GCR,RVを影で阻止しているバラク・オバマ

GFLサービ ス  たきさんのホームページ より【転載】
07月01日(金)
GCR,RVを影で阻止しているバラク・オバマ

GCR、 RVを影で阻止している者 2016年6月30日
http://inteldinarchronicles.blogspot.jp/2016/06/the-hidden-person-in-gcr-rv-of-foreign.html
The Hidden Person in the GCR, "RV" of Foreign Currencies
ERASMUS OF AMERICA, JUNE 23, 2016

昨晩私は世間との非常に多くのつながりを持つ人 物、Mr. Gと歴史を作り上げている多くのイベントの底流について話をした。彼は保留されている世界の通貨改革(GCR)やRV(イラクディナール、ベ トナムドンのような米国が意図的に価値を下げた通貨の価値回復)についての見解を示してくれた。

イラクが話の始めである。戦争と、ホワイトハウスとの国際取り決めによって通貨価値を低下させられたイラクについて、世界市場でほかの国々と対等な交易相手として再び認められるようになれるように、イラクディナールを国際的な健全な価値を持つ通貨にする枠組みが作られた。

経済活況を呈するのか、ワシントンD.C.に再び騙されるのかは別として、イラクの運命を左右するプレイヤーの内の一人はバラク・オバマである。バラク・オバマはイラクの運命を左右でき、世界の歴史の支配に必要な大きいカードを動かせる立場にある。

Mr. Gが主張するには、イラクはこれまでに140回もディナールの価値回復(RV)を行おうとしたが、いつもワシントンD.C.に阻止された。これはつまり、イラクを国際貿易の場に復帰させるかどうか、バラク・オバマが舞台裏で操作を行っている、という意味である。

世界の通貨界でのもう一人のプレーヤーは中国である。中国はウエルズ・ファーゴ(WF)の支配権を買い取り、WF銀行は、時が来たら、世界の新通貨システムにおける外貨交換の支配権を得るといわれている。WFは他の銀行とともに外貨交換率を設定するだろう。

WFを所有する中国は、もしもバラク・オバマが 国際通貨の改革を阻止し続ければ、他の諸国の全ての市民にGCRの後の公正な価値で外貨交換を行う権利を行使させたいと思っているが、これはバラク・オバ マがホワイトハウスからの不正直な戦略によって世界経済を混乱させていることについての米国市民に対する罰ということになる。

GCRは世界の諸国の資産の通貨への変換を可能 にし、世界に十分な通貨を供給することによって世界経済をうまく動かす新たな機会を与えるものである。バラク・オバマは自分の前線としてワシントンのエー ジェンシーと、ワシントンD.C.が制御している国際機関を利用しているので、見かけ上は彼がGCRを阻止し、イラクの地球と世界経済における対等な国家 としての国際的立場の完全回復に関係する国連を含む全ての条約と協定に違反しているものではないように見える。

これが国家経済を立て直すのを助けるGCRを必 要としている多くの国を怒らせ、ワシントンD.C.とバラク・オバマに対する猛攻撃を行わせ、世界中の国家経済を損傷にいたらせたバラク・オバマの行動へ の報復のために一致して国際貿易のために米ドルを安売りし、米国経済を崩壊させる用意をさせることになった。

もしもイラクが世界市場で対等なパートナーとし て自由な貿易を許されたとしたら、圧力、あるいはそうではないとしたら良心(?)がバラク・オバマにGCRを阻止させないだろう。議会は法的な合理性につ いては冗談のような存在だが、議会を法的合理性の上に立たせ、アメリカ人と国としてのアメリカのために正しいことをする責任を取りたがらない、責任転嫁者 にも法的な整合性が必要になる時は迫っている。

新レートでの交換を始めるというゴーサインが出 た時には、外貨交換の公正なレートが米国人にも許される。これはすなわち、米国で新しい工場を設立し、数百万人のための職場を作り出し、米国経済に活気を 与えるための大きい投資をする資金が得られるということである。米国経済が活性化すれば、外国にとって米国をよりよい国にするのを助け米国への物資輸出が 増加し、その国の経済も潤うことになる。

米国憲法では、死を恐れ責任を取りたがらない米 国議会はGCR問題に関してバラク・オバマを調査し、告発し、米国の国家経済に対する反逆行為をしていたとしたら、大統領の座を奪う法的な権限を持ってい るのだ。彼は高度に過激な環境の中で育ち、普通のアメリカ人のようには考えない。大統領としてロナルド・レーガンは、”政府に制約が課せられれば、人々は 自由ではない、”と言った。

バラク・オバマはイラクなどが国際法の下で彼らに必要なことを実行しているときに、なぜこのGCRを阻止しているのだろうか?

GCRによって私たちが外貨の大量交換を行った ら、米国経済は活性化するのだ!この厳しい景気後退(数値は実際よりもよく見せかけられているが、実際は景気後退なのだ)を終わらせよう。バラク・オバマ が行っていること、行おうとしていることを理解しよう。バラク・オバマに、米国経済の活性化の可能性にブレーキをかけさせないようにしよう。

Tag:新・ほんとうがいちばん   comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
生きる力 ゲンマイ
見出し
2016年1月1日 新年を迎え、日本に生まれた幸せをかみしめ、日本人で有る事の誇りを持ち、 生きる喜びを持ち続けたいと願いました。
カレンダー

カテゴリ
新鮮な野菜と果物・ゲンマイそしてPCの山暮らしです
2011・2012この凄まじい年を生きている。幻想の世界が終り2013より今現在考えの及ばない 世界に入ると云われている。*私達の力がどれ程強いか、自己主権を持った者であり自由であるそれが現実です。意識が自由になって初めてそれが外に現れると。本当の自分を思い出す時が来た(ジョージ・カヴァシラス)