住吉神社(3)住吉大神と神功皇后

•住吉神社(3)住吉大神と神功皇后
[ 2011-10-18 20:34 ]
住吉神社(3)
住吉大神と神功皇后

神功皇后と住吉大神はどのような関わりがあったのでしょうか。
住吉大神は日本書紀でも意外にも沢山出て来ました。
これまでの逍遥で各話の現場が分かったので、
今回は神社名を紹介しながら、住吉大神が出てくるシーンを書いて行きます。
香椎宮 福岡市東区香椎
c0222861_20184953.jpg
仲哀8年秋9月5日に、仲哀天皇は群臣たちを召して、熊襲攻撃について協議させました。
その時、皇后に神が懸かって神託がありました。
「天皇よ、どうして熊襲が服従しないのを憂うのか。
そこは例えれば、肉のついていない背中のように痩せた国であるぞ。

兵を挙げて討つほどの国であろうか。この国より宝がある国がある。
例えれば、乙女の眉のように弧を描いた国で、
我が国の津に向き合った所にある。
眼もくらむ金・銀、美しい色が沢山その国にはある。
その名をタクブスマ(タクの木の繊維で作った布団が白い、
その白色の名を持つ)新羅の国という。

もし我を良く祭れば、刃に血を塗る事なく、その国はおのずと降服するであろう。
また熊襲も服従するであろう。
われを祭るには、天皇の御船と穴門の直(あたい)ホムタチの献上した
大田水田を供えよ。」
と言いました。

天皇は神託を聞いて、疑いました。
すぐに高い山に登って、はるかに大海を望みましたが、広々として国は見えません。
天皇は神に答えました。
「私が見渡すと、海ばかりで国は有りませんでした。
大空に国がある訳でもありますまい。
どこの神が私をだまそうとしているのですか。
もともと私の皇祖の諸天皇たちからずっと天地の神々を祭って来ました。
どうして、それに漏れた神があるのでしょうか。」と。

すると、再び神が皇后に懸かって、
「天にある水鏡をのぞくように、われが天から下界を見ている国であるのに、
どうして国が無いなぞと、私の言葉をそしるのだ。
そなた天皇がそんな事を言って、最後まで信じなければ、
そなたはその国を得る事は出来まい。
ただ、皇后がようやく身ごもったので、その子が手に入れることになるであろう。」
と言いました。
しかし天皇はやはり信じないで、強引に熊襲を攻撃しました。
勝つ事が出来ないで戻って来ました。   (日本書紀)
小山田斎宮 古賀市小山田
c0222861_20201643.jpg
仲哀9年、春2月に、仲哀天皇が筑紫の香椎宮で崩御された時、
皇后は、天皇がご神託に従わなかったために早く崩御された事に心を痛めて考えました。
祟っている神を明らかにして、神の勧める財宝の国を求めようと。
そこで、群臣や百寮たちに命じて、国中の罪を払い清め、過ちを改めて、
さらに斎宮を小山田の邑に作らせました。

3月の1日に、皇后は吉日を選んで、斎宮に入って、自ら神主となりました。
その時には武内宿禰に命じて御琴を弾かせました。
中臣の烏賊津(いかつ)の使主(おみ)を召して
審神者(さにわ)としました。
そしてお供えの織り物をたくさん、御琴の頭と尾のところに供えて尋ねて言いました。

「先の日に天皇に教えられたのはどちらの神でしょうか。
願わくは、その御名を教えて下さい。」
と。七日七夜経って、ようやくお答えになりました。
「神風の伊勢の国の度逢県(わたらいのあがた)の五十鈴の宮にまします神、
名は撞賢木厳之御魂天疎向津媛命
(つきさかき・いつのみたま・あまさかる・むかつひめのみこと)。」と。

烏賊津の使主がまた尋ねました。
「この神以外に他の神はいらっしゃいますか。」
お答えがありました。
「旗のように靡くススキの穂が出るように出た吾は、
尾田の吾田節(あがたふし)の淡郡(あはのこほり)にいる神である。」と。
「他におられますか。」
「天事代虚事代玉櫛入彦厳之事代神
(あめにことしろ・そらにことしろ・たまくしいりびこ・いつのことしろのかみ)有り。」
「他におられますか。」
「いるかいないか分からぬ。」
そこで、審神者が言うには、
「今答えずに、また後に出て来られることが有りますでしょうか。」
すると答えがあった。
「日向国の橘の小門の水底にいて、海草のように若やかに出てくる神、
名は表筒男(うわつつのを)、中筒男(なかつつのを)、

