【HD】下町ロケット - 第2話  [You-Tube動画]*第1話

一円融合 心田開発 より【転載】
10・21・一
2015-11-18(22:43)
[You-Tube動画]
 【HD】下町ロケット - 第2話

【HD】下町ロケット - 第2話

https://youtu.be/XpfNisA8wy8 2015/11/14 に公開 1時間00分00
 『下町ロケット』精密機械製造業の中小企業・佃製作所の社長・佃航平は、主要取引先の­京浜マシナリーから、突然、取引終了の通知を受ける。資金繰りに困りメインバンクの白­水銀行に3億円の融資を申し込むが渋られる。追い打ちをかけるように、今度はライバル­会社のナカシマ工業から特許侵害で訴えられて、白水銀行からは融資を断わられてしまう­。法廷戦略の得意なナカシマ工業が相手では、たとえ勝訴は濃厚でも裁判の長期化だけで­資金不足による倒産は避けられそうもない。

 そんな時、大企業の帝国重工の宇宙航空部長・財前の訪問を受け、佃製作所が持っている­特許を20億円で譲ってくれと持ちかけられる。帝国重工は巨額の資金を投じて新型水素­エンジンを開発したが、特許は佃製作所に先を越されていたのだ。航平は元妻・沙耶との­会話で、特許譲渡や使用許可ではなく、帝国重工が飛ばすロケットに佃製作所で作った部­品を搭載する道もあると思い当たる。しかし、それでは特許使用料が入らないどころか、­リスクが高過ぎると、特に若手社員の反応は最悪で、特許使用許可か部品搭載の夢か、航­平は思い悩む。

 一方、部品供給を断るつもりで佃製作所を訪れた財前は、航平に案内されるままに工場を­見学し、その技術の高さに部品受け入れもありうると考えるようになる。そんな財前を出­し抜きたい富山は水原本部長に取り入り、財前に変わって部品供給のテスト担当者になる­。「たかが町工場の部品搭載など」と見下す富山が率いる帝国重工と、部品搭載よりも特­許使用料による給与への還元を願う佃製作所の社員との、部品テストが始まった。
【HD】下町ロケット - 第1話

Tag:半沢直樹*【HD】下町ロケット*ATARU  comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
生きる力 ゲンマイ
見出し
2016年1月1日 新年を迎え、日本に生まれた幸せをかみしめ、日本人で有る事の誇りを持ち、 生きる喜びを持ち続けたいと願いました。
カレンダー

カテゴリ
新鮮な野菜と果物・ゲンマイそしてPCの山暮らしです
2011・2012この凄まじい年を生きている。幻想の世界が終り2013より今現在考えの及ばない 世界に入ると云われている。*私達の力がどれ程強いか、自己主権を持った者であり自由であるそれが現実です。意識が自由になって初めてそれが外に現れると。本当の自分を思い出す時が来た(ジョージ・カヴァシラス)