フルフォードレポート英語版(5/10)

嗚呼、悲しいではないか!より【転載】
2016-05-11
フルフォードレポート英語版(5/10)

米の政権交代と中国の深刻な政治混乱など、多方面に大きな動き

世界権力構造の最高レベルにおいて、今起こっている深刻で紛れもない変化がある。すでにニール・キーナンによって述べられているが、米大統領バラク・オバマは4月30日のホワイトハウス特派員夕食会でワシントンの記者団に、「共和国の終わりは決してよいものではない。私の最後の-おそらく最後のホワイトハウス特派員夕食会に出席できて光栄である」と語った。ここは、これらのコメントを含むホワイトハウスの記者発表へのリンクです。
https://www.whitehouse.gov/the-press-office/2016/05/01/remarks-president-white-house-correspondents-dinner
さらにホワイトハウスは「平和的な権力移行」の為に5月6日、詳細な計画を出した。
(大統領命令「大統領移行の促進」)
http://www.politico.com/blogs/under-the-radar/2016/05/george-w-bush-white-houses-skull-and-bones-files-due-out-222858
CIAは計画はまだオバマを政権の顔として維持し、ドナルドトランプへの移行へ彼を使うことであるが、オバマはもはやホワイトハウスには居らず、王冠の背後の権力に変わったと情報提供している。
米政権が変わった一つの非常に明確な兆候は、1500人のイエール・スカル&ボーンズの記録が(米国務長官)ケリー、ブッシュ家と他の徒党メンバーを暴露するために公開させるという事実であるつ、国防総省情報源は言う。この開示は、悪魔主義者が米権力構造の最高レベルで失っている明確な兆候である。
http://www.politico.com/blogs/under-the-radar/2016/05/george-w-bush-white-houses-skull-and-bones-files-due-out-222858
米国の状況についてまだあるが、まず最初に我々が議論したい他の重大な進展がある。先週、この著者は日本の横浜で、55百万人の会員がいる慈善アジア秘密結社の上級支部会員の会議に出席した。その会議は日本の支部にとって将来の平和的計画について議論した。今後数年かけて現在のシステムに置き換わると言われる新国際金融システムについて詳細な議論もあった。様々な分野から専門家が出席した。最後に結社は、国際ホワイトドラゴン協会と相互に有益な方法で平和の原則に基づく仕事の意欲を表明した。それが、今のところ我々が公開を許された全てである。

またホワイトドラゴンには先週、中国本土から二人の代表の接触があった。中国共産党政府の安全保障組織を代表する一人は、以前にこのニュースレターで説明した8,000トンの金塊と同じ条件の13&割引で、12,000トンの金塊を今、提供できると語った。金塊は12.5kgのインゴットであり、すぐに香港で引き取ることができる。また。その提供が5月16日までに受け入れられないなら、中国はこの問題について一方的な行動を取ると、彼は言っている。白龍会はドルシステムの現状の支配者がこの金塊を拒否した場合、米ドルに対する動きをすることは推奨している。

ヘンリーキッシンジャーによるドルシステムの詐欺的乗っ取りは終わったので、我々がここで話せる限り、M1の位置、つまり米ドルシステムの支配者に対して現在二人の請求者がいる。一人はニール・キーナンであり、もう一人は今カナダに住んでいる元フィリピン大統領フェルディナンド・マルコスの長兄の生き残りで、デイビット・クレイフォードと言う。もし彼らのどちらかが、それを成し遂げたら、我々は彼らがあっという間にドルを作り、金の配送をするだろうと思う。それは良い取引だ。紙やコンピュータ上の数字と純金との交換。彼らのどちらもそれができなかったら、将軍ジョセフ・ダンフォードが登場して、この取引を取り仕切ると思っている。
歴史的アジア債をドルの価値に対してセントで買ってきた米国内の派閥もあると、中国情報源は言う。債権の受け渡しに受け取った金は凍結されるだろうと、国防総省情報源は言う。

