【租税回避地に日本関連270社 パナマ文書、個人にも拡大(東京新聞)】

richardkoshimizu's blog より【転載】
11・14一
2016/04/27
【租税回避地に日本関連270社 パナマ文書、個人にも拡大(東京新聞)】

「パナマ文書には一切触れるな」
「嵐が過ぎるのを待て」
という米国1%からのお達しが、東京新聞には通用しなかったようです。
「租税回避」ではなく「脱税資金隠し」であることを追及されたくない人たち、当分の間、眠れない日々が続きますね。
ま、4-50年くらいしたら眠れると思います。寿命が尽きて。w


2016/4/27 07:47
【租税回避地に日本関連270社 パナマ文書、個人にも拡大(東京新聞)】
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2016042601002167.html
タックスヘイブン(租税回避地)に関わる「パナマ文書」の共同通信による分析で、日本在住者や日本企業が株主や役員として記載された回避地法人が少なくとも270に上ることが26日分かった。大手商社の丸紅、伊藤忠商事などが記載されていた。株主などに名前があった個人もコーヒー飲料大手UCCグループ代表者ら、大都市圏を中心とする32都道府県に約400人(重複含む)おり、回避地利用が個人にまで広がっている実態が浮かび上がった。 丸紅、伊藤忠両社はいずれもビジネスのための出資だと説明。UCCホールディングスは「合法的に納税している。租税回避が目的ではない」と述べた。(2016年4月27日)
special thanks

Tag:-  comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
生きる力 ゲンマイ
見出し
2016年1月1日 新年を迎え、日本に生まれた幸せをかみしめ、日本人で有る事の誇りを持ち、 生きる喜びを持ち続けたいと願いました。
カレンダー

カテゴリ
新鮮な野菜と果物・ゲンマイそしてPCの山暮らしです
2011・2012この凄まじい年を生きている。幻想の世界が終り2013より今現在考えの及ばない 世界に入ると云われている。*私達の力がどれ程強いか、自己主権を持った者であり自由であるそれが現実です。意識が自由になって初めてそれが外に現れると。本当の自分を思い出す時が来た(ジョージ・カヴァシラス)