イケマキ、自民を追い詰める 生き辛さ代弁し安倍政治にNO!

田中龍作ジャーナル より【転載】
12・7文7
2016年4月24日
イケマキ、自民を追い詰める 生き辛さ代弁し安倍政治にNO! 
837848781c194e9e14f5f02f0cbc1971.jpg
「税の再配分をもう一度検討しなおす必要がある」。政治は誰のためにあるのか。池田候補の政治観は確かなものだった。=16日、札幌市厚別区 撮影:筆者=

 巧みなネット戦術で陣営を勝利に導くことで定評のある男性に先週初め、電話がかかって来た。
 「イケマキの選挙を手伝うな」という趣旨だった。電話の主は富裕層だ。
   前週の週末(16・17日)に行われたマスコミの世論調査では、「池田リード」とする社もあった。
 男性は「和田よしあき(自民党公認)陣営の焦りを直観した」と話す。
 16日、街宣車上で「負けるわけにはいかないんです」とだけ連呼する和田は、気が動転しているように見えた。
 「池田リード」の報が和田を追い詰めていたことは事実だ。
b95a1625bdad66a06ab871e3d5da8644.jpg
「政治家の感じがしない、近い存在」。若者たちのイケマキ評だ。=16日、JR新札幌駅前 撮影:筆者=

 池田まき自身が街宣で「史上初の選挙です」と言っていたように画期的な出来事だった。貧困層が国政選挙に立候補し、富裕層を代表する自民党候補と互角に戦ったのだ。
 大労働組合に支えられた高学歴の野党政治家が「格差」や「子育て」を語っても響くものはなかった。だが池田の言葉は聞く者の心を揺さぶった。
 「生きているのが奇跡だった」と述懐しているように凄絶な家庭環境のなかで幼少期を過ごした。結婚するもわずか2年で離婚。サラ金に追われた。
 ソーシャルワーカーとして貧困の現場を知りつくした彼女が語る福祉は説得力があった。
 高齢者もまだ選挙権がない若者も、池田の登場を歓迎した。「これほど市民感覚と一致した候補者はいない」「親身になって話を聞いてくれる」と。
 そんな彼女が人々の生き辛さを代弁し、安倍政権に挑んだ。池田の善戦は安倍独裁に対するプレッシャーになったことは確かだ。
 全国のあちこちにイケマキが生まれれば、政治は「99%」のものになる。(敬称略)
~終わり~

Tag:-  comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
生きる力 ゲンマイ
見出し
2016年1月1日 新年を迎え、日本に生まれた幸せをかみしめ、日本人で有る事の誇りを持ち、 生きる喜びを持ち続けたいと願いました。
カレンダー

カテゴリ
新鮮な野菜と果物・ゲンマイそしてPCの山暮らしです
2011・2012この凄まじい年を生きている。幻想の世界が終り2013より今現在考えの及ばない 世界に入ると云われている。*私達の力がどれ程強いか、自己主権を持った者であり自由であるそれが現実です。意識が自由になって初めてそれが外に現れると。本当の自分を思い出す時が来た(ジョージ・カヴァシラス)