9/11の真実-第二アメリカ革命

嗚呼、悲しいではないか!より【転載】
2016-04-24
9/11の真実-第二アメリカ革命

9/11真実党が2016年の選挙に革命をもたらすか?
専制米連邦政府は敵になった
第二アメリカ革命-平和的な-この時点以降、唯一実行する問題である
.o0768057713627161111.jpg
国家の状態
米国が今経験している第二のアメリカ革命を誰が否定できるでしょうか?
政治的信念にかかわらず、ドナルド・トランプとバーニーサンダース両者は、彼らがそれぞれの党内で始めた革命に対して高く賞賛すべきである。両党は徹底的に破壊されているので、アメリカ国民にとって極めて危険になっている。外国に支配されている両党は彼らが完全に国家を破壊する前に、早急に解体すべきである。
アメリカの両党のシステムについて、そのような明確な結論がどうすればできるか?
何故なら、両政党は、米国を標的にした2001年9月11日の偽旗テロ攻撃に直接関与した、数々の権力者や高官を隠している。さらには、ほぼ15年間に渡って、人類に対する911犯罪を広範かつ計画された隠蔽に参加し続けている二大政党の各々に非常に多くのメンバーがいる。

初めてのことなので、入念に計画された隠蔽は9/11委員会報告によって大幅に進められた。
質問もなく、公式には「米国に対するテロリスト攻撃にに関する国家委員会の最終報告」として知られる公式の9/11委員会報告は、いままで連邦政府によって作り出された全く支持されないし、不自然なとんでもない仕事を表している。事実、それは米国の歴史上で最も信じがたい陰謀理論を示しており、アメリカ国民のみならず世界広くつかまされたものである。9/11委員会報告書は質問をせざるを得ない、非常に不自然で計画的な偽造に満ちた陰謀理論を詳述する。
アフガニスタンの洞窟の男の指示で19人のアラブ人がカッターナイフを持って、世紀の犯罪を実行してはいなかったとしたら、そのような大胆な攻撃を実行するために桁外れの能力と同様にその動機を誰が持っていたのか?
(出典;9/11委員会報告;ずべて全くばかばかしい陰謀論)
------------ー---------------ー-----------------------------
警告;

続きを読む moreをクリック
  ↓
上述の疑惑の巨大さと奥深さが理解できない人々にとって、アメリカの歴史のこの重大な岐路において彼らの趣旨を捉えることは重要である。簡単に言うと、米政府の最高上層部は事前の知識を持っていたか、あるいは9/11偽旗攻撃の隠蔽をした個人がはびこっている。彼らの幾人かは9/11に内部仕事に参加しており、他は目下の隠蔽の深化に積極的に参加している。現在の大統領さえ、陰謀の隠蔽に意図的に参加している。9/11の遺族ははオバマをサウジアラビアを見方にしたことを非難しており、報告書の機密解除を望んでいる。
従って、請負業者と他の代理人-連邦、州、軍と都市レベル-と同様に、アメリカ国民に対する9/11攻撃の実行を助けてたり、隠蔽を助ける為に共謀した、米政府内の多数の従業員が多数いることは絶対的な確実性をもって主張できる。主流メディアはこの点で特に責められるべきである。従って、同じ公務員や政府当局者、主流メディア幹部と企業巨人は、アメリカ国土における大逆反、計算されたテロ行為、計画的な大量殺人と大量破壊を実行した共謀で有罪である。従って残っいる事の全ては、生き残っている共謀者の逮捕と起訴である。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
前述の注意点を考えると、アメリカ国民は遂行するために必要な市民の責任を持つこを痛切に明白にすべきである。調査もしないし罰しもしないこの国家に対してこのような凶悪犯罪を許すことはできない。そんなことをすると、アメリカ共和国の究極の破壊と同様、世界国家社会の継続したテロ行為も保証されることになる。

また、精神病で犯罪不正ネオコン/新自由主義者が米連邦政府を乗っ取っていることを明らかにすべきである。この顧問団は9/11秘密作戦やその他多くのことに責任がある。そのようなクーデターの実行にあたり、彼らはこの惑星の文明の完全な支配に秘密のNWO課題を実行する方向に国家の資源を振り向けた。

ストラットフォー(アメリカ合衆国の民間シンクタンクかつ出版社)の主任は世界支配の為の英米枢軸計画を暴露した。

全体国家は彼らの大変動の仕事の証拠として、中東の大規模破壊を容易に観察することができる。情報に通じた読者ならば、再燃したロシアとの冷戦と同じレンズを通して欧州連合の爆縮を見ることができる。同様に、ラテンアメリカの苦悩は同じアングロ・アメリカの絶対的な力によってあからさまな介入や、アフリカ中の絶え間ない戦争や紛争とアジアで定期的に起こるテロ行為として理解できる。

ネオコン徒党;石のように冷たいテロリスト細胞が米連邦政府を支配している
9/11真実運動が唯一彼らを止められることである

これらは男の魂を試す時間です。都合の良いときだけの兵士や愛国者はこの危機においては、国の任務からしり込みするだろ;しかし、それに寄り添う彼は、男と女の愛と感謝に値する。専制政治は地獄のように容易には征服されない。しかし、紛争が激しければ激しいほど、勝利は輝かしいと言う慰めを我々は持っている。
(出典:トーマスペインにより危機)

それをまだ取得していない人々にとっては、ひどい専制政治に直面している。その専制政治は国の議事堂やそれを超えて支配している。2001年9月11日より専制が増加して支配しており、2016年の日においても大胆に成長している。来る大統領選挙は、本格的な全体主義国家の方向へ彼らの駆動を加速するためにアメリカの運命を真に支配する人々を付け上がらせることになる。次の大統領が誰であれ、彼または彼女はブッシューオバマの強力タッグチームのよう活動するだろう。

