軍産複合体その1

嗚呼、悲しいではないか!より【転載】
2016-04-03
軍産複合体その1
の1誰が軍産複合体を所有し、支配しているのか?
http://beforeitsnews.com/alternative/2016/03/who-really-owns-and-controls-the-military-industrial-complex-3330335.html
匿名愛国者
o0573035313610286320.jpg
我々は、我々の選出者が国内、世界中の多国籍敵に目をつぶっていることに腹を立てているだけではなく、息子達、娘達を利益のための戦争へ送り、彼らの家族の為に血を流させる軍隊と企業の両方の軍閥の長にうんざりしている。世界市民としては、我々が男女子供が虐殺され、放り出されるのを見て、その結果上層部の一部が血と銃から利益を得ることができる事には非常に怒りが込み上げる。911では近所の人がベトナム戦争で祖先を殺され、国防高等研究所ときれいな水、食料と教育のための戦争手段に費やす金を使うことができる世界の周りで数百万人の飢餓の子供たちについて言及しないことなど、我々は嫌になる戦争にうんざりしている。

誰れに責任があるのかを見つけ出さなければならない点で、この怒りは我々の中にこみあがってくる。我々が選んだ政治家の多くではなさそうであり、我々の敵を名指しすることが彼らを識別し武装解除させることに向かう最初のステップである。

このサイトの多くの読者は一般的な容疑者についてはよく知っている:ロスチャイルド、ロックフェラーと人間の富のピラミッドの最上層に指令する大銀行人である。我々はまた、彼らが継続的な軍事行動、サイバー、経済戦争を計画し実行するために政府機関と密接に連携していることを知っている。我々全ては、ビルダーバーグ、イルミナティ、マルタ騎士団これらの陰謀をバチカンと共謀してきることを読んだ。我々は米連邦準備制度理事会が米国や世界経済を操作し、略奪する連邦準備紙幣を印刷する独占権を持つ私有企業であることも知っている。

それが、我々の興味を引くが、我々が知らないことである。だから、我々は金の後を追うことに決めた。アメリカの生活、富と民主主義を略奪している戦争受益者はだれか?

この記事では、匿名愛国者が再び登場する。インターネットと地政学的展望を解釈できる鋭い能力を持って、我々は彼らを豊かにし、我々の重荷になる全ての軍事発明によってさらに強力にする経済陰謀の背後にいるこれらの国際戦争犯罪人を追跡してきた。我々は貧困になり、重症になり、そして支配者の人間以下によって奴隷化されることに疲れたので、我々の調査から集めた情報であなた自身を武装することを求めます。

そして、愛国者たれ。この記事を可能な限り多くの人々に、可能な限り素早く送ってください、そうすれば真実が、当局がこのウエブサイトを閉鎖する時には、保存されているでしょう。

簡単な背景
(我々の記事が長いことをお詫びしますが、言わなければならないことが多い。あなたはワードドキュメントに記事を切り貼りすることもでき、そうすれば検索し読むには簡単である)

我々の旅を始めるにあたって、軍事請負業つまり軍事将軍のトップ10の表を見てください。

ロッキード・マーチン社、ボーイング社、レイセオン者、ゼネラルダイナミックス社、ノースロップ・グラマン社、レイドスホールディング、ハンチントン・インガルス工業、L-3通信ホールディング、ユナイテット・テクノロジー社、BAEシステムズPLC、SAIC、マッケンソン株式会社、ベクテルグループ、ベリタス・キャピタル・ファンド、ブーズ・アレン・ハミルトン・ホールディング

ここで、軍事請負業者トップ10の、我々が企業とか銀行人軍閥と呼ぶトップ株主を見てみましょう。

ヴァンガードグループ、ステートストリート・コーポレーション、キャピタル・リサーチ・グローバル投資、テンプルトン投資顧問LLC、バークレー銀行PLC、ブラックロック労使マネージメント(UK)、主ローダー投資マネージメント、キャピタル・ワールド。インベスターズ、バンク・オブ・アメリカ、JPモルガン・チェース、ニューヨークメロン銀行株式会社、ブラックロック顧問、ブラックロック資金顧問、オール・リパブリック・インターナショナル、ウェリントン・マネージメント・カンパニー、ブラックロック・インスチチューショナル・トラスト、エバーコーン・トラスト者、N.A、FMR,LLC、インベスコ者、ゴールドマンサックスグループ、T.ロウ・プライス社グループ

