電磁波の及ぼす影響に無知であってはならない

zeraniumの『真実の情報』掲示板 より【転載】
2011年8月24日 (水)
 電磁波の及ぼす影響に無知であってはならない

   ニビル星の戦士アヌンナキが、果てしない暗い銀河の冬の旅を生き抜くためには、膨大な量のエネルギーを必要としており、その彼らの主なエネルギー源は地球なのです。このことは過去何十万年にわたって、地球の現実社会に大きな影響を与えてきました。特にアトランティスの最後の世代が生きていた時期に地球に戻ってきた彼らは、大きな収穫を手にすることになりました。その時彼らが目にした文明は、地球資源の採掘によるエネルギーの利用を超えて、その代わりに、人間のマインドパワーを用いて、豊富なエネルギーを得られるようになっていたのです。

   彼らはアトランティスを観察し、自分たちが簡単に地球を占領できる段階にまで人類の意識が発達したことを確信しました。自分たちのニーズを満たし、無限のエネルギーを提供させるために、地球全土を網羅しているアトランティス文明は、そのための設計図として完璧であると考えたのです。彼らは計画の一部として、マインドコントロール技術を使って人類のマインドと魂を利用することを考えました。

   闇の司祭たちの数は増え、力を増していきました。
   現代の脳波の調整技術について実験するのと同じように、アヌンナキに従う彼ら闇のアルケミスト(錬金術師)たちは、エネルギーの源であるアトランティス住民の集団意識について実験を行ない、その結果、クリスタル・マインドライト・ジェネレーターを起動させる儀式は、人々にとってもはや愛による社会全体のための行為ではなく、服従と義務による行動になったのです。

   彼らは非常にゆっくりとした緩(ゆる)やかな電磁波パルスを、大陸の主要都市にあるクリスタル・マインドライト・ジェネレーターのネットワークを通して送り出すことを始めました。このサブリミナルな音は人間の耳には聞こえないものでありながら、同時に神経系を刺激し、非理性的な精神状態にさせ、主に服従の精神状態を引き起こしました。前に述べた、旧ソ連がアメリカ大使館に向けて発したのと同様の単調な音が、それとは気付かれないまま、大陸全土のアトランティス人の集団意識の脳波に向けて送られたのです。

続きを読む moreをクリック
 ↓
   音のない部屋の中で一定間隔で落ちる水滴の音が、人間の心理にどんな影響を与えるかはよく知られおり、これは懲罰の手段として近年使用されてきた精神的な虐待の一種で、被害者はやがて精神に異常をきたします。耳には聞こえない波動の似たような使い方が、アトランティス時代に遡って存在したことや、それが現在でも再びあなた方に使われていることは驚くにはあたらないはずです。あなたはただそのことを知ったことで、手に入る情報を調べたり、あなたの身の回りで起きていることに注意を向ければよいのです。心を開き、耳を傾け、目を開きさえすれば、あなたは理解せずにはいられなくなるはずなのです。

   ガイア地球もまた本来の周波数を持っており、それを通して地球の内側や表面に生きるあらゆる生命と共鳴しています。しかしガイアのその内部には、既に意図的な周波数操作が行われており、そのバランスが崩されている、という話はあまりにも信じられない話でしょうか? では訊ねますが、あなた方の(アメリカ)政府が、海で核弾頭の爆発実験を続け、さまざまな核兵器のテストを「国家防衛」という理由で国民に納得させることほど、理解を超えた信じられない話がありますか?

   あるいは海の周波数を守り、作り出しているイルカや鯨を組織立てて殺していくことはどうですか? また(米国)秘密政府があなた方の監視を強めるために、地球の外側へ打ち上げている衛星が急増していることについて、あなた方はどれだけ知っていますか? このようなことが惑星全体のバランスを崩れた状態にしておくための、意図的な干渉なのではないか、とは思いませんか?

   あなた方は電磁波というものについてほとんど知りません。
   電磁波はインターネットからも送られていて、あなたを囲い込んでいます。
   コンピューターだけではありません、あなた方に害を及ぼす電磁波は電子レンジを始め、テレビ、携帯などあらゆる新種のディスプレイを通してあなた方に送られています。

   このことは、多くの人がこれらのテクノロジーに「はまって」いると感じている通りで、電磁波に漬かっている状態なのです。地球とそこに住む生命の危うさは、そのほとんどが意図的なものであり、これらはすべて「マスター・プラン」の通りに進行していています。

   人類の進歩の結果として、なぜガイアを破壊しなければならないのでしょうか?
   それは完全に矛盾していますが、しかし現在地球はボルテックスに巻き込まれつつあり、大規模な荒廃が起きているのは事実です。彼らの行動にはいくつかの理由があって、その一つは、地球を支配し人類を支配するためには、人口が多すぎると考えており、そのために多くの人間を排除する必要があると考えていることです。

   さらに別の理由は、あなた方を「生き残ることに意味がある」」という心理状態にこれからも縛り付け、他者から孤立した状態に置くことで、アヌンナキの地上の子孫である闇のエリートたち、隠れた支配者に隷属させたいということです。しかし何よりも重要なことは、彼ら支配者たちが、地球の物理的エネルギーのすべてを手に入れ、その恐るべきエネルギーを利用して、最後のアトランティス人が犯したのと同じ過ちを繰り返す行動をとる決意をしていることです。

   あなた方の周囲で起きる災害の多くは、地球のエネルギーを操作しようとする彼らの愚かな行動が原因です。彼らは常に、私欲のために地球を利用する方法を探しています。彼らは支配したいという短絡的な考えで、容赦なくガイアの体を爆破し、燃やし、毒を流し、穴を掘り、削り取って、奪うだけ奪ってきたのです。彼らは地表をセメントで固めてガイアの呼吸を奪ってきました。またあなた方を網にかけて引きずり込んで、彼らの波動の檻に閉じ込め、あなた方の思考や感情をこれまでも操作してきたのです。

        「地球大変動の危機を救うアセンションの光」 シリウスの超叡智②
                   パトリシア・コーリ著  徳間書店
                         抜粋したもの

   NASAは「ニビル星」を、「惑星ヤハウェ」というコードネームで呼んでいる。
   12番目の「ニビル」、つまり「惑星ヤハウェ」が現在のアカデミズムに取り上げられて一般に知らされることはない。 「ヤハウェ」は英語読みで「エホバ」であり、旧約聖書では「怒れる神、復讐する神」 として登場する。旧約聖書の神はニビルの神について記されたものである。                   
                                            zeranium

Tag:zeraniumのブログ  comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
生きる力 ゲンマイ
見出し
2016年1月1日 新年を迎え、日本に生まれた幸せをかみしめ、日本人で有る事の誇りを持ち、 生きる喜びを持ち続けたいと願いました。
カレンダー

カテゴリ
新鮮な野菜と果物・ゲンマイそしてPCの山暮らしです
2011・2012この凄まじい年を生きている。幻想の世界が終り2013より今現在考えの及ばない 世界に入ると云われている。*私達の力がどれ程強いか、自己主権を持った者であり自由であるそれが現実です。意識が自由になって初めてそれが外に現れると。本当の自分を思い出す時が来た(ジョージ・カヴァシラス)