【参議院選挙】投票用紙8万3,760枚が無くなり、市職員が誤って焼却処分した可能性。市内の有権者は6万人余り、対応は予備の投票用紙で―大阪 泉大津

新・ほんとうがいちばん より【転載】
2016/07/10
【参議院選挙】投票用紙8万3,760枚が無くなり、市職員が誤って焼却処分した可能性。市内の有権者は6万人余り、対応は予備の投票用紙で―大阪 泉大津
NHK.png
7月9日 21時22分|NHKより

投票用紙8万枚余を誤って焼却処分か 大阪 泉大津
大阪・泉大津市の市役所で、10日の参議院選挙で使う投票用紙8万枚余りがなくなり、市の職員が誤って焼却処分した可能性のあることが分かりました。市の選挙管理委員会は大阪府などから予備の投票用紙をもらって対応し、選挙に影響はないとしています。
泉大津市の選挙管理委員会によりますと、10日の参議院選挙で使う選挙区と比例代表の投票用紙合わせて8万3760枚を、市役所の鍵のかかった部屋で保管していました。ところが、9日午前7時半ごろ職員が持ち出そうとした際、投票用紙がなくなっているのに気付きました。
部屋を管理している職員は「保存期間が過ぎた文書を今月1日に処分した際、誤って投票用紙が入った段ボール箱も焼却処分したかもしれない」と話しているということです。

選挙管理委員会によりますと、市内の有権者は6万人余りで、なくなったのは、そのおよそ3分の2が使う投票用紙に当たりますが、10日は大阪府や周辺の市町村から予備の投票用紙をもらって対応し、選挙に影響はないとしています。
泉大津市の吉田利通総務部長は「関係者にご迷惑をおかけし、深く反省している。職員には改めて注意を促し、再発防止に努めたい」と話しています。
(転載終了)

Tag:新・ほんとうがいちばん   comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
生きる力 ゲンマイ
見出し
2016年1月1日 新年を迎え、日本に生まれた幸せをかみしめ、日本人で有る事の誇りを持ち、 生きる喜びを持ち続けたいと願いました。
カレンダー

カテゴリ
新鮮な野菜と果物・ゲンマイそしてPCの山暮らしです
2011・2012この凄まじい年を生きている。幻想の世界が終り2013より今現在考えの及ばない 世界に入ると云われている。*私達の力がどれ程強いか、自己主権を持った者であり自由であるそれが現実です。意識が自由になって初めてそれが外に現れると。本当の自分を思い出す時が来た(ジョージ・カヴァシラス)