共和党も決着のようです

嗚呼、悲しいではないか!より【転載】
2016-05-02
共和党も決着のようです

共和党員は指名者としてのトランプと和平を作りは始めている
http://bigstory.ap.org/article/a46ce2318e15416e9e39a11dba9e1c06/congressional-gop-beginning-accept-trump-nominee
o0800030713633213560.jpg
ワシントン(AP)-彼らはそれは不可能だと考えていた。あるも者はまだ、それを恐れている。他はほとんどそれを信じることができない。しかし、大手共和党はドナルドトランプが彼らの大統領指名者になると言う考えを受け入れ始めている。
今週の東部5州のビジネスマンが主導する勝利をきっかけに、必然の議論の余地のない雰囲気になっている国民共和党員と米議事堂の共和党議員の数が増えている。ある者は彼らは彼の後ろに付くべきであり、何人かの主流派の共和党員によって以前はぐくまれている「トランプ阻止」の努力を捨てるべきだと主張している。トランプを抱き込むことは、11月の民主党ヒラリークリントンを阻止する唯一の希望かもしれないと、これらの共和党員は言う。
o0460033613633213559.jpg
「ドナルド・トランプを我々の指名者に」フロリダ州知事のリック・スコットは今週フェイスブックに書いた。ワシントンの共和党指導者たちは彼を選択していないが、アメリカ中の共和党有権者は彼を選んだ。有権者は話した。
「共和党は今、共同する必要がある」とスコットは書いた、トランプへの反対を続けることはクリントン選挙運動への貢献以外の何物でもないと警告しながら。
議事堂ではトランプの支持を見つけることは格段に簡単になった。
「私は理解していない。私はそれはトランプ阻止ではないことを意味している。それは決してヒラリーではない、決して決して決してヒラリーではない。目を覚ませ、そしてコーヒーの香りを嗅げ」今週初めに、彼の大家族の全員と、彼の州の共和党予備選有権者57%に従って、彼の票をトランプに投票したペンシルベニア州のマイク・ケリー議員は述べた。
「私はいままで、政党が自身の候者をこのように積極的に攻撃するのを見たことがない」と有権者から外れたエリート主義のワシントン態度でそれを責めるトランプに反対する共和党主流派の人たちに関して、ケリーは述べた。

続きを読む moreをクリック
  ↓
上院の尊敬されるシニアメンバーのユタ州の上院議員のオリン・ハッチは、以前はジェブ・ブッシュを、そしてマルコ・ルビオを承認し、トランプは承認するつもりはないと言っていた。しかし、ハッチはトランプに関して、「彼は勝てそうに私には思えるので、彼がそうならば、私は彼を助けるために私の力の全てを行うつもりであると語った。

ある指導者層の共和党員はトランプ候補が選挙災難を招くことは、民主党が上院の支配を取り戻し、犠牲にされた下院の安全な共和党の議席までも達すけることになると予想している。彼らは批判的な評価に貢献した女性とマイノリティに関するトランプの侮辱のコメントを指している。

他者に従ってハッチは反対した。

「彼が大統領になることに真剣になれば、彼はすばらしいことをできると思うし、彼は彼はやると思う」とハッチは述べた。「彼が世界で最も過酷な仕事の現実に打撃を受けても、彼は聡明であり、賢い男であるので、私は彼は良いことをするを記憶される事を欲していると思うので、私は彼がその移行を行うことができると言う良い感触を持っている。

木曜日、トランプは二人の下院議長から推薦を受けた;交通委員会議長のペンシルベニア州のビル・シュスターと、退役軍人議長のフロリダ州ジェフ・ミラーである。彼は、外交委員会を率いる上院議員テネシー州共和党のボブ・コーカーと電話の呼びかけで外交政策を話した。コーカーは後で、彼を承認するつもりはないと言ったが、トランプについておせいじで一杯であった。

確かに、必ずしも全てが船に乗ってはいない。共和党内のある者はトランプの挑発的スタンスに繋がろうとし、あるいは彼らから自身を遠ざけようとする弱い上院共和党員と候補を考えるとうんざりし続ける。

「ドナルド・トランプに関する私の気持ちは、それが我々の最善の前進とは全く思わない」と上院議員アリゾナ州の率直なトランプ評論家ジェフ・フレークは述べた。「そして。彼が取っているそのそれらの立場のいくつかは取るように余儀なくされているとは想像ができない。イスラム教の禁止、壁をを作りメキシコに支払わせる等、なんでも」

トランプが、7月のクリーブランドの共和党大会で指名を決定するに必要な1,237代議員数を獲得できるかどうかは不確定である。そうできないと、テキサス州上院議員テッド・クルーズは投票が進むにつれて指名を獲得するために続行する希望がでる。オハイオ州知事ジョン・カッシもまら競争に残留している。翌週のインディアナの予備選は投票が接戦が予想されるので、クルーズあるいはカッシが前へ進めることを主張し続けることができるかどうか決定するに当たり重要になるだろう。

長年ルイジアナ州の共和党代表と全国党副議長であるロジャー・ビレールは、「南フロリダで今月初めに行われた共和頭全国大会春季会合で「明確に圧倒的多数」が機種としてのトランプの考えに熱を入れていたと述べた。

「トランプが最初は選択肢ではなかった人が多くいたが、我々が非行化の部屋で話し始めると、一般的な結論は彼が我々の名義人になり、我々は結集するだろうと言うことであった」とバレーリは金曜日に語った。「私はそれを不本意であったと言うことはないだろう。それが現実だ」

一般的な党の反復句を与えながら、ビレーレは「我々の可能性の全ては明確に民主党の持っているものより優れている」と付け加えた。
-------------------------------------------
共和党のご主人様も、トランプに降参のようです。ヒラリーが降りれば国民側の完勝となる。
前代未聞のことである。
もう大統領選どころじゃなくなって、FRBを中心に会議の連続のようですが、先立つものがなくては解決しません。そろそろ、ギブアップのようです。万歳!!!

Tag:-  comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
生きる力 ゲンマイ
見出し
2016年1月1日 新年を迎え、日本に生まれた幸せをかみしめ、日本人で有る事の誇りを持ち、 生きる喜びを持ち続けたいと願いました。
カレンダー

カテゴリ
新鮮な野菜と果物・ゲンマイそしてPCの山暮らしです
2011・2012この凄まじい年を生きている。幻想の世界が終り2013より今現在考えの及ばない 世界に入ると云われている。*私達の力がどれ程強いか、自己主権を持った者であり自由であるそれが現実です。意識が自由になって初めてそれが外に現れると。本当の自分を思い出す時が来た(ジョージ・カヴァシラス)