FC2ブログ

本物の玄米とは?8-8

オルゴール ライムライト
      

本物の玄米とは?
土の中の微生物が自然のバランスを保っている、
トンボ・メダカ・カエル等が共生していて、
それらを食べる鳥もやって来るような田んぼだと
自然界の食物連鎖がそこにあり、自然の運行、命の営みが
繰り返されている所で育つ米は、野生の米と同じように
自ら生き抜こうとする力を備える。
だから本物だと言えるわけで、
田んぼが大自然のサイクルと一致している。
米を作るという人としての営みも自然と一体になっている。
そうゆう田んぼで採れる米は本物。
真実を備えた本物に触れれば、生きる力が湧いてくる。
生きる力は勇気と言い換えることもできる。
勇気とは困難に出遭ってもそれを乗り越えていこうとする力。
ピンチをチャンスに変える発想や行動力も生まれてくる。

    
以前聞いたそんな話を思い出しました。
私が出遭った田んぼはまさにこの様に自然あふれ、
のどかで整然とした所でした。
田んぼの中にビオトープの池が出来ていて、
ジャンボタニシ・イトミミズ等もいる。
今年はうなぎ・山太郎カニも発見できたと楽しそうに話してくれました。
まさにビオトープとは野生生物が生きることのできる空間、
自然を汚さない、自然と共に生きるという気持ちから作られている。
お米に対する愛情あふれる気持ちそして
自然に対する心が伝わってきました。
私が初めてその玄米を食べた時、
口の中で一粒一粒の美味しさが感じられ、
その時、この玄米さえあれば生きていけると叫んでしまいました。
その気持から“生きる力 ゲンマイ”と名づけました。
何も考えづに名づけましたがこの玄米は本物の玄米であり、
生きる力も備わっているのだと気付きました。
今九州でも仕入れ値段を低くされ農家の人達が辛い思いをし
使われていない田んぼが沢山あるとのこと。
此れからどんどん変化していく世の中。
今の日本で大事な地域です。
収穫の少ない頑張っている農家の人たちにもっと潤いのある生活が
送れるようになってもらいたいです。
九州鹿児島に来てこんな素晴らしい出会いがあるなんて思いもしませんでした

Tag:玄米  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
カレンダー

カテゴリ
新鮮な野菜と果物・ゲンマイそしてPCの山暮らしです
2011・2012この凄まじい年を生きている。幻想の世界が終り2013より今現在考えの及ばない 世界に入ると云われている。*私達の力がどれ程強いか、自己主権を持った者であり自由であるそれが現実です。意識が自由になって初めてそれが外に現れると。本当の自分を思い出す時が来た(ジョージ・カヴァシラス)