九州の平地でも大雪 暴風雪・高波に警戒を

MSN ニュース より【転載】
2016・01・24
logo.png
九州の平地でも大雪 暴風雪・高波に警戒を
1月24日 11時03分
_K10010383201_1601241116_1601241118_01_02.jpg
この冬一番の強い寒気の影響で、西日本の日本海側や北陸を中心に雪や風の強い状態が続き、長崎市で積雪が11センチに達するなど、九州の平地でも大雪となっています。雪は24日夜にかけて局地的にさらに強まる見込みで、気象庁は暴風雪や大雪、それに高波に警戒するよう呼びかけています。
気象庁によりますと、上空1500メートル付近に氷点下12度以下のこの冬一番の寒気が流れ込み、日本付近は強い冬型の気圧配置となっているため、西日本の日本海側や北陸を中心に雪や風の強い状態が続き、ところによって吹雪となっています。
午前10時の積雪は、広島県北広島町の八幡で1メートル31センチ、島根県飯南町の赤名で1メートル、石川県輪島市で49センチ、新潟市で24センチ、兵庫県豊岡市で14センチとなっていて、中国地方や北陸では局地的にこの6時間で、10センチから20センチ前後の雪が降りました。また、長崎市で11センチ、鹿児島市で6センチ、佐賀市で5センチなどと、九州の各地で大雪になっているほか、徳島市で1センチと四国の平地でも雪が積もっています。
この冬一番の寒気は25日にかけて流れ込み、冬型の気圧配置が強まるため、24日夜にかけて雪がさらに強まり、西日本の日本海側や北陸で吹雪が続くほか、九州や四国などの平地でも雪の量が増える見込みです。
25日朝にかけて降る雪の量は、いずれも山沿いの多いところで、北陸で100センチ、中国地方で70センチ、東海と近畿で60センチ、東北と関東甲信で50センチ、北海道と四国、それに九州で30センチと予想されています。また、平地でもいずれも多いところで、九州で20センチ、四国で15センチの雪が降ると予想されています。
風も強い状態が続き、25日にかけての最大風速は、東北から沖縄地方にかけての広い範囲で20メートルから25メートル、最大瞬間風速は30メートルから35メートルに達すると予想され、海上は波の高さが6メートルから7メートルの大しけとなる見込みです。
さらに、日本海側を中心に発達した雪雲がかかって大気の状態が非常に不安定になり、落雷や竜巻などの突風のおそれがあります。
また、24日朝の最低気温は、広島市で氷点下3度3分、福岡市で氷点下2度3分、松山市で氷点下1度3分、神戸市で氷点下0度5分などと、平年を3度から6度前後下回り厳しい冷え込みとなりました。
24日と25日は西日本を中心に気温が平年よりかなり低くなる見込みで、24日の日中の予想最高気温は、福岡市で氷点下2度、高知市で2度、大阪市で3度、鹿児島市で4度、那覇市で9度などと、ところによって平年を10度前後、下回る見込みです。
気象庁は大雪や暴風雪、高波に警戒するとともに、雪による交通への影響や路面の凍結、それに落雷や突風などにも十分注意するよう呼びかけています。

Tag:msn ニュース*JBPRWSS*現代ビジネス *その他  comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
生きる力 ゲンマイ
見出し
2016年1月1日 新年を迎え、日本に生まれた幸せをかみしめ、日本人で有る事の誇りを持ち、 生きる喜びを持ち続けたいと願いました。
カレンダー

カテゴリ
新鮮な野菜と果物・ゲンマイそしてPCの山暮らしです
2011・2012この凄まじい年を生きている。幻想の世界が終り2013より今現在考えの及ばない 世界に入ると云われている。*私達の力がどれ程強いか、自己主権を持った者であり自由であるそれが現実です。意識が自由になって初めてそれが外に現れると。本当の自分を思い出す時が来た(ジョージ・カヴァシラス)