由井寅子さん「いま知って欲しいこと」 ・~ 心・体・魂を癒すホメオパシーの真実 ~*【動画】基調講演 由井寅子 第15回日本ホメオパシー学術協会JPHMAコングレス ホメオパシー学術大会

ENN・「いま知って欲しいこと」 由井寅子さん

2012/05/28 に公開
『使命に生きる!』
~ 心・体・魂を癒すホメオパシーの真実 ~
ゲスト 由井寅子(日本ホメオパシー医学協会会長)
インタビュア 根本佳代子
----------------------------------------­-------
日本ホメオパシー医学協会会長の由井寅子先生をご紹介します。
少し長いですが、先生の簡単なストーリーをお読みください。
先生のホメオパシーとの出会いは、15年前ロンドン赴任中に発症した潰瘍性大腸炎がき­っかけでした。
何をやっても治癒せず、辿り着いたのがホメオパシーでした。
そこでは、1時間自分の性格や生い立ちの話をさせられ、結果、出されたのがたった4粒­の砂糖玉(レメディー)。
怪しいと思いながらも飲み続けると症状が悪化。やっぱり詐欺だと、療法家に電話をする­も「そうやって良くなっていくのです。」と電話を切られてしまう。
まもなくして今度は、感情の噴出しが始まり、泣いたり怒ったり、過去にあった苦しみ、­屈辱、悲しみがどっと溢れだした。そんなある日、庭で健気に咲いている花をふと見てるうちにありがたさに涙が溢れ、その­日を境に毎日が美しい、楽しいと感じられるようになり、自分が心から生まれ変わったと­いうことを悟る。
それからは、会社を退職し、ホメオパシーの勉強と健康相談に10年間明け暮れ、日本ホ­メオパシーセンター創立、他、日本のホメオパシー医学の普及と広く社会に貢献する現在­。。

寅子先生は、病気の要因を次のように言っています。
近年の環境破壊や食による人体への影響、遺伝的な問題等も要因であるが、主に
「人は、病気になるのではない。自分の中にあるネガティブな考えや思いが人を病気にさ­せる。」
「人はこの世に何らかの果たすべき役割を持って生まれてくるが、魂が持つ目的を見よう­ともせず、本来の自分を生きないことによっても病気になる。」と。

私にとって、"本来の自分を偽って生きることも病気の要因になる"ということは、意外­でした。
しかし、自分を偽って生きるということは魂が苦しむことであり、心(魂)と体は繋がっ­ているから、それが歪みとなり、病気の要因になる、というのは納得できることでした。
私が感動した以下の先生の文章を抜粋してご紹介します。
****引用ここから****
ホメオパス(ホメオパシー療法家)としての想い
私たちは人生の苦境に立ったとき、それを乗り越えるために、本来の自分の思いとは別の­仮面をつけ、それらを乗り越えることがあります。(中略)
ホメオパシーは薬と違って、すぐには結果が出ません。
自然治癒力によって、自分の力で少しずつ体毒を押し出し、自分の力で治していくのがホ­メオパシーです。
あなたを癒すのはあなた自身なのです。
そうして体毒が出きったとき、あなたは真の健康を体感することができます。
さまざまなしがらみを脱ぎ捨て、本来の自分に戻ったあなたは、魂から湧き上がるような­喜びと爽快感に包まれることでしょう。
人は、自分らしく生きることが何よりも大切であり、自分らしく生きている姿が一番美し­いのです。
私たちは、生まれてきたときは、皆つるつるのまるまるの素晴らしい人間です。
****引用ここまで****
自分らしく生きること、本当にその通りだと思います。
一体、どれだけの人が自分らしく生きているか。。
私自身を含め、私が仕事で毎日接している病気の方、病気予備軍の方々にとっても自分ら­しく生きることが大切なのだと感じました。
皆さまも是非、寅子先生の想いに直接触れてみて下さい。
ありがとうございました。
ENN 諸野幸子
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
取材:幸塾TV
http://www.saiwaijyuku.gr.jp/
提供:ENN(エヴァ・ニュース・ネットワーク)
http://www.evahtv.com/

【動画】基調講演 由井寅子 第15回日本ホメオパシー学術協会JPHMAコングレス ホメオパシー学術大会

2014/10/23 に公開

Tag:いま知って欲しいこと  comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
生きる力 ゲンマイ
見出し
2016年1月1日 新年を迎え、日本に生まれた幸せをかみしめ、日本人で有る事の誇りを持ち、 生きる喜びを持ち続けたいと願いました。
カレンダー

カテゴリ
新鮮な野菜と果物・ゲンマイそしてPCの山暮らしです
2011・2012この凄まじい年を生きている。幻想の世界が終り2013より今現在考えの及ばない 世界に入ると云われている。*私達の力がどれ程強いか、自己主権を持った者であり自由であるそれが現実です。意識が自由になって初めてそれが外に現れると。本当の自分を思い出す時が来た(ジョージ・カヴァシラス)