【嘘つき晋三極まれり】安倍晋三が今度はTPPで「反対と言ったことは一回もない」と大嘘答弁! マスコミはなぜ安倍の嘘を放置するのか

今この時&あの日あの時 より【転載】
2016年4月 9日 (土
【嘘つき晋三極まれり】安倍晋三が今度はTPPで「反対と言ったことは一回もない」と大嘘答弁! マスコミはなぜ安倍の嘘を放置するのか

-何ヶ月かかけて、中学校3年生の時読もうと思ってとても読めなかった、トルストイ『復活』(新潮文庫版上下2巻)をこの年になって本日読了した。帝政ロシア末期の公爵ネフリュードフと(若き日の過ちで結ばれた)カチューシャの恋愛も重要なテーマであるが、それ以上にキリスト教的な「霊と肉の戦い」「霊による肉の超克」が真のテーマなのではないか?と強く感じた。いずれにせよ、世界最高峰文学の一つを読めて今とても充足感いっぱいである。さて戦前の禅の大家・鈴木大拙の名著『日本的霊性』の各国語翻訳によりその霊性の素晴らしさを絶賛されたこの国は、戦後70年余経過し、霊性が地に堕ちている状況である。その端的な例が、今この国のトップに君臨し「私が最高権力者」と公言してはばからない安倍晋三である。そしてこれがまた「息を吐くように嘘を吐く」サイコパスときたもんだ。この際IQ面における政治家として力量の問題は一まず置くとしても、霊性において最低レベルの人間が「最高権力者の座」に納まっているのだ。これは由々しき事態で国民は軽く考えるべきではない。『復活』において文豪トルストイは帝政末期ロシア上流社会の悪しき負の側面を容赦なく暴いていくが、それに照らせばそれ以上の腐敗が今の日本支配層を中心に進行中だと思わざるをえない。ただこの国は帝政でも天皇中心制でもましてや安倍自民党中心制でもない、レッキとした国民主権制の国だ。「まことの政治を取り戻す」「本当の日本のあり方を取り戻す」、そのために我々国民はなにをすべきか。深く真剣に考えなければならない時期に立ち至っていると強く感じる。 (大場光太郎・記)-
7510.jpg
(「12・16」総選挙自民党ポスター)
「♪あれも嘘これも嘘 たぶん嘘みんな嘘~」(『愛の水中花』のモジリ)
409.jpg
SQuJdo4y_bigger.jpg junior‏@jrt_junior_ 4月7日
#TPP反対とはただの一度も言ったことはない (←動画あり)

4091.jpg
4092.jpg
4093.jpg
(おい、嘘つき晋三。「聖域なき関税撤廃前提ならTPP交渉に反対する」って言ってんじゃねえか。安倍晋三死ね!)
4094.jpg
【サイコパスの定義】
サイコパス(Wikiより)
犯罪心理学者のロバート・D・ヘアは以下のように定義している。

良心が異常に欠如している
他者に冷淡で共感しない
慢性的に平然と嘘をつく
行動に対する責任が全く取れない
罪悪感が皆無
自尊心が過大で自己中心的
口が達者で表面は魅力的

安倍晋三が今度はTPPで「反対と言ったことは一回もない」と大嘘答弁! マスコミはなぜ安倍の嘘を放置するのか(リテラ)
http://www.asyura2.com/16/senkyo204/msg/215.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 4 月 08 日 19:00:05
http://lite-ra.com/2016/04/post-2142.html
2016.04.08. 安倍が「TPP反対言ってない」と大嘘 リテラ

 またしても安倍首相がお得意の二枚舌を披露した。昨日、衆院TPP特別委で、民進党・柿沢未途議員から「かつては断固反対と言っていたTPPに活路を見出そうとしているのではないか」と質問された安倍首相は、平然とした表情で、こう言い放ったのだ。
「私自身は、TPP断固反対と言ったことは一回も、ただの一回もございませんから。まるで私が言ったかの如くのですね発言は慎んでいただきたい」
 ……言葉を失うとはこのことだ。柿沢議員は、安倍氏が自民党総裁として立ち、与党に返り咲いた2012年総選挙時の「ウソつかない。TPP断固反対。ブレない」という自民党ポスターを突きつけていたが、それを見ながらなお、安倍首相は「TPP反対なんて言ってない」とシラを切ったのだ。
 ご存じの通り、この総選挙で安倍総裁はTPP反対を公約に掲げ、当然ながら安倍氏自身も「TPP反対」と何回も口にしている。たとえば、2013年2月23日の記者会見でも、オバマ大統領との日米首脳会談について問われ、こう述べている。
「私からは先の衆院議員選挙で聖域なき関税撤廃を前提とする限りTPP交渉に、交渉参加に反対するという公約を掲げ、また自民党はそれ以外にも5つの判断基準を示し政権に復帰をした、そのことを大統領に説明をいたしました」

