ヒラリーのパーキンソン病はもはや隠すことはできない

嗚呼、悲しいではないか! より【転載】
ヒラリーのパーキンソン病はもはや隠すことはできない
2016-09-13
ヒラリーのパーキンソン病はもはや隠すことはできない
http://themillenniumreport.com/2016/09/hillarys-parkinsons-disease-can-no-longer-be-concealed/#more-34875

2016.9.11はヒラリークリントンが彼女のパーキンソン病の被害で公衆の面前で倒れた日として永遠に記憶されるだろう。
ヒラリークリントンは9/11のニューヨークの記念式典で暑すぎると感じた。彼女は彼女の救急バンの中を遮蔽していない。
エベントではパーキンソン病とは認識されなかった。
それはいつでも発病する。

続きを読む moreをクリック
  ↓
国の状態
いまや悪いことが連続して起こり、決して元には戻ることはできない。主流メディア宣伝器官でも、民主党全国委員会の連続的言葉濁しでも、絶望的なオバマ政権によってでも無理である。ヒラリークリントンがパーキンソン病(PD)を持っており、世界中はやがてそのことを知るだろう。
医師はヒラリークリントンのパーキンソン病の症状を詳細に説明する
日に日にクリントン氏は薬剤調合による強力な療法で慎重に制御されているパーキンソン病の進んだ症状を決定的に示すPDの多くの症状を発現している。ある医師の言葉によれば、処方箋の投薬計画は非常に強いので、彼女を事故無く立たせておくにはそれらの特別な薬殻の回復の為に時間と空間が必要である。
ウィキリークス:電子メールはヒラリーがよく知られるパーキンソン病の薬について問い合わせをしたことを証明する。

ヒラリー・ロッドハム・クリントンの大統領選を取り巻くカフカの作品を思い起こさせる雰囲気がある。どこか新聞社で、週ごとに頻度が増えている彼女の明白な身体障害と精神喪失について言及するところがないのか、さもなければ主流メディアを完全に支配するNWOグローバリストによって彼らに投げつけられる全くの糞嵐の犠牲者になってしまう。そう、それはその悪いことです、そして買ってみたことのない悪さです。
彼女は9/11にニュヨーク選出の上院議員であったので、重大な一日になった。

ニュヨーク氏の9/11記念式典における本日の事件によって映し出される多くの因果応報がある。元国務長官クリントンは2001年9月11日にその選挙事務所を持っていた。その能力でマンハッタン南部において起こったことを正確に知っている。そそて彼女が行った全ては、9/11委員会報告書によって誤って線引きされた公式の物語を推進している。かってヒラリーは真実を詮索することに少しの興味も示さなかった。どれだけ多くの家族を失望させたことか。

したがって今日、彼女が暑すぎたことは報告書から彼女が知っている9/11テロ攻撃の背後の真実に直接関連しているかもしれない。ニューヨーク市全体がひどく騙されたと知って、特にPDを持つ人々は過熱しなかったのでしょうか?約3000被害者の家族は深く裏切られて、それを許したのは高官の人々であった。ニューヨーク州では今までにたった一回の質問もされていないし、本の少しの善意を示す公的な行動も無かった。
ヒラリークリントン:現代のエル・シドの卵

クリントン氏の本日の暑すぎの背後にある本当の物語は、9/11の真実よりもっとさらに不吉です。この背後の物語はこのように思える。完全に卑しくDNCを支配する真の権力者は基本的に、選挙日までクリントンを生かさせるよう命令した。それが、この選挙戦の最終目標である-彼女を2016年11月8日の最終ラインを生きて特別な装置梨で呼吸をさせて横切らせること。

ヒラリーは進んだパーキンソン病患者の挙動を示す

NWO徒党は彼女がまだ生きている限り、状態が良かろうが悪かろうが、寝たきりか入院にs手居るかどうかは気にしていない。多くの機密の理由で、彼らは彼女が何が起ころうが民主党候補にすると決めている。そのために、彼らは文字通り現実世界で古典エル・シドの現代版再現を実行している・・・白昼に。

そうして?

