フルフォードレポート英語版(6/14)

嗚呼、悲しいではないか!より【転載】
2016-06-15
フルフォードレポート英語版(6/14)

米国と国連の権力は委譲か、あるいは誰でも手に入る敵対的買収になる。

特別更新:ロスチャイルドは最終的に連絡を取ってきた。
これはロスチャイルドがアジアの白龍会メンバーに対して状況について話さなければならないことである。
「今は0440時刻である。私は終に彼らに連絡と取った。確かに奇妙な時間である。私はナットの個人秘書と話した。私は電話は回されたと確信している。これが彼女が言ったことである「私はあなたとあなたの東京での接触者が望んでいることに気付いている。我々は同意しており、これがが行われるようファミリの他のメンバーと作業を進めている。我々はまた、今起こっていることに気付いている。金のゆりも買い取る準備が出来ている。3つのうちの最初は今、準備が出来ている。そうしようと思っているグループはしない。それは新計画切り替え時に統合される。各新地区は新通貨に対して自身の準備額をもつことになる。各地区は各種商品で裏打ちされたアジア通貨のバスケットの一部になる。我々はあなたに達する方法を知っているので、我々の代表をあなたに会うために派遣する。その後、あなたと東京のあなたの接触者はナットと直接会うことが出来るだろう、あなたが望むなら。どうか準備してください。

私は彼女の名前を知っている。少なくと一つは私にくれた。彼女の話し方から判断して、彼女は英国人のようであった。

あなたがこの情報で何をなすべきかは私には分からない。その一部を公開するかもしれない、そして今は控えて、実際はxxxと名付けておくことを維持します。
あなたの番号は検出しており、彼らは明らかに、会話と同様にあなたが週報で言っていることに明確に気付いている。
だから言い換えると、ロスチャイルドは最終的には貧困を終わらせ、環境破壊を止め、人類の宇宙への指数関数的飛躍を引き金にする大規模キャンペーンを支持することに合意するはずである。これは地球にとって実際朗報である。我々はどの更なる発展に投稿する読者を維持するだろう。

旧報告はここから始まる

続きを読む moreをクリック
  ↓
新金融システムの交渉は、旧システムの支配者が隠れてしまったか、あるいは隠れる準備をしているので保留となっています。このことは、これを書いている時点では新金融システムへの平和的移行か旧システムの敵対的買収になるのか不明であることを意味している。

現在の把握交渉に関するこれらに対する背景は、西側金融システムの崩壊が社会的経済的的安定に影響を与え始めているので、アメリアカ合衆国、中東と欧州においてますます混乱状況である。

合衆国の状況は企業メディア内ですら見えるようになっている激しい権力闘争を伴っており特に重要である。これはニューヨークタイムスやワシントンポストのようなハザール支配のメディアがウォールストリートジャーナルやABC TVあるいは全国マクラッティ新聞チェーンのようなメディアより非常に異なる現実を放送していることで、見ることができる。例えば、前者はヒラリークリントンが今公式の民主党大統領候補であると報道しており、後者はクリントン財団等への犯罪調査に集中していると報道している。しかし、権力構造における分かれの明らかの兆候はホワイトハウスそのものから来ている。そこで「演技社長」バラク・オバマは、単に一時間後にホワイトハウスの報道官を出させてクリントンは犯罪調査下にあると言わせる為に、公式にヒラリークリントンを承認した。
https://www.washingtonpost.com/news/the-fix/wp/2016/06/06/make-no-mistake-hillary-clinton-will-clinch-the-democratic-nomination-on-tuesday/
http://www.foxnews.com/politics/2016/06/10/white-house-confirms-criminal-probe-over-clinton-emails-shreds-campaign-claim.html
https://www.youtube.com/watch?v=sVmuGQE5vyo

5月2日のアメリカ合衆国株式会社の破産はますます明白な方法で感じられる。例えば、家族を養うのに食糧援助に頼っている50百万人近くのアメリカ人の多くは今月、サイバー攻撃か金の窃盗の企みのどちらかのカードの不具合を経験している。別な例としては、警察が車を停止させてハイテク機器を使って彼らのクレディットカードから現金を盗むと言うものもある。激しいサーバー戦争の明らかな兆候として全米の携帯電話網やGPSシステムにおいて不具合の報告もある。

