生きる力ゲンマイについて2-8

私はお米に対して以前は毎日食べるご飯と簡単に思っていました。
しかし3:11以後そして今現在、心が変わってきました。
私達の命をまもり・心の安らぎを与えてくれる
そんなゲンマイに出会ったのです。
国の史跡に指定されているパワースポット唐仁古墳群の側であり、
田んぼには野生生物が生きる事が出来る空間であり、自然を汚さない、
自然と共に生きるという気持ちから作られるビオトープといわれる池があります
ジャンボタニシ・イトミミズ・メダカ等も元気に泳いでいて、
根っこがシッカリしているのです。
自然界の食物連鎖が有り、自然の運行、命の営みが
繰り返されている所で育つ米は、野生の米として自ら
生き抜こうとする力を備える・・・。
米を作る人の心の情熱、穏やかでお米を人一倍想いやってる心、
人としての営みも自然と一体になり、
大自然のサイクルと一致している。
そんな中で出来るゲンマイです。
そして私は農家の人を大事にしたい。
これからもっと大事に考えなければいけないと思います。
お米は保存がきくので野菜・魚等が駄目になっても
ゲンマイで生きていけるのです。

無農薬・無化学肥料、安心・安全なお米 と書いていません。
もちろん無農薬・無化学肥料です。
今現在日本は100% 安心・安全はないのです。
それで私は100%でないので、 安心・安全なお米とは言い切れないので
私は書きません。ただ九州は他の場所よりは良いと思います。

Tag:玄米  Trackback:0 comment:0 

生きる力 ゲンマイ
見出し
2016年1月1日 新年を迎え、日本に生まれた幸せをかみしめ、日本人で有る事の誇りを持ち、 生きる喜びを持ち続けたいと願いました。
カレンダー

カテゴリ
新鮮な野菜と果物・ゲンマイそしてPCの山暮らしです
2011・2012この凄まじい年を生きている。幻想の世界が終り2013より今現在考えの及ばない 世界に入ると云われている。*私達の力がどれ程強いか、自己主権を持った者であり自由であるそれが現実です。意識が自由になって初めてそれが外に現れると。本当の自分を思い出す時が来た(ジョージ・カヴァシラス)