福島第一原発以上の被害を狙っていると見て取れる。*トヨタ 国内の組み立てライン 8日から6日間停止

HARMONIES G+ より【転載】
35
https://plus.google.com/110783017519913600743/posts
36HARMONIES G+ 一般公開 19 時間
トヨタがラインを停止するのは、8日からと言っていますが、実質的には前日の2月7日の終業時から停止するわけで、2016年2月7日は、同じく18(666)なのですね。そんなにお漬物が好きなのかしら? という感じなんですが・・・
でもって、日本海側の高浜原発を急遽再稼働し、安定ヨウ素剤を30km「圏外」まで配布した。これはミサイルにかこつけて原発を爆破し炉心溶融させるか、あるいは人工地震と津波で破壊するつもりで、福島第一原発以上の被害を狙っていると見て取れる。
http://www.sankei.com/world/news/160203/wor1602030001-n1.html
ぶら松さん、またヤラセの馬脚が丸見えっていう感じではないでしょうか? 色々画策するのは勝手ですけれども、こうもバレバレすぎると、容易に解読出来ます。というわけで、完全無力化オペレーション行いますので、よろしくお願いします。
北朝鮮長距離弾道ミサイル
大武美智子+6
ありがとうございます。
自分自身も含め結界張ります!
HARMONIES G++9
年明けから、ベッキー>SMAP>清原と、ネタを次々に繰り出してきて、国民の目を逸らそうしていますね。 たぶん来週あたり、もう1本特ダネ系を出してくると思います。いずれも目くらましです。
tomoko tsunekawa+1
TPPの甘利前大臣の問題もマスコミの騒ぎになったので、
この次は問題の本番のような胸騒ぎがしないでもないのですが。
Sarangaya Roni
看破ありがとうございます!
Sarangaya Roni+1
侮ら待つ足掻き禁止です!
HARMONIES G+ 一般公開 19 時間
皆さんおはようございます。この奇妙な一致は何でしょうか? トヨタが東日本大震災以来5年ぶりに国内の組み立てラインを、2月8日から6日間停止するとアナウンスしました。理由は愛知製鋼での爆発事故(1月8日)による部品供給に支障が出ているため、としています。
その一方で、北朝鮮がミサイル(衛星)発射を同じ2月8日から25日までの間に行うと予告。北朝鮮は3週間近い幅を持たせていますが、トヨタは8日の月曜日からかっきり1週間ですね。
穿った見方をすると、愛知製鋼の加熱炉で爆発が起きた日は、2016年1月8日。数字を全部足すと18(666)であり、北朝鮮が言っている発射最終日2016年2月25日も全部足すと18(666)なのです。
トヨタはそのエンブレムがプロビデンスの目のデザインであることからわかるように、ぶら松系企業です。北朝鮮は、言うまでもないですね。それが何故ふたつの666の日(元獣の数字="漬物の数字"に書き換えたので)をわざわざ使ってきたのか?(つづく)
トヨタ 国内の組み立てライン 8日から6日間停止 NHKニュース
toyota.jpg
HARMONIES G++8
あれっ、いま気付きました。トヨタのこのカタカナのロゴです。「ト」と「タ」の横棒の末尾に、勢い線のような三本の横向きラインがありますが、これは数字の「3」の裏返しではないですかね?
そして「ヨ」をふつうに3と読むと、このロゴマークの中には「333」つまりぶら松さんの数字が隠されていることになります。
大武美智子+7
なるほど➰
ミノタウルスは牛の怪物ですよね?
トヨタのマークは牛みたいだとずっと思ってました。納得です!
ミノタウルス、ミノタウルス、プリウス?って、く、苦しいか(笑)
HARMONIES G++6
ああたしかに! 角を左右に広げた牛に見えますね。プロビデンスの目でありミノタウロス・・・デザイナーさんうまいです(笑)
Sarangaya Roni
侮ら待つ足掻き禁止です!

Tag:HARMONIES G+*遠隔霊視と宇宙のネットワーク  comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
生きる力 ゲンマイ
見出し
2016年1月1日 新年を迎え、日本に生まれた幸せをかみしめ、日本人で有る事の誇りを持ち、 生きる喜びを持ち続けたいと願いました。
カレンダー

カテゴリ
新鮮な野菜と果物・ゲンマイそしてPCの山暮らしです
2011・2012この凄まじい年を生きている。幻想の世界が終り2013より今現在考えの及ばない 世界に入ると云われている。*私達の力がどれ程強いか、自己主権を持った者であり自由であるそれが現実です。意識が自由になって初めてそれが外に現れると。本当の自分を思い出す時が来た(ジョージ・カヴァシラス)