山本太郎さんのYouTube早速削除

私にとって表向きは素晴らしい日本だったのに今では最低に成り下がってしまっている。
日本独特の素晴らしさが沢山あった・・・・。
それもみんな無くなってしまうのだろうか・・・・・。
山本太郎さんの言葉が飃(つむじ風)さんのブログに載っていたので転載しました。
【転載開始】2011-09-27
僕、殺されてしまうかもしれないから、・・・・-山本太郎氏-再掲
予想通り、動画が削除されたので、
電光石火再掲!!
懲りない連中の
懲りない所業・・・・・・!

危惧されたとおり、速攻、動画が削除された。で、すぐに再掲であるが、拡散しているので、全部消すことは不可能だ。
山本太郎

ついでに発言書き起こしも掲載しておく。
玄海原発の再稼働めぐり告発された件について  

山本太郎:京都の告発者は、現場で何も見ていない方ですね。告発者のバックに何か大きな力が働いていると思います。兵糧攻めにしようとして。 

山本太郎:告訴受理された時点では、何も犯罪者ではないですね。起訴されたその先で決まるわけですから。でも、受理された、という時点でほとんどびびってしまいますね、テレビ局の使う側、番組制作会社としては。だから僕は今、地上派というのは出られない状態です。 

遙洋子:電力会社の独断で再稼働することはありますか? 有馬晴海:国の政策として強行することもあるが、一応地元の了解を取るということに今はなっている。 山本太郎:地元っていうのは交付金もらってる範囲までですね。だから駄目ですね、皆ズブズブの関係なんですから。

山本太郎:今、この状況で、原発が無くても乗り切れるわけですよ、水力・火力の稼働率を上げれば、エネルギーは余り有るということが証明されている。  たかじん:上げようとしないのは、何かがあるということですね? 山本:もちろんです。 

山本太郎:テレビ・メディアが構造的に買収されている部分があって、本当の事が表に出てこない。だから福島の高濃度汚染地域に住んでる人達も移住させてもらえない現実があるというか、人々を本気にさせない、情報から完全に遮断してしまっている現実がある。

周りの現状は? 山本太郎:もちろん、同じ芸能界の人達は応援してくれています。「俺は出来へんけどな」という人もいる。でも、しょうがないですよ。だってスポンサーありきなんですから、この世界は。スポンサーに唾を吐くというのは絶対に許されないわけですね。(続く) 

たかじん:山本君は今日明日にでも全部の原発を止めろという考えですね? 山本太郎:本当に生き延びたいんだったら、そうするべきですよね。全国的な原発の流れとしては、下に断層が通っているにもかかわらずその上に造るという感覚ですから。そのリスクへの対策が全く取られていない。 

山本太郎:なぜなら、コストダウンさせるためです。今の日本、海岸線に54基もある中、地震の活動期にあって、これから津波が来ないなんて予想、全く無いじゃないですか。とにかく、今生き延びるためには原発止める以外に何かあるんですか?って話ですよね。 

山本太郎:政府は、子供は20㍉シーベルト、大人は100㍉シーベルトまで大丈夫だと言っているが、国際的にはそれぞれ1㍉シーベルトなんですよ。それを20倍でも100倍でも平気だと言ってる。だから、国民が一番思わなければいけないのは、このままじゃ殺されるということです。

山本太郎:奴らが狙っているのは何か?目の前のお金だけ。先のことは考えていない。今、片っ端から賠償・補償していったら、おそらく日本経済は破綻するでしょう。でも、人の健康が先にある破綻であれば、大丈夫じゃないですか。いつかやり直しが効く。

山本太郎:このまま人々を移住させずに見殺しにする政策のままだったら、先々に絶対来る経済破綻の際に、人々の健康が担保されていなければ、本当の終わりですよ。その先日本はどうなるか?核廃棄物の置き場として繁盛するしかなくなるわけですよ。 

