熊本に真っすぐ 「愛は日テレを救う」との違いは・・・

田中龍作ジャーナル より【転載】
12・7文7
2016年4月22日
熊本に真っすぐ 「愛は日テレを救う」との違いは・・・
d289bb22d6022b4e38ed5ae196b26119.jpg
篠突く雨にもかかわらず大勢の客が訪れ、店内はごった返した。=21日、銀座熊本館 撮影:筆者=

 熊本県地震が発生して一週間が過ぎた。「買って応援しよう」・・・地元の物産を展示販売する熊本館(銀座)は、訪れる買い物客がひきもきらない。
 同館を運営する熊本県物産振興協会・東京支部によれば、震災発生(14日)の翌日から、来客数は2倍に増え、一日当たり3千人になった。売り上げは4倍に増えた。
 数字が表すように売り場は買い物客で満員だ。空っぽになった棚が目立つ。売り切れの品が続出しているためだ。
 馬肉と焼酎を買い求めた女性(60代・東京在住)は「ボランティアができる元気はないからね。募金をかねて来た」と話す。
 男性客(60代)は「これで応援できるんだったら」とクマモンの縫いぐるみを手にして会計カウンターに並んだ。「まっすぐ(熊本に)行くからね」と納得の表情だ。
 ビニールバッグにしょうゆやノリを入れて熊本館から出てきた女性(30代後半)も「買って応援」としたうえで「信頼性のある所で(金を投じた)…」と話す。
 「赤十字も24時間テレビもあてにならない。(実態を)知っているからね」と理由を明かした。
 東日本大震災(2011年)で日本赤十字は義援金を募ったが、めまいがするほど長期間、現地に届かなかった。莫大な募金は一体どうなったのだろうか?
c523c0e8314dda7fe45834d8f3425c68.jpg
この日、スイカが入荷した。川内原発で事故が起きていたら農産物は出荷停止となっていただろう。=21日、銀座熊本館 撮影:筆者

 日本テレビの「24時間テレビ・愛は地球を救う」の場合、どうだろうか?
 義援金自体は、間違いなく被災者や恵まれない人々に届いているようだ。
 だがチャリティーを謳っているあの番組自体が、実はチャリティーではない。
 人気タレントをこれでもかというほど出演させるため視聴率がとれる。深夜未明であるにもかかわらずビッグなスポンサーがつく。当然、テレビ局の収益は上がる。通常の2倍や3倍ではきかない。
 一年で最大の営業イベントなのである。業界では「愛は日テレを救う」として有名だ。
 寄付をした人にとってもう一つもどかしいことがある。寄せられた義援金は全国規模で割り振られるため、自分が支援したいと思っている所に必ずしも届かない、ということだ。
 熊本館の賑わいの源は、善意を はぐらかされる ことなく、売り上げが必ず熊本に行くストレート感ではないだろうか。
   ~終わり~

Tag:-  comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
生きる力 ゲンマイ
見出し
2016年1月1日 新年を迎え、日本に生まれた幸せをかみしめ、日本人で有る事の誇りを持ち、 生きる喜びを持ち続けたいと願いました。
カレンダー

カテゴリ
新鮮な野菜と果物・ゲンマイそしてPCの山暮らしです
2011・2012この凄まじい年を生きている。幻想の世界が終り2013より今現在考えの及ばない 世界に入ると云われている。*私達の力がどれ程強いか、自己主権を持った者であり自由であるそれが現実です。意識が自由になって初めてそれが外に現れると。本当の自分を思い出す時が来た(ジョージ・カヴァシラス)