このリストで注目に値することは、あなたがいつもの容疑者の何人を見つけ出すことができることである;ロスチャイルド、ロックフェラー、モルガン、ワーバーガーズ。これらの名前の背後にいる軍閥達である。これらのアメリカ人は戦争ビジネスに従事しており、彼らの戦争道具を売ることを可能にする戦争や紛争の全てである。

ロッキード・マーチン社、ボーイング社、レイセオン者、ゼネラルダイナミックス社、ノースロップ・グラマン社、レイドスホールディング、ハンチントン・インガルス工業、L-3通信ホールディング、ユナイテット・テクノロジー社、BAEシステムズPLC、SAIC、マッケンソン株式会社、ベクテルグループ、ベリタス・キャピタル・ファンド、ブーズ・アレン・ハミルトン・ホールディング

ここで、軍事請負業者トップ10の、我々が企業とか銀行人軍閥と呼ぶトップ株主を見てみましょう。

ヴァンガードグループ、ステートストリート・コーポレーション、キャピタル・リサーチ・グローバル投資、テンプルトン投資顧問LLC、バークレー銀行PLC、ブラックロック労使マネージメント(UK)、主ローダー投資マネージメント、キャピタル・ワールド。インベスターズ、バンク・オブ・アメリカ、JPモルガン・チェース、ニューヨークメロン銀行株式会社、ブラックロック顧問、ブラックロック資金顧問、オール・リパブリック・インターナショナル、ウェリントン・マネージメント・カンパニー、ブラックロック・インスチチューショナル・トラスト、エバーコーン・トラスト者、N.A、FMR,LLC、インベスコ者、ゴールドマンサックスグループ、T.ロウ・プライス社グループ

このリストで注目に値することは、あなたがいつもの容疑者の何人を見つけ出すことができることである;ロスチャイルド、ロックフェラー、モルガン、ワーバーガーズ。これらの名前の背後にいる軍閥達である。これらのアメリカ人は戦争ビジネスに従事しており、彼らの戦争道具を売ることを可能にする戦争や紛争の全てである。

続きを読む moreをクリック
  ↓
営利事業のように、彼らは売り、そして良い利益を上げる製品を持っている。彼らは活気に満ちた、強固な基盤を持った顧客を必要とする。「地球の平和や人への親善」は彼らの戦争事業や商品を売る市場ではない。

物事はさらに複雑にしてあるので、我々が誰が担当かを見つけ出すことはできない、これらの会社の全ては他の会社の株の大部分を所有している。それらは葡萄の蔓のように絡み合ったいる。よく調べると、これらの会社の一つ一つは国際的ビジネスを行い、国際的な軍事ベンチャーに投資されていることが分かる。彼らは国家を超越しており、いずれの国にも支配されていない。

この対応の企業戦争は国境を越えている。それは国際的とかグローバルとかを超えている。これらの会社は国としてのアメリカの制御の外で働いている。彼らは国境を越えた経済戦争でアメリカに対して働いており、軍事あるいは経済戦争の両側からお金を稼いでいる。誰が勝ち、負けての関係なく、彼らの戦争の劇場で我々の子供が何人死んでも関係なく、政治家がであろうと関係なく、彼らは金を稼ぐ。そしてそれから、彼らはこの金を同じビジネスへ投資する。何故なら戦争ビジネスは極めて利益が多いからである。

