【習近平氏:中国軍権を完全に自分の支配下に置く】

richardkoshimizu's blog より【転載】
11・14一
2016/04/22
【習近平氏:中国軍権を完全に自分の支配下に置く】

好戦派、米国1%傀儡の江沢民一派を「根絶やし」にした習近平国家主席。
軍権を完全掌握せり。
「習氏は軍制服組トップの中央軍事委副主席だった郭伯雄、徐才厚の両氏を汚職で摘発。反腐敗運動を武器に軍掌握も推進してきた。」
これにて、米国1%による軍事挑発に中国が乗ってこないことが確定し、ロックフェラー一味による南シナ海などでの戦争惹起計画は、完全に頓挫しました。
「日中軍事衝突促進法」おっと間違えた「安保法制」だった。これをごり押しした意味も消滅。ただの無駄骨に。
米国1%、やることなすこと、無駄と徒労。


2016/4/22 08:03
【習近平氏:中国軍権を完全に自分の支配下に置く】
◆中国・習主席、軍権の完全掌握アピール 異例の迷彩服姿でトップ誇示(SankeiBiz)
http://www.sankeibiz.jp/macro/news/160422/mcb1604220645019-n1.htm
21日付の中国各紙は、習近平国家主席が20日、異例の迷彩服姿で中央軍事委員会の統合作戦指揮センターを視察したことを写真付きの1面トップで報じた。
習氏の肩書に初めて統合作戦指揮センターの「総指揮」を加え、軍事作戦の最高指揮官でもあることを公式に伝えた。 習氏の重要な肩書は共産党総書記、国家主席、中央軍事委主席と合わせて四つとなった。
習氏は軍の大規模改革を推進しており、軍権の完全掌握をアピールする狙いがありそうだ。 軍事委は軍全体を管理する行政的役割や「軍事戦略」など国策規模の決定を担い、統合参謀部を主体に構成される「統合作戦指揮センター」は具体的作戦の立案や指揮が任務。中国紙は統合作戦指揮センターを「人民解放軍の統合作戦における中枢であり大脳だ」と表現した。 習氏は軍制服組トップの中央軍事委副主席だった郭伯雄、徐才厚の両氏を汚職で摘発。反腐敗運動を武器に軍掌握も推進してきた。(共同)
special thanks

Tag:-  comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
生きる力 ゲンマイ
見出し
2016年1月1日 新年を迎え、日本に生まれた幸せをかみしめ、日本人で有る事の誇りを持ち、 生きる喜びを持ち続けたいと願いました。
カレンダー

カテゴリ
新鮮な野菜と果物・ゲンマイそしてPCの山暮らしです
2011・2012この凄まじい年を生きている。幻想の世界が終り2013より今現在考えの及ばない 世界に入ると云われている。*私達の力がどれ程強いか、自己主権を持った者であり自由であるそれが現実です。意識が自由になって初めてそれが外に現れると。本当の自分を思い出す時が来た(ジョージ・カヴァシラス)