オカンの嫁入り- Here Comes the Bride, My Mom! Full Movie (2012) (1:50:31)

オカンの嫁入り- Here Comes the Bride, My Mom! Full Movie (2012) (1:50:31)

2013/09/05 に公開
45 歳の看護師と母親の洋子 (大竹しのぶ) 月子 (宮崎あおい) 彼女の唯一の娘と暮らしています。デュオはより多くの最高の友人ではなく母 & 娘のような緊密な関係を持っています。彼女は生まれた & 洋子は超の父は最初と最後の人である常に示されたその時間以来彼女は結婚する前に、月子のお父さんが亡くなりました。
ホーム 30 歳服部健二 (桐谷健太) をもたらす 1 つの夜、ヨーコ (大竹しのぶ) 酔っていると両方寝る外ポーチに。次の朝、超は状況によって混乱になるなりも混乱しているとき彼女の母は彼女がずっと若い服部健二と結婚することを発表します。健二、ブロンドの髪を染めている人シェフに使用されるが、現在の仕事を保持していません。
超状況によって衝撃を与えたし、彼女の隣人/家主サクさんの (絵沢) ホームへ走る。超し遮断彼女自身彼女の母親と彼女の新しいボーイ フレンドから。一方、ヨーコと月子の関係を修復しようとする周りの人々 がまた洋子 & 超間の秘密がある.
45-year-old nurse and mother Yoko (Shinobu Otake) lives with her only daughter Tsukiko (Aoi Miyazaki). The duo has a tight relationship that resembles more best friends rather than mother & daughter. Tsukiko's father passed away before she was born & since that time Yoko has always stated Tsukiko's father would be the first and last man she will marry.
One evening, Yoko (Shinobu Otake), who is drunk, brings home 30 year old Kenji Hattori (Kenta Kiritani) and they both sleep outside on the porch. The next morning, Tsukiko becomes confused by the situation and becomes even confused when her mother announces that she will marry the much younger Kenji Hattori. Kenji, who has dyed blond hair, used to be a chef, but doesn't currently hold a job.
Tsukiko is shocked by the situation and runs over to her neighbor/landlord Saku's (Moeko Ezawa) home. Tsukiko then shuts herself off from her mother and her new boyfriend. Meanwhile, people around them try to repair Yoko and Tsukiko's relationship, but there's also a secret between Yoko & Tsukiko ...

Tag:映画  comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
生きる力 ゲンマイ
見出し
2016年1月1日 新年を迎え、日本に生まれた幸せをかみしめ、日本人で有る事の誇りを持ち、 生きる喜びを持ち続けたいと願いました。
カレンダー

カテゴリ
新鮮な野菜と果物・ゲンマイそしてPCの山暮らしです
2011・2012この凄まじい年を生きている。幻想の世界が終り2013より今現在考えの及ばない 世界に入ると云われている。*私達の力がどれ程強いか、自己主権を持った者であり自由であるそれが現実です。意識が自由になって初めてそれが外に現れると。本当の自分を思い出す時が来た(ジョージ・カヴァシラス)