基本的に彼らは、ヒットラーと英国の両方に資金提供したヘンリー・シュローダーのように戦争犯罪人である。このタイプの融資戦は歴史を通じて一般的である。

ヘンリー・シュローダーは英国中央銀行システムを開始する手助けに英国に渡ったドイツの銀行家である。ブラックウォーター、テンプレトンや上記に掲載された他の企業の多くは、英国議会が女王のビジネスについて質問を許されていないので、誰も説明できない方法で英国銀行と完全に繋がっている英国とドイツの会社である。英国銀行を誰が所有しているかとか、株主は誰かとかは誰も知らない。これは若干、眉を吊り上げなければならず、陰謀理論家を有頂天にさせる、しかも正当な理由で。アメリカにおける最大の戦争利益は英国へ行くと言うのが正当である。

英国女王は戦争から金を儲けます。


従って、英女王に関する全ての根拠のない陰謀は、金を米連邦準備制度理事会を立ち上げた銀行屋軍閥に戻した後、いくらかの利点がある。しかし、ほとんどの陰謀理論が示唆することとは異なり、連邦準備理事会は本当の犯人ではありません。本当の犯人は、現実の紛争、情報と経済の戦争のタイプによって軍に奉仕する上記の企業のもともとの投資家である。

それは同系交配し、そして英国、最終的にはローマに結びついたシステムを作り出した戦争支持企業の投資を織り込んだ織物である。単に、マルタ騎士団のメンバーである世界の王室家族の関連を通じて、国境を越えたレベルでのインサイダー取引である経済情報社会を持つことができる、ビルダーバーググループ、ローマクラブやDARPAは金融利益を守りファミリメンバーに富を渡す必要がある軍事問題に関心がある投資家の力強い人々の団体である。それが、多くの富裕な家族が近親結婚する理由です-それを家族内で完全に維持するために。

世界で裕福で、最も力強い人々はマルタ騎士団、エルサレムの聖墳墓の馬術勲章、ガーター勲章、ドイツ騎士団や他のバチカンに中世を誓う勲章に所属している。もし我々が始点を広げるたいと思うならば、イエスズ会は全てのレベルで関与しており、究極のスパイ網を作り上げるために穂王の兵士として精力的に働いていると付け加えることができる。

バチカンは戦争からお金を儲けます。


全ての銀行システムはイタリアで始まり、バチカンに繋がっている。イタリアの中央銀行の考えが世界中の中央銀行システムを使用しているところで複製された。中欧銀行システムはバチカンから出てきており、バチカンの異なる機関を通じて世界経済はマルタ騎士団が作る忠誠の誓いを経てバチカンによって共有されているインサイダー取引情報によって操作されている。

バチカンは戦争によって利益を得ている。何故なら、難民移動奉仕と戦争で荒廃した地域に提供される人道支援を通じて年間数千億ドルも入手できるため。戦争が多くなれば、バチカンは富む。それがバチカンが校則のない移動と戦争から続いて混乱を支援している理由である。マルタ岸dんは世界最大の慈善団体である。カトリック教会は、人道支援のためのお金を受け取る数千の異なる非課税の慈善団体を持っている。カトリック教会が毎年どれだけの金を受け取っているか誰も知らない。バチカン銀行は巨大な規模での資金洗浄の何度も捕らえられている。
続きはここから
-------------------------
著者も言っているように、非常に長いので、著者の区分けに従ってここで一度きります。
残りはまた、順番に。(なかなか興味あるないようだと思います)

今回の暴露
①イングランド銀行のオーナーは英女王であることをほのめかしている。そのうち結論がでてくるのでしょう。
②募金は巨大な非課税のバチカンの収入である。(募金はしたことがない)
③難民も難民支援金を集める手段であった
あーあ、、うんざりだ。

Tag:-  comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
生きる力 ゲンマイ
見出し
2016年1月1日 新年を迎え、日本に生まれた幸せをかみしめ、日本人で有る事の誇りを持ち、 生きる喜びを持ち続けたいと願いました。
カレンダー

カテゴリ
新鮮な野菜と果物・ゲンマイそしてPCの山暮らしです
2011・2012この凄まじい年を生きている。幻想の世界が終り2013より今現在考えの及ばない 世界に入ると云われている。*私達の力がどれ程強いか、自己主権を持った者であり自由であるそれが現実です。意識が自由になって初めてそれが外に現れると。本当の自分を思い出す時が来た(ジョージ・カヴァシラス)