この苦境を考えると、米市民は唯一の脱出口を持っている。現在の選挙プロセスは、それが必要な解決策を保持していると米国を信じさせるようリードするために細心の注意を払って操作しているので、出口を提供していない。アメリカ国民の本当の窮状は、強制的な市民の義務を遂行する市民によってうまく述べられることができているだけである。現在のところ、一般市民はこの点において無残にも失敗している。これは国が比類なく混乱にあり、国際社会が決して終わらない紛争にあるからである。

究極の市民の義務は大逆罪と国家テロの罪はその政府の責任であると看做すことである。同様に人類に対する犯罪は宛名のないところへ行くべきではない。9/11の場合、有罪が起訴されるには至っていない。この状態が続くようでは国家は無法や混乱に陥る。米国はいつも経済的不安定や金融不安に直面するだろう。政変や社会的大混乱、人種間緊張や宗教紛争はは単に激しくなるだろう。その結果社会的縮退と道徳的堕落が容赦なくこの国の社会構造に亀裂を入れるだろう。

それが9/11真実が非常に重要な理由です。この広範な成長を続ける真実運動がアメリカ国民の解放の鍵を握る。市民がそれを本当に実行してきた人たちによって抑圧されてきただけではなく、犯罪者は今、明るみに出てきた止められない9/11の真実に対して非常に脆弱である。必要なこと全ては、良心のある人々が十分に団結することである。団結して、そして有権者を活性化させる。

まず、よく知っている全ての実力者は政治的違いは置いて置いて、9/11の真実の周りに合体しなければならない。本物の共同が妨害する何かがあるならば、同じ人々は個人的見解の相違を置いておくべきである。多くの注目の人々も、この重要で革命的な時期に不可欠の重要性がある9/11の信実に関して強力をした。9/11の真実の水門は開かれており、告発者はもはや抑えることができなくなっている。例えば、ロン・ポール、マイケル・グレーブ、ジェシー・ベンチュラ、シンシア・カッキニー、デニス・クシニッチ、シンディー・シーアン、ジム・キャリー、ロージー・オドンネル、ショーン・ペン、チャーリー・シーン全員は、9/11の真実に勇敢な公開を示した。同様に、民主党ツルシー・ガバードと共和党のベン・サッセは彼らがどうなろうとも関係なく、政府における彼らの関与を真実に表明した。上院議員のジェフ・セッションズや議員トーマス・マッシーは同様に9/11の真実を明らかにすることの責任を示した。

これらの人々にとって、そして9/11の真実について知っている他の人々が、9/11の真実の周りに統一する時が来た。それは必ずしも9/11真実党を作ることを意味していない、心に留めておいてください。しかし、正義が勝つために、9/11の真実が連邦政府によって調査されることを要求し始めていることを意味している。政府ではなく市民が、新しい調査に関する完全な管理が必要だ。我々国民はまた、公判とこれらの脅威の判決を制御する必要がある。

ネオコン・シオニストは逮捕し、偽旗9/11テロに裁判にかけなければならない

おそらく、ジェシー・ベンチュラはおそらく、現在のアメリカの春の間に、9/11の真実を特徴とする大統領選の独立系候補に立候補するものと思われる。9/11の真実を紹介することで、全国が、米国の歴史の中で最も野蛮で狂気な選挙期間のど真ん中で、正しい歴史の正義として取り扱われるだろう。大統領選挙運動を連邦理事会、IRS(国税庁)と永遠の経済戦争についてアメリカ国民を教育、啓蒙するために使ったロンポール同様に、ジェシーは9/11真実で有権者を啓発し力づけることができる。
t02000249_0200024913627161110.jpg
いずれにしても-神の為に-彼らを捕まえましょう
o0620083713627161112.jpg
結論と警告
それについての疑いはやめましょう、アメリカ国民が9/11の犯罪と隠蔽について十分に解決しない限り、そしてするまで、国家の魂を侵食することになるだろう。本当の犯人を追及し、法律の枠内最大で起訴することを無視し続けると、また平和のない世界が保証されてしまう。

選択、その後は政治体制による嘘。それが完成するために彼らの仕事です。彼らは神聖な業務を行うことを選択できる。あるいは、彼らは流されて、(倫理的に受け入れがたい)現状を覆さない。この決定は米国の民衆にとって、第3ミレニアムの中で単一の最も重要な事業となるだろう。したがって、偉大な決意と慎重な審議を進めることが賢明である。
------------ー---------------ー-----------------------------
米のインチキ選挙がこのまま続くとは思っていない、どこかで何かが起こるはずである、おこっとほしいと思っている。何が出てくるのか?楽しみです。
ジェシーベンチュラは元プロレスラーで、元ミネソタ州知事の人です。

そう、あいつらを逮捕しろ、起訴しろ、刑を受けさせろ!

Tag:-  comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
生きる力 ゲンマイ
見出し
2016年1月1日 新年を迎え、日本に生まれた幸せをかみしめ、日本人で有る事の誇りを持ち、 生きる喜びを持ち続けたいと願いました。
カレンダー

カテゴリ
新鮮な野菜と果物・ゲンマイそしてPCの山暮らしです
2011・2012この凄まじい年を生きている。幻想の世界が終り2013より今現在考えの及ばない 世界に入ると云われている。*私達の力がどれ程強いか、自己主権を持った者であり自由であるそれが現実です。意識が自由になって初めてそれが外に現れると。本当の自分を思い出す時が来た(ジョージ・カヴァシラス)