底筒男(そこつつのを)の神がおる。」と。
「他におられますか。」
「いるかいないか分からぬ。」
ついに他に神がいるとも言いませんでした。
その時に神の言葉を得て、教えの通りにお祭りをしました。
(日本書紀)
現人神社 筑紫郡那珂川町
c0222861_20222678.jpg
皇后はこうして神の教えの霊験がある事を確信して、
さらに天つ神、国つ神を祭って祈り、西の方を討とうと思いました。
そこで神田を定めました。その時、儺の川の水を引かせて、神田を潤そうと思って、
溝(うなで)を掘りました。

とどろきの岡に至ると、大岩がふさがって、溝を通す事が出来ません。
皇后は武内宿禰を召して、
剣、鏡を捧げて天地の神に祈らせて、溝を通そうとしました。
すると雷が急に鳴り出して、その岩を踏み裂いて水を通しました。
そこで人々はその溝を裂田溝(さくたのうなで)と言いました。 (日本書紀)
唐ノ松神社 中間市垣生
c0222861_202413.jpg
ここはかつて遠賀川の中の岩の島だった。
神功皇后は帰途にここで住吉大神を祭り、渡海安全の祈願をして剣と鉾を奉納した。
そしてそのしるしに自ら松を植えた。 
(神社誌)
住吉神社 遠賀郡若松
c0222861_20263818.jpg
神功皇后は再びこの崗の津に着いて、
この丘に登って海上に浮かんだり飛び交う水鳥を眺めた。
この時、神功皇后は群臣を召して
「このたびたやすく三韓を従える事が出来たのはひとえにこの神のお蔭である。
その恩をひとときも忘れない。」
と言って自らの手で一株の松を植え、その根元に白幣を納め
「この松は神ともに弥栄に栄えよ。」祈った。
こうしてここを若松と呼んで住吉大神を祭った。(神社誌)
住吉神社 下関市
c0222861_20261323.jpg
戦勝を収めると軍に従った神、表筒男、中筒男、底筒男の三柱の神々が
皇后に教えて言いました。 
「我が荒魂を穴門の山田の邑に祭りなさい。」
と。その時、穴門の直(あたい)の祖、ホムタチと
津守の連(むらじ)の祖のタモミの宿禰が皇后に言いました。
「神が鎮座したいと言われる所には必ず定めて祭られますように。」
そこで、ホムタチを荒魂を祭る神主にして、
祠を穴門の山田の邑に立てました。(日本書紀)
*************************
近年まで8月15日には忌宮神社と住吉神社の神輿が会う祭があっていたそうです。
るなは考えた
日本書紀と神社誌から6つの神社を紹介しました。
これらから分かるのは
住吉族は最初から仲哀天皇と行動を共にしていましたが、
香椎宮で天皇の船と穴門の大田水田を求めていたという事です。
戦うための水軍の兵を住吉族は供給出来たのでしょう。
船が48艘も作られたらそれぞれに船頭や指揮官、水兵が必要です。
これらの取引が行われたのでしょうか。

住吉族の拠点は那珂川町の現人神社にあって、水田を作ろうとしたけど、
潮水が上がって来るので稲作が出来ずに困っていたのが分かりました。
そこで神功皇后と武内宿禰は裂田の溝(さくたのうなで)を作って、
水田が作れるようにしました。それを神田として供えたのです。

このあと新羅攻撃に勝利して再び豊浦宮へ戻る訳ですが、
神功皇后は各地で住吉大神を祭っています。(住吉大神を祭った所はまだ他にもあります。)

住吉族の神々を祀ると言う事は、戦争の褒賞として
その地の制海権を宣言して与えていく事だと考えています。
遠賀川の唐ノ松神社や住吉神社は船がよく見える島や岬の上でした。

しかし住吉族はそれだけでは満足せず、やはり穴門の制海権と水田を再び求めて来ました。
そこでホムタチとタモミの宿禰が譲歩して皇后に穴門を住吉族に与えるように勧めています。
そしてホムタチは住吉大神の荒魂を祀る祭主になりました。

神々の話を人間のドラマとして読み変えると、このような状況になりました。
皇后と住吉族の深い関わりは大阪の住吉大社へと続きます。
大阪の住吉大社の由緒や高良玉垂宮の秘密書などからは、
二者の間についての深い謎がまだまだ残っています。
*************************

Tag:神社  comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
生きる力 ゲンマイ
見出し
2016年1月1日 新年を迎え、日本に生まれた幸せをかみしめ、日本人で有る事の誇りを持ち、 生きる喜びを持ち続けたいと願いました。
カレンダー

カテゴリ
新鮮な野菜と果物・ゲンマイそしてPCの山暮らしです
2011・2012この凄まじい年を生きている。幻想の世界が終り2013より今現在考えの及ばない 世界に入ると云われている。*私達の力がどれ程強いか、自己主権を持った者であり自由であるそれが現実です。意識が自由になって初めてそれが外に現れると。本当の自分を思い出す時が来た(ジョージ・カヴァシラス)