fc2ブログ

Vol.728 鹿島、香取、春日の霧 光文書(ヒカリモンジョ)

精神学協会 より[転載]
logo1.gif
http://www.godbrain.com/gb/letter/page/1/

光文書
(ヒカリモンジョ)
Vol.728
鹿島、香取、春日の霧

この二千二十年の十月に、日本列島で最重要な神社結界である、鹿島、香取、春日の霧のようなものがはれる日が来たようです。これが、いま話題のマンガ、アニメの鬼滅の刃に連動しているようなので、私が知っていることのうちで、公開可能な部分を、人知の側に移行しようという試みになります。
日本列島以外のところでは、鬼族というものは、人間を食べるものです。大陸では、つい最近の文化大革命の時にも、人は食べられていたと伝えられています。さらに、いまの世界を支配しているとされる悪魔主義者たちも、人の血を飲む儀の式をいまも続けているとされています。

ところが、日本で鬼とされ封印されたものたちのデータに、人喰いはありません。
それはむしろ、大陸、半島にルーツを持つ渡来系の血族の習慣だったようで、一説には、中臣鎌足が、スシにした人肉を食したという記録もあるようです。これが真実だとすると、日本の鬼の一族は、歴史に封印され、その何かを奪ったものが、日本列島をコントロールするようになったということです。

つまり、日本列島では鬼族が貴族になったということのようです。そして、2020年のことし、鬼滅の刃というマンガは、すでに、1億部を突破した大ベストセラーになっています。これは、日本人の歴史観の何かの封印が解けたということなのだと、私は理解しています。
天皇のY染色体は、精神界からの伝達によれば、縄文時代から日本列島に伝わる、世界の救世主と同質の人間を生む遺伝情報だとされています。
これを持たないために、藤原氏は、天皇となることができませんでした。
日本神界のフツ、タケミカヅチという神格は、クニユズリの時に重大な役割をはたすだけでなく、神武の東征においてもフツのツルギが登場します。また、「最終知識」において、フツは、きわめて重要な神格を持つ存在で、この光のツルギがないと、闇のものたちと戦うことができないのです。

ある意味で、日本神話は予言の書だと、私はくり返しお伝えしていますが、このタイミングで、いまの日本列島上の、鹿島、香取にいます神格が、覚醒することで、何が起きるのかというと、二十一世紀におけるクニユズリの現実化です。
いまの世界は、神話的にいうと、荒ぶるカミのスサノヲが、地上に降りて、地上の王権または支配権を、確立するために、一神教の男神として、すべてを所有したいという人間の男性的原理を体現するような宗教的システムをつくり出したものと見ることもできます。それは、日本でいうところのウシハク統治、つまり、力による統治です。ところが、この二十一世紀に到って、人間世界は、過去にはなかったほどの情報共有をする社会、ひとりひとりの人間が神のごとき知を手に入れられる社会というものを実現しつつあります。
そこで、日本神話のクニユズリの必要性が出てくるのです。

フツという神格が地上に降りて、地上の支配者に、あなたがたのウシハク支配の時代は終わったので、タカアマハラと同様のシラス統治に変えるために、地上の支配権を返上せよと伝えるのです。
日本列島は、この地球的プログラムを、神話という物語のなかに隠し置いたところだったのです。
そこで、このプログラムが発動するためには、神々のワケミタマを授けられた人間が、覚醒し、神人一体となる、新しい人間の姿で、この地球を本来あるべき目的のための地につくり変える必要があるといえばいいのでしょう。

その姿が、最後の一厘の審判の先にある、ミクニというものなのだと気付けば、宗教の時代が終るということの意味の背後にある、この宇宙自身の明確な意志が見えてくるはずなのです。
聖書で約束されているのは、人間はやがて、必要にして充分なものを、代価を支払わなくても与えられる世に到るということです。それを、阻害しているものたちが、いまの地球の所有者のような顔をして、人間を支配しているという現実に、いい加減に気付きなさい、ということなのです。

いま、世界は、これまで進歩的と思われてきた無神論と信じる科学技術者たちの手で、ジョージ・オーエルが描いたようなビッグブラザーに自分のすべてのことを知られ、管理される社会に近づいています。それは、この宇宙、あるいは、天の意志に反するのです。
鹿島、香取、春日の霧が晴れた時、日の本は、新しい地球の姿と新しい人間のモデルを世界に提示するハタラキをはじめることになると、私には伝えられています。

二千二十年十月二十二日 積哲夫 記

生きている間に、私の知っていること、考えていることを、言葉のデータとして開放したほうがいいと信じられる事象が起きたので、ツイッターをはじめました。
興味のある方はご覧ください。

https://twitter.com/godbrain_com
https://twitter.com/ShinlogyCom
https://twitter.com/VagrieO
https://twitter.com/VAGRIEofficial

Tag:精神学協会   comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
カレンダー

カテゴリ
新鮮な野菜と果物・ゲンマイそしてPCの山暮らしです
2011・2012この凄まじい年を生きている。幻想の世界が終り2013より今現在考えの及ばない 世界に入ると云われている。*私達の力がどれ程強いか、自己主権を持った者であり自由であるそれが現実です。意識が自由になって初めてそれが外に現れると。本当の自分を思い出す時が来た(ジョージ・カヴァシラス)