 また、2013年に発売した自身の著書『新しい国へ──美しい国へ 完全版』(文藝春秋)でも、このように記している。
〈御承知の通り、自民党は「『聖域なき関税撤廃』を前提にする限り、TPP交渉 参加に反対」という立場をとっております。なぜなら、あらかじめ「関税ゼロ」であることを呑んでしまっては、守るべきものは守れません。「TPPは第三の黒船だ。開国しないと日本の未来はない」という感情論に流されて、現実を見失うべきではありません。(中略)今、問われているのは、交渉する上での総合力です〉
 選挙のときは、大票田だった農村へのアピールのためにTPP反対を強く打ち出していたのに、与党に返り咲いてしばらく経つと現在のようにTPP賛成へと手のひら返しをした安倍首相。このほかにも「TPP反対」と様々な場面で語っていたが、恐ろしいのはそうした事実が山のように出てくるのを知っていながら、公然と「言ってない」とウソをつけてしまう神経だ。
 実際、安倍首相は今年1月の衆院予算委員会でも、こんな大ウソをついている。
 それは、「北朝鮮による拉致被害者家族連絡会」(家族会)元副代表の蓮池透氏が、著書『拉致被害者たちを見殺しにした安倍晋三と冷血な面々』(講談社)で、安倍首相が実際は拉致被害者たちを北朝鮮に帰そうとしていたにもかかわらず、自分が止めたかのような嘘をついていたことを非難。この記述について、民主党(当時)の緒方林太郎議員が国会質問したところ、安倍首相はブチ切れ、「拉致問題を利用したことも、ウソをついたこともない」「私が申し上げていることが真実であることはバッジをかけて申し挙げます。私の言っていることが違っていたら、私は辞めますよ。国会議員を辞めますよ」と宣言した。
 だが、先日、本サイトで紹介したように、安保法に反対する議員に対して「精神鑑定を受けた方がいいんじゃないのか」と暴言を吐いた自民党所属の札幌市議・勝木勇人氏が、じつはいまから13年前にブログで“安倍氏自身が会合で話した話”として、安倍氏が拉致被害者に「とにかく一度北朝鮮に戻れ」と言ったと記述していた。つまり、安倍首相は拉致被害者を帰そうとしたことを、自ら吹聴していたのだ。
 言っていたことが違っているのだから、さっさとバッジを外して国会議員を辞めていただきたいものだが、息を吐くようにウソをつける彼が自身のウソを認めることなどないだろう。
 だが、今回の「TPP断固反対と言ったことはただの一回もございません」というウソは、投票者を愚弄する、あまりに悪質なものである。しかし問題は、この発言を追及するメディアがない、ということだ。テレビにせよ新聞にせよ、安倍首相が2012年の総選挙時、TPP反対と表明していたデータは山ほどあるはずなのに、それを掘り出すことさえせず、昨日の国会での発言すらも取り上げない。
 それは、民進党・山尾志桜里政調会長のガソリン代問題でも顕著だ。ガソリン代は安倍首相のほうが遥かに上回る金額を計上しているにもかかわらず(しかも下野時代の2012年がもっとも高い)、その問題についてはまったく触れず、山尾叩きに走っている。
 はっきり言って、マスコミがこれまで通りに報道していれば、安倍政権はすでに一回のみならず、何回も総辞職に追い込まれていたはずだ。安倍首相の二枚舌はもちろん、アベノミクスの破綻、特定秘密保護法や安保法の強引な採決、甘利明・前経済再生相の現金授受をはじめとする汚職、閣僚たちから次々飛び出す暴言・失言……。だが、マスコミがきちんと報じないために深掘りもされず、そればかりかほとんどきちんと取り上げられることもなく、問題が問題とされないまま流されていってしまう。それがいまの状況だ。
 稀代の大ウソつき総理が安泰でいられる国──。これこそが現在の日本の危機的状況を生み出している原因であり、まさに異常事態と呼ぶほかはない現状なのだ。
(水井多賀子)  (以下ネットの反応省略)
(転載終わり)
default_profile_2_bigger.pngサイレントマジョリティ6 ‏@silentmajo1
@remember919 「#TPP反対とはただの一度も言ったことはない 」
画像拡散希望
Cfq5XpFVAAAcYJM.jpg

Tag:-  comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
生きる力 ゲンマイ
見出し
2016年1月1日 新年を迎え、日本に生まれた幸せをかみしめ、日本人で有る事の誇りを持ち、 生きる喜びを持ち続けたいと願いました。
カレンダー

カテゴリ
新鮮な野菜と果物・ゲンマイそしてPCの山暮らしです
2011・2012この凄まじい年を生きている。幻想の世界が終り2013より今現在考えの及ばない 世界に入ると云われている。*私達の力がどれ程強いか、自己主権を持った者であり自由であるそれが現実です。意識が自由になって初めてそれが外に現れると。本当の自分を思い出す時が来た(ジョージ・カヴァシラス)