山本太郎:元々、原子力というのは、核廃棄物の処理方法が決まっていない。何万年にも渡って置いたままじゃないですか。処理方法が何も決まっていないのに、先々の人類が発明してくれるだろうというような、いいかげんなものなんです。それを推し進めて来たことに間違いがあった。 

山本太郎:発電する事によって日常的に被曝されている方がいるわけですね。今、これだけの事故が起こったのに、それをフォロー出来ていない体制。切り捨てですよ。こんな状態を同じ日本人として、そういう目に遭っているのにそこに手を差し延べないということに凄く憤りを感じる。

山本太郎:それは、テレビ・新聞など本当の事を流さないメディアの罪だと思います。人殺しに荷担しているだけだと思います。ここで日本が変わらなければ、この先の日本は無くなる。

山本太郎:現実として、いろんな世界を根深く構造的に買収してきた原子力という世界の中で、僕は一市民として声を上げてるだけです。現状は、収入は10分の1以下になりました。でも声を上げなければ駄目なんです。関西はちょっと遠いから大丈夫なんて思ってたら大間違いですよ。 

山本太郎:今、高濃度に汚染された地域にまだ人は住んでるんですよ、国の政策で。そういう人達を早く移転させないとこの先どんどん健康被害が広がっていく。チェルノブイリ周辺のベラルーシでは、事故から25年経った今、そこで健康に生まれてくる赤ちゃん、15%しかいないんですよ。

山本太郎:これを日本に重ね合わさない理由がありますか?日本はチェルノブイリを越えてるんですよ。史上最悪の事故なんですよ。こんな規模の事故は世界史上初。今、市民が声を上げないと駄目。だって皆さんの町にも放射性瓦礫が来るんですよ。それによって被曝するんです、皆さんは。

山本太郎:僕、殺されてしまうかもしれないから、このように言いたいこと言いました。また呼んで下さい、殺される前に。お願いします。 
#関西テレビ#たかじん胸いっぱい
山本太郎
山本太郎
山本太郎氏-再掲 »
2011-09-26
僕、殺されてしまうかもしれないから、・・・・-山本太郎氏-
山本太郎、地上波で吼える!!
蓋し、正論である!!
殺しちゃならぬ、護らにゃならぬ!!
『告発』され、人格攻撃が山本太郎氏にも及ぶ・・・・!?

関西テレビの『たかじん胸いっぱい』に出演して、山本太郎氏は吼えた。おそらく、この動画はあの鵺のような似非右翼の輩が出没して、YouTubeから消される虞が多分にある。
      山本太郎
 だから、拡散する。勿論、動画は確保した。
 氏は、正論を吐いている。勇気ある行動だ。収入も1/10になったという。それでも意気軒昂だ。こういう行動は断固護らなければならない。これが封鎖される国家は、存在理由がない。唯一の方法は、声を上げる事だ。
山本太郎
 世論が唯一の援護射撃だ。
 利益欲望の精神に狂った人々を覚醒しなけりゃならない。『人の命は、地球よりも重い』と言った、どこかの首相が居たが、あれはどこの国だっけ?
山本太郎
今は、農業・産業・地域・・・そして、狂った東電が命よりも大切と見える。それを坦々と述べる山本太郎氏が告発され、芸能界から干されてるのを黙って見過ごす訳にはいかない。【転載終了】
http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/2011/09/post_025f.html

Tag:原発  Trackback:0 comment:0 

生きる力 ゲンマイ
見出し
2016年1月1日 新年を迎え、日本に生まれた幸せをかみしめ、日本人で有る事の誇りを持ち、 生きる喜びを持ち続けたいと願いました。
カレンダー

カテゴリ
新鮮な野菜と果物・ゲンマイそしてPCの山暮らしです
2011・2012この凄まじい年を生きている。幻想の世界が終り2013より今現在考えの及ばない 世界に入ると云われている。*私達の力がどれ程強いか、自己主権を持った者であり自由であるそれが現実です。意識が自由になって初めてそれが外に現れると。本当の自分を思い出す時が来た(ジョージ・カヴァシラス)