・昔むかし、私たち人間はずい分違っていました

zeraniumの『真実の情報』掲示板 より【転載】
4・4z
2016年2月15日 (月)
・昔むかし、私たち人間はずい分違っていました

   昔むかし、私たち人間はずい分違っていました。
   それは、今ではごく少数の人たちだけが、ようやく理解し始めているような伝達方法や体験を、当時は誰もがしていたのです。もともと私たちは、脳の働きに左右されない、内なるハートの中の聖なる空間によって、コミュニケーションしたり感知したりする方法を知っていました。

   オーストラリアのアボリジニ(先住民族)の人たちは今でも、彼らが「ドリーム・タイム」と呼ぶ、古代からある生命のネットワークとつながっています。その集合的な夢や意識状態によって、彼らは自分のハート空間の中に生き続け、西洋的現代人の意識からはほとんど失われてしまった世界で呼吸しているのです。

   ニュージーランドのマオリ族は、「瞑想」の中で広大な空間を飛び越え、アメリカ大陸を見ることができます。実際にそうしたやり方でアメリカにいるホピ族と連絡を取り合い、お互いの預言について情報交換するために集会をしています。すなわち彼らは現代の(通信方法である)「テクノロジー」的な手段を一切使うことなく打ち合わせをします。

   またハワイでは、カフナ(ハワイ先住民族のシャーマン)たちが母なる地球と親しく会話し、食べてよい魚がどこにいるかを教わります。すると真っ青な空に浮かぶ白い雲がしだいに人の手の形をとり、魚の群れがいる方向を指さすのです。

   南米コロンビアのシェラ・ネバダ山脈の高地にある深い峡谷には、「言葉のない言語」を知る部族が住んでいます。この言語は、彼らのハートの内にある聖なる空間からやって来ます。私たちにそうした言語を思い出すことができたなら、どんなに素晴らしいでしょう。

   聖書にはバビロン以前の時代は、地球上のすべての人々がただ一つの言語によって結ばれていたと書かれています。しかしその後、人間の言葉は無数に分裂し、言葉の壁が人々を互いに隔てるようになり、それぞれの小さな世界に閉じ込めてしまいました。

   誤解による不信感は、心ならずもいつのまにか、私たちの宿命となってしまいました。
   そのようにして互いを責め合うという運命から、逃れられなくなっているのです。しかも満足に話し合うことすらできません。これは分裂の一番冷たい形です。

   同じ宇宙の根源から生まれた兄弟姉妹でありながら、私たちはお互いの考えや気持ちを表現し合えず、すぐに敵同士になってしまいます。こうして何世紀も過ぎるうちに、人々のマインド(頭、表面意識)は孤立していき、ハートの中に入って共通の夢を体験するという古代のやり方を喪失してしまったのです。

   今、あなたが手にしているのは、それを取り戻すための本です。
   実はあなたのハートの中にはいつでもこれがありました。それは今でもあります。それは(いわゆる)天地創造よりも古くから存在し、最後の星がその美しい輝きを終えてもなお存在し続けます。

   夜の眠りで夢の世界に行っているとき、あなたは自分のマインド(表面意識)を枕元に置いたまま、ハートの中の空間に入っているのです。あなたはそれを覚えていますか? それとも覚えているのは夢だけでしょうか?

   私たちの記憶から消え行こうとするこの「何か」について、なぜ私は語るのでしょうか。
   科学的な思考と合理性が最大の宗教となっているこの世界において、今さら再びハートの空間を見出したからといって、それが何になるというのでしょう? 感性や直感など、この現実社会では取るに足りないものだと見なされていることを、私は知らないのでしょうか?

   もちろん、私もそれは知っています。
   けれどもこれは私が師たちから託されたことで、あなたが本当は誰であるのかを思い出せるように、お手伝いするのが私の仕事なのです。あなたは人間以上の存在です。しかもはるかにそれをしのぐ存在なのです。なぜなら、あなた自身のハートの内にある聖なる空間で意識の共同作業を行なえば、文字通り世界を新たにつくり直すことができるからです。

   あなたが本当に魂の平安を求め、真の故郷に帰りたいと望むなら、あなたのその美しいハートの中へとご案内しましょう。あなたさえ許してくれれば、私が見たものをあなたにお見せしたいのです。あなたと神が深く一つになるところ、あなたのハートの聖なる空間へと至るための、正確な道しるべをお伝えしたいと思います。

   選ぶのはあなたです。
   ただし、一つだけ警告しておかなくてはなりません。この体験には大きな責任が伴います。あなたの魂が高次元に達すると、宇宙はそれを知ることになります。そして、かつてこの世に生きた偉大なるマスターたちが皆、宇宙に使われたのと同様に、今度はあなたが宇宙に使われるでしょう。

   この本を読んで瞑想しても、自分の人生には別に何の変化も起こらないだろうと思っていると、突然、霊的な居眠りから揺り起こされるかもしれません。ひとたび「大いなる闇の光」に入れば、あなたの人生は変わってしまいます。そしてついにはあなた自身が実は誰だったのかを思い出し、最終的にあなたは人類に奉仕する人生を歩むことになるでしょう。

   (略)この本の情報は、光の高次元世界に向かう次元上昇(アセンション)の旅に、きわめて重要な手がかりを与えるはずです。また、あなたがハートの聖なる空間以外のことにはあまり関心がないとしても、この本の言葉はあなたの人生に祝福をもたらし、あなたのまことの本質を取り戻すことに役立つでしょう。

   最後に付け加えますが、この本は、意味が伝わり、体験のエッセンスが損なわれない範囲で、最小限の言葉で語られています。それらの文章はマインド(表面意識)によって書かれたのではなく、ハートによって書かれているのです。

    Living in the Heart
     book『ハートの聖なる空間』 
             ドランヴァロ・メルキゼデク  ナチュラルスピリット
                           抜粋

Tag:zeraniumのブログ  comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
生きる力 ゲンマイ
見出し
2016年1月1日 新年を迎え、日本に生まれた幸せをかみしめ、日本人で有る事の誇りを持ち、 生きる喜びを持ち続けたいと願いました。
カレンダー

カテゴリ
新鮮な野菜と果物・ゲンマイそしてPCの山暮らしです
2011・2012この凄まじい年を生きている。幻想の世界が終り2013より今現在考えの及ばない 世界に入ると云われている。*私達の力がどれ程強いか、自己主権を持った者であり自由であるそれが現実です。意識が自由になって初めてそれが外に現れると。本当の自分を思い出す時が来た(ジョージ・カヴァシラス)