クリントンを生かさせ、放置させる行進命令を出している人々は、彼女が幸福であるかどうかと無関係のそうしている。彼らは彼女がスローダウンし、間に合う限り、彼女が摂取しなければならない中核の薬の量は気にしない。しかし、彼女が事件を起こすと、その前提を永遠に残す。そして彼女の医療専門家も彼女がそうなったときに何が他に起こるのかは分からない。本当にこのような医療専門家は、実際は全てが制御外の場合、進んだパーキンソン病患者を完全に良好なように示そうとする地球上で最もタフな仕事をしている。

もちろん、スペインの将軍で英雄的指導者のエル・シドの場合、彼の人々は壮大な戦争の結果を決定することになる最後の偉大な戦いの前まで彼を生かさせることはできなかった。同様に、クリントン氏について同じことを気にかけている多くの医療提供者が今もいる。今、彼女の主治医がひぽくらてぃっくの宣誓に危険にも無視しているので、精神科医の何人かが実際に彼女の幸福の為に懸念を抱いている。これらの様々な資格ある医師たちがクリントンの益々悪化する窮状について強い懸念を表明している。

多くの政治評論家ですら、クリントン陣営は実際候補に対しては悲劇的なことであるエル・シドのシナリオをやってのけようとすることを不思議に思っている。それは民主党が定常的の操縦できることにおいてもいかにも皮肉です。彼らは単に、いつでも、どこでも、特にクリントン氏の本当の健康状態に関して真実を語ることに信用が無い。

候補ヒラリー・ロッドハム・クリントンはやがてレースから撤退を余儀なくされるだろう。彼女はもはや、米大統領の非常にわずかな、大統領候補の最も基本的な義務を履行することができない。個人が多くの生きているストレスと、あるいは大きな仕事のプレッシャー下で仕事をしているときに起こり得る、そして起こるパーキンソン病の深刻な進展によって、クリントン氏の日々は間違いなく選挙運動の足跡として数えられる。これが彼女がほぼ280日の間、記者会見をもてない理由である・・・彼女が地上で最高のオフィスに向かって走っていても、いいかい、よくお聞きください。

信じない人の為に、以下は圧倒的な証拠とヒラリーのPDについての説得力ある証言が含まれているリストです。この正確な情報の医療情報源はプレゼンテーションで申し分なく確かです。
•DOES HILLARY CLINTON HAVE PARKINSON’S DISEASE?
•PARKINSON’S DISEASE: Hillary Clinton’s Probable Diagnosis
•A Field Guide to Hillary’s Parkinson’s Disease
•Hillary Clinton’s Parkinsons by Dr. Noel
•Hillary Clinton’s Life Under Dire Threat
•“Hillary Clinton has 1 Year to Live,” says Medical School Professor
•BOMBSHELL Video: Hillary Clinton’s Illness Revealed By Physician
•BOMBSHELL: Hillary Clinton’s Nomination Will Be Terminated! A Physician Diagnosed Her With Parkinson’s! Her Presidential Aspirations Are Finished! The MSM Has Knowingly Deceived the American People!
•DOCTOR CONFIRMS HILLARY CLINTON HAS PARKINSON’S DISEASE

著者注記

クリントン氏は皮質下血管性認知症と呼ばれるビンスワンがー病(BD)に罹患していると指摘されている。ニューヨークのマウントキスコの彼女の主治医からの彼女の医療記録は、彼女は皮質下血管性認知症を有していることを示している。したがって、クリントン氏はパーキンソン病と認知症の療法に罹患していると思われる。

Tag:-  comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
生きる力 ゲンマイ
見出し
2016年1月1日 新年を迎え、日本に生まれた幸せをかみしめ、日本人で有る事の誇りを持ち、 生きる喜びを持ち続けたいと願いました。
カレンダー

カテゴリ
新鮮な野菜と果物・ゲンマイそしてPCの山暮らしです
2011・2012この凄まじい年を生きている。幻想の世界が終り2013より今現在考えの及ばない 世界に入ると云われている。*私達の力がどれ程強いか、自己主権を持った者であり自由であるそれが現実です。意識が自由になって初めてそれが外に現れると。本当の自分を思い出す時が来た(ジョージ・カヴァシラス)