米ドルは金塊や他の実世界の資産に裏打ちされている必要はないとまだ考えている人々は、ドル金ペグ制の終了が米にてとって負債災難の結果に陥っている程度を示すこのリンクのグラフを見る必要がある。
http://www.veteranstodaymoney.com/2016/05/how-unsound-money-fuels-unsound-government-spending/
ハザールマフィアによる米国民と米貿易相手国からの40年以上に渡る略奪の宴の引き金となった金ペグ制の終了を、白龍会メンバーは認めている。中国の金の提供はこの略奪に永遠の終止符を打つだろうと、ある白龍会関係者は言っている。一方、白龍会に接触してきた中国当局者は中国政治局内部の習金平主席に対抗しているある派閥を代表している。情報源は、中国では激しい権力闘争が起こっていると言う。習金平主席への委任は初めの5年は2018年に終了した後には更新されないだろう。そしてその時まで、彼が生き残れるかどうか疑わしいと述べた。情報源は、習は反腐敗運動の一環として3千万人を排除した第二次文化大革命に達する仕事を請け負っていると言っている。結果は誰もが計画の成立への承認を怖がっているので新しい計画が前へ進まなくなったと、情報源は言う。現在、進んでいる唯一の計画は中央政府が承認した大プロジェクトであると、彼は言った。結果は深刻な経済的苦痛であると彼は言う。

習はまた、彼が2014年3月末にブラッセルを訪問した時にベルギー王室から騎士の爵位を受けたのでトラブルになっている。確かに習は騎士になることを理解していないように思われるが、その爵位がどんなに立派かどうかにかかわらずベルギー国王の臣下になったことを認めたことを意味している。さらに、騎士の爵位はコンゴの大量虐殺肉屋のレオポルド王に関連するレオポルドの順位である。

この情報源が持っていた興味深い情報は中国軍司令部が基本的再編を受けたと言うことである。中国軍は南部、北部、東部、西部と中央の5つの司令部に分割される。また中国の首都を乾いた北京から移動させる議論も進行していると、彼は言った。

しかし、先週白龍会に接触してきた他の情報源は、満州王朝の歴史的金財宝の請求者である Seungshick Zangであった。奘は、彼は最近、韓国大統領の朴 槿恵によって送られた代理人による暗殺計画を免れたと言っている。奘は、彼は5月12日に東京入国管理局と難民の聴取をもつが、そこで、朴の派閥は彼の満州金への主張を奪いたいので彼はもし彼が韓国へ戻されたら、朴に殺されると主張するつもりだと言っている。しかし、奘を今冬に招待した中国政府当局者は今、彼は詐欺師であると主張している。

一方日本では、安倍首相と彼の九州徒党が去らねばならない密室での黒幕の合意がある。しかし、彼を置き換える人間について合意はないので、米国のオバマのように、安倍は今のところ彼の脚本家は変わるが、日本の権力の顔として続くだろう。例えば、安倍によって部分的に交渉されてきたTPP貿易協定は新政権下では進まない。
ここで、最近の展開について西側に戻ります。米政権後退の後の最大のエベントは先週のロシア正教総主教キリルによる「聖戦」の宣言であるべきである。キリルがテロを敵として引用しているので、この戦争は本当は悪魔ハザールマフィアに対する米露統合作戦であると国防総省と他の情報源は言う。数十万人の子供が米国、ウクライナ他で虐殺されたことへの認識は大規模軍事行動につながる嫌悪感の高まりを作り出していると、国防総省とNSA情報源は言う。白龍会は子供の殺人者の最後の一人まで追い詰めて殺すことを約束する。

正教会復活祭でニューヨークで1件、オーストラリアで2件そしてロシアで3件の正教会への放火攻撃と中東のハザール人(ISIS)によるキリスト教徒の組織的殺人は、聖戦が誇張を超えていることの確かな兆候である。ハザール人に対する怒りの複合戦争が既に始まっているが、彼らは大きな時間を失っている。例えば、サウジのビンラディングループは破産を申請しており、明確な兆候として、ハザールサウジ王室家族、彼らのブッシュ家の仲間とその仲間は困難に陥っている。

中東の他の場所では、モサドにつながるDebukaがISISが突然イスラエルとの戦争を宣言したと報告している。これは非常に小さいが、イスラエルが自身をISISから分離しようとしている兆候であり、力の均衡はハザール暴徒に対して明確にシフトしている。

