米国選挙は不正が行われており、投票は大衆をなだめるために使われている

嗚呼、悲しいではないか!より【転載】
2016-04-22
米国選挙は不正が行われており、投票は大衆をなだめるために使われている
米国選挙は不正が行われており、投票は大衆をなだめるために使われている
http://beforeitsnews.com/prophecy/2016/04/ron-paul-us-elections-are-rigged-voting-is-used-to-pacify-the-public-video-2479819.html
「多くの人はそのシステムは全く不正であり、投票は単に慰撫であると、三度大統領候補になったロンポール博士は、ロシアトゥデイのインタビューで米国選挙について述べた。
ロンポール博士はアメリカの選挙システムは独立した思想家を成功させないように不正が行われていると言っている。
私は選挙を全くの見せ掛けとしてみている」と元テキサス州下院議員はロシアトゥディ・アメリカの「フィッシュタンク」に登場している間に述べた。「あまりにも偽りが行われている
ポールはアメリカの大統領選レースのルールを知らない人ではない。彼は1988年に無所属で、2008年と2012年に共和党員として、最高のオフィスを目指して戦った。
彼は2012年に指名に最も近いところに来たが、共和党は元テキサス州代表をミットロムニーから出し抜かさせないように党の規制を改正した。
「共和党規制」40(b)は、共和党全国委員会が独立系テキサス共和党議員の露出度と権力を制限できるように改正された。
「党大会のロンポールと推定指名人であるミッドロムにーの背後に統一戦線を提示した」と、”真実明白な政治”の選挙分析者デイビット・バイラーは言う。

規則は指名を獲得するためには、候補者は8州から代議員の過半数の支持を得ることを要求している。
最近の勝利はテッド・クルーズに対して過去に取られた分のご祝儀を与えたが、書かれている規則はトランプが指名を取る助けになっている。ポールはドナルド・トランプを阻止する共和党の陰謀は壊れた非民主的なシステムの兆候であると警告している。
「私は、何十年もの間、共和党か民主党大統領のどちらかで、現状を維持したい人は鍋に指を入れれば全てが制御できると思っているようであると言う前提で仕事をしてきた」とインタビューで述べた。
「しかし、もし彼らがそこに独立した思想家がいれば彼らは非常に神経質になる-それがサンダースであれ、トランプであれ、ロンポールであれ、彼らは物事を変えようとすることで絶望的になるだろう」

ポールはトランプに対して軽蔑以外の何ものもなかった。
「彼は我々に何も提供していないし、彼はいろいろな方法で逆戻りしようとしている」
彼は、2016年選挙は、候補者の誰も現在の政治問題に解答を持っていないので、何よりもはるかに娯楽であることを示唆した
そうであっても、ポールはこれらの部外者候補の成功を、多くの人々がシステムが全く不正であり、投票は有権者の慰撫であり、実際は機能していないことを分かっている兆候と解釈している。
ポールは彼自身の2012年の規則40(b)との遭遇を、彼自身とアメリカ国民の両方に重要な政治的教訓として回顧している。
「私はそれについて怒っているが、これがシステムが機能する方法なので、怒ることに多くのエネルギーを無駄にしたくなかった」と彼は述べた。「それは腐ったシステムです」

ロシアトゥデイ・アメリカのインタビューは以下の通り:

・ロンポールを使命から排除するために、共和党は規制を変更した。その結果ロンポールは指名を得られなかったが、その規制が今は、テッド・クルーズに逆風になっており、トランプは大有利である。また、規制変更をやるのだろうか。
・ロンポールはそのトランプは全く馬鹿にしている。他の候補を現状の政治課題を語らないと認めてはいない。
・この選挙は国民のガス抜きであると見ている。っそして大不正が行われていると言っている。
・しかし、ロンポールができなかったことをトランプがやっていることは認めねばならないはずだ。

Tag:-  comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
生きる力 ゲンマイ
見出し
2016年1月1日 新年を迎え、日本に生まれた幸せをかみしめ、日本人で有る事の誇りを持ち、 生きる喜びを持ち続けたいと願いました。
カレンダー

カテゴリ
新鮮な野菜と果物・ゲンマイそしてPCの山暮らしです
2011・2012この凄まじい年を生きている。幻想の世界が終り2013より今現在考えの及ばない 世界に入ると云われている。*私達の力がどれ程強いか、自己主権を持った者であり自由であるそれが現実です。意識が自由になって初めてそれが外に現れると。本当の自分を思い出す時が来た(ジョージ・カヴァシラス)