住吉神社(2)竹内宿禰の手植えのクスノキと木材加工

ひもろぎ逍遥 より【転載】
住吉神社(2)竹内宿禰の手植えのクスノキと木材加工
[ 2011-10-20 19:30 ]
住吉神社(2)
竹内宿禰の手植えのクスノキと木材加工

c0222861_19245835.jpg
正面から右の方に行くと摂社がありました。
そこからさらに左の奥に行くとクスノキの大木か現れて来ます。
.c0222861_19254415.jpg
さらに進むと武内宿禰命御手植えの楠がありました。
武内宿禰は孝元天皇(人皇第8代)の曽孫で、景行、成務、仲哀、応神、仁徳の五朝に仕えたといわれる。
仲哀天皇に従って熊襲を討ち、天皇が崩御になると、神功皇后をたすけて新羅をしたがえるなどの偉功(てがら)があった。
本社では第三殿に祀られている。その手植の楠の古株から新根が生え、根周りは60m余にも及ぶ大木となっている。
住吉神社々務所

境内の中でも一番のパワースポットと案内されていました。
まさかこんな古木に逢えるとは思っていなくて感動しました。
樹齢2000年の楠は風浪宮や宇美八幡宮にありましたが風格は同じ。
そして同じように根元から二つに分かれて洞が出来ていました。
ここは手つかずの神域なので植生も昔のままです。

楠の自生の北限は福岡市東区の立花山だという事なので、
ここは手植えされたものという事になります。
その手植えした人が本当に竹内宿禰だとしたら、これもまた感慨深いものがあります。
もう白髪のおじいちゃんにしないでね。
彼だって若々しい躍動的な時代があったんですから。

楠は船の木材になります。だから各地の神社に残されているんだと思います。
洞が出来た楠はそのまま船になったそうです。
福岡の多くの山が杉林になってしまっているので、
こうした太古からの自然の森に入ると本当に感激します。
c0222861_19264230.jpg
クスノキのそばに稲荷神社がありました。
c0222861_1927735.jpg
境内全体から見ると右側、丘のピークにあります。
何故かどの神社の稲荷も向かって右側にありました。まだ例外に出会っていません。
かならず右側で、一段高いか、丘のピークにあります。
この稲荷社の右の方は崖でした。
吹き上げて来る風を利用して鉄の加工をしていた所だと思いました。

ところで、弥生時代に船の木材をどうやって加工したのか?疑問がありました。
それであちこち資料館も廻ったりもしたのですが、
もう鉄器が入って来て随分経つんですね。

特に新羅(辰韓)は鉄の産地だった。その資源を求めて戦いが起こっている訳です。
c0222861_19273322.jpg
この机を見て下さい。
福岡埋蔵文化センターで復元されたレプリカで紀元200年頃の机です。
本物は九州国立博物館にあります。
板が1センチ近い厚さに加工されています。
脚だってカーブに加工されています。これが弥生時代です。
c0222861_19275563.jpg
これは下関市豊浦町川棚の中ノ浜遺跡で出た弥生時代の小壺。
(山口県埋蔵文化センター所蔵 遺跡展は終了です。)
アートの心も抜群。

蚕(かいこ)も豊浦宮(忌宮神社)に献上されたし。
けっこう文化度の高い暮らしだったんですね。
(つづく)

Tag:神社  comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
生きる力 ゲンマイ
見出し
2016年1月1日 新年を迎え、日本に生まれた幸せをかみしめ、日本人で有る事の誇りを持ち、 生きる喜びを持ち続けたいと願いました。
カレンダー

カテゴリ
新鮮な野菜と果物・ゲンマイそしてPCの山暮らしです
2011・2012この凄まじい年を生きている。幻想の世界が終り2013より今現在考えの及ばない 世界に入ると云われている。*私達の力がどれ程強いか、自己主権を持った者であり自由であるそれが現実です。意識が自由になって初めてそれが外に現れると。本当の自分を思い出す時が来た(ジョージ・カヴァシラス)