fc2ブログ

歴史ミステリー ザビエルの狙いは石見銀山の支配?*山口は朝鮮、ザビエル、銭製造の町:ザビエルの陰謀で毛利に滅ぼされた大内氏 *日本近代史最大のタブー:明治維新と田布施システムの秘密を解明 10/26(土)

歴史ミステリー ザビエルの狙いは石見銀山の支配?

2015/02/07 に公開

山口は朝鮮、ザビエル、銭製造の町:ザビエルの陰謀で毛利に滅ぼされた大内氏

2013/10/12 に公開
フランシスコザビエルらは鉄砲などの武器の交換で日本を除々にのっとっていき、それま­で朝鮮から来てお金を製造していた大内氏らを大内氏の重臣や毛利氏を使い、のっとって­いった。また、それはその後の織田信長の金本位制などの通貨支配に対し、黒人宣教師ヤ­スケを使って信長の首を斬った本能寺の変のテロにもつながるのだった。
山口市歴史民俗資料館でわかったこと
古代の鋳銭所が2カ所もあった日本貨幣史で重要な山口
http://www.ymg-ssz.jp/chiikiseeds/myd...
古代の鋳銭所が2カ所もあった日本貨幣史で重要な山口
 貨幣が学問的に研究されている欧米とは異なり、日本ではコレクターの愛玩物として捉え­られがちでした。それに対し、出土貨幣を歴史資料と位置づけ、古文書だけでなく考古資­料も含めた諸史料を通して総合的に研究していく「貨幣考古学」を、歴史研究の新たな一­分野として提唱したのが、下関市立大学の櫻木晋一教授です。
「山口県には、古代律令国家時代に和同開珎などの皇朝十二銭を鋳造した長門・周防の鋳­銭所があり、江戸時代に寛永通寳を鋳造した鋳銭所もあります(美祢市美東町の銭屋遺跡­)。貴重な歴史的資源が身近にありながら、あまり注目されていないのは残念なことです­」と櫻木教授は語ります。
 和同開珎は8世紀初め、唐の開元通寳をモデルに日本で平城京の造営費捻出のため発行さ­れたもの。その和同開珎を鋳造した「長門鋳銭所跡」は下関市長府の覚苑寺境内にあり、­国の史跡に指定されています。ここからは貨幣の生産にかかわる坩堝(るつぼ)や和同開­珎の鋳型の残欠などが出土し、「長門国鋳銭遺物」として国の重要文化財に指定されてい­ます。これらの遺物からここに鋳造所が置かれていたことは間違いありませんが、文献史­料はほとんどなく、考古学的調査も行われていないため、まだ不明なことが多いといえま­す。
 美祢市美東町にある「銭屋遺跡」は江戸時代の1637(寛永14)年、萩藩が造った寛­永通寳の鋳造所です。その屋敷図面は県文書館に所蔵されており、県教育委員会によって­一部の発掘調査が行われています。

日本近代史最大のタブー:明治維新と田布施システムの秘密を解明 10/26(土)

2013/10/25 に公開

Tag:明治維新*薩長同盟*西郷隆盛*木戸孝允*坂本龍馬*他  comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
カレンダー

カテゴリ
新鮮な野菜と果物・ゲンマイそしてPCの山暮らしです
2011・2012この凄まじい年を生きている。幻想の世界が終り2013より今現在考えの及ばない 世界に入ると云われている。*私達の力がどれ程強いか、自己主権を持った者であり自由であるそれが現実です。意識が自由になって初めてそれが外に現れると。本当の自分を思い出す時が来た(ジョージ・カヴァシラス)