NASAのある「装置」が組み込まれていたようです*人工台風電磁波が効かなくなった理由 *地球上の電磁波の設定が進化した

HARMONIES G+ より【転載】
35
https://plus.google.com/110783017519913600743/posts
36HARMONIES G+ 一般公開 6 時間(3月 29, 17:29)
こちらは今日午後1時半ごろ、福島県いわき市在住のどんぐり松さんが、ご自宅付近で撮影されたものです。雲が楕円型にくり抜かれたようになっており、全部で5機の透明小型ハーモニーUFOが滞空しているようにも見えます。画像を拡大し反転するとよりわかりやすいです。福島に着陸する日も近い!?
2016_0329_どんぐり松さん透明UFO(拡大反転)20DSC_03782016_0329_どんぐり松さん透明UFO20DSC_0378
HARMONIES G+ 一般公開 14 時間
3月26日(土)にコミュニケーションが途絶し、5つに分解したとされる日本のX線天文衛星「ひとみ」。ナショナルジオグラフィックの記事によると、この最新型の衛星には、NASAのある「装置」が組み込まれていたようです。
最初このひとみの形を見た時に思いましたが、まるでレーザー砲のように見えませんか? X線による天体観測というのは表向きの話で、地上に対して何らかの攻撃を加えるための宇宙兵器だった可能性があります。
今回、ハーモニー宇宙船が雲霞の如く出現したのは、ひとみが通信途絶する3日前のことでした。あの地球周回軌道を思わせる巨大な点線は、制空権ならぬ「制宙権」のデモンストレーションでもあり、悪意を持った人工衛星は、全部ぶっ潰すよという意思表示だったのかもしれません。
「ひとみ」はすでに地球に向けて降下中で、2.7トンもあるサイズのため地表への落下が懸念されますが、そこも含めてハーモニー宇宙船が安全に処理してくれると思います。
Japan Loses Contact With New Space Telescope
ハ
HARMONIES G+ 一般公開 1日
トランプ氏「在日米軍撤退も」
皆さんこんばんは。トランプ氏はそんな風に言っているようです。しかし、実際に在日米軍が撤退したら何をするかというと、日本と韓国は北朝鮮の脅威に対抗するため、自国の軍備をさらに増強させるべきである=アメリカの軍事産業を儲けさせる=という流れに必ず持っていくはず。
日本には、役立たずのステルス戦闘機やミサイルやイージス艦なんか、もうひとつも必要ないですから。太陽系いや銀河系最強のハーモニー宇宙艦隊が、人工台風や人工地震を全部撃退してくれていることは、ぶら松CIAもNSAもペンタゴンもみんな知っているはず。
実際、背振山のレーダーサイト返還に見られるように、日本国内にある米軍基地の電磁波兵器は、日本を脅すための道具としてはまったく役に立たなくなっています。
事実としてはそうなのに、まるでアメリカが日本の為に骨を折ってやってるんだ、もっと金出せみたいな恩着せがましさウルトラ級のこの大統領候補(ゴーストライターはぶら松ですが)。しかも北朝鮮の裏はアメリカですからね。ヤラセにマッチポンプもいいところです。
信じられないことには、核兵器保有に言及する馬鹿さ加減。東日本大震災人工地震テロによる福島第一原発事故のために、日本人がどれほど原発や放射能に敏感になっているか、想像すら出来ていませんよね。
いや日本にはすでに核兵器ぐらいあるでしょう。H2Aという世界最高クラスの即ミサイル転用可能なロケットもじゃんじゃん飛ばしているんですから。核弾頭を積めば明日にでも核ミサイル作れます。
まあ今さらという感じですが、そろそろお口にチャックなさったほうが・・・貴殿が大統領になろうがなるまいが、日本いや地球の防衛には全く関係ないってことです。
---------------------------------------------------------
トランプ氏「在日米軍撤退も」
=安保改定、日本の核保有容認-米大統領選
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol&k=2016032700018
【ワシントン時事】 米大統領選の共和党候補指名争いで首位を走る不動産王ドナルド・トランプ氏(69)は、大統領に就任した場合、日本が駐留経費の負担を大幅に増額しなければ、在日米軍を撤退させる考えを明らかにした。日本による核兵器の保有を容認する意向も示した。
米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)が26日に掲載したインタビューで語った。トランプ氏は、これまでも「日米安全保障条約は不公平だ」などと日本側の負担増を求める方針を示していたが、米軍撤退の可能性に言及したのは初めて。
トランプ氏はインタビューで、日米安保条約について「片務的な取り決めだ。私たちが攻撃されても、日本は防衛に来る必要がない」と説明。「米国には、巨額の資金を日本の防衛に費やす余裕はもうない」とも述べ、撤退の背景として米国の財政力衰退を挙げた。
 その上で、インタビュアーが「日本は世界中のどの国よりも駐留経費を負担している」とただしたのに対し、「実際のコストより、はるかに少ない」と強調。「負担を大幅に増やさなければ、日本や韓国から米軍を撤退させるか」と畳み掛けられると、「喜んでではないが、そうすることをいとわない」と語った。
トランプ氏は、日本政府と再交渉して安保条約を改定したい考えも表明。日韓両国が北朝鮮などから自国を防衛できるようにするため、「核武装もあり得る」と述べ、両国の核兵器保有を否定しないという見解も示した。 
さらに「私は米国のことを第一に考える」と述べ、日韓両国だけでなく、北大西洋条約機構(NATO)やサウジアラビアなどアラブ諸国との関係も見直すと表明。特にアラブ諸国に関しては、過激派組織「イスラム国」(IS)掃討作戦に地上軍を派遣しなければ、石油の購入を停止することもあり得るとけん制した。(2016/03/27-11:47)