先週のトルコの首相の辞任は軍にとってエルドアンを失脚させる青信号かもしれないと、国防総省情報源は言う。

また、サウジ好きのCIA長官ジョン・ブレナンは911報告書の未公開28ページの公開に反対する唯一の非国民として米政権構造の中で孤立していると、国防総省情報源は言う。「彼はサルマンから多額の賄賂を貰っているのは間違いない」とその情報源は言う。

このような状況下で、控えめなCIAボス等であったディック・チェイニーは米政権構造の変化を感じ取って、ブッシュ家に敵対してドナルド・トランプを支持している。これは彼を暗殺から避けるために役立つかもしれないが、911犯罪者連行を免れる物ではないだろうと、国防総省当局者は言う。

フォートマクマレーのカナダオイルサンドに対する放火攻撃としてCIA当局者が述べることに対して米国内のあるグループに重大な結果になるであろう。「もしカナダに干渉するならば、尻を蹴られる覚悟をしろ」とカナダ情報機関CSIS当局者が警告している。

一方、南アメリカでは、ブラジル大統領ディルマ・ルセフを失脚させようとするハザールマフィアの運動は下院議長のエドアルド・クーニャがブラジル最高裁判所によって辞任を命じられたので、ばらばらになった。全買収会議は、彼らがハザールギャングの為にブラジルの資産を盗み続けようとするならば、吊るされる可能性がある。

一方大西洋を渡って、ドイツとフランスは、伝えられるところによるとグリーンスパンによる内容の漏洩のおかげで、ハザール人のでっち上げTTIP貿易協定に今、公然と反対している。IMFは、おそらくギリシャを意図した救済金のほとんど全てが銀行家を堕落させるために渡されたことが明らかになった後は、ギリシャに対してドイツとは足並みを違えた。おそらく、それはドイツ首相アンゲラ・メルケルが彼女の父親のヒットラーに古ぼけた潜水艦のエンジンをチェックして逃げ道を考える時だ。おそらく、彼女はアルゼンチンのバリロチェの旧ナチのたまり場に亡命生活を与えられる。これはブッシュ/クリントン/ロムニー犯罪組織の他のメンバーにとっての選択肢ではありません。彼らと彼らの仲間のハザールマフィア暴力団がこの時間で逃げるところはこの惑星にも、宇宙にもどこにもない。それは正義の為の人類の時間である。
-----------------------------------------------
ホワイトハウスの権力移行の命令書は見落としました。すごい情報です。
ドナルドトランプへの移行までおばまで行くそうです。
日本も次が決まるまで、安倍だそうです。早く変えてください。小沢さんがとりあえず適任だと思いますが。落ち着いたら総選挙で決めればいいじゃないか。
「慈善アジア秘密結社」はなにか?分からない話がぼこぼこ出てくる?
今更、出てくるの??
ジョセフ・ダンフォードなる者は何者なのか?
中国の金塊の話もよく分からない。でどこはどこ?
皆さん乗れないだろうなぁ、こんな話では。
ブラジル大統領ディルマ・ルセフは良かったね。ブラジル国民は健在だなぁと思った。
この期に及んでも、そんな話に載る人間がいるんだと思うと悲しくなるばかりである。
メルケルがやってることは明らかに米追従なので、なるほどと思う限りである。
そんな追い込まれているメルケルに「アンゲラ」とか言っちゃって、馬鹿な経済論を述べても聞いてもらえるはずがない、頓珍漢。
とりあえず、よい方向へ向かっているようです。

Tag:-  comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
生きる力 ゲンマイ
見出し
2016年1月1日 新年を迎え、日本に生まれた幸せをかみしめ、日本人で有る事の誇りを持ち、 生きる喜びを持ち続けたいと願いました。
カレンダー

カテゴリ
新鮮な野菜と果物・ゲンマイそしてPCの山暮らしです
2011・2012この凄まじい年を生きている。幻想の世界が終り2013より今現在考えの及ばない 世界に入ると云われている。*私達の力がどれ程強いか、自己主権を持った者であり自由であるそれが現実です。意識が自由になって初めてそれが外に現れると。本当の自分を思い出す時が来た(ジョージ・カヴァシラス)