・自分が出会うことは一つ残らずすべて、自分が創り上げたもの

zeraniumの『真実の情報』掲示板 より【転載】
2016年6月16日 (木)
・自分が出会うことは一つ残らずすべて、自分が創り上げたもの

 あなたの住んでいる場所が、(高圧電線の鉄塔が近くにあったりして)非常に電荷の高い電磁波領域である場合、自分の波動を維持するのにかなりの努力が必要になります。そういう場合は、「波動が良い」と感じられる場所に住まいを移す必要が出てきます。「波動が良い」そうした場所というのは、ほとんど例外なく、豊かな自然があって、自然が大事にされているところです。
.
   もちろん、あなたはどのようなことでも選択することができます。

   ですが住まいを移す前に、それが本当に自分のためになるのかどうか、よく考える必要があります。というのは時には移動するよりも、今の自分の考え方を変えたり、自分の習慣を変えることのほうが、より簡単で賢明な解決策だという場合が多いからです。

   実際に多くの人たちが、他人の否定的感情の波動によって巻き起こされる、混乱した想念の嵐に巻き込まれ、それに抵抗したり無理やりそこを通り抜けようとして、かえって自分自身をエネルギー的に痛めつけてしまうのです。波動の世界では、「すべての思考」はエネルギー形態を持ち、その思考が「感情」を生み出し、エーテル領域、つまり物事を生み出す領域へと駆り立てる燃料になるのです。

.   「思考」は類似性によって集まり、「塊(かたまり)」である集合体になります。

   つまり、類は友を呼ぶのです。あなたの「すべての思考」は、「自分の望むことを実行せよ」と自らの肉体の細胞たちに下したあなたの指令であり、ときにあなたの無意識下にある思考は、往々にして身体を痛めつける有害なもの(病気など)として現われることになります。

.   車に乗っていて渋滞に入り込んだ時などに、他のドライバーが発している強烈で不愉快な波動を感じたことがあるでしょうか。たいていの人は車を運転しながら、車の中で自分は1人でいる思っていますが、実はそうではないのです。運転という行為は、テレビを見ている時と同じく、非常にトランス(変性無意識)状態になりやすい状態にあるので、容易に意識が変性するきっかけになります。

.   そうした疑似催眠状態にある意識が生み出した思考や感情は、無意識のうちに車外の公道に撒き散らされてしまうだけでなく、あなたも他人の撒いたもの拾ってしまうことになります。ですからあなたは、無意識状態にならないように注意を集中し、自分が何を考えているのか、しっかり自覚している必要があります。
.
自分の意識はどのような集合意識に寄与しているか?

続きを読む moreをクリック
  ↓
   ところであなたは、「喜びに満ちた集合意識」に寄与しているでしょうか?

   それとも「絶望ばかりの暗い集合意識」に寄与しているのでしょうか? 自分の望みが明確で、自分の望む人生を創り出せるとわかっているときには、あなたは進歩を促す愛情深い思いを発信し、自分の意思によって周囲のエネルギーを調整することができます。

.   これは公道であれ脇道であれ、あなたのいるところでいつでも実行が可能です。

   思考する能力に限界はありません。自分が出会う環境との調和をいつも心がけていれば、それだけ大きな効果を得ることができ、自分が暮らす世界を変えていくことができます。

.   考えること、感じること、行動すること、願うこと、そして存在することを通して、あなたは「絶えず」波動を創り出し、発信しています。あなたの波動は人類の活動領域にどのような貢献をしているでしょうか。あなたよりパワフルに見える人というのは、ただ単に人より強烈な意図を持って自分の波動を集中させているだけかもしれません。エネルギー場というのは、エネルギーの濃淡があるわけではなく、すべてのエネルギー場はムラがなく、浸透性を備えています。

.   宇宙は「宇宙知性」で満ちています。

   「宇宙知性」は私利私欲がないという意味では中立であり、宇宙のもっとも大きな全体を「単独で」監督するものは存在しません。宇宙意識とは集合的体験のことであって、宇宙に存在するあらゆる「意識形態」が伝えてよこす体験の微妙なニュアンスを絶えず取り込みながら、絶えず変化と成長を続けています。あなたもまた思考することでエネルギーの波動を生み出し、新たな世界を創造するために意志力を駆使しています。それは自由という名のゲームでもあります。
  
自分が出会うことは一つ残らずすべて、自分が創り上げたもの.

