【沖縄選挙区】自公欠席の県民大会 争点隠しは通用せず

田中龍作ジャーナル より【転載】
12・7文7
2016年6月19日
【沖縄選挙区】自公欠席の県民大会 争点隠しは通用せず
5b64e3ef96d15cc916ecba1f274cd657.jpg
死体遺棄現場の傍らを車両が行き交っていた。=18日、恩納村 写真:筆者=

 数えきれないほどの花束が供えられていたのは、道路のすぐ脇だった。犯人がいとも簡単に死体を捨てたことが窺える。
 「せめて冥土へは安らかに」と誰かが祈ったのだろう。卒塔婆も立っていた。
 元米海兵隊員による女性殺人事件を受けて、沖縄県民大会がきょう、那覇市で開かれた。(主催:オール沖縄会議)
 前回の県民大会(1995年)は米兵による少女暴行事件に抗議して開かれた。あれから21年が経ったが、掛け声ばかりで何一つ改善されていないことに沖縄県民の怒りは沸騰する。
 改めて日本がアメリカの属国であることを、屈辱的なまでに思い知らされる。
 前回は8万5千人が参加したが、今回は6万5千人(主催者発表)。減ったのは自公が欠席したためだ。
 大会決議文の一節にある「海兵隊の撤退」に自民党が同意できなかった。公明党は自民党に配慮した ―というのが表向きの理由だ。
  参院選を来月10日に控え基地問題を争点にしたくなかった。これが自民党のホンネである。
7a79c94063fdfa5dff8ff564ebf39658.jpg
参加者は翁長知事の到着を拍手で迎えた。=19日、那覇市・奥武山陸上競技場 撮影:筆者=

 事件の追悼大会であることから登壇者は選挙に影響を与えるような政治的な発言を極力控えていたが、呉屋守將・オール沖縄共同代表は違った。
 「一部のウチナーンチュ(沖縄県人)がつまらん理由でこの大会に参加していない現実がある。いかなる理由があろうと我々は県民の気持ちに寄り添わなければならない」。呉屋共同代表は言葉を極めて自公を批判した。
 共同代表の玉城愛さん(名桜大学4年生)は喪服で大会に臨んだ。登壇前、田中に次のように話した―
 「自分も被害女性と同じうるま市に住む。自分の生活圏内で事件が起きた。身の毛もよだつ。軍隊の本性が明らかになった事件だった。沖縄県民一人ひとりの思いが確実に(選挙の)票と結び付く」。
 今回の事件が明らかになった時、有力閣僚の一人が「タイミングが悪すぎる」と漏らしたとマスコミが伝えている。思わず本音が出たのだろう。
 安倍政権得意の争点ずらしも沖縄では通用しない。米軍がらみの事件事故は後を絶たないのだから。我が物顔でのし歩く米兵の脅威に絶えず さらされて いるのだから。
 事件現場となった うるま市 で育った照屋寛徳・衆院議員(沖縄2区)がいみじくも語った。「沖縄の怒れる民意は選挙に反映されるだろう」と。
cb1dc436f769b87a8c3f83bfcc3ca22d.jpg
玉城愛さん(名桜大学4年生)は「安倍総理、第2の加害者はあなた達です」と訴えた。会場は6万5千人の参加者で埋まった。=19日、那覇市・奥武山陸上競技場 撮影:筆者=
  ~終わり~

Tag:-  comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
生きる力 ゲンマイ
見出し
2016年1月1日 新年を迎え、日本に生まれた幸せをかみしめ、日本人で有る事の誇りを持ち、 生きる喜びを持ち続けたいと願いました。
カレンダー

カテゴリ
新鮮な野菜と果物・ゲンマイそしてPCの山暮らしです
2011・2012この凄まじい年を生きている。幻想の世界が終り2013より今現在考えの及ばない 世界に入ると云われている。*私達の力がどれ程強いか、自己主権を持った者であり自由であるそれが現実です。意識が自由になって初めてそれが外に現れると。本当の自分を思い出す時が来た(ジョージ・カヴァシラス)