コレステロールが病気の原因ではありません!!

日本や世界や世界の動向 より【転載】
2016年07月26日
コレステロールが病気の原因ではありません!!

コレステロール値が高い方で医師に処方されている薬がスタチン(Statins)の場合は、要注意だと思います。
なぜなら、これまでの医学では、コレステロールが心臓病や循環器疾患の原因とされてきましたが、実際はそうではないことが分かったからです。もちろん、血管内に大量のコレステロールがあるということは血管壁が炎症していることを意味しますから、大量のコレステロールを発生させないような食生活が必要かと思います。
それには、揚げ物や加工食品を頻繁に食べないようにすることだそうです。また、スタチンを飲み続けるとコレステロール値を下げないばかりか、数々の副作用で苦しむことになります。
病気の予防には薬ではなく食生活から始めましょう!!
日本人は揚げ物が好きですから、食べ過ぎないようにしましょう!!
http://beforeitsnews.com/health/2016/07/research-statins-increase-cancer-and-memory-loss-risk-video-2651118.html
(概要) 7月25日付け
スタチンズはガンや記憶喪失のリスクを増加します。
アメリカ人の死亡原因で最も多い病気の一つが心臓病です。毎年61万人以上のアメリカ人が心臓病で亡くなっています。。
心臓病などの循環器疾患の主な原因は高コレステロール値であるともいわれています。
そのため多くの人々が心臓病の予防や悪化を防ぐためにコレステロール値を下げる薬を飲んでいます。
しかし最近の研究で、コレステロール値を下げる代表的な薬(スタチンズ=血清コレステロール値を下げ脂肪を減らす薬)を飲んでもコレステロール値を効率的に下げることができず、、ガンや記憶喪失など深刻な副作用を起こすことが分かったのです。
statin-drugs.jpg
専門誌、Vascular Health and Risk Managementに掲載された論文によると、心臓病患者に対してスタチンズで治療を行っても殆どの患者はコレステロール値を下げることができませんでした。
そして、スタチンズを投与されると以下の副作用が伴います。
発疹
便秘
下痢
眠気
記憶喪失
高血糖
2型糖尿病のリスク増加

スタチンズは筋炎や横紋筋融解症(悪化すると腎臓疾患、腎不全、死亡)を発症させる危険性もあります。
また、スタチンズはガンのリスクを増加することがわかりました。
コレステロール値を下げる薬を高齢者や乳がん患者に投与すると、ガンのリスクを増加したりガンの症状を悪化させます。
さらに、スタチンズは膀胱ガンの腫瘍を進行させます。
スタチンズは体内のT細胞(白血球)の生成を促進し免疫の反応を弱めます。その結果、ガンが発生しやすくなるのです。
Statin-Drugs-1.jpg
現在の医学では、コレステロールが血栓→心臓病の主な原因であると考えられていますが、メリーランド大学の著名なティーター教授によると、これは全くの誤解であることがわかりました。
損傷した血管内に高レベルのLDLコレステロールが発見さたために科学者らは心臓病の原因がLDLコレステロールであると勘違いをしてしまったのです。
しかしティーター教授によると、LDLコレステロールは血管の炎症を治す機能があるため悪い血管壁に大量に集まったのです。
そして循環器疾患の原因はコレステロールではなく血管の炎症です。血管に炎症が起こると患部はコレステロールによってかさぶたのように覆われます。その結果、血管や血管壁を保護し炎症の悪化を防ぐことができます
Dr.ティーターは、血管の炎症を防ぐために以下の食べ物を食べることを勧めています。これらの食べ物は低脂肪ではなく、抗炎症特性のあるオメガ3脂肪酸や天然豊和脂肪が豊富な食べ物です。そして炎症の原因となるトランス脂肪を多く含んだ食べ物は避けるようにとアドバイスしています。
<これらの食べ物を食べてください。>
天然の鮭
枝豆
鶏卵
ピーカン・ナッツ
ヒッコリー・ナッツ
アマニ油
クルミ

<血管の炎症を防止するためにこれらの食べ物は避けましょう。>
揚げ物
パイ生地
植物性クリーム
クラッカー
マーガリン
ケーキのフロスティング(砂糖衣)

最も避けるべき食べ物は揚げ物と添加物が大量に含まれた加工食品です。これらの食べ物を食べていると最終的にコレステロール値を上げることになります。

Tag:日本や世界や宇宙の動向  comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
生きる力 ゲンマイ
見出し
2016年1月1日 新年を迎え、日本に生まれた幸せをかみしめ、日本人で有る事の誇りを持ち、 生きる喜びを持ち続けたいと願いました。
カレンダー

カテゴリ
新鮮な野菜と果物・ゲンマイそしてPCの山暮らしです
2011・2012この凄まじい年を生きている。幻想の世界が終り2013より今現在考えの及ばない 世界に入ると云われている。*私達の力がどれ程強いか、自己主権を持った者であり自由であるそれが現実です。意識が自由になって初めてそれが外に現れると。本当の自分を思い出す時が来た(ジョージ・カヴァシラス)