日本を分断する攻撃に切り替えたようです* ハーモニー宇宙艦隊が必ず守ります*日本列島に対して一撃を加えた

HARMONIES G+ より【転載】
35
https://plus.google.com/110783017519913600743/posts
36HARMONIES G+ 一般公開 6 時間 4月 15, 16:09
皆さんおはようございます。九州では、熊本県益城町で発生した震度7の人工地震から、中央構造線に沿うようにして大分県でも強い地震が発生しています。肥後国一の宮の阿蘇神社の楼門も崩落し、より被害が拡大しています。
そしてなんと車で阿蘇に行く時に必ずといっていいほど通る「阿蘇大橋」(熊本市から行くと右折側)まで崩落してしまっています。
中央構造線の断層帯の深さは約20kmですので、大分での地震の震源の深さと一致しています。ぶら松は原発破壊戦略から、この大断層帯を利用して日本を分断する攻撃に切り替えたようです。
そこで思い出したのは、2014年の7月にウィスコンシン州立大学のCIMSS(Cooperative Institute for Meteorological Satellite Studies)の衛星画像の下に描かれている日本地図から、九州が全部消されていた事実です。
https://plus.google.com/110783017519913600743/posts/MNQNSbFJbSK
私は頭に来てすぐにCIMSSに猛抗議のメールを送り、担当のアンディ・ハイディンガー博士から、下記のように修正しましたとの丁寧な返答をいただきました。
Mr Yokoishi,
I believe the problem is now resolved as of yesterday. We have switched to a higher resolution data-base. Thank you for your viewing of our products.
Andy Heidinger, Phd
NOAA/NESDIS
↓現在は修正されている
http://cimss.ssec.wisc.edu/clavrx/google_earth/coms_kml/coms.html
東日本大震災の時は、米国・イーライリリー社の世界地図から本州が消されていました。これは同大震災の暗示だったわけです。
ウィスコンシン州立大学としては、いわば学術的に九州地図を復活させてくれた。しかし、ぶら松はこの「九州を津波または人工地震で破壊する」という戦略を諦めてはいなかったということです。
CIMSS_image_台風8号CIMSS_imagemap_九州
HARMONIES G+ 一般公開 13 時間
熊本で再び震度6強。別府では震度6弱、久留米市でも震度5強と、北部九州全域を人工地震の激しい揺れが襲っています。ぶら松人工地震部隊は、なりふり構わぬ総攻撃に出ていますね。九州にお住まいの皆さん、今は生きた心地がしないかと思いますが、ハーモニー宇宙艦隊が必ず守ります!
気象庁|地震情報
unnamed (3)
HARMONIES G+ 一般公開 16 時間
3月23日~24日にかけて、Google Earth上に出現した「ハーモニードリームリング」の意味が、今ようやくわかりました。ハーモニー宇宙艦隊は、4月5日から始まったぶら松の発狂電磁波発信を事前に察知し、これを無力化するリングを地球の周囲に張り巡らせていたのです。
そしてぶら松は、約9日間にもわたった、全地球的かつ過去最長のネガティブ電磁波発信のラストに、日本列島に対して一撃を加えた。
これは、8日間の電磁波が全く功を奏さなかったため、ハーモニー宇宙艦隊の南極に次ぐ主要拠点である日本をぶら松が攻撃し、熊本地震を引き起こした・・・と考えれば、非常にわかりやすいのです。
本当は、ぶら松は川内原発の破壊で大規模な放射能汚染を、九州全域に引き起こすつもりだったが、それは出来なかった。ネガティブの最後のあがきは、まだまだ続きそうです。決して油断しないようにしましょう!
ドリームリング

Tag:-  comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
生きる力 ゲンマイ
見出し
2016年1月1日 新年を迎え、日本に生まれた幸せをかみしめ、日本人で有る事の誇りを持ち、 生きる喜びを持ち続けたいと願いました。
カレンダー

カテゴリ
新鮮な野菜と果物・ゲンマイそしてPCの山暮らしです
2011・2012この凄まじい年を生きている。幻想の世界が終り2013より今現在考えの及ばない 世界に入ると云われている。*私達の力がどれ程強いか、自己主権を持った者であり自由であるそれが現実です。意識が自由になって初めてそれが外に現れると。本当の自分を思い出す時が来た(ジョージ・カヴァシラス)