彼女の悪をやめさせるために公開されたヒラリーの電子メ-ル

嗚呼、悲しいではないか!より【転載】
2016-05-15
彼女の悪をやめさせるために公開されたヒラリーの電子メ-ル
彼女の悪をやめさせるために公開されたヒラリーの電子メ-ル
http://www.project.nsearch.com/profiles/blogs/hillary-s-emails-being-released-got-her-for-murder
o0400022313646913318.jpg
スチェーとトムは全ての愛国者に、ソーシャルネット、電子メールと監視しない正当な代替メディアのウェブサイトを通じてこの重要な更新を共有するよう求めている。大ニュースがここにある! www.stewwebb.comからアメリカとフランスの情報機関から全ての最新の更新を入手しよう。

スチューウェブとトム・ヘネガンはこの情報の更新において、ブッシュ-クリントン犯罪組織に関する偉大なニュースを超えている。良いニュースは多くの国々でヒラリーの失われた電子メールの全てを持っており、コメイが正義を妨害しても、それらの全ては公開されるだろう。それは起こり、そして彼らはコメイとオバマを牢獄に入れることになる。それらはロシアか、フランス情報機関またはそれらを持っている他の国の一つによって公開されるだろう。誰もがヒラリーの電子メールを取得している。実際、これは大きな冗談である。彼らは彼女がスチューウェブ、トム・ヘネガンや他のおしゃべりに暗殺隊を割り当てているので、彼らはそれらの電子メールによってヒラリークリントンと殺人を関連付けている。スチューウェブと多くの他者は殺人を詳述したこれらの電子メールを所有している。これらの善玉はブンシュ-クリントン犯罪組織にうんざりで疲れており、この悪魔女性が大統領になることは許さない。彼らは悪魔を崇拝する魔女を破壊するために、今後数ヶ月にさらに多くのもを公開し続ける。彼女の電子メールのひとつはすでに、悪魔に鶏を犠牲にするつもりだと言って、彼女の道具のひとつについて話している。それはもう、うんざりであり、あなたの父や祖父がどの政党を指示したかは関係なく、あなたの骨に良い骨が残っているならば、あなたはドナルド・トランプに投票すべきであり、そうすればブッシュ・クリントンは犯罪組織の犯罪者達は彼がアメリカに対しいて行ったことに対して罰を与えることができる。あなたは解放された自由な力を見たくはないか?そしてケネディを殺したことに責任のある者立ちに責任を取らせる。だから、トランプに投票し、そうするようにみんなに教えてください。ヒラリーの犯罪をどこにでも暴露しなさい、そして彼女の犯罪を知っても彼女を支持する人はこの国の裏切り者であると言いなさい。

ここに、このインタビューに隠された物のいくつかがある。
CNNはヒラリーとトランプの攻撃に対する損傷制御をしていない。
ヒラリーは幼児強姦者を代表して、彼が刑を逃れたことを笑った。
ミットロムニーはブッシュ・クリントン犯罪組織の資金洗浄担当である。彼らは彼が行っている悪を全て知っている。
トランプはフランス情報機関によると全国で7ポイントヒラリーにリードしている。これは偽ニュースによって隠されている。
ヒラリーはリビアにおける戦争に関して有罪である。
彼らはブッシュ家のJFK暗殺と9/11への関与を知っている。ブッシュ家は暴露され追い詰められて、頭が狂っている。
オバマはCIAの手先以外の何物でもない。
------------------------------------------
米国では多くの善人が悪魔を引き摺り下ろすことに一生懸命しているのを聞くと心強くなる。
この悪女は絶対に許してはならない。人類の敵である。
皆で多くの人に広めましょう。
アメリカ人は「良い骨」なんだね、日本では「良い血」か、いや気骨があるとも言うか。
、あぁ。とにかく善人が声を高めること、それがあいつらを自由にさせないことになる。
最近、ブッシュは気が狂っているという話は良く聞くね。
ヒラリー婆も内心はおろおろであろう。

Tag:-  comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
生きる力 ゲンマイ
見出し
2016年1月1日 新年を迎え、日本に生まれた幸せをかみしめ、日本人で有る事の誇りを持ち、 生きる喜びを持ち続けたいと願いました。
カレンダー

カテゴリ
新鮮な野菜と果物・ゲンマイそしてPCの山暮らしです
2011・2012この凄まじい年を生きている。幻想の世界が終り2013より今現在考えの及ばない 世界に入ると云われている。*私達の力がどれ程強いか、自己主権を持った者であり自由であるそれが現実です。意識が自由になって初めてそれが外に現れると。本当の自分を思い出す時が来た(ジョージ・カヴァシラス)