HARMONIES G+ 一般公開 1日
STAP問題 ES細胞窃盗は容疑者不詳で捜査終了
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160328-00000002-kobenext-l28
ちょっとこれ大笑いしますね。3月26日にアメリカ・テキサス大学医学部を中心とする研究グループが、小保方晴子さんのSTAP細胞の研究が正しかったことが証明されたというニュースがMSNで出ました。
このES細胞窃盗告発は、どう見ても小保方さんを犯人に仕立て上げようとした、としか考えられません。それが、上記のニュースが出たので慌てて引っ込めた、そういうことでしょう? アホくさ、というか何と言うか・・・
STAP細胞潰しに関わった連中は、理研やNHKのトップおよび裏で操ってるぶら松CIA関係者はじめ、江戸時代の昔なら、全員雁首揃えさせて市中引き回しの上、獄門さらし首といきたいところです。
まあ今はそこまでは出来ないので、みんな整列させて割烹着を着させ、三日三晩、立ったまま不眠不休で大根の桂むきでもやらせろ!(京大の某IPS細胞の先生も) って感じですね。しかし、STAPを潰している間に、結局はアメリカが特許を奪ったっていう話ですよね? ぶら松さんにはしっぺ返し来ると思うよ。
小保方さん割烹着
HARMONIES G+ 一般公開 2日
地球上の電磁波の設定が進化した
電磁波を使う側の意図が、電磁波に乗ってしまうという量子的な進化。それは人工台風電磁波だけでなく、テレビ局の放送電波はもちろん、米軍が盗聴に使っているエシュロンの電波などにも影響を与えるはずです。
たとえばNHKが何か歪曲報道番組を作り、放送電波に乗せた。ところがその意図が弾かれ毒抜きされてしまうので、放送したとしても視聴者の心には何ら影響を与えられない。それどころか、悪意の電波はNHKの電波装置に戻ってきて、何らかの不具合を引き起こす可能性がある。
先日の高浜原発の再稼働時、異常電流が流れて原子炉が緊急停止しました。電流は電子という量子の流れですから、高浜原発を破壊しようとする意図が裏にあったとすると、発電された電力がいわば「逆流」して、いきなり電流が基準値をオーバーしてしまった。だから警報が鳴り響いた。
エシュロンが要人の携帯の通話内容を傍受しようとして、あの巨大レーダーから電波を拾っても、大元の意図が邪悪ならば、会話が傍受できないか、あるいは全然別の会話を傍受してしまうか、何かそんなようなことになるでしょう。
もっと言えば、人の発する「言葉」も、空気を構成する分子=量子の振動ですから、言葉の裏に悪意や隠された意図があれば、本人にすぐ返送されることになる。
わかりやすく言うと、電磁波を筆頭とする地球上の量子的現象には、物事のレベルを判断し、愛に反するものに対しては反作用が働く、という設定がハーモニー宇宙船団によってインストールされた。そういうことではないかなと思います。
magnetic field
HARMONIES G+ 一般公開 2日
人工台風電磁波が効かなくなった理由
わかりました。24日から26日にかけてのMIMICを見てみてください。下の目盛りで170度(経度)のところに、いつもの強い電磁波が当てられます。去年までなら海水や大気が熱されて上昇気流が発生し、熱帯低気圧が生まれていました。
ところが雲の動き(濃い赤の部分=降水の可能性がある)を見ていくと、電磁波を当てられてから、逆に縮小しているのです。これは、先日の大雨警報の時に背振山のレーダーからの気象操作電磁波が、雨雲を強化するのではなく、真逆の雨雲消しとなっていた、あの現象と同じなのです。
2016年になってから、その電磁波自体の基本設定がハーモニー宇宙船団により書き換えられている、と考えると説明がつく。
それは、電磁波の使い方に、人工台風など何らかの悪意に基づく「意図」が乗っかっている場合、電磁波としての動作が無害化されるだけでなく、180度ひっくり返されてしまう、という設定に書き換えられてしまった。だから今年になって、太平洋上には1個も人工台風を作ることが出来ないのではないか?
もしこの仮説が正しければ、自然台風以外の人工台風は、今年は1個も作れないことになります。
画像⇒http://tropic.ssec.wisc.edu/real-time/mimic-tpw/wpac/anim/20160324T000000anim72.gif

Tag:HARMONIES G+*遠隔霊視と宇宙のネットワーク  comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
生きる力 ゲンマイ
見出し
2016年1月1日 新年を迎え、日本に生まれた幸せをかみしめ、日本人で有る事の誇りを持ち、 生きる喜びを持ち続けたいと願いました。
カレンダー

カテゴリ
新鮮な野菜と果物・ゲンマイそしてPCの山暮らしです
2011・2012この凄まじい年を生きている。幻想の世界が終り2013より今現在考えの及ばない 世界に入ると云われている。*私達の力がどれ程強いか、自己主権を持った者であり自由であるそれが現実です。意識が自由になって初めてそれが外に現れると。本当の自分を思い出す時が来た(ジョージ・カヴァシラス)