50人の人々が殺された疑いのあるフロリダ州オーランドの偽旗攻撃は漏洩を止める事も、米国のハザールマフィア支配を終了させるための目下運動をそらすことはないだろうと、国防総省当局者は言う。オーランドの事件はまた、米国内で、単にISIS過激イスラム殺人者と述べている多くの企業メディアとインターネットニュース、機関当局者と他の目覚めている人々とは即座に、また他のハザールマフィアの心理戦偽旗攻撃と認識している人々の間で分かれていることを示している。

国防総省とその機関はすでに、この攻撃に背後にいるハザールマフィアの本当の犯人を知っており、イスラエルとスイスの世界ハザールマフィア本部に繋がる経路を知っている。

この偽旗攻撃はドイツのドレスデンに集まったビルダーバーグ集会でのハザールマフィアのボス達の会談のあと直ちに起こった。公式の出席者のリストではないが、ロスチャイルド家情報源はナザニエル・ロスチャイルドは彼の叔父とハザールマフィアのトップボスのジェイコブ・ナザニエル・ロスチャイルドに代わってその会議を主宰した。この会議に関する公式の新聞発表はここで見ることができる。
http://www.bilderbergmeetings.org/press-release.html
我々の情報からこれに加えられる唯一のことは、彼らは環境破壊と貧困をとめるために融資が必要な時に売られる世界税を議論した。彼らはまた、以前にこのニュースレターで述べたように、割引10%は将来計画機関の設立に、また他の3%は手数料の条件で中国が提供した20,000トンの13%格安の金塊についても議論をした。

ロスチャイルドはいずれにしろ今明らかに、うろたえている。CIA情報源は誰もロスチャイルド家の公式も公の電話番号を応えられないと言っている。彼らに接触できる唯一の数字はスイスのツークの彼らファミリーの複合体の物であり、これを書いている時でも、誰もその番号すら答えられない。以下は、ツークのロスチャイルドファミリ複合体の写真である。

ツーク
t02200139_0300019013673074098.jpg
何か普通ではないことが起こりそうであり、おそらくロスチャイルド家に関連したものであろう。ロシアトゥディによれば

英国軍はロイヤルミント(英国の金塊が貯蔵されている場所)の防衛の仕事から外されており、民間警備会社G4Sに置き換えられた。これはロンドンオリンピックの安全保障をしくじったスキャンダルに苦しめられている会社である。それはオーランドの射手がかって働いていた場所でもある。

英国、日本ほかでロスチャシルド事務所を閉鎖していることを考えると、彼らが英国の金準備と共にスイスへ逃亡していると言うのは良い推測である。もしそうだとすれば、ワーテルローの戦い以降インサイダー取引から財産を築いた以降初めて、ロスチャイルド家がもはやイングランド銀行を支配していないことを意味している。

これは6月23日に行われる国民投票で欧州連合からの離脱を望む世論調査で二桁のリードと関連があると思われる。もし英国がEUを去ると、1066年以来最初の真の独立国に再びなる。起こることが教えてくれる。

我々は、ドイツ第二帝国情報源から、大事に世界大戦終了直前直後にドイツを去って各所の植民地へ出て行ったドイツ人が祖国の復元をするためにすぐに戻ってくると聞いている。彼らはまた、これまでに隠されてきたドイツの技術もまた明かされようとしている。国防総省情報源は、米軍は、ブッシュ徒党の麻薬取引を閉鎖して彼欄資金を遮断するために、ドイツのラムステイン空軍基地から引き上げている。

いずれにしろ、目下のところ、欧州金融システム全体は蛇行し、崩壊しそうである。BISの最近の報告は国際銀行は直近四半期で276億ドルを欧州への融資を減少させたと言っている。
https://www.bis.org/publ/qtrpdf/r_qt1606.pdf
既に破産したシステムはそのような巨大な金の減少を生き抜くことは難しい。おそらく、それが究極のハザールインサーダー・ジョージソロスは欧米の金融混乱に対するヘッジとして金と金鉱山株式に行くと発表した理由です。

