各地に参拝しながら、改めて感謝したのは*「覚林寺」に行ってまいりました *隣の福生駅の米軍横田基地付近にも

HARMONIES G+ より【転載】
35
https://plus.google.com/110783017519913600743/posts
36HARMONIES G+ 一般公開 2 時間 (4月 20, 18:50)
各地に参拝しながら、改めて感謝したのは、2012年の「光の神社1万社オペレーション」です。全国の何百人もの皆さんが、身近な寺社仏閣に参拝していただきました。
今回その心のネットワークを通じて、太陽のカード+スターシップカードの超次元パワーが熊本にまで繋がり、地震鎮静化に効果を上げつつあります。
全国の皆さま。暑い中、寒い中、雨の日も晴れの日もご参拝いただいた一人ひとりの努力が、4年後の今、こうして実を結びつつあります。本当にありとうございました。
写真は覚林寺境内のお地蔵さまです。ちゃんとお水をかけて祈願してきました。このにこやかなお顔・・・心和みますね(^^)
■太陽のカードなどハーモニーズ量子加工製品はこちら
http://harmonies.theshop.jp/items/2996637
覺林寺のお地蔵さま_2016_0420_1215
HARMONIES G+ 一般公開 2 時間
皆さんこんばんは。あれから阿蘇地方では地震は起きていないみたいですね。24時間以上ゼロです。この状態が続きますようにと、今日は東京の白金台にある「覚林寺」に行ってまいりました。
ここは加藤清正公を祀ったお寺で、勝負祈願のお寺として信仰を集めています。江戸最初の七福神巡りとされる、元祖山手七福神のひとつ、毘沙門天を祀るお堂もあります。
昨日の阿蘇神社と同じく、熊本・阿蘇・大分での地震鎮静化を清正公に祈願し、太陽のカード+スターシップカード+量子加工ツールを、境内の外の近辺に設置してきました。
これで鹿島神宮>阿蘇神社>覚林寺と続いた近県でのオペレーションは完了し、大分~伊予に向かいます。
覺林寺(白金高輪)にて_2016_0420_1205
HARMONIES G+ 一般公開 12 時間
皆さんおはようございます。昨日の羽村市・阿蘇神社での地震鎮静化祈願と太陽のカード+スターシップカード等を設置したのは、お昼ごろでした。
それまでは阿蘇地方を震源(10kmかごく浅い)とする余震が頻発していました。ところがその後ほぼ14時間にわたって阿蘇地方での地震が止まりました。
一方、突然震度5強を皮切りに、熊本地方に集中して10km人工地震が起きています。まるでターゲット設定ボタンを切り替えたとしか思えない地震の連続。どういうことですかね?
阿蘇の地震が一時的にでも収まったのは、皆さんの鎮静化の祈り・熊本を思うお気持ちが、太陽のカードやスターシップカードに集約され、東京の阿蘇神社から、熊本の阿蘇神社へ超次元的に転送されたのだと思います。
福島第一原発では、太陽のカード設置後、驚嘆すべき放射線量減少が起きましたが、それとほぼ同じ原理ではないかと考えます。今度は熊本地方の地震を鎮静化させるため、都内にあるもうひとつの熊本ゆかりのお社に向けて、これから出発します。
太陽のカード+スターシップカード+量子加工ツールの組み合わせは、もしかしたら最強かもしれません。では行ってまいります!!!
あっそうです、ハーモニー宇宙艦隊の本、出来上がりました。地震鎮静化祈願オペレーションから戻ってきてから写真を撮影してアップします。
上部さんの力作が遂に形になり、けっこう分厚いですよ。巻頭フルカラーで写真や図版がいっぱいです。主要書店には2日後ぐらいに平積みになるそうです。お楽しみに!!!
羽村市20阿蘇神社での地震鎮静化オペ後
HARMONIES G+ 一般公開 1日
.羽村市に来たら、ここに足を伸ばさないわけにはいかんでしょう! というわけで、隣の福生駅の米軍横田基地付近にも、太陽のカードを設置してまいりました。時折パトカーが巡回しているため、表情が厳しくなっておりますが~
さすが、遠くエリア51につながる横田基地、第二ゲートと道路をはさんだ反対側には、エイリアンさんが「いらっしゃいませ」するお店がありました♪ いや実は写真撮ってるお前も宇宙人だろうって?(やっぱわかるー?)
可愛くお花を持たされていたのですが、この2人の肉付きの対照的なこと!!! 左のグレイ君がほぼ瀕死の状態なのに、右のグレイ2君は丸々と太っていて、まるでお相撲さんのようです。たぶん福生のうまいハンバーガーの食べすぎやね(笑)
冗談はさておき、この横田基地にはたぶん核兵器が配備されていることは間違いないでしょうから、その無力化も設定してきました。
基地の米兵の皆さんは、地元に溶け込んでいて、コジマ電気などで楽しく買い物をされていました。しかし申し訳ないけど「廃軍」に向けて舵を切っていただこうと思います。
2016_0419_横田基地前のエイリアンのお店2016_0419_横田基地(福生市)前にて
HARMONIES G+ 一般公開 1日
皆さんこんにちは。今日は早朝から東京都・青梅市の手前の羽村市に向かいました。多摩川沿いにある、創建601年(推古天皇の時代)と言われる「阿蘇神社」にて、阿蘇神社の再建と地震の鎮静化祈願、そしていつもの太陽のカードオペレーションを実施するためです。
鹿島神宮と同じく、ここにも熊本・阿蘇の揺れが鎮まりますようにと祈願される方が、15人ぐらいおられました。日本人にとって、神社のスピリチュアルネットワークは、老若男女・主義主張の違いを超えたものがありますね。
この阿蘇神社は、本当に多摩川のすぐ脇にあり、爽やかな初夏の風が吹く中、川のせせらぎも聞こえて来ます。今回は太陽のカードにスペースシップハーモニーズカードもプラスして2枚、量子加工ツールと共に神社近くに設置してまいりました。
なぜスペースシップカードもセットしたかというと・・・この羽村市にお住まいのTさんが、東日本大震災の翌年に全天を覆うハーモニー宇宙艦隊を、娘さんと近所の知人の方と山のほうに目撃されているからです。青梅から丹沢山系にかけての別次元には、阿蘇と同じように宇宙基地があるものと思います。
オペレーションを終えて、羽村駅へ歩いて戻る頃には気温がぐんぐん上がり、汗びっしょりになるくらいでしたが、神社に参拝したあとは、本当に清々しいものです。
2016_0419_阿蘇神社(羽村市)にて
HARMONIES G+ 一般公開 2日
<大分と伊方原発へ行ってきます>
皆さんこんばんは。先ほど阿蘇方面でまた震度5強の地震がありました。方向的には明らかに中央構造線沿いです。また今日は別府を震源とする地震も起きています。
東端の鹿島神宮には行ってきましたので、空路大分に入り、別府市と大分市でオペレーションし、翌日フェリーで愛媛に移動して、伊方原発至近で同じく太陽のカードオペを実施しに行きます(安全のためスケジュールは伏せます)。
湯布院にも行こうと思い、大分にいる妹に電話したところ、湯布院方面は高速は通行止めなので、一般道を行くしかないが、寸断されている可能性もあるので、今はなんとも言えないとのこと。
しかしこういう不安いっぱいの状況こそ、動くべきときです。竹田市でも震度5強とのことなので、天空の城と言われる竹田城の石垣も崩落しているのではないか・・・とにかく行けるところまで行き、やれるだけ頑張ってきます。応援よろしくお願いいたします。
気象庁|地震情報
unnamed.png
HARMONIES G+ 一般公開 2日
鹿島神宮の御手洗池(みたらしいけ)の湧水です。ひと口飲むと、冷たく清らかなだけではなく、とてもまろやかで力が漲る感じがします。映像と音だけですが、熊本・阿蘇・大分ほか各地の被災者の皆さまに届きますように。

