・氷の心が解けて水になると「感謝と尊敬」の世界になる

zeraniumの『真実の情報』掲示板 より【転載】
2016年6月15日 (水)
・氷の心が解けて水になると「感謝と尊敬」の世界になる

   次元の違いというのは、波動の違いということです。

   それは波にもいろんな波があるように、波動にもいろんな波があるわけで、その波の大きさで次元が変わってきます。だからといってここからが3次元で、そこからが5次元というはっきりした区別があるわけではなく、虹の色のように何となく色の層が変わっていくような感じです。
.
   ではその波の違いは何かというと、”愛”の割合が違うということ。

   ”愛”というとあなた方が思うのは、男女の愛や親子の愛を思うかもしれませんが、私の言う”愛”はそれとは少し異なり、それはどちらかというと”感謝”や”尊敬”に近いものです。その感謝の気持ちや、尊敬に近い気持ちが多ければ多いほど、波動エネルギーは軽くなっていきます。波動が軽くなると、次元が上がります。ですが上がっていくといっても、場所や位置のことではなく、広がっていくという表現の方が合っています。
.
   あなたの身体の周りにもたくさんの次元があり、あなたの物の見方や考え方、価値観で、どこにエネルギーを合わせているかが変わってきます。あなたの身体の外側にはたくさんのエネルギーの層があり、それが”オーラ”と呼ばれたりエネルギーフィールド、エーテル体とかと呼ばれるもので、それはあなたの周りのエネルギーの層のことを言っています。あなたの意識の中に”愛(感謝、尊敬)”の気持ちが多くなると、あなたのエネルギーが軽くなってくるので、周りのエネルギー層にアクセスできるようになります。
.
   たとえば、今の身体を「氷」だとイメージしてみてください。

   そしてあなたの”愛”が熱源だとすると、その熱で体が解けていって「水」になりますね。早い話が次元上昇のようなことです。そしてその水にもっと熱を加えると、水も形を変えて「蒸気」になります。そのように氷はどんどん形を変えていきますが、形が変わるだけで、水自体は何も変わらない。つまり、次元が違っても、あなたはあなただということです。
.
氷の心が解けて水になった世界は「感謝と尊敬」の愛の世界

続きを読む moreをクリック
  ↓
   ただ、水になったあなたは氷だった頃より”愛”の割合が多くて、そうした物の見方や考え方をするということです。あなたがたくさんいるということではなく、あなたは1人しかいないけれど、あなたの周りのエネルギー層はたくさんあり、そのどのエネルギー層にあなたの考え方を合わせるかということです。
.
   今、あなたがいる氷の次元は”愛”が少ない次元なので、弱肉強食で強いものが弱いものを支配する世界です。でも氷が解けて水になると、そうしたことがなくなって対立や競争や比較ではなく、調和と融合の世界になります。そして今、あなたが住んでいるテラ(地球)は、水の世界になろうとしているのです。
.
   テラも当然、形が違うだけであなたと同じ生命体です。
   それはあなたの身体の中や表面にも、たくさんの生命体が生きているのと同じで、ビフィズス菌とか、いろいろな菌と呼ばれるものも生命体です。そして、あなたは地球の表面に生きている生命体。
.
   地球(テラ)がいま水になろうとしているとき、その表面にいるあなたも一緒に水になります。そうでないと、調和と融合の世界になったテラ(地球)に、戦争や対立、競争や比較に生きている人は住みにくくなります。だからあなたの思考もテラに合わせて変わり、波動が軽くならないならば、地球と一緒には上昇できないし、地球に住むことはできません。
.
   そこで私たちが、あなたに水になるための物の見方や考え方を伝えています。

   私はすでに水の世界にいるので、水の世界の物の見方や考え方を知っています。だから伝えられるのです。でもあなたには自由意志があるので、水になりたくない、もっと弱肉強食の氷の世界にいたいと思うならば、それはそれでいいのです。
.
   なぜならどこの世界が良くて、どこかの世界がダメということではないからです。
   あなたがどういう世界に住みたいかという、ただそれだけなので、どこを選んでもいいのです。氷がダメで、水がいいということはないからです。だからあなたの好みで決めていいのです。
.
   すでに思考もエネルギーだという話をしました。

   だから早く”引き寄せ”を使いたいならば、あなたの波動エネルギーを軽くすればいいということになります。なぜなら氷よりも水の方が波動が伝わるのは早いし、水よりも蒸気の方がもっと早いのはわかりますね? だから水の世界に行くと、すぐにあなたの願いや思いが現実になって、あなたの前に現れるようになります。ただし、イヤダと思うことも同じようにすぐさま現実になってしまいます。
.
   前にも言いましたが、エネルギーは判断しません。

   ですからあなたが何を思うかによって、どのような現実でもつくることができます。だから「水の世界」では、自分の思考によく注意して気をつける必要があります。ですがまだ愛が少ない氷の状態だとすぐには「水の世界」には行けないので、そんなにひどいことにはならないので心配には及びません。
.
自分の思考や考え方が自分の次元を決めている.
.  ものすごく簡単に次元の話をしましたが、何となくわかったでしょうか?

