北朝鮮「新年の辞」、経済傾注宣言で狙うもの 「強盛国家建設の最全盛期を切り開こう」

MSN ニュース より【転載】
2016・01・02
北朝鮮「新年の辞」、経済傾注宣言で狙うもの 「強盛国家建設の最全盛期を切り開こう」
東洋経済オンライン 福田 恵介 4 時間前
BBo7cLl.jpg
© 東洋経済オンライン 北朝鮮「新年の辞」、経済傾注宣言で狙うもの

 北朝鮮の最高指導者である金正恩第1書記が1月1日、北朝鮮の国家運営の指針となる新年の辞を発表した。2012年に本格的に政権に就いて以来、メディアを通じて肉声で新年の辞を直接発表するのは4回目となる。
 2016年の新年の辞は「朝鮮労働党大会第7回大会が開かれる今年、強盛国家建設の最全盛期を切り開こう」と述べ、2016年5月に予定されている36年ぶりの党大会開催に向けた内容がより多く盛り込まれている。

 冒頭から、2015年に目立った経済活動の紹介が続いた。ダムや科学技術施設、農場など、金第1書記肝入りで建設・リニューアルされた経済施設を「知識経済時代のモデル工場、標準工場を建設し、生産工程の現代化、情報化を積極的に実現し、全般的な経済発展と人民生活向上のための闘争において新たな進撃路を切り開いた」と述べた。
 しかも、演説途中にはこれら施設の映像や建設に当たる国民の姿を差し挟むなどの演出もなされた。

 さらに、北朝鮮では経済の「四大先行部門」とされる電力や石炭、金属工業、鉄道運輸の改善と発展について述べ、軽工業などの他の経済部門に対する言及も多く、党大会へ向けてこれまでの経済的成果を誇示しながら、「人民生活の問題は国事の中で第一に考えるべきもの」と述べるなど、経済生活のさらなる向上を国民にアピールする内容となった。
 対外的な言及は相対的に少なかったが、一方で目立ったのは韓国との統一問題に関する内容だ。北朝鮮問題が専門で慶應義塾大学の礒﨑敦仁准教授は「踏み込んだ発言が目立った2015年ほどではないが、統一問題に関する言及が長く、金第1書記の関心の高さが表れている」と指摘する。

 「南朝鮮(韓国)当局は昨年の北南高位級緊急接触の合意精神を大事に見なし、それに逆行したり対話の雰囲気を害する行為をしてはならない」と新年の辞では述べており、今後も韓国との対話には全面的に拒否しないという姿勢を示している。
 今回の演説をどう読むべきか。以下は慶應義塾大学の礒﨑准教授による解説だ。
※ ※ ※ ※
 金正恩第1書記による新年の辞は、今年で4回目となり、最高領導者としての関心事が如実に表れるようになった。これまでの『労働新聞』論調からは、金正恩第1書記の関心事として、教育、スポーツ、中間管理職、青少年、家庭、乗り物、世界の趨勢といったものが抽出できたが、これらはいずれも新年の辞でも触れられている。
 たとえば、戦車からジェットコースターまで自ら乗車した画像を公開してきた金正恩第1書記は、今年の新年の辞において、「空ではわれわれがつくった飛行機が飛び、地下ではわれわれがつくった地下鉄電車が走る誇らしい現実」について述べている。
 今年5月初めには36年ぶりとなる朝鮮労働党大会が開催されることになっているが、新年の辞でも何度もそのことに触れられている。そこでは、「偉大な首領様達(金日成主席、金正日総書記)の賢明な領導の下にわが党が革命と建設で成し遂げた成果を矜持高く総括し、わが革命の最終勝利を早めるための煌びやかな設計図を広げることになる」と表現されるが、具体的に何が発表されるかは読み取りづらい。党創建70周年に向けて人々を経済建設に動員した2015年に続き、明確な目標設定として第7回党大会の開催を機能させたいのであろう。
 2015年までは「遺訓」や先代指導者に対する言及が減少したが、2016年は再び増加した。金正恩政権は、遺訓離れによって自らの独自性を発揮しようとした段階を脱し、自らを先代指導者と同列に位置付けうるとの自信を得たものと考えられる。
 「最高位級会談を開かない理由はない」「われわれ式社会主義を南朝鮮側に強要しないし、これまでも強要したことはない」などと踏み込んだ発言が目立った2015年ほどではないが、引き続き統一問題に関する言及が長文で、金正恩第1書記の関心の高さが表れている。今年は、北朝鮮の「体制変化」や「制度統一」といった韓国内の議論に反発したり、対外関係や貿易に関してほとんど言及がないなど、守りの姿勢が垣間見られる。
北朝鮮「新年の辞」、経済傾注宣言で狙うもの 「強盛国家建設の最全盛期を切り開こう」

Tag:msn ニュース*JBPRWSS*現代ビジネス *その他  comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
生きる力 ゲンマイ
見出し
2016年1月1日 新年を迎え、日本に生まれた幸せをかみしめ、日本人で有る事の誇りを持ち、 生きる喜びを持ち続けたいと願いました。
カレンダー

カテゴリ
新鮮な野菜と果物・ゲンマイそしてPCの山暮らしです
2011・2012この凄まじい年を生きている。幻想の世界が終り2013より今現在考えの及ばない 世界に入ると云われている。*私達の力がどれ程強いか、自己主権を持った者であり自由であるそれが現実です。意識が自由になって初めてそれが外に現れると。本当の自分を思い出す時が来た(ジョージ・カヴァシラス)