トルコの深刻な乱れもあるます。トルコの情報源は、国中で暴動があり、武装警官と軍隊の間では戦闘さえも起こっている。国防総省情報源は、トルコのインサーリク基地からの米軍の撤退はまたハザールマフィアのブッシュナチ派への麻薬マネーの供給を遮断を支援した。トルコニュースはトルコ政府がその基地を使い始めることをドイツ空軍に認めて欲しいと言うドイツの要求を拒否していると報道することで、この情報源を部分的に支援している。何故、突然ドイツはトルコの基地へ航空機を送りたいと思ったのか?
http://www.dailysabah.com/politics/2016/06/13/ankara-dismisses-claims-germany-will-use-incirlik-air-base
悪魔崇拝ハザール人とイスラエル首相ベンジャミン・ネタニヤフは先週ロシアへ行き、保護とシリアと地ビアに対する吸収の再開の許可を求めたと、国防総省は言う。その代わりに、ネタニヤフはイスラエルはゴラン高原を返却し、保護が欲しいならそのガス田をロシアのガスプロムに返却する必要があると言われた。ロシアはまた彼らに、ヒズボラ、シリアとイランの武装を続けると伝えた。

サウジアラビア政府もまた、イエメンの子供虐殺に関する制裁から自らを逃れるために国連に対して金融恐喝を使ったことが暴露されて、深刻な攻撃を受けている。いずれにしてもサウジアラビアは、金がなく、そこで働く9百万人の外国人から資金を搾取しようとしている。

一方アジアでは、中国で習近平が上海派と共産主義青年団を攻撃しおり、深刻な権力闘争が続いている。この内紛は7月に北戴河で行われる夏季会議である種の最高潮に達するものと思われる。

一方、日本と韓国では地下組織トップの人間が白龍会と接触して、ロスチャイルドが権力を失うことで、彼らに何が起こるのかを聞いてきている。長年の同盟者ブッシュ・ナチ・ハザール派と現在の安倍政権の支援者である韓国統一教会の代表は地下組織はまもなく日本と韓国で合法化されるマリファナの支配によって自身の資金調達が出来ると示唆した。マリファナは北朝鮮では、アンフェタミンと並んで売られており、違法ではありませんでした。この代表はまた、彼らはハザールマフィアのブッシュ派へのアンフェタミンの供給を止めたと言っている。彼はまた、北朝鮮の独裁者金正雲は新政権下でどんな役割を持つのかと聞いた。

関東拠点の上級ヤクザビジネスシンジケートの幹部は彼のグループはロスチャイルドから受けていたのと同額またはそれ以上を新政権から受けられると期待していると述べた。彼はこれは映画融資と不動産ローンの形で行われると期待している。

どちらも、合法になり得るヤクザビジネスの多くは合法になるであろうし、彼らが地下で動くよりも新政権下での合法ビジネスとしてより稼ぐことになるであろう。
-------------------------------------------
早くクリントンを逮捕、起訴してください。世界平和の危機です。アメリカ人よ、もっとまじめにやれ。それにしても日本のメディアは相変わらずいい加減である。クリントンの調査報道をしていない。アメリカでは一部のマスメディが報道しているのに。なんとも悲しいことである。どこが先頭を切るか!そこはまれに見る飛躍をすると思うが、、、命が欲しいか。。。
困った問題である。
しかし、今やネット社会。心あるものは真実を知っている。知らないのは寝そべって、何かを食べながらTVを見ている、日米のおばさん達。

Tag:-  comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
生きる力 ゲンマイ
見出し
2016年1月1日 新年を迎え、日本に生まれた幸せをかみしめ、日本人で有る事の誇りを持ち、 生きる喜びを持ち続けたいと願いました。
カレンダー

カテゴリ
新鮮な野菜と果物・ゲンマイそしてPCの山暮らしです
2011・2012この凄まじい年を生きている。幻想の世界が終り2013より今現在考えの及ばない 世界に入ると云われている。*私達の力がどれ程強いか、自己主権を持った者であり自由であるそれが現実です。意識が自由になって初めてそれが外に現れると。本当の自分を思い出す時が来た(ジョージ・カヴァシラス)