしょう。
2500年前にブッダが灯した真理の火は、この動画を見る方のハートにも灯らんとしています。

Tag:ブッダの生涯   comment:0 

生きる力 ゲンマイ
見出し
2016年1月1日 新年を迎え、日本に生まれた幸せをかみしめ、日本人で有る事の誇りを持ち、 生きる喜びを持ち続けたいと願いました。
カレンダー

カテゴリ
新鮮な野菜と果物・ゲンマイそしてPCの山暮らしです
2011・2012この凄まじい年を生きている。幻想の世界が終り2013より今現在考えの及ばない 世界に入ると云われている。*私達の力がどれ程強いか、自己主権を持った者であり自由であるそれが現実です。意識が自由になって初めてそれが外に現れると。本当の自分を思い出す時が来た(ジョージ・カヴァシラス)