「横田基地から米軍の貨物機が平壌に飛んでいる」「米国の提供した資材で基地をつくり、ミサイルを開発*米国1%の日本におけるテロ・謀略は、北朝鮮人脈が担っています。 」

richardkoshimizu's blog より【転載】
11・14一
2016/05/30
「横田基地から米軍の貨物機が平壌に飛んでいる」「米国の提供した資材で基地をつくり、ミサイルを開発」

2016/5/30 12:55
池田整治さんの「この国を操り奪う者たち」の131ページより。
さて、横田基地から米軍の貨物機が平壌に飛んでいることもわかっています。日本と北朝鮮は外交関係がありません。ノドン以降、経済制裁さえ日本は行っています。にもかかわらず、日本に許可もなく米軍機が平壌に飛ぶことは、明白に、日本の主権を侵す行為です。さすがに外務省の担当が米軍に「問い合わせる」と、「それ以上の詮索は日米関係を損なう」との一言でした。以降、問い合わせもできません。
日米安全保証条約の地位協定による、「米国は部隊を自己の欲する時期と場所に自由に展開できる」ことが認められている、という規定の範疇と解釈されているのでしょうか。
要は、米国の提供した資材で基地をつくり、ミサイルを開発し、日本に向けて飛ばす;。何もできない日本は、米国に依頼して、高い「ミカジメ料」を払う。その米軍基地支援金は、今や年7000億円となっています。
以下略
FACT05で私が池田先生に質問したのは、この事でした。ご本人の口からはっきり聞けたのが良かったです。
「我々の『不正選挙裁判動画』を見て下さい」と伝え忘れたのが心残りです。
電撃

RK言説の「北朝鮮のテポドンは、イスラエル人が飛ばしている」は、ほぼ正解だったようです。
米国のユダヤ人は、イスラエルとの二重国籍者が多いので、米国人でもイスラエル人でもあるわけですから。
いずれにせよ「北朝鮮の脅威」の背後に米国1%=ユダヤ金融悪魔がいたというシンプルな結論なのです。
横田基地が、極東の緊張を作り出すハブ空港になっている。覚醒剤も横田経由で入り放題でしょう。それ以外の新規参入者が摘発されているだけのこと。極東の対立を米国ユダヤ自身が作り出している。
そもそも、米軍基地など不要なのです。米軍基地が、意図的に北朝鮮の脅威を作り出しているのですから。米軍が日本から出ていけば、誰も、北朝鮮に核開発やミサイル開発をやらせません。覚醒剤も日本に入りません。
その北朝鮮人脈が、日本の政権与党をカルトを介して支配している。このマイノリティー支配構造の頂点にいるのが、安倍晋三です。
何とも馬鹿馬鹿しい嘘まみれの世界に我々は生きています。

2016/05/30
米国1%の日本におけるテロ・謀略は、北朝鮮人脈が担っています。

米国1%の日本におけるテロ・謀略は、北朝鮮人脈が担っています。
「オウムの背後に北朝鮮。そのまた背後にCIA」なんです。
北朝鮮人脈は、創価カルト、統一カルト、ヤクザ業界、似非右翼業界を支配しています。
米国1%が失権すれば、北朝鮮人脈の日本からの略奪、支配構造も崩壊します。
だから、とにかく必死になって、真相究明者を攻撃します。様々な方面から、様々な手口を使って。


2016/5/30 09:40
記事の中で見られなくなっているものがありますが、こちらでどうぞ。
http://richardkoshimizu.hateblo.jp/entry/20150811/1439238712
(統一・創価の在日たちは、北朝鮮とつるんで、オウムで何をしようとしたのか? )
http://richardkoshimizu.hateblo.jp/entry/20150804/1438698308
(ロックフェラーと金正日の韓国併合・朝鮮半島共産化共同大作戦)
http://richardkoshimizu.hateblo.jp/entry/20150805/1438711957
(統一教会・創価学会さん、オウム事件の本番の決行日は決まりましたか?)
http://richardkoshimizu.hateblo.jp/entry/20150805/1438706757
(ウォール街のユダヤ大王様、あなたがこれからでっち上げる極東有事の後は、勝共安部晋三首班の軍事独裁ユダヤ傀儡政権樹立で、反動分子狩りですね)
peco

Tag:-  comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
生きる力 ゲンマイ
見出し
2016年1月1日 新年を迎え、日本に生まれた幸せをかみしめ、日本人で有る事の誇りを持ち、 生きる喜びを持ち続けたいと願いました。
カレンダー

カテゴリ
新鮮な野菜と果物・ゲンマイそしてPCの山暮らしです
2011・2012この凄まじい年を生きている。幻想の世界が終り2013より今現在考えの及ばない 世界に入ると云われている。*私達の力がどれ程強いか、自己主権を持った者であり自由であるそれが現実です。意識が自由になって初めてそれが外に現れると。本当の自分を思い出す時が来た(ジョージ・カヴァシラス)