HARMONIES G+ 一般公開 2日
皆さんこんにちは。今日は朝一の電車で鹿島神宮に向かい、8時半に到着後まず参拝し、太陽のカードオペレーションを実施してまいりました。晴天に恵まれ、久しぶりの参道は大変清々しく、身の引き締まる思いでした。
要石には、地元の方々が10人近く、九州での地震鎮静化の参拝に訪れておられ、日本人の思いやりの精神の素晴らしさに感動しました。
中央構造線の東端に位置するこの鹿島神宮は、東日本大震災の時に石造りの大鳥居が倒壊し、平成26年に神宮内の杉の大木を用いて、再建されています。
私は本殿・奥宮・要石で、熊本・阿蘇・大分での地震鎮静化と、被災者の方々の生活が一日も早く安定しますように、食料をはじめとする物資も迅速に行き渡りますようにと祈願し、太陽のカードとオペレーション専用量子加工ツールを2個、神宮の付近に設置してきました。
要石に参拝して一礼した時、「そなたの願いは聞き届けられた」、というメッセージが聞こえたような気がしたのですが、どうかそのようになりますようにと祈らずにはいられません。
2016_0418_0858_鹿島神宮大鳥居前にて

Tag:-  comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
生きる力 ゲンマイ
見出し
2016年1月1日 新年を迎え、日本に生まれた幸せをかみしめ、日本人で有る事の誇りを持ち、 生きる喜びを持ち続けたいと願いました。
カレンダー

カテゴリ
新鮮な野菜と果物・ゲンマイそしてPCの山暮らしです
2011・2012この凄まじい年を生きている。幻想の世界が終り2013より今現在考えの及ばない 世界に入ると云われている。*私達の力がどれ程強いか、自己主権を持った者であり自由であるそれが現実です。意識が自由になって初めてそれが外に現れると。本当の自分を思い出す時が来た(ジョージ・カヴァシラス)