   あなたの「意図」があなたの「体験」を創りだし、「体験」に対するあなたの「反応」が「結果」を決定します。もしあなたが嘘やごまかしの人生を選び、自分の道を広げるのに闇のエネルギーを使うのであれば、あなたはそうした行為の結果を体験することになります。あなたが何をしようとも、また自分が創り出したものの責任を取らなかったとしても、あなたが出会うことは一つ残らず、あなたが自分で創り上げたものなのです。

   「波動」は油断のならないもので、ごまかすことができません。

   そのことを肝に銘じておく必要があります。すべてのものに、まず「波動ありき」なのです。嘘偽りのない真のエネルギー波動を帯びるためには、あなたと感情との間に連動があるはずです。善人を装った裏表のある人間に対して波長を合わせてみることで、その人の真意や本心を読み取ることができます。

   感覚で波動が読み取れるようになると、嘘や捏造などのエネルギーへの対処も、もはや何の問題でもなくなります。優秀な波動の読み手というのは、自分に対しても他人に対しても非常に誠実です。なぜなら、それに習熟するには、正直で誠実であることが不可欠なことだからです。

   あなたが高潔であればあるほど、たくさんの智慧への扉が開かれ、宇宙万物の真実が余すところなく明らかにされます。そのために養成コースなど受講する必要はありません。これはすべて、あなた自身の自覚と分別の問題なのです。そのために確実な道をとるか、低俗な道を行くか、中道かというような選択の機会は、あなたの人生のいかなる瞬間にも与えられています。

   あなたが誠実であれば、あなたの生み出す波動は「私には誠意があります。私は確実に信頼に値する人間です」と語っています。すべてはあなた次第なのです。あなたが自分の人生の創造者として積極的に主導権を握り、責任を認めていくのであれば、あなたが受け入れることのできる真実の規模もそれだけ拡大します。主導権をとり責任を引き受けることによって、本来備わっている内なる力を自分のものにする扉が開かれるのです。.

「彼ら」が準備した「無力感と恐怖に満ちた集合意識」を生きるのをやめる

.   あなたが生きている時代は、邪悪で脅迫的な数知れない陰謀を暴こうとする「多くの勇者たち」の、気高く果敢な努力によって特徴づけられています。この挑戦は、「権限や影響力を持った一握りの人間たちによる、世界支配を目的とした統制の存在」を明らかにしようとするものです。

.   より広い視点から見ると、地球上に暮らすすべての人々がこの大いなる意識のゲームに参加しています。あなたも、変化を生み出す原動力を創り出すために、今ここに存在しています。それは新しい真実に目覚め、明らかになりつつある宇宙意識の啓示を確信するためです。

   自分が無力であると信じ込まされ、個人的な恐れを刷り込まれた集合意識を生きるのをやめ、自分が自分の波動の創造者であることを受け入れたとき、エネルギーの持つ無限の潜在力を、あなたは自分の好きなやり方で利用できるようになります。今あなたが、ここにこうしていることには目的があります。あなたが探求することにしたあらゆることが、あなたの今回の転生における自己達成の目的や願望を実現するために、きわめて重要なことばかりなのです。

   あなたには、人生を愛し大切にするという究極の責任があります。

   しかしより好ましい現実を実際に構想できるようになるためには、まず自分がどういう存在であるのかについてもう少し学ぶ必要があります。自分自身を知ることは必ずしも簡単なことではありません。それは清廉潔白でいることを決心するのと同じで、自発的に決めなければならない選択なのです。

.   今一度繰り返しますが、あなたは自分の人生に対する責任を受け入れ、「被害者的な態度を放棄して、習慣的な思考をやめ」、「無力であることに甘んじる決まりきった思考のもつれ」をほぐしていかねばなりません。あなたは自分がどういう存在であるかをより深く理解し、自分の人生が意義ある目的を持った、重要な意識の表れであることを進んで認めなければなりません。そうすれば、それだけ多くのことが明らかになってきます。

   一日の気分や調子を決めるときには、自分の創造エネルギーを使ってください。

   あなたが心に描いたイメージで満たされたエネルギーの振動波が、あなたの心から広く伝播されているのを想像してください。あなたはみずから進んで真実を探求し、追究し、自問し、論じ、討議し、傾聴し、注目し、学んでいかなければなりません。そして自分自身はもとより、あなたの周りに展開されるあらゆるものを、新しい光のもとで見ていく必要があります。
.
book「アセンションの時代」 バーバラ・マーシニアック著  風雲舎
                        抜粋

Tag:zeraniumのブログ  comment:1 

Comment

 |承認待ちコメント
# 2016.06.20 Mon11:04
このコメントは管理者の承認待ちです
comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
生きる力 ゲンマイ
見出し
2016年1月1日 新年を迎え、日本に生まれた幸せをかみしめ、日本人で有る事の誇りを持ち、 生きる喜びを持ち続けたいと願いました。
カレンダー

カテゴリ
新鮮な野菜と果物・ゲンマイそしてPCの山暮らしです
2011・2012この凄まじい年を生きている。幻想の世界が終り2013より今現在考えの及ばない 世界に入ると云われている。*私達の力がどれ程強いか、自己主権を持った者であり自由であるそれが現実です。意識が自由になって初めてそれが外に現れると。本当の自分を思い出す時が来た(ジョージ・カヴァシラス)