米大統領広島訪問:オバマ氏、被爆者と握手 *オバマ米大統領、広島で追悼…「惨劇に思い」*【オバマ大統領広島訪問】原爆資料館の芳名録に記帳「私たちは激しい苦しみ体験してきた」…「正当化論」も意識か*【伊勢志摩サミット】G7首脳が伊勢神宮訪問を称賛「素晴らしい経験をした」「悠久の歴史に感動」

MSN ニュース より【転載】
2016・5・27
米大統領広島訪問:オバマ氏、被爆者と握手
毎日新聞 3 時間前
BBty5Cc.jpg
© 毎日新聞 オバマ米大統領と握手をする坪井直・日本被団協代表委員=広島市中区の平和記念公園で2016年5月27…

 広島市の平和記念公園で広島訪問の所感を述べたオバマ大統領は、午後6時6分、日本原水爆被害者団体協議会(日本被団協)の坪井直代表委員らと握手し、言葉を交わした。その後、原爆ドームの方を向き、岸田文雄外相から説明を受けた。そして同16分、オバマ大統領は安倍晋三首相らに見送られて平和記念公園を出発し、帰国の途に就いた。【西田進一郎】
2016・5・27
読売新聞 3 時間前
オバマ米大統領、広島で追悼…「惨劇に思い」

オバマ米大統領は27日午後、米国の現職大統領として初めて、被爆地・広島を訪問した。
BBty0Fi.jpg
© 読売新聞 原爆死没者慰霊碑に献花し、所感を述べるオバマ米大統領(27日午後5時49分、広島…

安倍首相が同行した。
オバマ氏はまず、平和記念公園内の広島平和記念資料館(原爆資料館)を視察した。続いて、被爆者らが見守る中、原爆死没者慰霊碑に献花した。
オバマ氏はその後、所感を表明し、「十数万人が犠牲になった原爆の惨劇に思いをはせるために広島を訪れた」と述べた。また、第2次世界大戦で敵国同士だった日米が同盟関係や友情を深めたことに言及したほか、「核兵器のない世界」に向けた取り組みを続ける必要性を強調した。
オバマ氏はさらに、日本原水爆被害者団体協議会(被団協)の代表委員、坪井直さんら被爆者らに歩み寄って握手し、言葉を交わした。
オバマ氏は2009年11月に初来日した際、広島訪問について「将来できたら非常に名誉だ」と意欲を示した。ただ、米国では、原爆投下について、「日本本土での戦闘が回避され、日米両国の多くの人命が救われた」として正当化する意見が根強く、これまで訪問を見送ってきた。
2016・5・27
産経新聞 53 分前
【オバマ大統領広島訪問】原爆資料館の芳名録に記帳「私たちは激しい苦しみ体験してきた」…「正当化論」も意識か
BBtykL5.jpg
© 産経新聞 提供 オバマ大統領が記帳した芳名録

 広島を訪問したオバマ米大統領は27日、平和記念公園の原爆慰霊碑での献花に先立って原爆資料館を訪れ、芳名録に「私たちは戦争の激しい苦しみを体験してきた。ともに平和を広め、『核兵器なき世界』を追求する勇気を持ちたい」と記帳した。ホワイトハウス同行記者団が確認した。
 オバマ氏が記した「戦争の激しい苦しみ(the agony of war)」は、1945年8月に広島、長崎への原爆投下を決めたトルーマン元大統領が、ラジオ演説で原爆の使用を正当化するために使った言葉だ。
 トルーマン氏は広島への原爆投下を受けた同年8月9日(米国時間)、「われわれは戦争の激しい苦しみを短縮し、無数の米国の若い命を救うために原爆を使用した」と米国人向けに演説。原爆を使用したことで日本本土への上陸作戦で失われる可能性があった米兵の命が救われたとする「原爆投下正当化論」が広がる端緒となったとされる。
 オバマ氏としては、現在も米国民の半数以上が信じている「正当化論」を意識し、戦争そのものがもたらす苦しみを訴えるために、あえてこの言葉を選んだ可能性がある。
2016・5・27
産経新聞 21 時間前
【伊勢志摩サミット】G7首脳が伊勢神宮訪問を称賛「素晴らしい経験をした」「悠久の歴史に感動」
BBtw1En.jpg
© 産経新聞 提供 【伊勢志摩サミット 時事通信代表撮影】伊勢神宮の内宮を訪問するオバマ米大統領(中央)と安倍晋三首相(右)=26日午前、三重県伊勢市(代表撮影)

 主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)に参加している先進7カ国(G7)首脳らは26日、三重県伊勢市の伊勢神宮訪問について、同日の討議の中で安倍晋三首相に「素晴らしい教訓と経験を与えてくれた」「聖なる場所に行くことができて感動した」などの感想を寄せた。日本政府が明らかにした。
 ほかにも「日本文化を学べた」「伝統の継続性と悠久の歴史を感じた」「感動を伴うものだった」「精神的によい経験をさせてもらった」との声が相次いだ。
 サミットが行われている三重県志摩市・賢島や会場のホテルについても「素晴らしい会場に感謝している」「景色、自然が非常に最高である」「おもてなしが日本の特徴だと知っていたが、それを証明するおもてなしだった」との評価だったという。

Tag:msn ニュース*JBPRWSS*現代ビジネス *その他  comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
生きる力 ゲンマイ
見出し
2016年1月1日 新年を迎え、日本に生まれた幸せをかみしめ、日本人で有る事の誇りを持ち、 生きる喜びを持ち続けたいと願いました。
カレンダー

カテゴリ
新鮮な野菜と果物・ゲンマイそしてPCの山暮らしです
2011・2012この凄まじい年を生きている。幻想の世界が終り2013より今現在考えの及ばない 世界に入ると云われている。*私達の力がどれ程強いか、自己主権を持った者であり自由であるそれが現実です。意識が自由になって初めてそれが外に現れると。本当の自分を思い出す時が来た(ジョージ・カヴァシラス)