   つまり次元とはどこか外にあるのではなく、あなたの考え方や思考の中にあるということです。もし愛の「水の世界」に行きたいのであれば、あなたの中の競争や比較、対立、争いという氷を解かして、”愛”という感謝と尊敬の気持ちを育てればいいということです。蒸気の世界に行きたければ、水よりももう少し”愛”を育てればいいのです。
.
   では、波動エネルギーを軽くして、「水の世界」(調和と融合)に行きたいと思えば、どうすればいいのでしょうか? それはイヤなことをやめて、好きなことを楽しんでいればいいのです。なぜならイヤなことを我慢しているために、波動が粗く、重くなっていくからです。イヤなことをしていると気分が良くないので、気持ちが落ち込みます。だから同じように波動エネルギーも落ちて重くなります。
.
   楽しいことをしていたら気持ちがいい。

   だから波動も軽くなる。そうすると気分がいいからみんなにやさしくできる。ということは愛、つまり感謝と尊敬を感じることができるようになる、ということです。

はっきり決めることで、エネルギーが現実化へ向けて動き始める

   思うように現実を引き寄せたかったら、まず、はっきりと決めることです。

   決めなければ何も始まらないし、決めなければ何も起きない。たとえばあなたが蕎麦(そば)を食べたいと思ったとします。それでどこの蕎麦屋さんがいいか評判などを調べても、それだけでは何も起こりませんね。つまり、蕎麦屋のことを知ってるだけでは何も起こらない。はっきりと、どこの蕎麦屋にするかを決める。そしてここからすべてが始まる。はっきり決めるから行動が起こせます。どうやって行くか、車で、バスで、歩いて、あるいは出前を頼むか決めることができる。
.
   当たり前のことだとわかりますね。

   そうです、当たり前のことなのです。こんな小さなことであっても、はっきり決めるから現実になるし、蕎麦を引き寄せることができる。つまり、望みに小さい大きいはないのです。小さいことはできるけれど、大きいことはできないということはありません。どちらも同じ。はっきりと決めることで現実になるのです。
.
   そしてもう一つ。

   たとえば蕎麦屋を決めるのに評判も調査も必要ない。誰かの評価はおいしかったかもしれないけれど、あなたの口に合うかどうかはわからない。また、そのときはおいしい蕎麦を出していたかもしれないけれど、あなたが行くときは違う人が作っていて、おいしくなくなっているかもしれません。だから調査して、データを集めて、というのはナンセンスなのです。なぜならデータを集めている端からそれは古くなっていくわけで、環境はどんどん変わっていっているのです。
.
   そのときにあなたが感じた直感、それが大切です。

   あなたがしっかりと、はっきり決めたら、そのゆえにエネルギー場が動いて必要なものを引き寄せ始めます。引き寄せが終わったら、それがエネルギー場で出来上がります。そしてエネルギー場で出来たものが、現実に移行するときの合図が直感! つまり、直感とは現実化するためのカギ! だから直感に従って動いていけば、現実化していくのです。
.
   調査や計画などいりません。

   そんなことをしていたら、反対にエネルギー場で出来たものを現実化させる邪魔になります。だからしっかり決めて直感が来たら、それに従って動く! できない理由ばかり数えていないで、まずは、はっきりとやると覚悟して決めることです。
..
   すべての願いはかなうようにできている
book 『3000倍、引き寄せる。』
ミナミAアシュタール著 リンダパブリッシャーズの本
.                     抜粋

Tag:zeraniumのブログ  comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
生きる力 ゲンマイ
見出し
2016年1月1日 新年を迎え、日本に生まれた幸せをかみしめ、日本人で有る事の誇りを持ち、 生きる喜びを持ち続けたいと願いました。
カレンダー

カテゴリ
新鮮な野菜と果物・ゲンマイそしてPCの山暮らしです
2011・2012この凄まじい年を生きている。幻想の世界が終り2013より今現在考えの及ばない 世界に入ると云われている。*私達の力がどれ程強いか、自己主権を持った者であり自由であるそれが現実です。意識が自由になって初めてそれが外に現れると。本当の自分を思い出す時が来た(ジョージ・カヴァシラス)